メモリを増やせばノートパソコンが早くなるかどうかの判別方法

ノートパソコを使っていて、

「最近、このノートパソコン、動作が重いなぁ・・・」

などと思うことはないでしょうか?

そんな時に、メモリを増設することを
検討してみる方もいらっしゃると思います。

ただ問題は、

「メモリを増やして、はたしてこのノートパソコンの動作は、早くなるのか?」

ということだと思います。

メモリを増やしても大して早くならないのであれば、
いっその事、メモリの購入代金を新しいノートパソコンを
購入する資金にした方が良さそうですよね。

「メモリを増設してみたものの、あまり早くならずガッカリ」
なんてことは避けたいところです。

メモリを増やせば速くなるのかどうかの判断方法

では、メモリを増やせば早くなるかどうかの判断方法をご紹介します。

(※Windows機に限定したやり方です。)

まず、Windowsが立ち上がっている状態で、
キーボードの[Ctrlキー]+[Altキー]+[Deleteキー]の
3つを同時に押します。

すると、メニューが表示されると思いますので、
その中から「タスクマネージャー」をクリックします。

タスクマネージャーを起動させ、パフォーマンスのタブをクリックすると、
メモリの使用状況を見ることができます。

memory_siyou_joukyou

↑この画像だと、メモリは30%しか使用しておらず、まだまだ余裕がある状態。

このメモリの使用状況を、
パソコンの動作が重いと感じている時に確認してみてください。

メモリの使用率が高い(80%以上など)場合は、
メモリを結構フルに使っている状態ですので、
メモリを増設すれば、動作が早くなると思われます。

逆に、メモリの使用率は低い場合は、
メモリ自体には余裕があるということです。

メモリの使用率が低いにもかかわらず、動作が重い場合は、
お使いのノートパソコンの使用期間が長いため、遅くなっている可能性があります。

パソコンは、どうしても使用期間が長くなると、
段々と動作が重くなってきてしまうものです。

使用期間が長くなって動作が重くなっている場合は、
OSを再インストールすれば、また買った頃のように軽くなるかもしれません。

しかし、OSを再インストールするとなると、
今までにインストールしたソフトなども
インストールしなおさなければならなかったり、

データーも消えてしまうことになるので、
バックアップを取るのも大変だったりします。

5年も経つと、ノートパソコンはだいぶ進化している

個人的な考えとしては、5年くらい同じノートパソコンを使い続けているなら、
新しいノートパソコンに買い換えてしまった方がいいと思っています。

と言うのも、CPUの速度は年々上がっていっているので、
5年前と今とでは、CPU性能は飛躍して良くなっています。

ですので、5年ほどノートパソコンを使って、
新しく買い換えると、新しいノートパソコンの快適さに驚くものです。

わたしも、5年ほど使ったノートパソコンを買い替えた時に、

「今のパソコンは、こんなに速いのか!もっと早く買い換えれば良かったorz」

と思ったものです(笑)

そして何より、メモリを増設するのは、
ノートパソコンを買い換えるのよりは安く済みますが、
それでもメモリの購入代金がかかります。

その点を考えると、ある程度の期間今のノートパソコンを使っているのであれば、
新しいノートパソコンに買い換えるのも賢い選択かもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ