おすすめのゲーム用ノートパソコン【2016年9月 秋 更新版】

ノートパソコンで3Dゲームをやるとなると、ノートパソコンにもそれなりに高いスペックが必要とされます。

3Dゲームでは、3Dグラフィックを描画するための処理能力が特に重要です。

3Dグラフィックの処理能力は、パソコンに搭載されているグラフィックボードの性能によるところが大きいです。

グラフィックスボード

グラフィックボードは、画像や動画を専門に処理するパーツです。

(ちなみに、グラフィックボードは、グラボ、グラフィックス、グラフィックカード、ビデオカード、ビデオボードなどとも呼ばれますが、意味は同じです。)

じゃあ、どういうノートパソコンを選べばいいのか?

というと、次のようなゲーム用ノートパソコンがおすすめです。

CPU インテル Core i7搭載
グラフィックボード NVIDIA「GeForece」か、AMD「Radeon」を搭載
ストレージ SSD搭載
メモリ 16GB(ギガバイト)以上を推奨

以下、具体的に解説しますが、解説が長くて読むのが大変かもしれませんので、先に2016年9月現在でおすすめモデルをご紹介しておきます。

その後に解説を載せていますので、必要に応じて読んでいただければと思います。

おすすめのゲーム用(ゲーミング)ノートパソコン【2016年9月更新版】

おすすめ1位

icon

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i5520GA1(速度重視のM.2 SSD と 大容量 HDDを搭載したツインドライブ仕様!!)」icon

G-Tune(ジーチューン)は、マウスコンピューターのゲームパソコン・ハイエンドPCブランドです。

G-Tuneからは色々なゲーム用ノートパソコンが販売されているのですが、中でもこの「NEXTGEAR-NOTE i5520GA1」はイチオシです。

icon

icon

■CPU : インテル Core i7-6700HQ プロセッサー
■グラフィックボード : GeForce GTX 960M(2GB)
■メモリ : 16GB
■ストレージ : SSD 256GB(M.2 SSD)+ 1TB ハードディスク

という仕様。

この記事の冒頭で挙げたおすすめの基準は満たしていますし、パソコンとしての性能も高いです。

特に、SSD(ソリッドステートドライブ)が、高速な接続方式として知られるM.2 SSDなのがイチオシのポイントです。

SSDだけでなく、HDD(ハードディスクドライブ)も搭載してるので、ゲーム以外の用途に使うのにも適しています。

SSDにアプリケーションなどをインストールして、動画や画像などのデータをHDDに保存するという使い分けができます。

SSDで起動速度が早く、HDDでデータをたくさん保存。そんな使い方ができます。
 

これだけのハイスペックなノートパソコンで、124,800円~(税別)というのは、かなり頑張っている価格だと思います。

それこそ、ヤ◯ダ電気とかに行けば、これよりも低スペックで値段だけやたら高いパソコンなんて、ゴロゴロありますから(笑)

マウスコンピューターは、液晶ディスプレイのiiyamaブランドを運営しているメーカーでもあるので、ノートパソコンの液晶部分の製造コストを落とせるからこそ、できる価格なのかな?と推測します。

わたしも、マウスコンピューターのハイスペック・ノートPCを使っているのですが、画面は精細で綺麗でいいですよ。

■マウスコンピューター「NEXTGEAR-NOTE i5520GA1(速度重視のM.2 SSD と 大容量 HDDを搭載したツインドライブ仕様!!)」のスペック等

価格 124,800円(税別)~
(2016年9月24日現在の価格)
OS Windows 10 Home 64ビット
(Windows 7モデルもあり)<
液晶 15.6型 フルHDノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i7-6700HQ プロセッサー
グラフィックボード GeForce GTX 960M(2GB)
メモリ 16GB
ストレージ 「256GBのSSD(M.2規格)」+「1TBのハードディスク」
重さ 約 2.5kg

マウスコンピューター「NEXTGEAR-NOTE i5520GA1(速度重視のM.2 SSD と 大容量 HDDを搭載したツインドライブ仕様!!)」の詳細はこちら

 


おすすめ2位

ガレリア「 QSF970HE 特別モデル」

GALLERIA(ガレリア)は、ドスパラのゲームパソコンブランドで、こちらもゲームパソコン・ブランドとしては有名です。

注文してから「2日で出荷」を基本としているので、早くゲーム用ノートパソコンを手に入れたい人にもおすすめです。

こちらのガレリア「 QSF970HE 特別モデル」は、1位でご紹介したマウスコンピューターのモデルとスペックは近いですが、グラフィックボードの性能はこちらの方が上です。

ただ、値段が35000円ほど上がってしまいます(ちなみにマウスコンピューターにも、もっとグラフィックス性能が上のモデルもあります)。

重さが約3キロなので、「たまに持ち運びするよ」という人は、ちょっと注意が必要かもしれません。

■ガレリア「 QSF970HE 特別モデル」のスペック等

価格 159,980円(税別)~
(2016年9月24日現在の価格)
OS Windows 10 Home 64ビット
(Windows 7モデルもあり)
液晶 15.6型 フルHDノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i7-6700HQ プロセッサー
グラフィックボード GeForce GTX 960M(2GB)
メモリ 16GB
ストレージ 「250GBのSSD(M.2規格)」+「1TBのハードディスク」
重さ 約 3kg(

ガレリア「 QSF970HE 特別モデル」の詳細はこちら

 


おすすめ3位
デル「ALIENWARE(エイリアンウェア)」

デル株式会社

エイリアンウェアは、デルのゲーミング・パソコン・ブランドです。

自ら「宇宙最強のゲーム用ノートパソコン」と言うだけあり、高性能のゲーミング・ノートパソコンを揃えています。

ちょっと値段は高めのブランドなので、3位に挙げました。2016年9月25日現在で、12万円台のものもありましたが、SSD搭載ではありませんでした。

SSD搭載のエイリアンウェアのパソコンは、マウスコンピューターやドスパラよりも価格は高めです。

ただ、デザインはカッコいいと思うので、デザイン重視で選ぶならアリだと思います。

ゲーム用ノートパソコンのおすすめスペックについて詳しく解説!

さてここからは、ゲーム用ノートパソコンのスペックなどについて詳細解説していきます。

冒頭にも書いたのですが、ゲーム用ノートパソコンで特に重要なのはグラフィックの処理性能です。

というのは、ゲームというのは、アニメのように静止画を連続して処理しているからです。

特に、3Dゲームの場合は、なおさらグラフィックの処理性能が重要です。

グラフィックの処理性能に関わるのがGPU

グラフィックの処理性能で重要なパーツがGPU(Graphics Processing Unit グラフィック・プロセッシング・ユニット)です。

GPUとは、簡単に言うと、画像や動画のデータ処理を専門におこなうパーツのことです。

GPUには、CUDAコアという小さなコアがたくさん搭載されています(製品によっては1000個以上)。

このたくさんあるコアで、分担してデータを処理することによって、画像や動画を素早く処理します。

GPUは、グラフィックボードに搭載さている場合もあれば、CPUにGPUも搭載されている場合もあります。

ゲーム用パソコンの場合、グラフィックボードのGPUがメインとなっているのが普通です。

グラフィックスボード
↑グラフィックボード

ゲームのグラフィック処理は、高いスペックを必要とします。

それに対応するために、グラフィックボードに高性能なGPUを搭載させることによって、処理速度をアップさせるとともに、CPU負荷を下げるわけです。

これがもしグラフィックボードが搭載されていないとなると、CPUだけで全てのデータ処理をしなければならないので、CPU負担が大きくなりすぎて処理が追いつかず、

「重くてまともにゲームができない!」

ということになりかねません。
 

ということで、ゲーム用パソコンで特に重要なパーツはグラフィックボードです。

■ゲーム用で有名なグラフィックボード

  • NVIDIA GeForceシリーズ
  • AMD Radeonシリーズ

CPU:ゲーム用パソコンではCPUもハイスペックな方がよい

ゲーム用パソコンで重要なのはグラフィックボードだとは言っても、CPU性能も大切です。

CPUは、人間で言うところの脳であり、データ処理の司令塔です。

パソコンは画像や動画だけを処理しているわけではないので、いくらグラフィックボードが良いものでも、CPUがお馬鹿だとまともに使えません。

CPUにも色々な種類がありますが、ゲーム用ノートパソコンでは、インテル Core i5かCore i7がおすすめです。

それよりも下のランクのCPUは、ゲーム用ノートパソコンではほぼ見かけませんので、Core i5が最低ラインと言えます。

メモリは16GBは以上がおすすめ

ゲームをするならメモリ容量は16GB(ギガバイト)以上あった方がよいです。

YouTubeなどネットを見る程度の使い方でも、メモリは8GBくらいないと快適に使えません。

普通の使い方でも8GBはあった方がいいとなると、ゲームをするんだったら、8GBでは少ないんです。

ですので、メモリは16GB以上をおすすめします。

メモリ容量
8GB 一般的な用途に使う分にはいいが、ゲームをやるのには少ない
16GB ゲームをやるならこれくらいのメモリ容量は欲しい
32GB以上 予算があるなら、メモリは多くあった方がよい(ただし、パソコンによってそれぞれ搭載できるメモリ容量に上限がある)

ゲーム用ノートパソコンを買うなら、SSD搭載モデルが絶対におすすめ!

あとは、ゲーム用に買うならストレージ(記憶媒体)にSSDを積んだノートパソコンがおすすめです。

これまでは、ストレージはHDD(ハードディスクドライブ)が普通でしたが、最近は、HDDの代わりにSSD(ソリッドステートドライブ)を搭載したノートパソコンが増えてきています。

SSDは、データの読み込み速度がHDDよりも圧倒的に早いので、Windowsの立ち上がる時や、ゲームでシーンが切り替わる時のスピードが格段に早いです。

一度SSD搭載のパソコンを使ってしまうと、HDDのパソコンには戻れなくなりますよ(笑)

安いゲーム用ノートパソコンって買っても大丈夫?

安くても、ゲーム用ノートパソコンとして売られているものであれば、それなりの性能は備えているので、問題はないと思われますが、パソコンに高い処理性能を要求するゲームの場合は、確認するのが無難です。

ゲームそれぞれに、パソコンの推奨スペックがありますから、心配であればそれを確認してから購入するといいでしょう。

中古のパソコンでもいい?

パソコンは、新品で買ったら5年以上使う方も多いと思います。それだけ長く使うにだったら、新品で買った方がいいです。

中古で安く買えたとしても、普通は、そこまで劇的に安いわけでもありませんから。

他にも、以下のような理由から、中古パソコンはおすすめしません。

中古パソコンは、どんな使い方をされていたのかわからない

中古パソコンは、前の持ち主によってどんな使い方をされていたのかわかりません。

SSDやハードディスクなどは、ある意味消耗品です。酷使されていた場合は、故障のリスクも高いです。

中古だと、長期の延長保証がつけられないことが多い

ゲーム用ノートパソコンは、パソコンの中では値段が高いほうです。

ですから、「3年や5年の長期延長保証を付けたい」という方もいらっしゃるでしょう。

中古パソコンであっても、それくらいの長期保証がつくのでしたら、検討の余地はあるかもしれませんが、そうでないなら冷静に考えた方がいいです。

中古パソコンの場合、保証の内容も気になる

中古だと保証がない場合もあるでしょうが、保証があっても保証期間が短い場合もあります。保証の内容も気になります。

例えば

「3ヶ月以内に故障した場合は、全額返金します」

という保証だったらどうでしょう?パソコンに関しては、返金保証というのは微妙だと思います。

というのは、パソコンを使いはじめるにあたって、自分で初期設定やら、ソフトのインストールやらしますよね?

返金保証ということは、返金してもらうにはパソコンを返品しなければならないので、万が一返品となった場合、初期設定やソフトをインストールした時間がムダになってしまいますから・・・。

それに、パソコンを返品する場合は、データをデータ消去ソフトなどで消しておかないと、データを復元される恐れもあるので、そういう点でも返品は面倒です。

以上のような理由もあり、ゲーム用ノートパソコンは、新品購入をおすすめします。

ゲーム用ノートパソコンって、持ち運びはキツイ?

15インチのゲーム用ノートPCだと、2.5kg~3kgくらい重さがあるのが普通です。

2.5kgなら500ミリのペットボトル5本分ですから、かなり重そうな感じがしますし、「持ち運びできるのかな?」と不安になるかもしれません。

わたしの結論としては、「持ち運べないことはないが、長時間はキツイ」といったところです。

わたしは、2.5kgくらいのノートパソコンをほぼ毎日持ち歩くのですが、多少の持ち運びは大丈夫です。

「基本は車で運んで、徒歩15分くらい駅まで歩く」

くらいだったら、もう慣れたので特に問題はないです。ただ、長時間の持ち運びは、やはりしんどいと思います。

東芝やVAIOからゲーム用ノートパソコンは発売されてる?

2016年9月現在で、東芝やVAIOではゲーム用ノートパソコンは販売していません。

ゲームをやるなら、ゲーム用パソコンを買うべきなので、東芝やVAIOのパソコンはおすすめしません。値段も高めですし。

VAIOは、デザイン的に優れてるパソコンもありますが、ゲーム用として買うのはおすすめしません。

ゲーム用ノートパソコンを買うなら、やはりマウスコンピューターやドスパラなどのBTOパソコンがおすすめです。

ゲーム用ノートパソコンで重要な排熱処理。熱すぎる場合は冷却を

3Dパソコン・ゲームは、パソコンに大きな負荷がかかります。

当然、パソコンからすごい熱が出ます。

排熱処理がきちんとできないと、パソコンの電源が落ちてしまったり、熱によって故障してしまうこともあります。

それゆえ、ゲーム用ノートパソコンでは、データ処理性能だけでなく、排熱処理も非常に大切な要素です。

ゲーム用ノートパソコンとして売られているものは、熱対策がとられているのが普通ですので、あまり心配はいりませんが、あまりにも熱かったり、電源が落ちるようなことが発生した場合は、冷却グッズでパソコンを冷やすことが大切です。

ゲーム用におすすめのノートパソコン ランキング・トップに戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ