Core i3搭載の安い・おすすめノートパソコン【2017年3月 春 更新版】

Core_i3_Logo

ここでは、「Core i3搭載の安いノートパソコン」と、「Core i3搭載のおすすめノートパソコン」をご紹介したいと思います。

インテルのCPUのうち、安いのはCeleron(セレロン)やAtomなどのCPUです。安いノートパソコンは、CeleronやAtomを積んでいることが多いです。

しかしCeleronやAtomは廉価版という位置づけですので、性能もそれなりです。

■インテルCPUの位置づけ

上位ブランド Core i7
Core i5
Core i3
Core M / m
下位ブランド Pentium
Celeron
Atom

安いからといって安易にCeleron搭載のノートパソコンを選ぶのではなく、Core i3搭載のノートパソコンを選ぶのは賢い選択です。

というわけでCore i3を搭載したノートパソコンから、複数のメーカーを比較して、安いmモデルと、おすすめモデルをご紹介します。

2017年3月 春 更新版です。

Core i3搭載の安い・おすすめノートパソコン!2017年3月 春 更新版


Core i3搭載で安い その1「レノボ ThinkPad E470」

「レノボ ThinkPad E470」

「レノボ ThinkPad E470」は、堅牢性を売りにしたThinkPadシリーズでありながらも、コストパフォーマンスに優れたノートパソコンです。

価格が安いのが魅力ですが、Core i3モデルは液晶の解像度がHD画質なので、精細な画質は期待できません。

また、ストレージがSSDではないので、その点は個人的にはあまりオススメできません。

バッテリー駆動時間が、最大約13時間で長いのはよいですね。

「とにかく安くCore i3搭載のノートパソコンを買いたい」という方向けです。

価格 48,816円(税込み・送料無料)
(※2017年3月6日現在の価格)
OS Windows 10 Home 64 bit
CPU インテル Core i3-6006U プロセッサー (2GHz, 3MB)
液晶 14.0型HD液晶 (1366×768)
メモリ 4GB
SSD ハードディスク 500GB(7200回転)
重さ 約1.9kg
サイズ 約339 x 242 x 23.7mm
バッテリー駆動時間 最大 約13時間

※上記価格は、E-クーポンを適用させた場合の価格です。レノボサイト内の価格の下にE-クーポンが表示されていますので、適用させてから注文しましょう。

「レノボ ThinkPad E470」を公式サイトで見てみる
 


Core i3搭載で安い その2 ヒューレットパッカード「HP 15-ay000」

iconicon

「HP 15-ay000」icon

ヒューレットパッカード「HP 15-ay000」は、Core i3搭載モデルが税込み・送料無料で63,720円です(※2017年3月6日現在の価格)。

Core i3搭載でありながら安めの価格設定ですが、フルHD液晶を搭載しています。

15.6インチと大きい画面サイズでも、バッテリー駆動時間は最大約6時間あり、まずまず長めです(ノートパソコンは、画面が大きいほどバッテリーを消費します)。

ただ、ストレージがSSDではないです。注文時にSSDに変更することもできませんので、そういう意味では、積極的にはおすすめはしません。

「とにかく安くCore i3搭載のパソコンが買いたい」という方向けです。

価格 63,720円(税込み、送料無料)
(※2017年3月6日現在の価格)
CPU Intel Core i3-5005U プロセッサー
液晶 15.6インチワイド・フルHDディスプレイ (1920×1080)、非光沢
メモリ 4GB
ストレージ 1TBハードドライブ (5400回転)
バッテリー駆動時間 最大約6時間
重さ 約2.2kg
サイズ 約 384 × 255 x 23.5(最薄部)-24.5(最厚部)mm
その他 DVDスーパーマルチドライブ、WEBカメラ、使い方サポート(1年間)、引き取り修理サービス(1年間)

「HP 15-ay000」を公式サイトで見てみるicon



Core i3搭載のおすすめノートパソコン

次は、値段が安いモデルではありませんが、Core i3搭載でおすすめのモデルをご紹介します。
iconicon
マウスコンピューター「LB-F531XN2-S2(インテル Core i3-6100U プロセッサー採用! 高速SSD搭載モデル)」icon

マウスコンピューター「LB-F531XN2-S2」は、Core i3搭載に加えて、ストレージにSSDを搭載しているのがおすすめポイントです。

ストレージは、大きく分けると「HDD(ハードディスク・ドライブ)」と「SSD(ソリッドステート・ドライブ)」に分かれます。

HDDと比較して、SSDの方がウィンドウズの起動時間や、各種アプリケーションなどの立ち上がりも格段に早いです。

これからノートパソコンを買うのでしたら、HDD搭載モデルはおすすめできないくらい違いがありますので、個人的には、少し高くなってもSSD搭載モデルをおすすめします。

液晶パネルがフルHDなので、画面表示も高解像度でキレイです。

価格 78,624円 (税込み・送料込みでの価格)
※2017年3月6日現在の価格
CPU インテル Core i3-6100U プロセッサー
液晶 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
メモリ 8GB
ストレージ SSD 240GB
重量 約2.1kg

消費税と送料を入れると値段は7万円台後半になってしまいますが、SSDとメモリ8GBということで、コストパフォーマンスは高いです。

マウスコンピューター「LB-F531XN2-S2(インテル Core i3-6100U プロセッサー採用! 高速SSD搭載モデル)」を公式サイトで見てみるicon

Core i3の性能の位置づけ

Core i3の性能の位置づけとしては、Core i7やCore i5よりも下、Celeronよりも上、という位置づけです。

Core i7やCore i5よりも下とは言っても、Core i3は2つのコアを搭載していますし、1コア2スレッドで全体で4スレッドを同時に処理できます。

Core i3は、価格的にはCore i7やCore i5よりも安く、コストパフォーマンスの高いCPUです。

ノートパソコンの価格としては、Core i3搭載モデルよりも、Celeron搭載モデルの方が安いため、激安のノートパソコンもCeleronを積んでいることが多いです。

しかし、Celeronはやはり廉価版のCPUという位置づけです。

安いノートパソコンが欲しくても、ある程度の快適性などを考えますと、できればCore i3以上のCPU、かつ、メモリ4GB以上を積んだノートパソコンをおすすめします。

Core i3搭載の安い・おすすめノートパソコンに戻る

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ