動画編集におすすめのデスクトップ・パソコン【2017年4月 春 更新版】

Young man with finger point up

ここでは、動画編集におすすめのデスクトップ・パソコンをご紹介します。

動画編集に使うパソコンの選び方のポイントについては、動画編集におすすめのノートパソコンのページに書いてあります。

基本的な考え方はデスクトップPCでもノートPCでも同じですので、選び方についてはここでは割愛させていただきます。
 

ポイントだけまとめると、

  • 高性能なCPUを搭載している(2017年4月現在では、Core i7を搭載したものがおすすめです)
  • グラフィックス(ビデオカード)も高性能
  • 大きな容量のメモリを積んでいる(もしくは、大きな容量に増設できる)
    ⇒2017年4月現在では、メモリは最低8GBは欲しいところ。16GB以上にすれば爆速が体感できるのでおすすめです。
  • ストレージについて、「大容量SSD搭載モデル」か「240GB以上のSSDと、HDDの2つを搭載したデュアル・ストレージ・モデル」がおすすめ
  • メモリを16GB以上にするなら、SSDは240GB以上にする

となります。

これをふまえて、おすすめのデスクトップ・パソコンをご紹介します。

動画編集におすすめのデスクトップパソコン2017年4月更新版

osusume1

iconicon

マウスコンピューター「DAIV-DGZ500S2 (最新グラフィックスGeForceR GTX 1050搭載のデュアルストレージモデル!!)」icon

※液晶モニターは別売りです。

おすすめ1位は、マウスコンピューター「DAIV-DGZ500S2(最新グラフィックスGeForceR GTX 1050搭載のデュアルストレージモデル!!)」です。

マウスコンピューターのDAIV(ダイブ)シリーズは、動画編集などをするクリエイター向けのパソコンです。

  • 240GBのSSD
  • 2TBの大容量ハードディスク

という2つのストレージを搭載しています。

そのため、

■システムやアプリケーションは速度の早いSSDへ入れて高速・快適。

■2TBの大容量ハードディスクに動画データを大量保存。

という風に役割分担させて使うことができます。
 

メイン・ストレージがSSDで、メモリが16GBですから、爆速を体感できますよ。

グラフィックボードはGeForce GTX 1050 (2GB)です。編集する動画の解像度によっては、もうちょっと容量の大きなものの方がいいかもしれません。

NVIDIA「GeForce GTX 1050」は、CUDAコアというコアが768個も搭載されており、これを動画編集の処理に使うことができます。

そのため、そのような機能が付いていないグラフィックス・ボードと比べ、動画編集において圧倒的なパフォーマンスを発揮してくれますよ。

価格 129,800円~ (税別)(※価格は、2017年4月5日現在)
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX1050(2GB)
メモリ 16GB
ストレージ 「240GB SSD」+「2TBハードディスク」

※デフォルトだとDVDドライブは付いていませんので、必要な場合は、注文時にカスタマイズして注文されることをおすすめします。

タフな印象のデザインなので、好みは分かれると思いますが、この性能でこの価格は、かなりいいと思います。

デザインが気に入れば買いだと思います。ちなみに、わたし個人的には、存在感があって好きなデザインです。

マウスコンピューター「DAIV-DGZ500S2 (最新グラフィックスGeForceR GTX 1050搭載のデュアルストレージモデル!!)」を公式サイトで見てみるicon

 



iconicon
マウスコンピューター「LM-iG440EN(最新グラフィックス GeForce GTX 1050搭載モデル)」icon

「1位で紹介しているやつほどハイスペックじゃなくていいから、もう少し安いのがいい」という方には、このモデルに240GBのSSDを搭載させるのがおすすめです。

すると、

  • グラフィックス:GeForce GTX 1050(2GB)
  • ストレージ:240GB SSD + 1TB HDD

を搭載していながら、94,600円(税別)です(※2017年4月5日現在の価格)。

CPUはCore i7ではなく、Core i5ですが、それでも最新の第7世代CoreシリーズのCPUでありCPU性能は高めなので、動画編集も問題ありません。

価格 94,600円 (税別)~(※240GBのSSDを搭載させたときの価格。価格は2017年4月5日現在)
CPU インテル Core i5-7400 プロセッサー
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX1050(2GB)
メモリ 8GB

※メモリが8GBでちょっと少ないので、できればメモリを16GB以上にしたいところなのですが、なぜか注文時にメモリがカスタマイズできないようです。

メモリスロットは2つあり、最大メモリ容量は32GBなので、購入後にメモリ不足を感じるようであれば、自分でメモリ増設されることをおすすめします。

マウスコンピューター「LM-iG440EN(最新グラフィックス GeForce GTX 1050搭載モデル)」を公式サイトで見てみるicon
 



ドスパラ「 raytrek-V XF-E (レイトレック-V XF-E)」

おすすめ3位は、ドスパラ「raytrek-V XF-E(レイトレック-VV XF-E)」です。

こちらは、かなりハイスペックなモデルで、4K動画の編集にも対応できるスペックです。

  • CPU:インテル Core i7-6800K
  • グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
  • メモリ:32GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx4/4チャネル)
  • ストレージ:「500GB SSD」+「2TB HDD」

と、かなりハイスペックですが、20万円を超える価格なので、お値段もお高めです。

4K動画の編集をガッツリやりたい方向けです。

ドスパラ「 raytrek-V XF-E (レイトレック-V XF-E)」を公式サイトで見てみる

 


というわけで、おすすめ1位は、マウスコンピューター「DAIV-DGZ500S2 (最新グラフィックスGeForceR GTX 1050搭載のデュアルストレージモデル!!)」iconとさせていただきました。

iconicon

ノートパソコンについては、動画編集におすすめのノートパソコンのページをご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ