【注意】SSD搭載のノートパソコンの選び方・選ぶ時の注意点

最近、SSDを搭載したノートパソコンが増えていますね。

ノートパソコンに搭載されているSSDは、最近のモデルだと128GB、256GB、512GBあたりが多いです。

それで、SSDだとHDDと比べて値段が高くなりがちなので、128GB搭載のモデルを選ぼうとする方もいらっしゃると思いますが・・・

ちょっと待ってください!

ノートパソコンに搭載させるSSDの容量は、128GBはおすすめしません。

256GB以上のSSDをおすすめします。

なぜ?

買ったばかりで、いきなり空き容量が半分に・・・

というのは、SSDの容量が128Gだからといって、丸々128GBが空き容量になっているわけではないからです。

わたしが以前128GBのSSDでパソコンを注文したら、Windows7やアプリケーションの容量などの影響で、最初から70GBくらいしか空きがなかったんです^^;

BTOパソコンでしたので、アプリケーションなどはそんなに入っていたわけではないのですが、それでも70GBくらいしか空きがなかったんです。

そこからさらに、自分でアプリケーションを入れたの、すぐに空き容量が半分くらいになってしまいました。

SSDは、内部のデータを整理して速度を回復する機能を持っているのですが、十分な空き容量がないと、うまくデータの整理ができずに速度が十分に回復してくれない場合もあるそうです。

(まあ、それでもHDDよりも快適なことは間違いないですが)

そんなわけで、最初から半分くらいしか空き容量が残らない128GBは考えものです。

また、SSDは空き容量が多い方が速度が早いというのも、256GB以上のSSDをおすすめする理由の1つです。

というわけで、これからSSD搭載のノートパソコンを買われる方は、256GB以上の容量のSSDを積んだノートパソコンを選ばれることをおすすめします。

ただ、256GB以上のSSDを搭載したノートパソコンは、まだ高い

ただ、ノートパソコンで256GBのノートパソコンですと、まだ料金は高くなりがちなのが難点です^^;

ちょっと出費がかさむかもしれませんが、これから長く使うことを考えたら、128GBで安くおさめるよりも、もう少し奮発して256GB以上のSSDを載せることをおすすめしますよ。

以下でSSD搭載のおすすめノートパソコンをご紹介してまるので、参考にどうぞ!

SSD搭載のおすすめノートパソコン

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ