速度の速いノートパソコンのオススメはコレ(2014年6月更新版)

速度の速いノートパソコンが欲しいと思った時に、まずポイントとなるのは、

・CPUの性能

・メモリの容量

このあたりが、まずポイントとなります。

CPUに関しては、この記事を書いている時点(2014年6月現在)では、「インテル Corei7」以上のCPUをおすすめします。

CPUを後から載せ換えるのはムズカシイ

メモリは後から増設することを前提に作られています。
ですので、メモリに関しては、後から増設することも視野に入れてノートパソコンを購入することもできます。

しかし、CPUは、載せ替える前提では作られていません。

CPUを載せ替えるには、他のパーツとの相性などの兼ね合いもありますので、後からCPUを載せ替えるというのは、一般の人には現実的ではありません。

よほどノートパソコンの構造などに詳しい人であれば可能かもしれませんが、CPUを載せ替えることは、かなり詳しい人でもない限り難しいと思います。

ということで、高速なノートパソコンをお探してあれば、最初から「インテル Corei7」以上の高性能なCPUを積んでいるモデルがいいでしょう。

積むことができるメモリの最大容量は限界がある

さて、上記に

「メモリに関しては、後から増設することも視野に入れてノートパソコンを購入することもできます」

と書きました。

ここで注意していただきたいのが、積むことができるメモリの最大値が、それぞれのノートパソコンごとに定まっている、ということです。

例えば、8GBまで、16GBまで、など、ノートパソコンによって、積むことができるメモリの最大値が決まっています。

ですので、「16GBまでメモリを増設したい」と思ったとしても、自分の買ったノートパソコンのメモリが8GBまでだとしたら、16GBまで増設することはできません。

ですので、メモリを後で増設することを検討されている場合は、購入しようと思っているノートパソコンが、最大何メモリまで積むことができるのか、事前に確認しておくのが無難です。

(これは、メーカーの仕様を見れば、すぐに分かります。)

記憶装置には、SSDを選ぶ

現在の記憶ドライブには、SSDとHDDがあります。

・SSD…ソリッド・ステート・ドライブ

・HDD…ハード・ディスク・ドライブ

です。

これまでは、HDDが主流だったのですが、最近は、SSDが普及してきました。

HDDは、ディスクにデータを書き込むことでデータを保存しますが、SSDは、チップにデータを保存する形です。

SSDの方が、HDDよりも高速で、無音のドライブです。

速度を追求するのであれば、記憶ドライブは、SSDを積んでいるものを強くオススメします。

また、SSDの容量は、128GBだと少ないです。

と言うのは、Windows OSの容量に最初から何十GBもとられてしまうからです。

128GBしか容量がないと、最初から半分近くOSの容量にに取られてしまうことになります。

ですので、SSDの容量は、256GBは欲しいところです。

速度の速いノートパソコンを選ぶ際のポイントまとめ

・CPUは高性能なものを選ぶ

・メモリが多い方が良い(最低でも8GBは欲しい)

・メモリは、後で増やすこともできるが、最大メモリに注意する

・記憶装置は、SSDにする(256GB以上が望ましい。128GB以下おすすめしません。)

となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ