ノートパソコンの液晶が割れたら、修理費用はいくらかかる?

ekishou_wareta

私が使っているノートパソコンの液晶が割れてしまったことがあります。

なぜ液晶が割れたのかと言うと、ノートパソコンのキーボードと液晶の間に雑誌をはさんだまま閉じてしまい、それで割れてしまいました(なんという失態・・・)。

液晶保護フィルムを貼ってあったのですが、それでも液晶が割れたことにはショックでした(笑)

液晶が割れた状態のまま使い続けるのは無理がある

私は、ノートパソコンの液晶が割れた時、なんとかそのまま使い続けようと思ったのですが、無理があることにすぐに気づきました。

■液晶画面に表示されるもの

左上 ファイルなどのメニューバー
左下 Windowsのメニューなど
右上 ウィンドウを閉じるボタンなど
右下 色々なインジケーター

という風に、4方それぞれに重要なものが配置されています。

それゆえ、部分的に液晶が割れてしまった時に

「いや、まだ何とか使えるだろ」

と思ったとしても、実際のところは使用するのが厳しい場合が多いと思います。

液晶交換にいくらかかったか?

私が自分のノートパソコンの液晶交換をした時は、1万円ほどお金がかかりました。

メーカーに頼むと3万円くらいかかるようだったので、自分で交換しました。

自分で液晶交換をしたので、パーツ代(新品の液晶)と送料を合わせて合計1万円ほどの費用がかかりました。

自分で交換するのが難しいと感じるのであれば、メーカーや修理代行業者にお願いすることもできます。

わたしの場合、自分で修理したので、パーツ代と送料だけで済んだのですが、メーカーや代行業者に頼むと、もっとお金がかかるでしょう。

■修理依頼してかかる費用

  • パーツ(液晶)代
  • 作業工賃
  • 往復の送料

修理に安くないお金がかかることを考えると、液晶が割れたノートパソコンがそれなりに古いものであるなら、新しいものに買い替えてしまうのも手だと思います。

修理にかかる費用を、新しいパソコンを買う資金の一部にするわけです。

数年も経つとパソコンの性能もだいぶ向上していますので、買い換えれば、作業効率が上がるというメリットもあると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ