マイクロソフト「Surface Pro X」予約受付開始!1月14日発売

icon

マイクロソフト「Surface Pro X」の予約受付が日本でも開始されました。

Surface Pro Xは、アクティブペン対応・キーボード脱着可能のタブレットPCです。

インテル製でもAMD製でもなく、クアルコム製「Microsoft SQ1」を搭載しているのも注目ポイント。

予約受付開始 1月7日
発売 1月14日
価格 142,780円(税込み)~
※キーボードは別売り

マイクロソフト「Surface Pro X」を公式サイトで見てみるを公式サイトで見てみるicon

ポイントをまとめると、以下です。

  • プロセッサーはクアルコム製「Microsoft SQ1」を搭載。
  • クアルコムといえば、スマートフォン向けプロセッサ「Snapdragon」シリーズが有名

  • LTE対応
  • Office Home & Business 2019付き
  • キーボードは別売り(日本語キーボード以外に英語キーボードも購入できます)
  • キーボードにスリムペンが付属(ペンはキーボード部に収納可能)

なお、64bit(x64)アプリは動作できないようなので、32bit版の提供がないアプリは動かせないようです。

ここが注意点としては一番大きいですね。

Google Chromeなどは、64bit版でないと動作が遅いと言われることがあることを考えると、アプリによっては「動作はするけど、動作が遅い」なんてこともあるかも。

icon

■一番安い「128GB SSD+8GBメモリ」のモデルに、キーボードを付けた場合の価格
168,828円(税込み)

価格は高めに感じますが、液タブとしても使えることや、LTE対応など、魅力も十分です。

あとは、クアルコム製プロセッサーがノートパソコンでどの程度のパフォーマンスを発揮するのか気になるところ。

後日、実機レビューを掲載したいと思います。

マイクロソフト「Surface Pro X」を公式サイトで見てみるを公式サイトで見てみる

お得なキャンペーン情報

HPクーポン

富士通クーポン

サブコンテンツ

このページの先頭へ