ノートパソコンは必要か?タブレットがあれば十分ではないのか?

tablet_pc

最近では、タブレットが沢山発売されているので、

「タブレットの方が薄くて軽いし、ノートパソコンなんて必要なんじゃないか?」

と考える方もいらっしゃると思います。

このブログはノートパソコンについて書いているわけですが、だからといって、そういった考えを否定するつもりは毛頭ありません。

ネットを見たり、電子書籍を読んだりする使い方に限定するなら、タブレットでも十分だと思います。

しかし私個人的としては、そういった使い方だけのためにタブレットを買ったりしないので、タブレットについては

「ダブレットでもいいけど、専用の物理キーボードが付いていないと嫌だ」

といったところです。

物理キーボードがないと色々と面倒

やはり、文字を打ったり、アプリケーションを操作する時に、物理キーボード(ハードウェアのキーボード)があるかないかで、作業のしやすさが違います。

私はiPadも持ってはいるのですが、正直あまり使っていません。

タブレットで画面にタッチして文字を打つのは、時間がかかりますし、疲れます(物理キーボードと比べて)。

ですので、iPad用のキーボードを別に購入して使っています。

しかし、後付で買ったものなので、どうも使い勝手がいまいち良くありませんでした。
(結局、iPadは車のトランクに積んだまま、ほとんど使っていません。)

物理キーボードをわざわざ取り付けるのであれば、「別にノートパソコンでもいいんじゃないか?」と思えてきます。

タブレットの薄さ・軽さは確かに魅力ではありますが、薄くて軽いノートパソコンもありますので、そういったノートパソコンも選択肢としてアリだと思います。

マイクロソフトのSurfaceのように、最初から専用の物理キーボードが付属しているタブレットは、タブレットとしても、ノートPCとしても使えるので、かなりいいと思っています
(ただし、用途次第ですが。ゲーミングや動画編集などそれなりの性能を必要とする用途目的なら、現状ではノートパソコンを選ぶのが無難でしょう)。

今後は、こういったノートPCとしてもタブレットとしても使えるハイブリッド型のノートPCが主流になるのでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ