HP「OMEN 40L Desktop」の実機レビュー!4Kでもゲームができるハイパフォーマンス・ゲーミングデスクトップPC!

HP OMEN 40L Desktopのメイン画像

Core i7-13700K メモリ32GB
2TB SSD RTX 4070 Ti

「HP OMEN 40L Desktop」の実機レビューです。

※今回は、当サイトの購入品を使ってレビューします。

OMEN 40L Desktopは、インテル Core i7-13700KとGeForce RTX 4070 Tiを搭載したハイパフォーマンスなゲーミング・デスクトップPC。

3Dゲームを4K画質でも遊べるスペックで、SSDやメモリにもこだわった仕様です。

OMEN 40L Desktopの外観

PC内部のライティングが映えるブラックを基調としたデザインで、外観もよいです。

なお、この記事は、

という構成になっています。

冒頭の「おすすめポイント・特徴」「デメリット・注意点」をご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけます。

セール情報

【6月27日23:59まで!】

「OMEN 40L Desktop」が、

299,000円(税込)25周年大祭りセール中!

【セール中!】公式サイトの「OMEN 40L Desktop 」販売ページへ

>> HP OMEN 40L Desktopを公式サイトで見てみる <<icon

▶ HP OMEN 40L Desktopを公式サイトで見てみる

▶おすすめポイント・特徴

OMEN 40L Desktopのおすすめポイント・特徴

ポイント

GeForce RTX 4070 Ti

Core i7-13700KとNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti(12GB)の組み合わせで、4K画質でも多くのゲームタイトルを遊べます。

詳しくは、ゲーミング性能の項目をご覧ください。


ポイント

Kingston FURY Beast DDR5 RGBメモリ

Kingston(キングストン)製のゲーマー向けブランドFURY(フューリー)の32GB RGBメモリを搭載。

Beast(ビースト)モデルのXMP対応なのでオーバークロックしての使用もできます。


ポイント

 HP OMEN 40L Desktopの内部アクセスは簡単

HP OMEN 40L Desktopは、内部へのアクセスが簡単。ボタンを押すだけでサイドパネルを開くことができます。

メモリやストレージの増設も容易に行え、拡張性も優れています。


ポイント

ガチャガチャした派手なデザインではなく、適度に高級感のあるデザインが魅力です。

HP OMEN 40L Desktopの外観 見映え

スモーククリアのフロントパネルと、側面の強化ガラス製シースルーサイドパネルから見えるRGBライティングがクールですよ。

HP OMEN 40L Desktopの外観 見映え

なお、フロントパネルのRGBライティングのカラーリングは変更可能なので、落ちついたカラーのライティングにすることもできます。


▶デメリット・注意点

デメリット・注意点など

注意点 カスタマイズ注文はできない

SSDやメモリ容量の変更などのカスタマイズ注文はできません。

とはいえ、自分でSSDやメモリの増設などは可能です。


>> HP OMEN 40L Desktopを公式サイトで見てみる <<

▶ HP OMEN 40L Desktopを公式サイトで見てみる

▶スペック表

■OMEN by HP 40L Desktop GT21-1770jp ハイパフォーマンスモデルのスペック

OS Windows 11 Pro
CPU インテル Core i7-13700K
メモリ 32GB(16GB×2)DDR5-5200MHz(最大128GB)
メモリスロット:4スロット
ストレージ 2TB SSD
※M.2空きスロット1、2.5インチ / 3.5インチ兼用ドライブベイ2つあり
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti(12GB)
サイズ 約 幅204×奥行470×高さ467mm
重さ 約18.7kg(公称値)
その他 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.3

※2023年11月15日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

■今回のレビュー機のスペック

OMEN by HP 40L Desktop GT21-1770jp ハイパフォーマンスモデル「インテル Core i7-13700K、メモリ32GB、2TB SSD、NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti(OMEN by HP 40L Desktop GT21-1000jp シリーズ)」

―― OMEN 40L Desktop 外観・インターフェイスのチェック ――

▶外観

HP OMEN 40L Desktopの外観は、洗練された高級感と、RGBライティングがマッチした存在感のあるデザインです。

HP OMEN 40L Desktopの外観。

PC内部が見える「強化ガラス製のシースルー・サイドパネル」がスタイリッシュです。

HP OMEN 40L Desktopの前後の外観。

本体前面

フロントパネルは、上部のOMENロゴが光り、高級感があります。

フロントパネルのOMENロゴ

また、スモーククリアの窓から見える「RGB吸気ファン」がライティングで光りクールです。

フロントのライティング

フロントパネル上部の左右にある2つのリリースボタンを押せば、フロントパネルを簡単に取り外せます。

フロントパネルのリリースボタン

※反対側にもリリースボタンがあります。

フロントパネルの取り外し

フロントパネルの取り外し

フロントパネルをはずすと、吸気ファンが3つ並んでいるのが見えます。

フロントの3つの吸気ファン

ホコリが内部に入り込まないようにするダストフィルターを取り外し、たまったホコリの掃除もカンタンです。

フロントのダストフィルターの取り外し

左側面

サイドパネルはシースルーの強化ガラス製。

HP OMEN 40L Desktopの本体左側面。

本体内部のパーツがブラックで統一されているので、RGBライティングで照らされるといい感じに映えるので、所有満足度も高いでしょう。

HP OMEN 40L DesktopのCPU水冷クーラーとメモリのRGBライティングの様子。

HP OMEN 40L DesktopのグラフィックスカードのRGBライティングの様子。

右側面

HP OMEN 40L Desktopの本体右側面。

底面

HP OMEN 40L Desktopの本体底面。

本体底部にはゴム脚があります。接地面と空間ができるので、冷却効率を向上させます。

HP OMEN 40L Desktopの底部ゴム脚。

ゴム脚の高さは約15mmありました。

底面にもホコリが内部に入り込まないようにするダストフィルターが配備されています。

HP OMEN 40L Desktopの底面ダストフィルターを取り外す前。

HP OMEN 40L Desktopの底面ダストフィルターを取り外したところ。

ダストフィルターはマグネット式で取り付けられているため、メンテナンスが非常に簡単に行えます。

▶インターフェイス

天面(前面側)

天面のフロントパネル

ヘッドフォン出力兼マイク入力端子

マイク入力端子

SuperSpeed USB 5Gbps(Type-A)×2つ(バッテリーチャージ機能・電源オフUSBチャージ機能に対応)

USB 2.0(Type-A)×2つ

電源ボタン

天面のUSBポートのうち、右側2つはUSB 2.0なのでご注意を。ワイヤレスマウスのレシーバーなどを差すのがよいでしょう。

※補足説明:「SuperSpeed USB 5Gbps」=「USB 3.2 Gen1」

背面

背面のリアパネル

左からマイク入力、ライン出力、ライン入力端子

USB 2.0(Type-A)×2つ

有線LAN端子

SuperSpeed USB 5 Gbps(Type-C)(データ転送のみ対応)

SuperSpeed USB 10 Gbps(Type-A)×2つ

SuperSpeed USB 5 Gbps(Type-A)×2つ

SuperSpeed USB 10 Gbps(Type-C)(データ転送のみ対応)

HDMI 2.1出力端子

DisplayPort 1.4a出力端子×3つ

USB Type-AとUSB Type-Cそれぞれ、速度の異なるポートが混在しています。

※補足説明
SuperSpeed USB 5Gbps=USB 3.2 Gen1
SuperSpeed USB 10Gbps=USB 3.2 Gen2

―― OMEN 40L Desktop 内部構造のチェック ――

▶本体内部

・内部へのアクセスは工具不要でカンタン

▼OMEN 40L Desktopの内部へアクセスするには、本体上部にある「INTERNAL ACCESS」と書かれたボタンを押すだけです。

HP OMEN 40L Desktopの本体上部のリリースボタン

▼このボタンを押すと、サイドパネルの上部が開きます。

HP OMEN 40L Desktopのサイドパネルが少し開いた状態

あとは、パネルは上へ持ち上げればカンタンにサイドパネルを取り外せます。

HP OMEN 40L Desktopのサイドパネルを上に持ち上げて取り外す

写真では両サイドとも開けていますが、もちろん片側だけ開けることもできます。

・左側面の内部構造

左側面からはCPU冷却クーラー、メモリ、グラフィックスなどのパーツや配線が確認できます。

HP OMEN 40L Desktopの左側面内部

CPUとRGB CPU水冷クーラー

CPUクーラーは、Cooler Master 水冷クーラー RGB 120mm。

CPUクーラーとメモリ

四角いOMENとプリントされているのが冷却ユニットです。冷却ユニットの下にCPUが装着されています。

メモリ

冷却ユニットの右側で、縦に光っているのがメモリです。

メモリ

Kingston(キングストン)製のゲーマー向けブランドFURY(フューリー)の16GB RGBメモリ2枚が挿さっています。

Kingston(キングストン)製のゲーマー向けブランドFURY(フューリー)の16GB RGBメモリ2枚

なお、メモリはBeast(ビースト)モデルのXMP対応なのでオーバークロックしての使用もできます。

メモリのオーバークロック設定

※初期設定のクロックスピード:4400MHz

※今回のベンチマークテストでは、オーバークロックはしていません。

グラフィックボード

CPUとメモリの下にはNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti(12GB GDDR6X)を搭載したグラフィックボードが、ブラケットでしっかり固定されています。

NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti

▼グラボを取り外してみました。ライティングを邪魔しないシンプルなデザインです。

OMEN 40L Desktopのグラフィックボード

PCI Express拡張用の空きスロットはPCI Express Gen3 x4×1スロットのみです。

Thunderbolt 4などのインタフェースカードを増設できます。

・グラフィックボードの取り外し方

※パーツの増設や交換をしないのであれば、グラフィックボードを取り外す必要はとくにありません。

グラボを交換したい場合や、SSD増設時はグラボを外した方が作業しやすいので、OMEN 40L Desktopのグラボの取り外し方を書いておきます。

※パーツの取り外し等は、自己責任でおこなってください。

▼電源ケーブルなど、ケーブル類を抜いておきます。

電源ケーブルを抜く

▼電源ケーブルを抜いたあと、電源ボタンを押して残留電気を放電させます。

電源ボタンを押して残留電気を放電させる

ドアノブなど金属のものに触れて、体からも静電気を放電させます。

静電気防止手袋をしておくと、より安心です。

▼左側面のガラス製アクセスパネルを取り外します。

左側面のガラス製アクセスパネルを取り外す

▼グラフィックボードなどが見える方が上側になるようにPCを置きます。

PCを置く

▼ブラケットのネジ2本を外します。

ブラケットのネジを2本外す

※ネジを外すとき、ネジをPC内部に落下させないように注意してください!落としてしまうと、拾うのが大変な場合があるので笑

ブラケットを右にスライドさせ、下写真のようにロックになっている出っ張り部分が大きな穴に入るようにします。

ブラケットの取り外し

ブラケットの取り外し

この状態でブラケットを持ち上げると、ブラケットを取り外すことができます。

▼グラフィックボードから電源ケーブルを外します。

グラフィックボードの電源ケーブルを外す

▼グラフィックボードをPCに固定している2本のネジを取り外します。

グラフィックボードをPCに固定している2本のネジをはずす

▼リリースレバーを押し下げます(押し下げると、カチッと音がなります)。

リリースレバーを押し下げる"

▼グラフィックボードを上に引き抜きます(リリースレバーが解除されていれば、それほど力は入れなくても引き抜くことができます)。

グラフィックボードを取り外したところ

これでOMEN 40L Desktopのグラフィックボードの取り外しができました。

M.2 SSD

プライマリSSD(メインSSD)は、グラフィックボードを取り外すと確認できます。

OMEN 40L DesktopのプライマリSSD

M.2 SSDの空きスロット

グラフィックボードの上部には、M.2(Type2280)SSDを増設できる空きスロットがあります。

HP OMEN 40L DesktopのM.2(Type2280)SSDを増設できる空きスロット

なお、SSDを増設する場合、増設用SSDのヒートシンクはマザーボードに備わっていませんので、自分で用意する必要があります。

PCIe 3.0のSSDならヒートシンクなしでも大丈夫だと思いますが、PCIe 4.0 SSDを増設するなら、ヒートシンクを付けることを推奨します。

なお、SSDにヒートシンクを付ける際は、SSDとヒートシンクの間に、熱を伝導させるためのサーマルパッドを取り付けるのも忘れないでください。

よくわからない場合は、Nextorage NEM-PAシリーズなどような、ヒートシンク付きのSSDを買うとラクですよ。

その他のパーツ

無線LANも内蔵しています。Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.3対応です。

・右側面の内部構造

HP OMEN 40L Desktopの右側面内部

右側面内部は、左下に3.5インチのストレージベイが2基あります。

HP OMEN 40L Desktopの3.5インチHDDドライブベイは2つ

右側に2.5インチストレージベイも2基あります。

HP OMEN 40L Desktopの2.5インチドライブベイ

これらのストレージベイのブラケット(マウンタ)は取り外し可能で、ネジ回しなど不要でHDDや2.5インチSSDなどの取り付けができます。

電源

電源にはCooler Master(クーラーマスター)製の800W ATX電源(80PLUS Gold認証)が搭載されており、静音性と省エネ化が見込まれ、電気変換効率の高い電源供給が可能です。

HP OMEN 40L Desktopの内部電源はクーラーマスター製

―― OMEN 40L Desktop 使いやすさのチェック ――

▶スマホからのデータ転送もラクにできる

スマホに専用アプリをインストールし、HP QuickDropを利用すれば、スマホのデータを簡単に取り込めるようになります。

HP QuickDrop

スマホで撮影した写真や動画を活用しやすくなるので便利ですよ。

▶テレワークやWeb会議に役立つ機能

カメラのエンハンサー

OMEN Gaming Hubの「カメラおよびオーディオのエンハンサー」から、カメラ機能をエンハンス(強化)する機能をインストール可能。

カメラのエンハンサー

以下の機能が使えます。

  • 背景効果:オンライン会議で、自分の背景をぼかしたりできる
  • オートフレーム:自動的に顔がカメラの中央に映るように調整してくれる機能
  • ビデオノイズ除去:ネットワーク品質の低下などにって発生するノイズ等を軽減

※カメラは搭載していないので、別途Webカメラなどが必要です。

スピーカー、マイクのノイズ除去機能

OMEN Gaming Hubの「カメラおよびオーディオのエンハンサー」から、スピーカー、マイクのノイズ除去機能をインストール可能です。

スピーカー、マイクのノイズ除去機能

テストしてみたところ、キーボードの打鍵音やエアコンの音などを完全に消せるわけではないものの、軽減は可能でした。

▶スピーカーは非搭載

OMEN 40L Desktopは、スピーカーを内蔵していません。

スピーカー内蔵のモニター(外付けディスプレイ)や、外付けスピーカーを利用しましょう。

▶サイズ

サイズ(縦置き時) 約 幅204×奥行470×高さ467mm

2リットルペットボトルとOMEN 40L Desktopの大きさ比較

 ▲2リットルサイズのペットボトルとのサイズ比較

OMEN 40L Desktopをデスクの下に置いたところ

▲幅1200×奥行600mmのデスクの下に置いたところ

なお、梱包箱のサイズは、およそ幅585×奥行330×高さ585mmでした。

OMEN 40L Desktopの梱包箱

▶重さの実測:約14.73kg

OMEN 40L Desktopの重さ:実測

本体 約14.73kg

公称値は約18.7kgですが、実測は約14.73kgで、意外と差がありました。

「HP OMEN 40L Desktop」を公式サイトで見てみる
 

―― OMEN 40L Desktop 処理性能チェック ――

■レビュー機のスペック

CPU インテル Core i7-13700K
メモリ 32GB(16GB×2)
ストレージ SSD 2TB(PCIe Gen 4×4)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti(12GB)

※なお、今回実施したベンチマークテストは、OMEN Gaming Hubのパフォーマンスコントロールを「パフォーマンス」に設定しておこないました。

OMEN Gaming Hubのパフォーマンス設定

処理性能の概要

Core i7-13700KとGeForce RTX 4070 Tiの組み合わせのハイパフォーマンスなデスクトップパソコンですので、

ゲームも多くのタイトルを快適に遊べますし、ゲームだけでなく、動画編集なども快適におこなえるスペックです。

▶CPU性能

■レビュー機のCPU

  • インテル Core i7-13700K
  • 16コア(Pコア×8、Eコア×8) / 24スレッド
  • 最大周波数5.40GHz

OMEN 40L DesktopのCPU-Z情報

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23は、CPU性能を計測できるベンチマークソフトです。

OMEN 40L DesktopのCINEBENCH R23スコア

マルチコア 25464
シングルコア 2050

▼ゲーミングノートPCに搭載されていることの多いCoreプロセッサーのHシリーズのスコアと比較したのが以下です。

Core i7-13700K
(レビュー機)
25464
Core i7-13700HX
ノート向け
19635
Core i7-12700H
ノート向け
12991
Core i7-11800H
ノート向け
11208
  • レビュー機以外は平均値を掲載(当サイトで計測。2023年11月17日現在)。
  • 数字が大きいほど高パフォーマンス。
  • 最低実行時間は標準の10分間。

ノートPC向けのCPUとしては、Core i7-13700HXはかなり高い性能なのですが、それを明らかに上回る性能で、性能の高さがうかがえます。

CPU Mark

ベンチマークソフト「PassMark PerformanceTest」のうち、CPU性能のスコアをあらわすのが「CPU Mark」です。

スコアが高いほど、CPUの処理性能が高いです。

OMEN 40L DesktopのPassMark CPU Markスコア:46650

スコア 46650

PassMarkでの同CPU(Core i7-13700K)の平均スコア46712よりも少し低いスコアでした。
※2023年11月17日現在の平均値

とはいえ、0.2%ほど低いだけなので、CPUパフォーマンスはしっかり出ていると捉えてよいでしょう。

Geekbench 6(CPU Benchmark)

「Geekbench 6」は、スマートフォンやPCの性能を測定できるベンチマークソフトです。

OMEN 40L DesktopのGeekbench 6スコア

Single-Coreスコア 2759
Multi-Coreスコア 17341

※「CPU Benchmark」のテスト結果

Geekbench 6は、macOS、Windows、Linux、Android、iOS用がリリースされています。お持ちのデバイスとスコアを比較してみるのも面白いでしょう。

▶ゲーミング性能

HP OMEN 40L Desktopのグラフィックスは「NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti(12GB)」です。

 OMEN 40L DesktopのGPU-Z情報

・ゲーム系ベンチマークの結果

3DMark ベンチマークスコア

3DMark

Fire Strikeスコア 43245
Time Spyスコア 21500
ストリートファイター6 ベンチマーク

ストリートファイター6

■解像度:フルHD(1920×1080)

クオリティ スコア
HIGHEST 100:快適にプレイできます
ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ ベンチマーク

FF14 暁月のフィナーレ ベンチマーク

最高品質 1920×1080 32316 非常に快適
FF15(ファイナルファンタジーXV)ベンチマーク

ファイナルファンタジーXV(FF15)

高品質 2560×1440 15663 非常に快適
高品質 3840×2160 9006 とても快適

評価は、スコアによって「非常に快適 > とても快適 > 快適 > やや快適 > 普通 > やや重い > 重い > 動作困難」の8段階に分かれます。

ドラゴンクエストX ベンチマーク
最高品質 1920×1080 25315 すごく快適

・各ゲームのFPS数

アーマード・コア6

アーマード・コア6

解像度・映像品質
平均FPS
フルHD / 最高 119.8 FPS
WQHD 2560×1440 / 最高 119.7 FPS
4K 3840×2160 / 最高 88.0 FPS

アーマードコア6は、フレームレート上限が120なので、WQHD画質までなら、ほぼ120FPS張り付きで遊べそうです。

ELDEN RING(エルデンリング)

ELDEN RING(エルデンリング)

解像度・グラフィック設定
平均FPS
フルHD / 最高 59.9 FPS
WQHD 2560×1440 / 最高 59.7 FPS
4K 3840×2160 / 最高 59.9 FPS
  • グラフィックの設定はプリセットを使用。

エルデンリングはフレームレートの上限が60FPSなので、4K画質でも快適に遊べるでしょう。

APEX LEGENDS(エーペックスレジェンズ)

APEX LEGENDS(エーペックスレジェンズ)デファイアンス

解像度・ビデオ設定
平均FPS
フルHD / 高 299.0 FPS
WQHD 2560×1440
285.0 FPS
4K 3840×2160
175.5 FPS
  • ※最大フレームレートを無制限に設定し、チュートリアル完了までのFPSを計測。
  • ※以下の設定を低・中・高として計測しています。
APEX LEGENDSのビデオ設定はここをタップ(クリック)

■低

エーペックスレジェンズの設定:低

■中

エーペックスレジェンズの設定:中

■高

エーペックスレジェンズの設定:高

 

PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)

PlayerUnknown's Battlegrounds(PUBG)

解像度・グラフィック設定
平均FPS
フルHD / ウルトラ 306.0 FPS
WQHD 2560×1440
ウルトラ
234.7 FPS
4K 3840×2160
ウルトラ
129.2 FPS
  • AIトレーニングモードにて計測。
  • レンダリングスケール:100
  • グラフィック設定は「全体的なグラフィックの品質」の設定です。
Tom Clancy’s Rainbow Six Siege(レインボーシックスシージ)

Tom Clancy's Rainbow Six Siege(レインボーシックスシージ)

解像度・総合品質
平均FPS
フルHD / 最高 501 FPS
WQHD 2560×1440 / 最高 413 FPS
4K 3840×2160 / 最高 249 FPS
  • ベンチマーク機能の計測結果です。

レインボーシックスシージは、4Kディスプレイの最高品質でも快適にプレイできそうです。

VALORANT

VALORANT(ヴァロラント)

解像度・グラフィック設定
平均FPS
フルHD / 高 860.0 FPS
WQHD 2560×1440
781.9 FPS
4K 3840×2160
488.2 FPS
  • プラクティス:スパイク設置にて計測。
  • ※以下の設定を高として計測しています。
VALORANTのグラフィックス設定はここをタップ(クリック)

■高

VALORANTの設定:高

 

モンスターハンターライズ

モンスターハンターライズ

解像度・グラフィック設定
平均FPS
フルHD / 低 292.6 FPS
フルHD / 中 291.9 FPS
フルHD / 高 289.2 FPS
WQHD 2560×1440 / 高 220.7 FPS
4K 3840×2160 / 高 106.1 FPS
Forza Horizon 5(フォルツァホライゾン5)

Forza Horizon 5(フォルツァホライゾン5)

解像度・グラフィック設定
平均FPS
フルHD / 中 251 FPS
フルHD / 高 235 FPS
フルHD / 最高 177 FPS
フルHD / エクストリーム 162 FPS
WQHD 2560×1440
エクストリーム
144 FPS
4K 3840×2160
エクストリーム
105 FPS
  • グラフィック設定はプリセットを使用。
サイバーパンク2077

Cyber Punk 2077(サイバーパンク2077)

解像度・グラフィック設定
平均FPS
フルHD / 高 187.3 FPS
フルHD / ウルトラ 182.8 FPS
フルHDレイトレ / 低 162.9 FPS
フルHDレイトレ / 中 129.5 FPS
フルHDレイトレ / ウルトラ 121.3 FPS
フルHDレイトレ / オーバードライブ 71.6 FPS
WQHD 2560×1440
ウルトラ
102.71 FPS
WQHD 2560×1440
ウルトラ DLSS
171.19 FPS
4K 3840×2160
ウルトラ
52.59 FPS
4K 3840×2160
ウルトラ DLSS
108.41 FPS
  • グラフィック設定はクイックプリセットを使用。レイトレーシングはオフ。
  • 「DLSSオン」の記載がない限り、DLSSはオフで計測しています。

WQHDと4KのみDLSSオン(自動)でも計測してみました。WQHDや4Kで快適にプレイするなら、DLSSオンがオススメです。

グラフィックス性能についての総評

Core i7-13700KとGeForce RTX 4070 Tiの組み合わせだけあって、現状では、だいたいのゲームを快適に遊べます。

4K画質でも(レイトレーシングを有効にしなければ)多くのゲームを遊べそうです。

▶SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

高速なPCIe4.0 x4 SSDです。フォルダ間でのデータコピーなどがより早くおこなえるなど、快適に使えるでしょう。

SSD情報

SSD情報

Western Digital(ウエスタンデジタル)製のWD_BLACKブランドのゲーミング用SSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

―― OMEN 40L Desktopその他のチェック ――

・OMEN Gaming Hub

HP OMEN 40L Desktopには、使用状況に応じてパフォーマンスを調整できるアプリケーション「OMEN Gaming Hub」がプリインストールされています。

OMEN 40L Desktopの前面ロゴのアップ

OMEN Gaming Hubでは、

  • システムモニター
  • オーバークロック(メモリ、CPU)
  • ネットワーク(ネット回線をどのアプリに優先させるか設定できる)
  • LEDコントロール
  • パフォーマンスコントロール

などを利用できます。

▶付属品など

付属品一式です。

OMEN 40L Desktopの付属品

  • 電源ケーブル
  • 簡易マニュアル
  • 困ったときのHPサポートガイドブック
  • サポートガイド(保証規定)
  • 保証書
  • サステナブルについての冊子

などが付属。

※付属品は変更になる可能性があります。

なお、電源コードのプラグは3極(3P)です。

電源コードのプラグ

2極のコンセントに挿すには「3P→2P変換アダプタ」が必要です。
※変換アダプタは付属しません。

▼ちなみに、3P→2P変換アダプタは300円くらいで買えます。

また、キーボードやマウスなども付属しませんので、別途必要です。

▶HP「OMEN 40L Desktop」のレビューまとめ

「HP OMEN 40L Desktop」のレビューのまとめです。

HP OMEN 40L Desktopの外観 見映え

Core i7-13700KとGeForce RTX 4070 Ti搭載で、現状では、だいたいのゲームを快適に遊べます。

水冷クーラーでパフォーマンスを維持しやすいのもイイところですね。

メモリ32GB、2TB SSDも搭載しているので、容量的にはこれでひとまず十分という方も多いでしょう。

デザインのよさや、内部へのアクセスのしやすさも魅力です。

パワーのあるゲーミング・デスクトップPCをお探しの方はもちろん、クリエイティブ用途に使うPCをお探しの方にもオススメですよ!

セール情報

【6月27日23:59まで!】

「OMEN 40L Desktop」が、

299,000円(税込)25周年大祭りセール中!

【セール中!】公式サイトの「OMEN 40L Desktop 」販売ページへ

>> HP OMEN 40L Desktopを公式サイトで見てみる <<

▶ HP OMEN 40L Desktopを公式サイトで見てみる

 

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

マウスコンピューターこれがおすすめノートパソコン限定モデル

HPクーポン

マウスコンピューター・クーポン

ダイナブック特別サイト

富士通クーポン

マウスコンピューター・タイムセール

サブコンテンツ

このページの先頭へ