「HP Envy x360 14-fc」実機レビュー!Core Ultra搭載のプレミアムな2in1コンバーチブルノートPC

HP Envy x360 14-fcのメイン画像

Core Ultra 5~7 メモリ16~32GB
最大1TB SSD マルチモード対応

「HP Envy x360 14-fc」の実機レビューです。

【PR】【貸出機材提供:株式会社日本HP】

今回は、日本HPからの貸出機を使ってレビューします。
※貸出機であっても、購入品と同様に、デメリット・注意点なども含めてしっかりレビューします。

HP Envy x360 14-fcは、Core Ultraプロセッサーを搭載した2in1ノート。

スタンドモードやタブレットモードなど、いろいろな使い方もできます。

HP Envy x360 14-fcの外観 天板側

別売りのアクティブペンを使って、イラストを描いたりなどもできますよ。

セール情報

【5月31日12:59まで!】

「HP Envy x360 14-fc(インテル)」が、

169,088円(税込)月末タイムセール中!

この機会をお見逃しなく!

【セール中!】公式サイトの「HP Envy x360 14-fc(インテル)」販売ページへ

▶ HP Envy x360 14-fcを公式サイトで見てみるicon

 
なお、この記事は、

という構成になっています。

冒頭の「おすすめポイント・特徴」「デメリット・注意点」をご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけます。

▶おすすめポイント・特徴

HP Envy x360 14-fcのおすすめポイント・特徴:positiveNotes

ポイント

HP Envy x360 14-fcのマルチモード

「HP Envy x360 14-fc」は、

  • ノートブックモード
  • タブレットモード
  • スタンドモード
  • テントモード

の4つのモードに切り替えて使えます。

シーンに合わせて使うと、より便利にHP Envy x360 14-fcを使えるでしょう。

ノートブックモード

ノートブックモードは、その名のとおり、スタンダードなノートパソコン形状のモード。

ノートブックモード

タブレットモード

折りたたんでタブレット形状にできます。
※キーボードの取り外しはできません。

タブレットモード

誰かに画面を見せつつ使ったり、アクティブペンで絵を描くときなどに便利。
※アクティブペン(HP MPP アクティブペン)は別売りです。

スタンドモード

スタンドモードは、テーブルに置いて動画を見たりするのに便利なモード。

スタンドモード

ペンを使うときに、ディスプレイにゆるく角度をつけるのにも、このモードが重宝します。

テントモード

テントモードは、奥行きの狭いスペースに置きたいとき便利なモード。

テントモード

キッチンでレシピを見ながらの料理や、カフェでの勉強時などにも便利です。

デスクトップPC向けキーボードと組み合わせて使うのもいいと思います。


ポイント

ペンでイラストを描いているところ

HP Envy x360 14-fcは、HP MPP アクティブペンに対応しているので、ペンでイラストを描いたりもできます。

HP MPP アクティブペンは別売りです。

HP MPP アクティブペン

HP MPP アクティブペン

▲HP MPP アクティブペン

■HP MPP アクティブペンのスペック

筆圧感知 最大4096段階(傾き検知機能付)
電源 充電式(USB Type-Cで充電しながら利用可能)
カラー ブラック / シルバー
動作時間 約30日 ※利用条件による
付属品 充電用ケーブル、ペン先×2、セットアップガイドなど
ペンは本体右側面にくっつけておける

▼HP MPP アクティブペンは本体右側面に磁石でくっつけておけます。

HP Envy x360 14-fcの横にHP MPP アクティブペンをくっつけたところ

・CLIP STUDIO PAINTでの描き心地チェック

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での描き心地をチェックしてみました。

ペンでの描き心地チェック

ズレも気にならず描きやすかったです。

ただし、ディスプレイがガラスで覆われていますし、ペン先も硬めなので、ペンのグリップはやや利きにくいと感じました。

※スタンダードモデルだと、ガラスで覆われていないと思われますので、グリップ感など異なる可能性があります。


ポイント

▼搭載CPUは以下のとおり。

  • Core Ultra 5 125U
  • Core Ultra 7 155U

低消費電力EコアやNPUを搭載したプロセッサーです。

ただし、UシリーズのCore Ultraですので、インテル Arcグラフィックスは搭載していません(「インテルグラフィックス」という名前のグラフィックスが内蔵されています)。


おすすめポイント

HP Envy x360 14-fcのディスプレイ

■スタンダードモデルのディスプレイ

  • 14型、IPS液晶、ノングレア(非光沢)、タッチ対応、ペン対応
  • 解像度:1920×1200ドット
  • リフレッシュレート:60Hz
  • アスペクト比(縦横比):16:10

■パフォーマンスモデルとパフォーマンスプラスモデルのディスプレイ

  • 14型、OLED(有機EL)、グレア(光沢)、タッチ対応、ペン対応
  • 解像度:2880×1800ドット
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • アスペクト比(縦横比):16:10

※HP Envy x360 14-fcのディスプレイには、WUXGA(1920×1200ドット)の液晶ディスプレイと2.8K(2880×1800ドット)の有機ELディスプレイの2種類があります。

今回のレビュー機は、2.8Kの有機ELディスプレイです。

タッチ対応ディスプレイです。

ディスプレイにタッチしているところ(タッチ対応ディスプレイ)

視野角

レビュー機はOLED(有機EL)ディスプレイなので、角度をつけて見ても暗く見えたりしません。

ただし、光沢ディスプレイなので、角度をつけて見ると、映り込みは見えやすいです。

HP Envy x360 14-fcのディスプレイ正面

HP Envy x360 14-fcの視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

HP Envy x360 14-fcの視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

▼ディスプレイが360度回転するので、このようにディスプレイを180度開いて、フラットに置いたりもできます。

HP Envy x360 14-fcのディスプレイを開けるところまで開いたところ

Eyesafe認定ブルーライトカットパネル採用のディスプレイ

HP Envy x360 14-fcのディスプレイは、目の負担を軽減するブルーライトカットパネルを採用したディスプレイです。

Eyesafe認定

「ブルーライト軽減機能搭載」のノートパソコンの場合、機能をオンにするとディスプレイ表示が黄色っぽくなってしまうことがありますが、

HP Envy x360 14-fcのディスプレイは、色味も自然ですし、ハードウェアレベルでブルーライトを低減してくれているそうです。

・「ノングレア」と「グレア」がある

HP Envy x360 14-fcのディスプレイには、以下のような違いがあります。

IPS液晶(WUXGA) ノングレア(非光沢)
OLED(2.8K) グレア(光沢)

※なお、すべてのモデルがタッチ操作とアクティブペンに対応しています。

レビュー機は、2.8KのOLED(有機EL)ディスプレイです。

ディスプレイの映り込み具合

グレアとノングレアの比較例

※この写真のノートパソコンは、HP Envy x360 14-fcとは異なる製品です。


ポイント

色域

■カバー率

sRGB 100%
DCI-P3 100%
Adobe RGB 98%

※あくまで当サイトで計測した結果です。環境や計測機器によって違いが生じる可能性があります。

OLEDディスプレイ搭載モデルの結果です。IPS液晶ディスプレイ搭載モデルは、これよりもカバーしている色域が狭い可能性があります。

DCI-P3カバー率も100%なので、クリエイティブ作業にも向いているといっていいでしょう。


ポイント

スタイリッシュな外観で、デザインもよいです。

HP Envy x360 14-fcの外観 見映え

▶デメリット・注意点

デメリット・注意点など:negativeNotes

注意点 グレア(光沢)ディスプレイのモデルもあり

OLED(有機EL)搭載のパフォーマンスモデルとパフォーマンスプラスモデルは、「光沢あり(グレア)」のディスプレイです。

スタンダードモデルは、OLEDではないですが、光沢なし(ノングレア)のディスプレイです。


注意点 SDカードリーダーは非搭載

SDカードリーダーは非搭載なので、SDカードを使いたい方はご注意を。

SDカードを読み込むには、SDカードリーダーが別途必要です。


▶その他、ひとこと

その他、ひとこと

その他 出荷製品は日本語キーボードです

メーカーページの写真は英語キーボードですが、出荷製品は日本語キーボード搭載です。

HP Envy x360 14-fcのキーボード

▲出荷製品はこのキーボード(タップ・クリックで拡大)


▶ HP Envy x360 14-fcを公式サイトで見てみる

▶スペック表

■HP Envy x360 14-fcのスペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 14型 アスペクト比16:10、タッチ対応、ペン対応
・WUXGA(解像度1920×1200)、60Hz、非光沢、IPS液晶
・2.8K(解像度2880×1800)、最大120Hz、光沢、OLED(有機EL)
CPU インテル Core Ultra 5 125U / Core Ultra 7 155U
メモリ 16GB / 32GB
ストレージ SSD:512GB / 1TB
グラフィックス インテル グラフィックス
サイズ 約313×218×16.9mm(最厚部で突起部含まず)
重さ 約1.39kg(公称値)
その他 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.3
発売日 2024年3月27日

※2024年5月1日時点のHP Envy x360 14-fc0000シリーズのスペックです。

■今回のレビュー機のスペック

パフォーマンスプラスモデル「インテル Core Ultra 7 155U、メモリ32GB、1TB SSD、OLEDディスプレイ(モデル名:14-fc0020TU)」

―― HP Envy x360 14-fcの使いやすさチェック ――

▶テレワークやWeb会議に役立つ機能

・プライバシーを保護するWebカメラ

約500万画素のWebカメラを搭載。Windows Hello(顔認証機能)対応です。

HP Envy x360 14-fcのWebカメラには、プライバシーカメラスイッチが搭載されています。

プライバシーカメラスイッチ

プライバシーカメラスイッチをスライドさせて、カメラにフタをしておけます。

プライバシーカメラスイッチを閉めておけば、万が一、カメラへ不正アクセスされてもプライバシーを保護できます。

オンラインミーティングなどで、不用意に自分が映り込むのを防ぎたい場合にも便利です。

▼実際に、Windowsのカメラアプリを起動して撮影した写真が以下。

▲HP Envy x360 14-fcのWebカメラで撮影

▼比較用として、3000円ほどで購入したフルHD(1920×1080ピクセル)の外付けWebカメラで撮影した写真。

▲ELECOM製の外付けWebカメラで撮影(比較用)

どちらも同じ光源(天井のLED照明のみ)で撮影しました。

約500万画素のWebカメラだけあって、HP Envy x360 14-fcのカメラは綺麗に撮れてますね。

Windowsスタジオ エフェクト

HP Envy x360 14-fcは、NPU(Neural Processing Unit)内蔵の「インテル Core Ultraプロセッサー」を搭載しているので、Windowsスタジオ エフェクトを利用できます。

Windows スタジオ エフェクト

■Windowsスタジオ エフェクトの機能

  • 自動フレーミング…顔が正面にくるように、自動でズーム&トリミング
  • アイ コンタクト…カメラを真っ直ぐ見ているように目線を自動調整
  • 背景効果…背景ぼかし などの効果

Windowsスタジオ エフェクトの処理をNPUが担当することで、CPUにあまり負荷をかけずに背景ぼかしなどの処理ができます。

・ノイズ削減

オンラインミーティング時のノイズを除去する「ノイズ削減」がプリインストールされています。

AIによるノイズリダクション

どれくらいノイズキャンセル効果があるのか?

ノイズ削減にどれくらいノイズを消す効果があるのか試してみました。

オンラインミーティング中に、まず手を叩いてみたところ、相手には聞こえなかったそうです。

一方、しゃべりながら手を叩いた場合は、手を叩いている音が途切れ途切れ聞こえる程度にノイズが削減され、完全にノイズが除去されるわけでなかったです。

というわけで、人の多いオフィスや、カフェなど、周囲がうるさい場所でのオンラインミーティングで役立ってくれるとは思いますが、比較的静かな場所では、OFFにしておいてもいいかと思います。

オンラインミーティングで役立つキー操作

オンラインミーティングで役立つ以下のキー操作も利用可能です。

  • F8キー:マイクミュート

マイクOFF時は、F8キーのランプが点灯するので、マイクがOFFになっているのがわかりやすいです。

▶キーボード

HP Envy x360 14-fcのキーボード

▲タップ・クリックで拡大

キーストローク(キーが沈み込む距離)は、約1.3ミリで、打ちはじめがやや硬めのタイピング感です。

キーストロークが浅すぎる感じはなく、キーボードのたわみも気になりません。

▼キーボード右側は、BackSpaceキーなどは、他のキーと比べると若干小さいです。

キーボードの右側

あと、カーソルキーが小さいので、使い勝手を考えると、PG UPとPG DNキーはない方がよかったなと個人的には思いますが、

PG UPなどは便利なキーではあるので、好みが分かれるところかもしれません。

電源ボタンもキーの一部に搭載されています。

電源ボタン

軽く押したぐらいでは反応せず、長押ししなければ電源が切れたり、スリープになったりはしません。

▼また、キーボードの新しい要素として、右Ctrlキーの位置に新しく「Copilot(コパイロット)キー」が追加されました。

コパイロットキー

Copilotキーを押すと、画面の右側にCopilotのウインドウが出てきて、AIに質問などができます。

コパイロット(プレビュー版)

今後はこんな感じで「Copilotキー」が入る製品も増えるようです。

▼左側は、半角/全角キーとCTRLキーが少し小さめです。ここがもう少し大きければよかったかなと思います。

キーボードの左側

▼キートップ(キーの表面)に凹みはありますが、浅い凹みです。

キートップのアップ画像

▲キートップに光をあてて凹みのラインを出したところ

凹みが浅いため、フラットに近い手ざわりです。指先の力を逃げにくくする効果は大きくはないですが、それでも凹みがないよりはよいです。

ファンクションキー(Fキー)は、HP Envy x360 14-fcの独自機能(特殊機能)が優先されています。

Fキー

(全角カタカナ変換などWindowsの標準機能を使うには、Fnキーと同時押しで使います。)

HP Envy x360 14-fcのファンクションキー設定の切り替え方法

ここで、Envy x360 14-fcのファンクションキー設定の切り替え(特殊機能(音量の上げ下げなど)を優先するかどうか)について解説しておきます。

電源ボタンを押してHP Envy x360 14-fcを起動させたら、すぐにF10キーを連打します。

するとBIOS設定の画面が表示されます。

HP Envy x360 14-fcのBIOSでのファンクションキー設定

カーソルキー(矢印キー)の右を2回押して、Configurationのタブに移動。

HP Envy x360 14-fcのBIOSでのファンクションキー設定

カーソルキー下を押して「Action Keys Mode」を選択。

[Enter]キーを押すと「Enabled」か「Disabled」のいずれかを選択できるので、

HP Envy x360 14-fcのBIOSでのファンクションキー設定

「Disabled」を選択してEnterキーを押します。

カーソルキー右を押して「Exit」タブへ移動し、「Save Changes and Exit」が選択された状態で[Enter]キーを押し、「Yes」が選択された状態でEnterキーを押します。

HP Envy x360 14-fcのBIOSでのファンクションキー設定

あとは自動でPCが起動し、F1~F12を標準的なファンクションキーとして使用できるようになります。

キーピッチなど

デスクトップPC向けキーボードとの比較

▲デスクトップPC向けキーボードと比較したところ

▼一部のキーを除いて、キーピッチ(キーとキーの間隔)は、19mmがタイピングしやすいと言われますが、HP Envy x360 14-fcは約18.7のキーピッチを確保。

キーピッチ

▼14型ノートなので、かなり手が大きい人でなければ、パームレストは十分な広さでしょう。

パームレストに手をのせたところ

▼デスクとパームレストの段差は小さめです。

パームレストに手をのせたところ:横から

キーボードバックライト

キーボードのバックライトは、F4キーでON・OFFができます。

HP Envy x360 14-fcのキーボード・バックライト

明るさは2段階で調整可能。

タッチパッド

クリックボタン一体型のタッチパッドです。

タッチパッド

タッチパッドは大きめなので、右手が少しタッチパッドに乗りますが、

母指球(以下参照)の部分で誤ってタッチパッドを押してしまっても、操作として反応しづらくなっていました。

母指球部

このため、右手がタッチパッドに乗ってしまうことによる誤操作が起きづらくなっています。

なお、タッチパッドの有効・無効をショートカットキーで切り替えることはできないようです。

▶スピーカー

HP Envy x360 14-fcは、底面にPoly Studio(ポリースタジオ)スピーカーを搭載。

HP Envy x360 14-fcのスピーカー

どのモード(ノートブックモードなのか?テントモードなのか?)で使っているかによって、多少音の聞こえ方は変わりますが、ノートパソコンのスピーカーとしては、まずまずよい音です。

音質は、点数にすると100点満点中:65点くらいです。

Poly StudioがONの場合の評価です。
※ノートパソコンのスピーカーとしての点数です。また、あくまで個人の感想です。

なおPoly Studio(ポリースタジオ)で、音楽、映画、音声などに合わせた音質に変更できる他、好み応じてカスタムしたりできます。

Poly Studio

▶バッテリー駆動時間

■バッテリー駆動時間の実測

MobileMark 25 最大10時間30分
※パフォーマンスプラスモデルのメーカー公称値
YouTubeを再生 7時間32分
30分で充電できたバッテリー量
※付属ACアダプターを使用
約34%
  • 電源モードの設定:バランス
  • myHPのパフォーマンス設定:スマートセンス
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ディスプレイの明るさ:50
計測項目についての詳細はここをタップ(クリック)

■「YouTubeを再生」のバッテリー駆動時間 計測条件

  • WebブラウザでYouTubeを再生(Webブラウザは全画面表示。動画自体は全画面表示にはしない)。PC側の音量設定は10

2880×1800ドットの高解像度ディスプレイを搭載していることを考えると、悪くないバッテリー駆動時間です。

バッテリー容量は、約59Whで、モバイルノートだと50Whくらいが標準的かなと思うんですが、それよりは少し大きめのバッテリーを搭載しています。

なお、今回のバッテリー駆動時間は、2880×1800ドットのOLEDディスプレイを搭載したモデルでの結果ですが、

以下のように、メーカー公称のバッテリー駆動時間を比較すると、スタンダードモデルの方が1.5倍くらいなんですよね。

HP Envy x360 14-fc:バッテリー駆動時間モデルごと

これは、スタンダードモデルのディスプレイは1920×1200ドットであり、OLEDディスプレイよりも解像度が低いことの影響が大きいでしょう。

なお、モバイルバッテリーで電力を補うのもよさそうです。

(詳しくは、USB PD充電器からの充電の項目をご覧ください)

・USB PD充電器からの充電

USB PD(Power Delivery)対応の充電器をThunderbolt 4端子に接続し、HP Envy x360 14-fc側へ充電してみました。

※USB PD=USBケーブルを介して受給電を可能にする規格のこと。

PD充電器の最大出力
充電の可否
20W(フィリップス製)
※電源オフ時のみ充電可能
30W(RAVPower製) ※注1
45W(Anker製) ※注1
65W(CIO製)

※注1:充電自体は可能でしたが、付属ACアダプターの出力65Wよりも低出力です。そのため、ACアダプター接続時と比べてパフォーマンスが落ちたり、高負荷の作業をしながら充電した場合、バッテリー残量が減るなどの可能性があります。

なお、付属ACアダプターの出力は65Wでしたので、それを超える出力のPD充電器でのテストは省略しました。

ちなみに、HP Envy x360 14-fcに電源コネクタはなく、付属のACアダプターもUSB Type-CまたはThunderbolt 4端子につないで使います。

ですので、PD充電器のワット数が足りていれば、普通に充電が可能です。

今回のレビュー機の付属ACアダプターは最大65ワット出力でしたので、もしPD充電器を調達されるなら、65ワット出力以上のものを選ぶと無難でしょう。

▶インターフェイス

右側面

右側面

ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポート

SuperSpeed USB Type-A(10Gbps)

左側面

左側面

USB Type-A 10Gbps(電源オフUSBチャージ機能対応)

HDMI2.1 出力端子(最大3840×2160ドット)

Thunderbolt 4 with USB Type-C(40Gbps)(USB PD、DisplayPort 2.1の映像出力、電源オフUSBチャージ機能に対応)

SuperSpeed USB Type-C(10Gbps)(USB PD、DisplayPort 1.4の映像出力、電源オフUSBチャージ機能に対応)

バッテリーへの充電は、USB Type-C端子につないでおこないます。USB Type-Cに接続して使用するACアダプターが付属します。

インターフェイスは、まずまず揃っているかなという感じです。

なお、冒頭の注意点にも書きましたが、SDカードスロットはないので、SDカードを使いたいときはSDカードリーダーが必要です。

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

静音性チェック時の騒音計の位置

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から計測。

■静音性のチェック結果

アイドル時 とても静か
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
YouTube再生時 とても静か
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
パフォーマンスモードでのベンチマークテスト時 最大41.8db程度

※充電時やバックグラウンドでアプリケーションが動作している場合など、アイドル時であっても、ある程度ファン音がする場合があります。
※今回は、「ファイナルファンタジー14暁月のフィナーレ ベンチマーク」実行時のdb数を計測しました。あくまで当サイトで計測した場合の音の大きさですので、上記よりも大きな音がしないことを確約するものではありません。

ベンチマークテスト時は「少し音がしているな」程度の印象で、うるさくて不快というほどではありませんでした。外出先で使う場合は、すぐ隣に人がいなければ問題ないでしょう。

▼なお、HP Envy x360 14-fcは、パフォーマンス設定ができます。大きな音がすると困るようなシーンでは静音モードにするなど、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

パフォーマンス設定

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4用紙とHP Envy x360 14-fcの大きさの比較

▲セミB5ノート(大学ノート)とのサイズ比較

HP Envy x360 14-fcを折りたたんだ様子:斜め上から

セミB5ノート(大学ノート) 252×179mm
A4サイズ 297×210mm
HP Envy x360 14-fc 約313×218×16.9mm(最厚部で突起部含まず)

A4のクリアホルダーのサイズが310×220mmなので、幅×奥行きはちょうどA4のクリアホルダーくらいの大きさです。

ビジネスバッグに入れているところ

※この画像はサイズ感の目安として載せています。実際の持ち運びには、インナーケースやノートパソコン収納部を備えたバッグやリュックのご利用をおすすめします。

▶重さの実測:約1,388グラム

HP Envy x360 14-fcの重さ:実測

本体 約1,388g
ACアダプター+電源ケーブル 約307g

公称値は約1.39kgですが、実測は約1,388gでした。

14型のノートパソコンとして考えると、軽量ではないですが、コンバーチブルタイプの14型ノートパソコンとしては軽い方です。

このあたりコンバーチブルタイプではない、普通のノートパソコンと比べると事情が違いますね。

なお、USB PD充電器からの充電の項目に記載のとおり、PD充電器でも充電できます。

ACアダプターの代わりに、より軽量なPD充電器を持ち運ぶのもアリでしょう。

「HP Envy x360 14-fc」を公式サイトで見てみる
 

―― HP Envy x360 14-fcの処理性能チェック ――

つづいて、HP Envy x360 14-fcのCPUやグラフィックスの処理性能などレビューしていきます。

■レビュー機のスペック

CPU インテル Core Ultra 7 155U
メモリ 32GB
ストレージ 1TB SSD(NVMe)
グラフィックス インテル グラフィックス

※なお、今回実施したベンチマークテストは、myHP → システム制御 → パフォーマンスのコントロールの設定を「パフォーマンス」に設定して計測しました。

パフォーマンスのコントロール

パフォーマンスプラスモデルの処理性能概要

※今回のレビュー機である、Core Ultra 7 155U搭載の「パフォーマンスプラスモデル」の処理性能の概要をまず記載します。

パフォーマンスモデルとパフォーマンスプラスモデルは、DCI-P3カバー率100%のOLEDディスプレイを搭載しているので、画像編集にもよさそうです。
(ただし、OLEDディスプレイの場合は、光沢ディスプレイである点には注意が必要です。)

動画編集もできますが、専用GPU搭載ノートと比べると、レンダリングには時間がかかるでしょう。

▶クリエイティブ系アプリのパフォーマンス

実際に、Adobeのアプリケーションを使って、快適に使えるかチェックしてみました。

Adobe Photoshop

長辺5000px以上の解像度が大きめの画像を使ってテストしてみました。

まず、Adobe Fireflyの技術が使われている「生成拡張」をテストしてみました。

Adobe Photoshop

「生成塗りつぶし」「空を選択」「被写体を選択」などをテストしてみましたが、どれもスムーズに処理できました。

ただし、タッチパッドで「手のひらツール(スペース+ドラッグ)」での移動操作をするには、タッチパッドの真ん中あたりに指を置いて操作する必要がありました。

Adobe Illustrator

Adobe Illustrator

  • スタライズでドロップシャドウをかけたオブジェクトを重ねて移動させる
  • 生成再配色

などをしてみましたが、動作が重くなることなく快適に使えました。

ただしPhotoshop同様、タッチパッドで「手のひらツール(スペース+ドラッグ)」の操作をするには、タッチパッドの真ん中あたりに指を置いて操作する必要がありました。

▶CPU性能:Core Ultra 7 155U

HP Envy x360 14-fcのCPUは、仕様によって以下の2つがあります。

■搭載CPUのラインナップ

  • Core Ultra 5 125U
  • Core Ultra 7 155U

今回のレビュー機のCPUは、以下です。

■レビュー機のCPU

  • インテル Core Ultra 7 155U
  • 12コア(Pコア×2、Eコア×8、低消費電力Eコア×2) / 14スレッド
  • Pコア:最大周波数4.8GHz、Eコア:最大周波数 3.8GHz、低消費電力Eコア:最大周波数 2.1GHz

HP Envy x360 14-fcのCPU-Z情報

CPU Mark

ベンチマークソフト「PassMark PerformanceTest」のうち、CPU性能のスコアをあらわすのが「CPU Mark」です。

スコアが高いほど、CPUの処理性能が高いです。

HP Envy x360 14-fcのPassMark CPU Markスコア:19586

スコア 19586

PassMarkでの同CPU(Core Ultra 7 155U)の平均スコア16140よりも高いスコアでした。

※2024年4月15日現在の平均値

CPUパフォーマンスは、しっかり出ていると言っていいでしょう。

他のCPUと比較したのが以下です。

CPUMarkのスコア比較

第13世代のCore i7-1360Pくらいのスコアは出てますね。

もしかしたらCore Ultraという名前なので、もっと圧倒的なベンチマークスコアが出るのかなって思ってた方もいるかもしれないですね。

しかし、もともとUシリーズよりもPシリーズの方が消費電力が高くて、パワー重視のCPUになってますので、

そのPシリーズに近いスコアが出ているので、モバイルノートとしては、パワーは比較的ある方です。

また、Core Ultraプロセッサーなので、バッテリー駆動時間に貢献する低消費電力Eコアを搭載しているとか、
NPUを搭載しているというメリットもあるので、CPUのパワーだけで善し悪しを出せるものではありません。

CINEBENCH 2024

CINEBENCH 2024は、「GPU(グラフィックス)」と「CPU」の性能を計測できるベンチマークソフトです。

HP Envy x360 14-fcのCINEBENCH 2024スコア

GPU 計測不可
CPU(マルチコア) 479
CPU(シングルコア) 102

▶グラフィックス性能:インテル グラフィックス

▼「3DMark」&「ゲーム系ベンチマーク」の結果はコチラ

HP Envy x360 14-fcのグラフィックスは「インテル グラフィックス(プロセッサーに内蔵)」です。

 HP Envy x360 14-fcのGPU-Z情報

HシリーズのCore Ultraにはインテル Arcグラフィックスが内蔵されていますが、

Envy x360 14-fc0000シリーズはUシリーズのCore Ultra搭載のため、Arcグラフィックスではなく、「インテル グラフィックス」が内蔵されています。

・ゲーム系ベンチマークの結果

3DMark ベンチマークスコア

3DMark

Fire Strikeスコア 5071
Time Spyスコア 2249

総合スコアを掲載しています。

ブループロトコル・ベンチマーク

ブループロトコル・ベンチマーク

低画質 1440×900 10986 極めて快適
中画質 1440×900 5548 設定変更を推奨

※仮想フルスクリーンモードにて計測。
評価は、スコアによって「極めて快適 > とても快適 > 快適 > やや快適 > 普通 > 設定変更を推奨 > 設定変更が必要 > 動作困難」の8段階に分かれます。

FF14(ファイナルファンタジーXIV)黄金のレガシー ベンチマーク

FF14 黄金のレガシー ベンチマーク

標準品質 1920×1080 5614 普通

※グラフィックス設定は、「ノートPC」向けの設定にて計測。
・評価は、スコアによって「非常に快適 > とても快適 > 快適 > やや快適 > 普通 > 設定変更を推奨 > 設定変更が必要 > 動作困難」の8段階に分かれます。

ドラゴンクエストXオンライン ベンチマーク
標準品質 1920×1080 9293 とても快適

評価は、スコアによって「すごく快適 > とても快適 > 快適 > 普通 > やや重い > 重い > 動作困難」の7段階に分かれます。

グラフィックス性能についての総評

ベンチマーク結果をみると、第13世代のCore i7などに搭載されていた、インテル Iris Xe グラフィックスよりは、

少し性能アップしたかなくらいの結果で、3Dゲームを遊ぶのに向いているといったほどの性能ではありませんでした。

ライトな3Dゲームだったらプレイできるかな?くらいの性能です。

▶SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

高速なPCIe4.0 x4 SSDです。フォルダ間でのデータコピーなどがより早くおこなえるなど、快適に使えるでしょう。

SSD情報

SSD情報

SK hynix(SKハイニックス)製のSSDを搭載していました。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

―― HP Envy x360 14-fcの外観・その他のレビュー ――

つづいて、外観や付属品をレビューしていきます。

▶外観

「HP Envy x360 14-fc」のボディカラーは、

  • メテオシルバー
  • ミッドナイトブルー

の2色展開です。

今回のレビュー機は「メテオシルバー」です。

HP Envy x360 14-fcの外観。斜め上から

なお、HP Envy x360 14-fa(AMDプロセッサー搭載モデル)の方は、メテオシルバー1色のみの展開のため、ミッドナイトブルーはインテルモデルのみ購入可能なカラーです。

Envy x360 14-fcは、HPのプレミアムパソコンだけあって、やっぱり外観が格好いいんですよね。

写真で見る以上に、よいデザインだなと思いました。

HP Envy x360 14-fcの外観 天板側

濃いめのグレーの色がいい感じですし、それに合わせてなのか、天板のロゴ部分も、暗めのシルバーになっているんですよね。

そこもいい感じにマッチしていて、カッコよくなっていますね。

HP Envy x360 14-fcの天板ロゴのアップ

HP Envy x360 14-fcの底面

HP Envy x360 14-fcのヒンジ

パームレストのアップ

▶付属品など

付属品一式です。

HP Envy x360 14-fcの付属品

  • ACアダプター
  • 電源ケーブル
  • 困ったときのHPサポートガイドブック
  • サービスおよびサポートを受けるには
  • セットアップ手順
  • 保証書
  • HP 430デュアルワイヤレスマウス※

などが付属。

HP Envy x360 14-fc0000シリーズの「スタンダードモデル」には、マウスは付属しません。

なお、AMDプロセッサー搭載のEnvy x360 14-fa0000シリーズは、どのモデルでもマウスが付属するようです。

※付属品は変更になる可能性があります。

HP 430デュアルワイヤレスマウス

HP 430デュアルワイヤレスマウスが付属。持ってみた感じは軽いです。

インテルプロセッサー搭載の「スタンダードモデル」のみマウスが付属しません。

(AMDモデル(HP Envy x360 14-fa0000シリーズ)の方は各モデルに付属します。)

付属のHP 430デュアルワイヤレスマウス

付属してくる割には、横にもボタンがついている5ボタンマウスなのはいいですね。

HP 430デュアルワイヤレスマウス

USBレシーバーでの接続、またはBluetooth接続、どちから好きな方で使えます。

▶HP Envy x360 14-fcのレビューまとめ

「HP Envy x360 14-fc」のレビューまとめです。

HP Envy x360 14-fcの外観 見映え

HP Envy x360 14-fcは、

  • AI活用も見据えつつ、ペンを使ったクリエイティブ作業をしたい
  • NPUも搭載した2in1ノートPCが欲しい

こういった方におすすめかなと思います。
※ペンは別売りです。

なお、Envy x360 14は、AMDプロセッサー搭載モデルの方が、安い価格からラインナップされているんですよね。
(※セールのときには逆転現状が起きる可能性はあります。)

ですので、インテルモデルでなくてもいいという方は、AMDモデルも検討してみるといいかもしれません。

AMDモデル「HP Envy x360 14-fa」icon

ちなみにAMDモデルとインテルモデルのプロセッサー以外の違いは、以下のようになっています(※0000シリーズの場合)。

インテルモデルのみにあるもの

このあたりも考慮しつつ選んでみてください。

セール情報

【5月31日12:59まで!】

「HP Envy x360 14-fc(インテル)」が、

169,088円(税込)月末タイムセール中!

この機会をお見逃しなく!

【セール中!】公式サイトの「HP Envy x360 14-fc(インテル)」販売ページへ

▶ HP Envy x360 14-fcを公式サイトで見てみる

 

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

▶動画レビュー

▼動画でレビューを見たい方は、以下をどうぞ!

お得なキャンペーン情報

マウスコンピューターこれがおすすめノートパソコン限定モデル

HPクーポン

マウスコンピューター・クーポン

ダイナブック特別サイト

富士通クーポン

マウスコンピューター・タイムセール

サブコンテンツ

このページの先頭へ