「Dell G3 15 (3500)」実機レビュー!コスパ抜群だが注意点は?スタイリッシュな外観のゲーミングノート

デル Dell G3 15 (3500)のメイン画像

デル Dell G3 15 (3500)のスペック

「Dell G3 15 (3500)」の実機レビューです。

デル Dell G3 15 (3500)は、Core i7-10750HとGeForce GTX 16シリーズ 搭載のゲーミングノートです。

「SSD+HDD」のデュアルストレージ仕様モデルもあります。

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

ここだけご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

>> デル「Dell G3 15 (3500)」を公式サイトで見てみる <<

▶ デル「Dell G3 15 (3500)」を公式サイトで見てみる

見出し:おすすめポイント・特徴

ポイント

GTX 1650 Ti、Core i7-10750H搭載

ポイント

Dell G3 15 (3500)には「256GB SSD+1TB HDD」のデュアルストレージ搭載モデルもあります。
※デュアルストレージではない仕様のモデルもあります。

SSDとは別に1TBのハードディスクがあれば、ゲームをたくさんインストールして楽しむこともできますね。

ポイント

Dell G3 15 (3500) のディスプレイは、リフレッシュレート120Hzまたは144Hz。

一般的なノートパソコン(60Hz)の2倍以上のフレームレートでの表示も可能になります。
※ただし、グラフィックスの処理性能が追いつかない場合、120以上のフレームレートで表示できないこともあります。

ポイント
  • Core i7-10750H
  • GeForce GTX 1650 Ti
  • 256GB SSD+1TB HDD
  • リフレッシュレート120Hzのディスプレイ

といった仕様でも、税込11万円台なので、かなり安いです。
※価格は2021年6月21日現在

はじめてのゲーミングPCとしてもオススメ。

ポイント

インターフェイスが充実しています。

右側面

左側面

ポイント

Dell G3 15 (3500)は、カラーバリエーションが「ホワイトカバー」と「ブラックカバー」の2つがあります。

 Dell G3 15 (3500)の外観 見映え

ホワイトカバーは、天板と底面がホワイト、キーボード面がブラックのツートンカラー。

ブルーのラインがアクセントで入っており、スタイリッシュな外観です。

 

見出し:デメリット・注意点など

注意点 ディスプレイの色域がせまい

色域

■カバー率

sRGB 61%
DCI-P3 45%
Adobe RGB 45%

※あくまで当方で測定した数値ですので、環境や測定機器によって違いが生じる可能性があります。

色域は、あまり広くないので、色鮮やかな表現でゲームを楽しみたいという方には不向きです。

注意点 本体がやや重い

重さを測っているところ

本体 約2,439g
ACアダプター+電源ケーブル 約495g

ゲーミングPCなので、一般的なノートパソコンと比べると重くなりがちですが、

それでも約2.4kgですので、頻繁に持ち運ぶのには不向きです。

とは言っても、私個人は2.5kgほどのノートパソコンを毎日のように持ち運びしていたので、持ち運べないことはない重さです。

注意点 バッテリー駆動では長時間のゲームプレイは難しい

ドラゴンクエストXベンチマーク・ループ再生にて、バッテリー駆動時間を測定してみたところ、約1時間30分の駆動時間でした。

ですので、バッテリー駆動で長時間ゲームを遊ぶのは難しいでしょう。

ウェブ閲覧やオフィス系ソフトを使った作業など、負荷が軽めの用途でしたら、4~5時間程度は使えそうでした。

詳しくは、バッテリー駆動時間の項目をご覧ください。
 

>> デル「Dell G3 15 (3500)」を公式サイトで見てみる <<

▶ デル「Dell G3 15 (3500)」を公式サイトで見てみる


■Dell G3 15 (3500)のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 15.6型 フルHD (1920×1080)、ノングレア (非光沢)、120Hzまたは140Hz
CPU インテル Core i7-10750H
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ デュアルストレージ仕様 :「256GB SSD」+「1TB HDD」
SSDのみの仕様 : 512GB
グラフィックス GeForce GTX 1650 (4GB)、GTX 1650 Ti (4GB) 、GTX 1660 Ti (6GB)
サイズ 365.5×254×21.6mm
重量 約2.34g~
その他 Wi-Fi 5 / Wi-Fi 6、Bluetooth 5
■今回のレビュー機のスペック
「120Hz、SSD+HDD、GTX1650Ti(規制モデル名:P89F)」

▶キーボード

Dell G3 15 (3500)のキーボード

▲タップorクリックで拡大

Dell G3 15 (3500)のキーボードは、英語キーボードのモデルもありますが、レビュー機のキーボードは日本語キーボードです。

キーストローク(キーが沈み込む距離)は1.5ミリ程度で、ノートパソコンのキーボードとしては、浅くもなく深くもなく、といったところ。

キーが底を打ったときに突っかかる感じがなく、スムーズにタイピングできます。

テンキーが4列テンキーなのも、テンキーが欲しい方にはうれしいところでしょう。

Dell G3 15 (3500)のキーボードの右側

[¥]キーと[BackSpace]キーが、他のキーよりも小さくなっているのは残念なところ。
 

ファンクションキー(Fキー)は、Dell G3 15 (3500)の独自機能が優先されています。

Fキー

(全角カタカナ変換などWindowsのデフォルト機能を使うには、Fnキーと同時押しで使います。)

浅い凹みではありますが、キートップ(キーの表面)に凹みがあり、若干、指先の力が逃げにくくなっています。

キートップのアップ画像

▲キートップに光をあてて凹みのラインを出したところ

タイピング音の大きさは、普通くらいです。

キーボードを斜め上からアップ

キーピッチなど

デスクトップPC用キーボードとの比較

▲デスクトップPC用キーボードと比較したところ

▼キーピッチ(キーとキーの間隔)は、タイピングしやすいと言われる19ミリとほぼ同等の19.05ミリ。

キーピッチ

▼15.6型のノートPCなのでパームレストは十分な広さ。

パームレストに手をのせたところ

キーボードバックライトを搭載

キーボードのバックライトは、F7キーでオン・オフができます。明るさは2段階で調整可能。

キーボードのバックライト

※英語キーボード・モデルのみ、4ゾーンRGBバックライトを搭載している場合があるようですが、それ以外のキーボードはバックライトのカラー変更はできません。

タッチパッド

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、やや大きめです。

タッチパッド

▶スピーカー

底面にスピーカーを搭載。

Dell G3 15 (3500)のスピーカー

スピーカーの音質は、「もう少し音抜けが欲しい」と感じる場合もありましたが、
底面のみのスピーカーとしては、音はそれほど悪くないと思います。

▼Nahimic 3D Audioを搭載しているため、よい音に聴こえるようにイコライジングなどがかかっているのだと思われます。

Nahimic 3D Audio

▶ディスプレイ

ディスプレイのリフレッシュレートは、120Hzまたは144Hzです。
※モデルにより異なります。

角度をつけて見ると少し暗く見えますが、白飛びして極端に見づらくなったりはしません。

ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

▼ディスプレイを開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

ノングレア液晶なので、写り込みしにくい

Dell G3 15 (3500)のディスプレイは、ノングレア(非光沢)液晶なので、写り込みしづらいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

作業中に光が反射してチラついたりしにくいので、目に優しく実用的です。

▶バッテリー駆動時間

レビュー機のバッテリーは、51Whのスマートリチウムイオン・バッテリーです。
(68Whバッテリーのモデルもあるようです。)

■バッテリー駆動時間の実測

メーカー公表値 記載なし
ネット閲覧とテキスト打ちに使用
(負荷:軽)
5時間23分
PCMark 8 WORK
(負荷:中)
4時間4分
※バッテリー残量が20%を切るまでの時間
ドラゴンクエストXベンチマーク・ループ再生 1時間30分
30分で充電できたバッテリー量 約27%

※ディスプレイの明るさ:80%で測定しました。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

なお、Dell G3 15 (3500)は、「Alienware Comand Center」または「Dell Power Manager」でパフォーマンスの設定ができます。

今回は、「Dell Power Manager:最適化」の設定にて測定しました。

測定条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■「ネット閲覧とテキスト打ちに使用」のバッテリー駆動時間 測定条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 WORK」について

ソフトウェア「PCMark 8」でのバッテリー駆動時間の測定テストです。
ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなど、バッテリー駆動時間に影響の大きい動作テストも含まれています。

負荷の軽い用途に使う分には、そこそこの時間使えますが、

ドラゴンクエストXベンチマークのループ再生では、1時間30分で電源が切れたので、バッテリー駆動では長時間のゲームプレイはできなさそうです。

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から測定。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大48.5db前後

※ベンチマークテスト時のdb数は、あくまで当サイトで測定した場合の音の大きさです。これよりも大きな音がしないことを確約するものではありません。

アイドル時は、ほぼ無音ですし、48.5db程度なら周囲の音にかき消されやすい音量なので、
よほど静かな場所で使うとかでなければ、騒音面はあまり心配しなくても大丈夫そうです。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4用紙とDell G3 15 (3500)の大きさの比較

▲A4用紙とのサイズ比較

Dell G3 15 (3500)の薄さ

大学ノート 252×179mm
A4サイズ 297×210mm
Dell G3 15 (3500) 365.5×254×厚さ21.6mm

幅×奥行きは、A4サイズよりもわりと大きいです。

A4サイズ対応の標準的な大きさのビジネスバッグにも入りましたが、余裕はあまりないです。

ビジネスバッグに入れているところ

持ち運びには、15.6型ノートに対応したリュックやバッグを使った方が安全でしょう。

脇にかかえて持っているところ

▶インターフェイス

■右側面

右側面

① SDカードスロット(SD、SDHC、SDXCに対応)
② ヘッドセットジャック(ヘッドホン出力兼マイク入力)
③ USB 2.0 (Type-A) ×2
④ ウェッジロックスロット

また、SDカードを挿すと、かなりはみ出すので、挿しっぱなしにしておくのには向いていません。

SDカードを挿しているところ

■左側面

左側面

① 電源入力端子
② HDMI 2.0
③ USB 3.2 (Type-A) Gen1(PowerShare対応)
④ ネットワーク (LAN) 端子
⑤ USB 3.2 (Type-C) Gen2(Display Port 1.4 オルタネートモード対応)

※オルタネートモード:USB Type-C端子で、映像出力などが利用できる機能。

ちなみに、GeForce GTX 1660 Ti搭載モデルの場合は、USB Type-C端子がThunderbolt 3になります。

インターフェイスは充実していますが、右側面のUSBポートが3.2ではなく2.0なのは残念なところ。

デル「Dell G3 15 (3500)」を公式サイトで見てみる
 

―― 処理性能のチェック ――

※以下で実施しているベンチマークテストは、「Dell Power Manager:超高パフォーマンス」に設定して計測しました。

▶CPU性能

■レビュー機のCPU

  • インテル Core i7-10750H
  • 6コア / 12スレッド
  • 2.6GHz-5.0GHz
CINEBENCH R20

 CINEBENCH R20のテスト結果

マルチコア 3019
シングルコア 458
CINEBENCH R23

 CINEBENCH R20のテスト結果

マルチコア 7215
シングルコア 1206
CPUMark

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果:12818

スコア 12818

PassMarkでの同CPUの平均スコア12572よりも高いスコアなので、CPUのパフォーマンスはしっかり出ていると言っていいでしょう。
※2021年5月17日現在の平均値

これくらい高い性能なら、ビジネス用途はもちろん、クリエイティブな用途にもいろいろと使えるでしょう。

▶ストレージのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

NVMe対応PCIe3.0×4のSSDとしては特段速くはありませんが、SATA接続のSSDやHDDと比べると圧倒的に速いです。

HDDのデータ転送速度

今回のレビュー機は、「SSD+HDD」のデュアルストレージ仕様なのでHDDのデータ転送速度も計測しました。
※デュアルストレージ仕様ではないモデルもあります。

HDDのデータ転送速度

SSDと比べると、スピード面ではだいぶ劣りますが、1TB HDDなのでデータをたくさん保存できます。

ストレージ情報

 SSD情報

▲SSDはADTEC(アドデック)製

HDD情報

▲HDDはSEAGATE(シーゲート)製

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

▶グラフィックス性能

■Dell G3 15 (3500)のグラフィックス

  • NVIDIA GeForce GTX 1650 (4GB)
  • NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti (4GB)
  • NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti (6GB)

今回のレビュー機は「NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti (4GB) +インテル UHD グラフィックス 630」です。

すべてのモデルに発熱が少ないGDDR6メモリが搭載されています。

3DMarkのスコア
Fire Strike 9121
Time Spy 3905
ドラゴンクエストX ベンチマーク
最高品質(1920×1080) 11941 すごく快適
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
標準品質(1920×1080) 13893 非常に快適
高品質(1920×1080) 12526 非常に快適
最高品質(1920×1080) 10332 非常に快適

※グラフィックス設定は、最高品質以外は「ノートPC」向けの設定にて計測。

ストリートファイターV ベンチマーク
解像度 平均フレームレート・結果
1920×1080 59.99 FPS 快適
FF15(ファイナルファンタジーXV)
1920×1080 標準品質 5625 やや快適
PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)
平均フレームレート 68.5 FPS

※トレーニングモードで走り回ったときのフレームレートです。
※グラフィック設定はデフォルト。

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege(レインボーシックスシージ)
平均フレームレート 157 FPS

※ベンチマークの計測結果です。甘めの結果が出るように思えるので、この結果より厳し目に見たほうがよさそうです。


多くの3Dゲームを遊べるグラフィックス性能がありますが、常時120Hzのフレームレートでプレイできるゲームは、軽い3Dゲームに限られそうです。

ちなみに、当サイトにて計測したデータで比較すると、GTX 1650Tiに対してGTX 1660 Tiの方が3Dゲームにおいては平均30%ほどパフォーマンスが上です。
※ゲームタイトルによる差はあります。

グラフィックス性能を少しでも高くしたいなら、GTX 1660 Ti搭載モデルがおすすめです。

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

デル「Dell G3 15 (3500)」には、「ホワイトカバー」と「ブラックカバー」の2色があります。

今回のレビュー機は「ホワイトカバー」です。

Dell G3 15 (3500)の外観。斜め上からのカッコいいアングル

天板と底面がホワイト、キーボード面がブラックのツートンカラーで、おしゃれなルックス。

写真にはうつりませんが、天板やパームレストまわりが小さくキラキラと輝いているので質感がよいです。

Dell G3 15 (3500)の外観 天板側から斜め上

ヒンジの画像

Dellのマークが、光に反射して青く輝きます。

天板ロゴのアップ

本体底面

パームレストは黒いので、指紋ヨゴレは目立ちやすいです。

パームレストのアップ

電源ボタンは、指紋認証に対応。

電源ボタン

▼WEBカメラは、720p のワイドスクリーン対応HDカメラ(0.92メガピクセル)です。
WEBカメラ

▶付属品など

付属品一式です。

Dell G3 15 (3500)の付属品

  • ACアダプター
  • 電源ケーブル
  • 簡易ガイド
  • 各種お問い合わせ案内

などが付属。

※付属品は変更になる可能性があります。

▶「Dell G3 15 (3500)」のレビューまとめ

「Dell G3 15 (3500)」のレビューのまとめです。

Dell G3 15 (3500)の外観 見映え

やはり一番のおすすめポイントは、コスパの高さです。

グラフィックス性能の高いゲーミングノートは、どうしても価格が高くなってしまうので、コスパ重視でゲーミングノートを選びたい方におすすめ。

デザインもよいので、ゲーミングノートとしてではなく、ハイスペックなノートパソコンとしてもオススメです。

>> デル「Dell G3 15 (3500)」を公式サイトで見てみる <<

▶ デル「Dell G3 15 (3500)」を公式サイトで見てみる

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ