デル「NEW XPS 13(9380)」のレビュー&おすすめポイントまとめ!

デル New XPS 13のメイン画像

「デル New XPS 13」の実機レビューをお届けします。なお、レビュー機はメーカーからの貸出品です。

最初にレビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」を挙げておきます。

    ■「デル New XPS 13」のおすすめポイント・特徴

  • シンプルで洗礼されたデザイン。アルミボディで高級感がある
  • キーボード周りに「グラスファイバー」が使われており斬新でクール
  • 薄型ベゼルだから、A4サイズなみのコンパクトボディ
  • 薄型ベゼル

    ▲A4に近いサイズで持ち運びも◎

  • 鮮やかで見やすい4Kディスプレイ
  • 4Kディスプレイは「反射防止液晶」
    グレア液晶のように鮮やかでありながらも、光が写り込みにくいので見やすいです。

    ※フルHDディスプレイの場合は、反射防止ではなく、非光沢液晶です。

    ■注意点など

  • USBは「USB Type-C端子」のみなので、USB-Aの機器をつなぎたい場合は、変換アダプタなどが必要。
    (※USB-AをUSB Type-Cに変換するケーブルは付属していました)

なお、「楽天ポイントが3000ポイントもらえるキャンペーンページ」をメーカーの方からご提供いただきました。

詳しくは、以下のページの「ポイント獲得の流れ」をご覧ください。

デル製品を買うと楽天ポイントがもらえるページはコチラ


 


■New XPS 13のスペック

OS Windows 10 Home
液晶 13.3インチ フルHD(1920×1080) / 4K(3840×2160)
CPU インテル Core i3-8145U / Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB / 512GB
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620
サイズ 約302×199×7.8(最薄部)~11.6(最厚部)mm
重量 約1.23 kg

「デル New XPS 13(9380)」を公式サイトで見てみる
 

今回のレビュー機は、プラチナハイエンド・モデル(Core i7-8565U、メモリ16GB、512GB SSD、4Kタッチパネルディスプレイ)です。

 
↓目次で、ある程度の内容がご確認いただけます(クリックすると、その項目に飛びます)。

★おすすめポイント・特徴をくわしく解説!★

▶外観

シンプルで洗礼されたデザイン。アルミボディで高級感がある

デル「New XPS 13」のボディカラーは、

  • プラチナシルバー&ブラック
  • ローズゴールド&アークティックホワイト
  • フロスト&アークティックホワイト

3色展開です。

今回のレビュー機は「フロスト&アークティックホワイト」。

デル New XPS 13の外観。斜め上からのカッコいいアングル

ホワイトシルバーといった感じのルックスで、品がよくキレイです。

天板は、プラスチックではなく金属なので、高級感があります。

New XPS 13の外観 天板側から斜め上

濃い色の金属だと指紋が目立ちやすいのですが、白っぽい色なので素手で触っても指紋が目立ちにくいです。

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

底面(裏面)のデザインもスタイリッシュ。

本体底面(裏面)

 
液晶を開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

ヒンジの画像

キーボード周りに「グラスファイバー」が使われており斬新でクール

パームレストには、グラスファイバーが使われていてカッコイイです。

パームレストのアップ

グラスファイバーのパームレストは、柔らかさのあるやさしい触り心地。

それでいてサラサラしていて、触り心地がよいです。

↓ちなみに、カラーが「プラチナシルバー&ブラック」のモデルは、パームレストに「カーボンファイバー」が使われています。

個人的には「フロスト&アークティックホワイト」は、キレイで美しいイメージ。

「プラチナシルバー&ブラック」は、クールでかっこいいイメージです。

▶サイズ:A4に近いサイズ

A4用紙サイズとの比較です。

 A4用紙とNew XPS 13の大きさの比較

■A4サイズとの比較

A4サイズ 297 x 210mm
New XPS 13 約302 x 199mm(厚さ7.8(最薄部)-11.6mm(最厚部))

A4サイズよりも幅が5ミリほど広いですが、奥行きはA4よりも小さいです。

超薄型のベゼル(画面のフチ)を採用しているだけあって、さすがのコンパクトさ。

薄型ベゼル

ビジネスバッグに入れてるところ

ビジネスバッグにも入れやすいですね。

▶液晶ディスプレイ

IPS液晶で視野角が広く発色もよい

New XPS 13(9380)のディスプレイは、

  • FHD (1920×1080) ディスプレイ
  • 4K Ultra HD (3840×2160) ディスプレイ

の2つがあります。

今回のレビュー機は、4K Ultra HDディスプレイです。
 

発色がよく、見やすい液晶ディスプレイです。ということもあり、視野角も広いですね。

これなら、複数人で同時に画面を見ても見やすいでしょう。

液晶ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から角度をつけて見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から角度をつけて見たところ

視野角は十分すぎるくらいの広さでした。

反射防止ディスプレイのため、鮮やかな発色でありながらも、テカリにくい

「デル New XPS 13」の4Kディスプレイは、反射防止タイプのディスプレイです。

そのため、グレア(光沢)液晶のように鮮やかでありながらも、光が写り込みにくいので非常に見やすいです。

ディスプレイの光の映り込み具合

↑ディスプレイを消灯しているときは、このようにある程度の写り込みはありますが、実際に使っているときは、テカリなどは気になりませんでした。

その他の点もチェック

▶CPU、SSDの性能チェック

CPUの性能は高い

レビュー機のCPUは「インテル Core i7-8565U プロセッサー(1.80-1.99GHz)」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストの数値は、10760という高い数値が出ました。

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果

これくらい高い性能なら、ビジネス用途はもちろん、クリエイティブな用途にも幅広く使えます。

ちなみにNew XPS 13(9380)は、モデルによってCPUが異なります。

Core i7-8565Uを搭載しているのはプラチナモデルです。他2つのCPUの参考値ものせておきます。

スダンダードモデル
Core i3-8145U
4557(参考値)
プレミアムモデル
Core i5-8265U
8117(参考値)
プラチナモデル
Core i7-8565U
10760(上記実測)

※参考値は、PassMarkでの3月27日現在の平均値です。New XPS 13の実機で計測した場合とは結果にズレる可能性があります。

「プレミアム」と「プラチナ」がなんとなく名前が似ていますのでご注意を。

Core i5-8265U は性能が高めでコスパもよいですね。

「とにかくハイスペックにしたい!」というわけでなければ、Core i5-8265U搭載のプレミアムモデルを選ぶのもいいと思います。

※ただし、4Kディスプレイを選択できるのは、プラチナモデルのみです(2019年3月27日現在)。

SSDのデータ転送速度もかなり速い

高速なNVMe対応PCIe接続のSSDなので、データ転送速度はかなり速いです。

ストレージの転送速度

専用グラフィックスは搭載していないので、動画編集などには向かない

New XPS 13は、NVIDIA GeForceなどの専用グラフィックスは搭載していません。

そのため、動画編集や3Dゲームができないわけではありませんが、それらの用途をメインとして使うのには、あまり向いていません。

▶キーボード

キーボードの打ち心地

New XPS 13のキーボード

▲タップ(クリック)で拡大

薄型のノートパソコンなので、やや浅めのタイピング感です。

打ちにくくはありませんが、もう少し深くキーが沈んでくれた方が個人的には好みです(そうは言っても、薄型ノートなので無理な要求ですが笑)。

矢印キーはもう少し大きいほうが嬉しいですね。ただ、13型のノートPCだと、こういう感じの矢印キーが多いので、仕方のないところではあります。

矢印キー周辺のアップ画像

キートップはほぼフラットです。

キートップのアップ画像

タイピング音はわりと静か

キーボードを斜め上からアップ

打音は、タタタタといった感じの音がしますが、うるさくはありません。

音量的には普通くらいだと思います。音が大きく鳴りがちなエンターキーやスペースキーも静かな音です。

フルサイズキーボードとの比較

フルサイズのキーボードと比較してみました。

フルサイズのキーボードとの比較

フルサイズ・キーボードと近いキーピッチで、普通に文字入力する分には、スムーズに打てました。

パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

わたしは、少し手が大きめなのですが、パームレストは十分な広さがあります。

キーボードにバックライトを搭載

キーボードのバックライト

キーボードのバックライトは、F10キーでオン・オフができます。2段階調節できるので暗いところでの作業に役立ちます。

タッチパッド

タッチパッドは、幅も狭すぎず広すぎずで、ちょうどいい感じです。

タッチパッド

クリックエリアが左右に分かれているので便利です。

ただクリック音は大きめなので、そこは利用シーンによっては気になるかもしれません。

「デル New XPS 13(9380)」を公式サイトで見てみる

▶スピーカー

広がりのある、なかなかよいサウンド

デル New XPS 13のスピーカー

本体左右の側面にスピーカーが搭載されています。

小さなスピーカーですが、モバイルノートPCとしてはまずまずよい音です。

「Waves MaxxAudio Pro」がインストールされているので、ある程度イコライジングして音を変えることもできます。

▶バッテリー駆動時間のチェック

タイピングとネット閲覧に使用することを想定して、バッテリー駆動時間を計測してみました。

計測条件を見るにはここをタップ(クリック)

■バッテリー駆動時間の測定条件

  • 画面の明るさ:40%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り40%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から、バッテリー残量が10%になるまでの時間を計測します。

※初期設定では、バッテリー残量が10%くらいになると「電源に接続してください。」の表示が出るので、残量10%までの時間を計測しています。

  • バッテリー残量100%からスタート
  • 約11時間50分経過後:残り10%(ここで「電源に接続してください」の表示が出る)

ということで、フル充電の状態から11時間50分ほど動かすことができました。

「4K」かつ「タッチ対応」のディスプレイを搭載していて、このくらいのバッテリー駆動時間があるのは素晴らしいです。

(解像度が高い方がバッテリーを消耗しますし、タッチ対応ディスプレイの方がバッテリーを消耗します)。

フルHDディスプレイのモデルでしたら、バッテリー駆動時間はこれよりもずっと長いでしょう。

▶静音性のチェック

CPU負荷がかかっても、わりと静か

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

それほど負荷がかかっていない状態では「無音」です。

しばらく大きく負荷をかけてみても、少し大きな「シューー」と排気音がするだけで、測定値も43db(デシベル)前後でした。

排気音が大きくなったときのdb数

負荷が継続的にかかっても、排気音などはそれほど大きくなりませんでした。

これなら図書館などでも気にせず使えるでしょう。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶重さの実測:1,236グラム

重さを測ってるところ

本体などの重さを計ったところ、以下のようになりました。

本体 約 1,236g
ACアダプター+電源ケーブル 約 242g

本体とACアダプター・電源ケーブルの重さを合わせると合計約 1,478グラムです。

ただ、上記でチェックした通り、バッテリー駆動時間が4Kディスプレイでも約11時間50分ほどありましたので、

ちょっとした用事であれば、ACアダプターは持ち運ばないでも大丈夫そうです。

 
HD画質のWebカメラ(約90万画素)も搭載。

 Webカメラ

ちなみにXPS 13の前モデルは、ベゼル(画面のフチ)を薄くするために、ディスプレイ下側にカメラが付いていました。

▲前モデルは、ディスプレイ下にカメラが搭載されている

▲新しいモデルは、ディスプレイ上側にカメラを搭載

今回のモデルでは、小型カメラを採用し、薄型ベゼルの中にカメラが搭載されています。

下からのアングルのカメラ位置だったのが、顔の正面に近いアングル位置になりました。

左右側面とインターフェイス

■左側面

左側面

左側面のアップ

インターフェイスは左から、

  • セキュリティ ケーブル スロット(V字型)
  • Thunderbolt 3(USB Type-C)Power Delivery 搭載(パソコン本体への充電もここから)
  • Thunderbolt 3(USB Type-C)Power Delivery 搭載
  • 「バッテリー充電ステータスボタン」と「バッテリー充電ステータスライト」(ボタンを押すとバッテリー残量を確認できます)
■右側面

右側面

右側面のアップ

インターフェイスは左から、

  • microSD カードスロット
  • USB 3.1 Gen 2(Type-C)ポート(Power Delivery/DisplayPort機能付き)
  • ヘッドセットポート(ヘッドホン / マイクを接続)

「デル New XPS 13(9380)」を公式サイトで見てみる

▶デル「New XPS 13」のレビューまとめ

デル New XPS 13の外観 見映え

「デル New XPS 13」のレビューのまとめです。

    ■「デル New XPS 13」のおすすめポイント・特徴

  • シンプルで洗礼されたデザイン。アルミボディで高級感がある
  • キーボード周りに「グラスファイバー」が使われており斬新でクール
  • 薄型ベゼルだから、A4サイズなみのコンパクトボディ
  • 薄型ベゼル

    ▲A4に近いサイズで持ち運びも◎

  • 鮮やかで見やすい4Kディスプレイ
  • 4Kディスプレイは「反射防止液晶」
    グレア液晶のように鮮やかでありながらも、光が写り込みにくいので見やすいです。

    ※フルHDディスプレイの場合は、反射防止ではなく、非光沢液晶です。

    ■注意点など

  • USBは「USB Type-C端子」のみなので、USB-Aの機器をつなぎたい場合は、変換アダプタなどが必要。
    (※USB-AをUSB Type-Cに変換するケーブルは付属していました)

正直なところ、New XPS 13は完成度が高く、弱点やデメリットはあまり見当たりませんでした。

デメリットなどを強いて言うなら、機器と接続する場合はUSB Type-C を利用することになるので、

USB Type-AやHDMIケーブルなどをつなぎたい場合は、変化アダプターを使う必要がある、といったところですかね。

 
前モデルでも感じたのですが、New XPS 13からは、デルの意気込みを感じます。

完成度が高いので、建前なしでオススメできるノートパソコンです!

「デル New XPS 13(9380)」を公式サイトで見てみる

▶デルのパソコン購入で【楽天ポイントを3000ポイント】もらえるキャンペーン!

なお、「楽天ポイントを3000ポイントもらえるキャンペーンページ」をメーカーの方からご提供いただきました。
詳しくは、以下のページの「ポイント獲得の流れ」をご覧ください。

デル製品を買うと楽天ポイントがもらえるページはコチラ

※口座番号といっても、楽天銀行の口座ではなく、ポイント付与のための番号のことなので、楽天のアカウントさえあれば、楽天ポイントがもらえます。
※85,000円以上の購入が対象です。

楽天ポイントがもらえると言っても、パソコンの購入先は楽天ではなく「デル公式サイト」なので、ご安心ください。

やってみると、すごく簡単に楽天ポイントがもらえますので、ぜひご利用ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ