【dynabook AZ66シリーズ 】の実機レビュー!大画面でブルーレイディスクも楽しめる!エンタメ重視で選びたい方に

dynabook AZ66のメイン画像

「dynabook(ダイナブック) AZ66」の実機レビューです。

早速ですが、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

ここだけご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

    ■おすすめポイント・特徴

  • 16.1型ディスプレイ搭載
  • 15.6型クラスのボディに16.1型ディスプレイを搭載。より大画面でパソコンが使えます。

  • ブルーレイディスクドライブ搭載
  • DVDだけでなく、ブルーレイディスクも楽しめます。

  • デュアルストレージ搭載モデルもあり
  • dynabook AZ66シリーズには、ストレージにSSDとHDDの両方を搭載したデュアルストレージのモデルもあります。

  • 「使いかた相談」や「遠隔支援サービス」が購入から5年間無料
  • 電話での「使いかた相談」、遠隔操作でサポートしてもらえる「遠隔支援サービス」が購入から5年間無料で受けられます。
    パソコンがはじめての方にもオススメです。

■ダイナブックのノートPCを安く買う方法

ダイナブックのノートパソコンを安く買うには、まずダイナブックの公式オンラインストアからCOCOROメンバーズに会員登録するのがオススメです。すると、

「えっ?こんなに安くなるの?」

というくらい安くなります。

ダイナブックのパソコンを検討している方は、面倒でも入力する会員登録して、「どれくらい安くなるのか?」の確認をオススメします。

(※会員登録は無料ですし、メールアドレス、パスワード、ニックネームを登録するだけでOKなのでカンタンです)

>> dynabook AZ66を公式サイトで見てみる <<

▶ dynabook AZ66を公式サイトで見てみる


■dynabook AZ66シリーズのスペック

OS Windows 10 Home
ディスプレイ 16.1インチ フルHD(解像度:1920×1080)、ノングレア(非光沢)、IPS液晶
CPU インテル Core i7-10510U / i7-10710U
メモリ 16GB
ストレージ デュアルストレージ仕様:「256~512GB SSD」+「 1TB HDD」
SSDのみの仕様:1TB
グラフィックス インテル UHD グラフィックス
サイズ 約379×256.5×23.7mm ※突起部含まず
重量 約2.4kg
■今回のレビュー機のスペック
「Core i7-10710U、メモリ16GB、512GB SSD+1TB HDD(型番:W6AZ66CMGB)」

―― 使いやすさのチェック ――

▶キーボード

▲タップorクリックで拡大

キーストローク(キーの沈み込み)は浅めで、打ちはじめがやや硬めのタイピング感です。

たわみはありません。

ハイフンキーが小さくなってしまっているのは少し残念なところです。

タイピング音は小さめ。キーボードバックライトは非搭載です。

ファンクションキー(F1~F12キー)は、全角カタカナ変換などWindowsのデフォルト機能が優先されています。
(音量の上げ下げなどFキーに割り当てられた独自機能を使うには、Fnキーと同時押しで使います。)

ちなみに、dynabookセッティング ⇒ キーボードで設定を変更すれば、Fnキーを押さずに独自機能を使えるようにもできます。

キートップ(キーの表面)には0.2ミリの凹みが付けられていて、指先の力が逃げにくくなっています。

キートップのアップ画像

▲キートップに光をあてて凹みのラインを出したところ

ぜいたく言うなら、もう少し凹みが大きい方が好みではありますが、凹みが全くないよりはタイピングしやすいはずです。

キーピッチなど

デスクトップPC用キーボードとの比較

▲デスクトップPC用キーボードと比較したところ

キーピッチ(キーとキーの間隔)はタイピングしやすいと言われる約19ミリなので、狭さを感じることなくタイピングできました。

キーピッチ

▼16.1型の大画面ノートPCなのでパームレストは十分な広さ。

パームレストに手をのせたところ

タッチパッド

タッチパッド

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、普通~やや小さめです。

なお、Fn+F5キーでタッチパッドの無効・有効を切り替えできるので便利です。

▶スピーカー

オンキヨーと共同開発したステレオスピーカーと、「Dynamic Wide Sound」システムを搭載。

dynabook AZ66のスピーカー

スピーカーグリルが利用者の顔へ向くように、斜めに角度が付けられています。

オンキヨー製スピーカーということで、期待してしまう分、もう少し音抜けなどが欲しいとは感じました。

しかし、ノートパソコンのスピーカーとしては、悪くない音質だと思います。

▶ディスプレイ

ダイナブックのAZシリーズの中でも、AZ66シリーズはベゼル(画面のフチ)が薄いです。

そのため、他のAZシリーズと同じ筐体サイズのまま、より大きな16.1型ディスプレイを搭載しています。
※AZ25、45、65シリーズは15.6型ディスプレイ。

▼ディスプレイを開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

 
▼IPS液晶を搭載しており、角度をつけて見ても少し暗くなる程度で、それほど見づらくはなりません。

ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から角度をつけて見たところ

色域

色域

■カバー率

sRGB 100%
Adobe RGB 76%

※あくまで当方で測定した数値ですので、環境や測定機器によって違いが生じる可能性はあります。

sRGBのカバー率100%ですし、広めの色域をカバーしています。

ノングレア液晶なので、写り込みしにくい

dynabook AZ66のディスプレイは、ノングレア(非光沢)液晶なので、写り込みしづらいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

作業中に光が反射してチラついたりしにくいので、目に優しく実用的です。

▶バッテリー駆動時間

■バッテリー駆動時間の実測

JEITA 2.0 約9時間
※メーカー公表値
ネット閲覧とテキスト打ちに使用
(負荷:軽)
5時間43分
PCMark 8 HOME
(負荷:中)
3時間55分
※バッテリー残量が20%を切るまでの時間
30分で充電できたバッテリー量 約41%

※ディスプレイの明るさ:80%で測定しています。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

測定条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■「ネット閲覧とテキスト打ちに使用」のバッテリー駆動時間 測定条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 HOME」について

ソフトウェア「PCMark 8」でのバッテリー駆動時間の測定テストです。
ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなど、バッテリー駆動時間に影響の大きい動作テストも含まれています。

ディスプレイサイズが大きいほどバッテリーを消耗しやすいです。

大きめの16.1型ディスプレイ搭載でこのバッテリー駆動時間は、ロングバッテリーとは言えないですが、悪い結果でもないと思います。

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から測定。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大47db前後

アイドル時はほぼ無音です。

自習室など静かな場所で大きなファン音がなった場合は、少し気になるかもしれません(といっても、3Dゲームを動かしたりしない限りは、そうそう大きな音は出ないと思います)。

カフェなどでは、周りの音にかき消されるので問題ないでしょう。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4用紙とのサイズ比較です。

A4用紙とAZ66の大きさの比較

AZ66の薄さ

A4サイズ 297 × 210mm
dynabook AZ66 約379 × 256.5 mm(× 厚さ23.7 mm ※(突起部含まず)

A4サイズ対応の標準的な大きさのビジネスバックには入りません。

ビジネスバッグに入れているところ

脇にかかえて持っているところ

▶重さの実測:2227グラム

重さを測っているところ

本体 約2,227g
ACアダプター+電源ケーブル 約178g

16.1型のノートパソコンはあまりありませんが、インチ数で考えると標準的な重さです。

軽量なACアダプターでも30分で40%程度のバッテリー充電ができるのは嬉しいところ。

▶インターフェイス

■正面

正面

① ブリッジメディアスロット(SD、SDHC、SDXCカード、マルチメディアカードに対応)
※セキュアマルチメディアカードには非対応

■右側面

右側面

① マイク入力 / ヘッドホン出力
② USB 3.0コネクタ
③ ブルーレイディスクドライブ
④ LANコネクタ

有線でネット接続したい方には、LANコネクタがあるのは嬉しいですね。

設定を変更すれば、奥側のUSB端子でスリープアンドチャージ(PCの電源がオフの状態でも、USB端子から他の機器へ電力を供給)ができます。

dynabookセッティング⇒ USB給電で、スリープアンドチャージをオンにします。

■左側面

左側面

① 電源コネクタ
② セキュリティロック・スロット
③ HDMI出力
④ USB Type-Cコネクタ
⑤ USB 3.0コネクタ

ちなみに、「USB Type-C端子」と「HDMI端子」に外付けモニターを接続して、トリプルディスプレイ(外部ディスプレイ2台)にできました。

モバイルバッテリーからの充電

モバイルバッテリーで充電しているところ

USB Type-C端子からdynabook AZ66側へ充電できました。

※ちなみに、今回は45W出力のモバイルバッテリーから充電しましたが、どのくらいの出力のモバイルバッテリーから充電できるのかは未確認です。

その他の機能など

ブルーレイディスクドライブ

dynabook AZ66シリーズは、ブルーレイディスクドライブを搭載しています。

Webカメラ

約92万画素のWebカメラを搭載。

Webカメラ

Windows Hello(顔認証機能)にも対応。赤外線センサーを搭載しており、写真や絵などによる「なりすまし」を防止します。

「dynabook AZ66」を公式サイトで見てみる

―― 処理性能のチェック ――

▶CPU性能

今回のレビュー機のCPUは「インテル Core i7-10710U プロセッサー(6コア12スレッド / 1.1-4.7GHz)」です。

CPUMark

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果:8435

PassMarkでの同CPUの平均値10022よりも少し低い数値です。

「dynabook AZ66」は、CPUを2種類から選べるので、他1つのCPUの参考値ものせておきます。

Core i7-10510U 7111(参考値)
Core i7-10710U 10022(参考値)

※参考値は、PassMarkでの2020年9月11日現在の平均値です。AZ66の実機で計測した場合と、数値が大きく異なる可能性もあります。

どちらもCore i7ですが、Core i7-10510Uが4コア8スレッドなのに対して、Core i7-10710Uは6コア12スレッドなので、

クリエイティブな用途にもある程度使うのなら、Core i7-10710U搭載モデルを選んだ方が作業効率は上がるでしょう。

CINEBENCH R20

 CINEBENCH R20のテスト結果

マルチコア 1402
シングルコア 412

CPU性能は、ビジネス用途などでは余裕のある性能です。画像編集などクリエイティブな用途にもある程度使えるでしょう。

▶ストレージのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

SSDの転送速度

NVMe対応PCIe3.0×4のSSDとしては特段速くはありませんが、SATA接続のSSDやHDDと比べると圧倒的に速いです。

HDDのデータ転送速度

今回のレビュー機は、「SSD+HDD」のデュアルストレージ仕様なのでHDDのデータ転送速度も計測しました。

HDDの転送速度

SSDと比べると、スピード面ではだいぶ劣るのがわかります。

1TBの大容量ですから、データ保存場所としては十分活躍してくれると思います。

ストレージ情報

 SSD情報

▲SSDは東芝メモリ製

HDD情報

▲HDDは東芝製

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

▶グラフィックス性能

dynabook AZ66/Mのグラフィックスは「インテル UHD グラフィックス ※CPUに内蔵です。

3DMarkのスコア
Fire Strike 1149
Time Spy 460
ドラゴンクエストX ベンチマーク
標準品質(1920×1080) 4044普通
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
標準品質(1920×1080、ノートPC) 1857 設定変更を推奨

ドラゴンクエストXなどの負荷の軽い3Dゲームであればプレイできそうですが、3Dゲームを遊ぶのには向いていません。

「dynabook AZ66」を公式サイトで見てみる

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

dynabook AZ66のボディカラーは「サテンゴールド」の1色のみです。

dynabook AZ66の外観。斜め上からのカッコいいアングル

サテンゴールドは高級感がありつつも、黄色みが強すぎないので、派手すぎず個人的にはかなり好きな色です。

パームレストのアップ

AZ66の外観 天板側から斜め上

dynabookロゴが、鏡面のように輝きます。

天板ロゴのアップ

本体底面

 

▶付属品など

付属品一式です。

付属品の画像

  • ACアダプター
  • 電源ケーブル
  • dynabookガイド(取扱説明書)
  • 安心してお使いいただくために
  • スタートアップガイド(パソコンを使うための準備の手順書)
  • 保証書

などが付属。

▶dynabook AZ66のレビューまとめ

「dynabook AZ66」のレビューのまとめです。

dynabook AZ66の外観 見映え

重量は軽くないので、やはり自宅などで、据え置きメインで使いたい方にオススメ。

  • 色域が広めで大型の16.1型ディスプレイ
  • オンキヨー製スピーカー
  • ブルーレイディスクドライブ

などを搭載しているので、動画や音楽など、エンターテイメント性を重視したい方にオススメです。

処理性能も高めに作られているので、オフィス系のアプリケーションを使った仕事も快適にできるでしょう。

■ダイナブックのノートPCを安く買う方法

ダイナブックのノートパソコンを安く買うには、まず、ダイナブックの公式オンラインストアからCOCOROメンバーズに会員登録するのがオススメです。すると、

「えっ?こんなに安くなるの?」

というくらい安くなります。

ダイナブックのパソコンを検討している方は、面倒でも入力する会員登録して、「どれくらい安くなるのか?」の確認をオススメします。

(※会員登録は無料ですし、メールアドレス、パスワード、ニックネームを登録するだけでOKなのでカンタンです)

>> dynabook AZ66を公式サイトで見てみる <<

▶ dynabook AZ66を公式サイトで見てみる

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ