「dynabook FZシリーズ」の実機レビュー!マルチに使えてペンも描きやすい!デザインもグッドな15.6型ノート!

ダイナブック dynabook FZシリーズのメイン画像

ダイナブック dynabook FZシリーズのスペック

「ダイナブック dynabook FZシリーズ」の実機レビューです。

dynabook FZシリーズは、大きめの15.6型ディスプレイを搭載し、5つのモードで使えるノートパソコンです。

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

ここだけご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

>> ダイナブック dynabook FZシリーズを公式サイトで見てみる <<

▶ ダイナブック dynabook FZシリーズを公式サイトで見てみる

見出し:おすすめポイント・特徴

ポイント

  • ノートブックモード
  • タブレットモード
  • スタンドモード
  • テントモード
  • フラットモード

の5つのモードで使えます。シチュエーションに合わせ、モードチェンジして使うと便利に使えます。
 

ポイント

ペンでイラストを描いているところ

dynabook FZシリーズは、アクティブ静電ペンに対応しているので、ペンでイラストを描いたりもできます。

アクティブ静電ペン

CLIP STUDIO PAINTでの描き心地チェック

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での描き心地をチェックしてみました。

ズレも気にならず描きやすかったです。

筆圧感知レベル4,096なので、描く強さで強弱をつけることもできます。

15.6インチの大きめのディスプレイで絵を描けるのも魅力ですね。
 

ポイント

Dolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応した2ウェイ4スピーカーを搭載。

「キーボード面の上部」と「底面」にスピーカーがあります。

ダイナブック dynabook FZシリーズのスピーカー

▲キーボード面のスピーカーは、オレンジの丸のあたりにあります(※おおまかな位置です)

本体底面のスピーカー

▲底面のスピーカー

キーボード面の上部にもスピーカーがあるだけあって、ノートパソコンのスピーカーの音としては、かなり良いです。

Dolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応しているだけに、音の広がり方が気持ちよいです。

音質に強いこだわりがなければ、外部スピーカーを買わなくてもそれなりに満足できると思います。
 

ポイント

キーボードを斜め上からアップ

キーボードに抗菌コーティングがされています。

コーティングによってキーに印字された文字がかすれにくくなる効果もあるので、キーの視認性を維持できます。
 

ポイント

重さを測っているところ

本体 約1,687g
ACアダプター+電源ケーブル 約245g

15.6型のノートパソコンとしては軽めです。

軽量なACアダプターでも30分で40%程度のバッテリー充電ができるのも嬉しいところ。
 

ポイント


 

ポイント

ダイナブック dynabook FZシリーズの外観 見映え

▼キーボード面の上部がスピーカーグリルのようになっており、高級感があります。


 

ポイント

ダイナブックのパソコンを新品購入すると、使い方などを電話で相談ができる「dynabookあんしんサポート」が付いてくるので、初心者の方にもオススメです。
 

ダイナブックのパソコンを安く買う方法

ダイナブック製ノートパソコンをお得に購入できる、当サイト限定の

「Dynabook特別サイト」

をメーカーの方よりご提供いただけました!

※期間:2021年3月30日17:00まで(予定)

ダイナブック製ノートパソコンをお得に購入できる【Dynabook特別サイト】のご案内はコチラ!

※dynabook FZシリーズは、「Dynabook特別サイト」にログインしたトップページの「おすすめ商品!」から購入できます。

※2021年3月2日現在、「Dynabook特別サイト」の「スペックで選ぶ」や「全商品一覧」からは、FZシリーズは出てこないようなのでご注意ください。

>> ダイナブック dynabook FZシリーズを公式サイトで見てみる <<

▶ ダイナブック dynabook FZシリーズを公式サイトで見てみる


■dynabook FZシリーズのスペック

OS Windows 10 Home
ディスプレイ 15.6型 タッチ対応、ペン対応、フルHD (1920×1080)、ノングレア (非光沢)
CPU インテル Core i3-1115G4 / i5-1135G7 / i7-1165G7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ 256GB / 512GB / 1TB
グラフィックス Core i3搭載時:インテル UHD グラフィックス
Core i5 / i7搭載時:インテル Iris Xe グラフィックス
サイズ 約355×230×18.9mm(突起部含まず)
重量 約1.72kg
その他 Wi-Fi 6、Bluetooth v5.1
■今回のレビュー機のスペック
dynabook FZ/HP「Core i7、メモリ16GB、1TB SSD(型番:W6FHP7BZAS)」

―― 使いやすさのチェック ――

▶「ダイナブック dynabook FZシリーズ」の5つのモード

「ダイナブック dynabook FZシリーズ」は、

  • ノートブックモード
  • タブレットモード
  • スタンドモード
  • テントモード
  • フラットモード

の5つのモードに切り替えて使えます。

シーンに合わせて使うと、より便利にdynabook FZシリーズを使えます。

ノートブックモード

ノートブックモードは、その名の通り、スタンダードなノートパソコンのモード。

ノートブックモード

タブレットモード

折りたたんでタブレット形状にできます。※キーボードの取り外しはできません。

タブレットモード

誰かに画面を見せつつ使ったり、アクティブペンで絵を描いたり、メモ書きや修正指示入れ作業などに便利。

スタンドモード

スタンドモードは、テーブルに置いて動画を見たりするのに便利なモード。

スタンドモード

アクティブペンを使うときに、ディスプレイにゆるく角度をつけるのにも、このモードが重宝します。

テントモード

テントモードは、奥行きの狭いスペース置きたいときに便利なモード。

テントモード

キッチンでレシピを見ながらの料理や、カフェで勉強するときなどにも便利です。

デスクトップPC用キーボードと組み合わせて使うのもいいと思います。

テントモードとキーボードの組み合わせ

▲「テントモード」と「好きなキーボード」を組み合わせて使うのもアリ

フラットモード

ディスプレイを180度開いたのがフラットモード。

フラットモード

タブレットモードに似ていますが、フラットモードならキーボード操作もできます。

対面の人に画面を見せたいときも、タブレットモードよりもこちらの方がスピーディーに画面を見せられます。

▶テレワークやWEB会議に役立つ機能

シャッター付き搭載のWEBカメラ

WEBカメラにスライド式のシャッターが付いており、WEBカメラを物理的に隠せます。

WEBカメラ

なおWEBカメラは、約92万画素のカメラ(Windows Hello対応)です。

音声を聞き取りやすくできる

Dolby Atmos(ドルビーアトモス)の設定を「ボイス」に設定すると、相手の声が聞こえやすい音質に調整されます。

ドルビーアトモス

▶キーボード

▲タップorクリックで拡大

嬉しい抗菌コーティングされたキーボードです。

従来のダイナブックの15.6型ノートよりも、スペースキーが右手の親指で押しやすくなっており、細かいところですが嬉しい改善点だと思いました。

キーストロークは約1.5ミリで、若干浅いかな?くらいの感覚。

少し硬めのタイピング感で、キーはスムーズに入るので、わりとタイピングしやすいです。

左下のCtrlキーが小さめなので、ここは文字キーと同じくらいの大きさがあればよかったです。

キーボードの左側

最近のノートパソコンは、ディスプレイのベゼル(ふち)が薄いことが多いので、15.6型でも3列テンキーのノートパソコンが増えていますが、
テンキーが欲しい方からすると、4列テンキーなのも嬉しいところでしょう。

キーボード右側

▲4列テンキーを搭載

ファンクションキー(Fキー)は、全角カタカナ変換などWindowsのデフォルト機能が優先されています。

Fキー

(音量の上げ下げなどFキーに割り当てられた独自機能を使うには、Fnキーと同時押しで使います。)

浅いですが凹みではありますが、キートップ(キーの表面)に凹みがあり、指先の力が逃げにくくなっています。

キートップのアップ画像

▲キートップに光をあてて凹みのラインを出したところ

キーピッチなど

デスクトップPC用キーボードとの比較

▲デスクトップPC用キーボードと比較したところ

▼キーピッチ(キーとキーの間隔)は約18.7ミリで、タイピングしやすいと言われる19ミリに近いキーピッチです。

キーピッチ

▼キーボード面の上部にスピーカーがあるため、標準的な15.6型ノートよりもパームレストの奥行きは狭いですが、それでも手のひらは、ほぼ乗り切りました。

パームレストに手をのせたところ

キーボードバックライトを搭載

キーボードのバックライトは、Fn+Zキーでオン・オフができます。

キーボードのバックライト

タッチパッド

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、普通~やや大きめです。

タッチパッド

なお、Fn+F5キーでタッチパッドの無効・有効を切り替えできるので便利です。

▶ディスプレイ

タッチ対応ディスプレイです。

ディスプレイにタッチしているところ(タッチ対応ディスプレイ)

角度をつけて見てもあまり暗くならず、見やすいディスプレイです。

ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

▼ディスプレイが360度回転するので、このようにディスプレイを180度開いて、フラットに置いたりもできます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

色域

色域

■カバー率

sRGB 91%
DCI-P3 74%
Adobe RGB 70%

※あくまで当方で測定した数値ですので、環境や測定機器によって違いが生じる可能性があります。

液晶ディスプレイとしては、広めの色域をカバーしています。

写り込みは気にならない程度

dynabook FZシリーズのディスプレイは、ノングレア(非光沢)ディスプレイです。

ペンからの傷を保護するためか、一般的なノングレアのディスプレイと比べると、少し写り込みしやすいですが、それでも個人的には気にならない程度でした。

ディスプレイの光の写り込み具合

▶バッテリー駆動時間

■バッテリー駆動時間の実測

JEITA Ver.2.0測定法 約12.5時間
※メーカー公表値
ネット閲覧とテキスト打ちに使用
(負荷:軽)
7時間48分
PCMark 8 WORK
(負荷:中)
5時間17分
※バッテリー残量が20%を切るまでの時間
30分で充電できたバッテリー量 約44%

※ディスプレイの明るさ:80%で測定しました。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

測定条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■「ネット閲覧とテキスト打ちに使用」のバッテリー駆動時間 測定条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 WORK」について

ソフトウェア「PCMark 8」でのバッテリー駆動時間の測定テストです。
ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなど、バッテリー駆動時間に影響の大きい動作テストも含まれています。

タッチ対応、大きめの15.6型ディスプレイと、バッテリーを消耗しやすい要素が複数ある中で、このバッテリー駆動時間はがんばっていると思います

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から測定。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大41.5db前後

ファンがフルで頑張り出しても、あまり大きな音にはならない印象です。

図書館など静かな場所でも、周りを気にせずに使えるでしょう。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4用紙とdynabook FZシリーズの大きさの比較

▲A4用紙とのサイズ比較

dynabook FZシリーズの薄さ

A4サイズ 297×210mm
dynabook FZシリーズ 約355×230×厚さ18.9mm(突起部含まず)

幅×奥行きは、A4サイズよりもわりと大きいです。

標準的な大きさのビジネスバッグにも入りましたが、余裕はあまりないです。

ビジネスバッグに入れているところ

持ち運びには、15.6型ノートに対応したリュックやバッグを使った方が安全でしょう。

脇にかかえて持っているところ

▶インターフェイス

■右側面

右側面

① microSDカードリーダー
② USB 3.1 Type-A(Gen1)×2

microSDカードを挿しても、ほぼはみ出さないので、挿しっぱなしにしておいても邪魔になりません。

SDカードを挿しているところ

■左側面

左側面

① セキュリティロック・スロット
② HDMI出力端子
③ マイク入力 / ヘッドホン出力端子
④ Thunderbolt 4 (USB4 Type-C) / 電源コネクタ×2
⑤ 電源スイッチ

Thunderbolt 4を2つ搭載しているのが嬉しいポイント。

ちなみに、「Thunderbolt 4」2つと「HDMI端子」に外付けモニターを合計3台接続できました。

モバイルバッテリーからの充電

モバイルバッテリーで充電しているところ

モバイルバッテリーをThunderbolt 4端子に接続し、dynabook FZ側へ充電できました。

※ちなみに、今回は45W出力のモバイルバッテリーから充電しましたが、どのくらいの出力のモバイルバッテリーから充電できるのかは未確認です。

「ダイナブック dynabook FZシリーズ」を公式サイトで見てみる
 

―― 処理性能のチェック ――

▶CPU性能

■レビュー機のCPU

  • インテル Core i7-1165G7 プロセッサー
  • 4コア / 8スレッド
  • 2.8GHz~ (最大4.7GHz)
CINEBENCH R20

 CINEBENCH R20のテスト結果

マルチコア 2212
シングルコア 580
CINEBENCH R23

 CINEBENCH R20のテスト結果

マルチコア 5476
シングルコア 1520
CPUMark

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果:12822

スコア 12822

PassMarkでの同CPUの平均スコア10490よりも高いスコアなので、CPUのパフォーマンスはしっかり出ています。
※2021年3月2日現在の平均値


「dynabook FZシリーズ」は、以下の3種類のCPUを搭載したモデルがあります。

  • Core i3-1115G4
  • Core i5-1135G7
  • Core i7-1165G7

Core i5-1135G7は、性能が高めでコスパもよいです。

「とにかくハイスペックに」というわけでなれば、Core i5-1135G7を選ぶといいと思います。

▶SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

高速なNVMe対応PCIe3.0×4のSSDなので、データ転送速度はかなり速いです。

SSD情報

SSD情報

Samsung(サムスン)製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

▶グラフィックス性能

■ダイナブック dynabook FZシリーズのグラフィックス

Core i3搭載モデル インテル UHD グラフィックス
Core i5 / i7搭載モデル インテル Iris Xe グラフィックス

今回のレビュー機は「Core i7搭載モデル:インテル Iris Xe グラフィックス」です。

3DMarkのスコア
Fire Strike 3400
Time Spy 1362
ドラゴンクエストX ベンチマーク
標準品質(1920×1080) 8959 とても快適
最高品質(1920×1080) 7970 とても快適
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
標準品質(1920×1080) 3802 快適
高品質(1920×1080) 3200 やや快適
最高品質(1920×1080) 2498 普通

※グラフィックス設定は、最高品質以外は「ノートPC」向けの設定にて計測。

ストリートファイターV ベンチマーク
解像度 平均フレームレート・結果
1920×1080 38.28 FPS スペック不足
FF15(ファイナルファンタジーXV)
1920×1080 標準品質 1560 動作困難

というわけで、負荷が軽めの3Dゲームなら、普通にプレイできるグラフィックス性能があります。

ただし、Core i3搭載モデルのみ「インテル UHD グラフィックス」ですので、Iris Xe グラフィックスのCore i5 / i7搭載モデルよりも、グラフィックス性能はだいぶ落ちます。

軽い3Dゲームも遊びたいとか、グラフィックス性能を少しでも高くしたいなら、Core i5 かCore i7搭載モデルがおすすめです。

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

ダイナブック「dynabook FZシリーズ」のボディカラーは「プレミアムシルバー」の1色のみです。

キーボード面の上部がスピーカーのようなデザインになっていて、クールなデザインです。

ダイナブック dynabook FZシリーズの外観。斜め上からのカッコいいアングル

カッコいいノートパソコンをお探しの方にもオススメします。

dynabook FZシリーズの外観 天板側から斜め上

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

ヒンジの画像

パームレストのアップ

電源ボタン

▶付属品など

付属品などです。

付属品の画像

  • ACアダプター
  • 電源ケーブル
  • dynabookガイド(取扱説明書)
  • 安心してお使いいただくために
  • スタートアップガイド(パソコンを使うための準備の手順書)
  • 保証書

などが付属。

※「アクティブ静電ペン」はオプション扱いになっていますが、ダイナブックのウェブサイトでは、アクティブ静電ペンとのセット販売のみの取り扱いのようです(2021年3月2日現在)。

▶ダイナブック「dynabook FZシリーズ」のレビューまとめ

「ダイナブック dynabook FZシリーズ」のレビューのまとめです。

ダイナブック dynabook FZシリーズの外観 見映え

dynabook FZシリーズは、よくできた完成度の高いノートパソコンだと思いました。

  • 15.6型の大きめのディスプレイ
  • 複数のモードで使える
  • アクティブペン対応
  • スピーカーの音

など、いろいろな使い方が楽しめます。

デザインもいいので、購入満足度も高いと思いますよ。

複数のモードで使えるノートパソコンをお探しの方にとてもオススメです!

ダイナブックのパソコンを安く買う方法

ダイナブック製ノートパソコンをお得に購入できる、当サイト限定の

「Dynabook特別サイト」

をメーカーの方よりご提供いただけました!

※期間:2021年3月30日17:00まで(予定)

ダイナブック製ノートパソコンをお得に購入できる【Dynabook特別サイト】のご案内はコチラ!

※dynabook FZシリーズは、「Dynabook特別サイト」にログインしたトップページの「おすすめ商品!」から購入できます。

※2021年3月2日現在、「Dynabook特別サイト」の「スペックで選ぶ」や「全商品一覧」からは、FZシリーズは出てこないようなのでご注意ください。

>> ダイナブック dynabook FZシリーズを公式サイトで見てみる <<

▶ ダイナブック dynabook FZシリーズを公式サイトで見てみる

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ