富士通「FMV Chromebook WM1/F3」の実機レビュー!タイピングしやすいキーボードで2台目のサブマシンとしても使いやすい!

富士通 FMV Chromebook WM1/F3のメイン画像

「富士通 FMV Chromebook WM1/F3」の実機レビューです。

FMV Chromebook WM1/F3は、インテル Core i3を搭載し、Celeron搭載の製品よりワンランク上のChromebookです。

ライトな用途で複数の作業を並行しておこなっても、快適に使えました。

また、キーボードの使い勝手にかなりこだわって開発されているので、純粋に使いやすいクロームブックです。

なお、この記事は、

  • 目次
  • おすすめポイント・特徴
  • 注意点
  • 各項目の詳細レビュー

という構成になっています。

冒頭の「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

>> 富士通 FMV Chromebook WM1/F3を公式サイトで見てみる <<icon

▶ 富士通 FMV Chromebook WM1/F3を公式サイトで見てみる

▶おすすめポイント・特徴

おすすめポイント・特徴

ポイント


※画像はイメージです。

インテル Core i3-1115G4を搭載し、Celeron CPU搭載の製品よりワンランク上のChromebookです。

YouTubeを見ながらGoogleドキュメントで文章作成など、ライトな用途で複数の作業を並行しておこなっても、快適に使えました。


ポイント

ディスプレイにタッチしているところ(タッチ対応ディスプレイ)

タッチ対応ディスプレイなので、ディスプレイにさわっての操作もできます。

※アクティブペンには非対応です。


ポイント

▲タップorクリックで拡大

  • キートップに凹みがある「球面シリンドリカル構造」
  • ほどよい打鍵感とスムーズなキーストローク
  • 小指で入力することが多いキーなどは、軽い力で入力できる設計
  • カーソルキーは、凸型にしっかりスペースを確保してあり使いやすい

などの要素が相まって、キーボードがタイピングしやすいです。

キーボードは、パソコン操作の要ですので、キーボードが打ちやすいだけでも大きなメリットです。

さらに詳しくは、キーボードの項目をご覧ください。


ポイント

USB Type-CとType-Aが左右両側面にあるなど、インターフェイスが充実しています。

また、左右どちらのUSB Type-Cからでも充電・給電が可能です。

右側面のインターフェイス

左側面のインターフェイス

さらに詳しくは、インターフェイスの項目をご覧ください。


▶デメリット・注意点など

デメリット・注意点など

注意点 キーボードバックライトは非搭載

キーボードのバックライトは非搭載のようです。


>> 富士通 FMV Chromebook WM1/F3を公式サイトで見てみる <<

▶ 富士通 FMV Chromebook WM1/F3を公式サイトで見てみる


■FMV Chromebook WM1/F3のスペック

OS Chrome OS
ディスプレイ 14型 フルHD(解像度1920×1080)、ノングレア(非光沢)、タッチ対応
CPU インテル Core i3-1115G4
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
グラフィックス インテル UHD グラフィックス
バッテリー駆動時間 約10時間 ※メーカー公表値
サイズ 323.8×216×19.9mm(突起部含まず)
重量 約1.29kg
その他 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1

※2021年11月16日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

―― 使いやすさのチェック ――

▶キーボード

▲タップorクリックで拡大

  • キートップに凹みがある「球面シリンドリカル構造」
  • ほどよい打鍵感とスムーズなキーストローク
  • 小指で入力することが多いキーなどは、軽い力で入力できる設計
  • カーソルキーは、凸型にしっかりスペースを確保してあり使いやすい

などの要素が相まって、キーボードがタイピングしやすいです。

キーストローク(キーが沈み込む距離)は、約1.7ミリ。ほどよい打鍵感がありつつも、柔らかめの打鍵感で気持ちよくタイピングできます。

カーソルキーは、凸型にしっかりスペースが確保されており、使いやすいです(ここは重要ポイント)。

キーボードの右側

電源ボタンは、押してしまってもいきなり電源が切れたりはしません。

一瞬押すだけなら、ログアウトなどのメニューが一瞬表示されるだけなので、誤入力で電源ボタンを押してしまっても問題はありません。

その他、エンターキー、コントロールキー、シフトキーも大きくて使いやすいです。

▼キートップ(キーの表面)は、ゆるやかな球面になっています。指先の力が逃げにくくなるので、タイピングしやすいです。

キートップのアップ画像

▲キートップに光をあてて凹みのラインを出したところ

タイピング音の大きさは、大きくもなく、かといって小さいわけでもなく、普通くらいの大きさです。

キーボードを斜め上からアップ

なお、キーボードのバックライトは非搭載のようです。

キーピッチなど

デスクトップPC用キーボードとの比較

▲デスクトップPC用キーボードと比較したところ

▼キーピッチ(キーとキーの間隔)は、約19ミリ(一般に、19ミリがタイピングしやすいと言われています)。

キーピッチ

▼14型ノートなので、よほど手が大きい人でもなければ、パームレストは十分な広さでしょう。

パームレストに手をのせたところ

ただ、最近のモバイルノートとしては、パームレストと机の段差が少し大きく感じました。

タッチパッド

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、やや大きめです。

タッチパッド
 

▶スピーカー

FMV Chromebook WM1/F3は、底面にスピーカーを搭載。

富士通 FMV Chromebook WM1/F3のスピーカー

音源によっては、もう少し音抜けが欲しいと感じることもありました。

しかし、底面のみのスピーカーのわりには、悪くない音質です。

点数にすると、100点満点中:60点といったところ。
※ノートパソコンのスピーカーとしての点数です。また、あくまで個人の感想です。
 

▶ディスプレイ

タッチ対応ディスプレイです。

ディスプレイにタッチしているところ(タッチ対応ディスプレイ)

視野角

角度をつけて見ても若干暗く見える程度で、それほど見づらくはなりませんでした。

ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

視野角は広いです。

ディスプレイの開閉角度

▼ディスプレイを開けるところまで開いてみました。約150度開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

ノングレア液晶なので、写り込みしにくい

富士通 FMV Chromebook WM1/F3のディスプレイは、ノングレア(非光沢)液晶なので、写り込みしづらいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

作業中に照明や周囲のものが画面に写り込みにくいので、実用的です。
 

▶バッテリー駆動時間

■バッテリー駆動時間の実測

メーカー公表値 約10時間
※Chrome OSの消費電力負荷及びバッテリ駆動時間テストに基づいて測定した目安の時間
フルHD画質の動画を再生
(負荷:軽)
約6時間30分
30分で充電できたバッテリー量
※付属のACアダプターを使用
約34%

※バッテリー駆動時間は、「ディスプレイの明るさ:約80」で計測しました。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

動画視聴、Googleドキュメント(文章作成ソフト)、Googleスプレッドシート(表計算ソフト)など、ライトな用途でしたら、比較的長い時間使えそうです。
 

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から計測。

アイドル時 小さな動作音が聞こえる
ベンチマークテスト時 最大41db前後

※今回は、ベンチマークテスト:Geekbench 5を3回連続で実行したときのdb数を計測しました。あくまで当サイトで計測した場合の音の大きさですので、上記よりも大きな音がしないことを確約するものではありません。

ベンチマークテスト時は、ファン音などは聞こえてくるものの、「少し音がしているな」と感じる程度で、それほど大きな音はしませんでした。

静かな場所でも使いやすいでしょう。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。
 

▶サイズ

A4用紙とFMV Chromebook WM1/F3の大きさの比較

▲セミB5ノート(大学ノート)とのサイズ比較

大学ノート 252×179mm
A4サイズ 297×210mm
FMV Chromebook WM1/F3 323.8×216×厚さ19.9mm(突起部含まず)

FMV Chromebook WM1/F3の厚さ

▲厚さ:19.9mm(突起部含まず)

ビジネスバッグに入れているところ

※実際の持ち運びには、インナーケースやノートパソコン収納部を備えたバッグやリュックのご利用をおすすめします。

▶重さの実測:約1,277グラム

重さを測っているところ

本体 約1,277g
ACアダプター+電源ケーブル 約248g

14型のノートパソコンとしては標準的な重さです。

なお、PD充電器、モバイルバッテリーからの充電の項目に記載のとおり、PD充電器からも充電できます。

ACアダプターの代わりに軽量なPD充電器を持ち運ぶのもアリでしょう。
 

▶インターフェイス

■右側面

右側面

microSDカードリーダー

マイク・ヘッドホン・ヘッドセット兼用端子

USB 3.2(Gen2)Type-C(USB Power Delivery、DisplayPort Alt Mode対応)

USB 3.2(Gen2)Type-A

盗難防止用ロック取り付け

▼microSDカードを挿しても、1ミリ弱しかはみ出さないので、挿しっぱなしにしておいても邪魔になりません。

SDカードを挿しているところ

■左側面

左側面

USB 3.2(Gen2)Type-A

HDMI出力端子

USB 3.2(Gen2)Type-C(USB Power Delivery、DisplayPort Alt Mode対応)


インターフェイスは充実しています。

左右どちらのUSB Type-C端子からでも充電できるのも便利です。

PD充電器からの充電

USB PD(Power Delivery)対応の充電器をUSB Type-C端子に接続し、
FMV Chromebook WM1/F3側へ充電してみました。
※USB PD=USBケーブルを介して最大100Wまたは240Wの受給電を可能にする規格のこと。

PD充電器の最大出力
充電の可否
30W(RAVPower製)
45W(Anker製)
60W(Anker製)

付属のACアダプター+電源ケーブルの重さは、約249gでしたので、より軽量なPD対応充電器を持ち運ぶのもアリでしょう。

ちなみに、30W出力のPD充電器からでも普通に充電できましたが、出力が大きい充電器から充電したほうが、早く充電できました。

また、メーカーサイトには、

7.5W(5V/1.5A)以上を供給可能な機器であれば、本体に充電が可能です。パソコンを使用しながら本体に充電する場合は、60W(20V/3A)以上を供給可能なものが必要です。

と記載があります。

「富士通 FMV Chromebook WM1/F3」を公式サイトで見てみる
 

―― 処理性能のチェック ――

■レビュー機のスペック

CPU インテル Core i3-1115G4(2コア/ 4スレッド、3.0-4.1GHz)
メモリ 4GB
グラフィックス インテル UHD グラフィックス

YouTubeを再生しながらGoogleドキュメントやスプレッドシートを使っても、重くなることなく普通に使えました。

Photoshop Expressでの簡単な画像編集も、重さを感じることなくできました。

Geekbench 5

「Geekbench 5」は、スマートフォンやPCの性能を測定できるベンチマークソフトです。

(2021年11月16日現在、Geekbench 5は、macOS、Windows、Linux、Android、iOS用がリリースされています。)

今回は、Android用のGeekbench 5を使ってテストしましたが、Chrome OSに最適化されているわけではないので、あくまで参考としてご覧ください。

Single-Coreスコア 1141
Multi-Coreスコア 2181
Octane 2.0 JavaScript Benchmark

Chromebookは、ベンチマークテストの手段が豊富ではないため、簡易的なベンチマークスコアとして「Octane 2.0 JavaScript Benchmark」のテスト結果を載せておきます。

Octaneスコア 45532

Octane 2.0では、JavaScriptの処理速度を測定できます。

他のChromebook製品や、所有しているChromebookとの性能比較に用いるのがよいでしょう。

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

本体カラーは「ダーククロム」です。

富士通PC史上、初採用された「蒸着箔じょうちゃくはくコーティング」で金属感のある塗装がされています。

富士通 FMV Chromebook WM1/F3の蒸着箔コーティング

富士通 FMV Chromebook WM1/F3の外観。斜め上からのカッコいいアングル

ボディシャーシは、金属ではないようですが、天面とキーボード面にほどこされた「蒸着箔コーティング」により、金属のような質感があります。

メタリックな光沢がきれいな塗装で、質感がとてもよいです。

FMV Chromebook WM1/F3の外観 天板側から斜め上

塗装部分はサラッとしたさわり心地で、指紋よごれなども落ちやすいです。

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

パームレストのアップ

なお、指紋認証には対応していません。

▼HD画質のWebカメラ(約92万画素)も搭載。

Webカメラ

▶富士通「FMV Chromebook WM1/F3」のレビューまとめ

「富士通 FMV Chromebook WM1/F3」のレビューのまとめです。

富士通 FMV Chromebook WM1/F3の外観 見映え

FMV Chromebook WM1/F3はCore i3搭載なので、

「ライトな用途に使いたいけれど、あまり低スペックなChromebookだと、快適に使えるか心配」

といった方におすすめです。

また、安いChromebookだと、ストレージ容量が32GBしかない製品も多いですが、

その点、FMV Chromebook WM1/F3は64GBあるので、保存容量にもう少し余裕があります。

※といっても、ストレージ容量を全てまるまる自由に使えるわけではなく、20GB程度はOSなどに専有されます。

Chromebookの場合、Googleドライブにある程度データを保存するのがスタンダードな使い方ですが、

セキュリティ上、クラウド上にアップしたくないデータがあるときに、ストレージ容量に余裕があると助かるでしょう。

Googleドライブの無料容量は15GBなので、容量アップのために月額課金を避けたい場合にも、ストレージ容量が大きい方がよいです。
※2021年11月16日現在

>> 富士通 FMV Chromebook WM1/F3を公式サイトで見てみる <<

▶ 富士通 FMV Chromebook WM1/F3を公式サイトで見てみる

 

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ