富士通「FMV LOOX WL1/G」の実機レビュー!いろいろ使えて万能すぎるタブレットPC!

富士通 FMV LOOX WL1/Gのメイン画像

Core i5~i7 メモリ8~16GB
最大1TB SSD ペン対応

「富士通 FMV LOOX WL1/G」の実機レビューです。

FMV LOOXは、キーボードを取り外して、タブレットのみでも使えるタブレットPCです。

富士通 FMV LOOX WL1/Gの外観 見映え

アクティブペンにも対応しており、イラスト作成などにも使えます。

有機ELディスプレイなので、あざやかな色表現や映像も楽しめます。

なお、この記事は、

  • 目次
  • おすすめポイント・特徴
  • デメリット・注意点
  • 各項目の詳細レビュー

という構成になっています。

冒頭の「おすすめポイント・特徴」「デメリット・注意点」をご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけます。

【お得なシークレットクーポンのお知らせ!】

割引クーポン

FMV LOOX WL1/Gをお得に買える『シークレットクーポン』をメーカーの方からご提供いただきました!
ご購入の際はぜひご利用ください。

■一般キャンペーン価格からさらに5%オフになるシークレットクーポン
SPLSJ
※有効期限:2022年11月30日13:59まで

>> 富士通 FMV LOOX WL1/Gを公式サイトで見てみる <<

▶ 富士通 FMV LOOX WL1/Gを公式サイトで見てみる

▶おすすめポイント・特徴

おすすめポイント・特徴

ポイント

「富士通 FMV LOOX WL1/G」はタブレットPCなので、キーボードとキックスタンドを取り外して、タブレットとして使うこともできます。

タブレットとして使う

▼スタンドは脱着式です。

スタンドは脱着式

スタンドを付けた状態

▲スタンドを付けた状態

なお、スタンドを使って縦置きにすることはできません。


ポイント

ペンでイラストを描いているところ

FMV LOOXは、FMV LOOXペンに対応しているので、ペンでイラストを描いたりもできます。

FMV LOOXペン

▲FMV LOOXペン

FMV LOOXペンは別売りです。

FMV LOOXペンは、ワコムの「Wacom Linear Pen(ワコムリニアペン)」であり、これまでのActive ES(AES)ペンよりも追随性能が高いそうです。

■FMV LOOXペンのスペック

筆圧検知 4,096階調
電源 充電式
充電時間 約20分
動作時間 約12時間
付属品 取扱説明書(保証書付き)、替え芯×3本、芯抜き、USBケーブル
CLIP STUDIO PAINTでの描き心地チェック

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での描き心地をチェックしてみました。

ペンでイラストを描いているところ

ディスプレイがガラスで覆われていて硬いので、個人的にはペン先がもう少しやわらかい方がグリップが効いて好みではありますが、

それでも、ズレが気にならないので、比較的イラストも描きやすいです。

イラストを描きやすい角度に、スタンドの角度も調整できます。


ポイント

タブレットのみなら約599グラム(公称値)の軽さです。

ちなみに、実測値は592グラムでした(仕様などにより多少変わる可能性があります)。

FMV LOOXの重さ

FMV LOOXの重さ

タブレットのみ 592g
タブレット+スタンド 732g
タブレット+スタンド+キーボード 1,019g
ACアダプター+電源ケーブル 約245g

タブレットのみの場合、片手でも十分持てる重さではありますが、13.3インチですから、10インチ程度のタブレットよりも遠心力の影響も大きくなります。

そのため、片手でずっと持ったまま使い続けるにはやや重く感じます。

ノートパソコンスタイルで約1,019gは、13.3型ノートPCとしてはやや軽量といったところ。


ポイント

OLED(有機EL)ディスプレイ

OLED(有機EL)ディスプレイを搭載しているので、色鮮やかな発色と、液晶ディスプレイでは再現できない黒の表現を楽しめます。


ポイント

クリエイティブコネクトを使用して、FMV LOOXを「外付けディスプレイ」や「液晶タブレット」として使うこともできます。

クリエイティブコネクト

FMV LOOXを、外出時はノートパソコンとして。家ではデスクトップPCと接続して液タブとして使う、といったことができ便利ですね。

ちなみに、私が試してみたときは、クリエイティブコネクトのセットアップがスムーズには完了しなかったのですが、以下の手順で他のPCと接続できました。

①:以下のFMVのページからクリエイティブコネクトをダウンロード

FMVサポートのクリエイティブコネクトのダウンロードページ

②:ダウンロードすると、E1033947.exeというファイルがダウンロードされたので、それをダブルクリック。

③:PcConnectAppのフォルダが生成されるので、その中のsetup.exeをダブルクリック。

④:クリエイティブコネクトがインストールされて、FMV LOOXと接続される。

※なお、左側面のUSB端子のうち下側のUSB端子のみがクリエイティブコネクトに対応しています。


ポイント

カスタマイズ可能

OS、CPU、メモリ、ストレージ、などのカスタマイズが可能。好みに応じた仕様にできます。

また、5Gモデルもあります。

※部材状況などにより、カスタマイズ可能内容が変更になる場合もあるかもしれません。


ポイント

ファンレス

ファンレスなので、負荷がかかっても静かです。

図書館や自習室など静かな場所でも、周りを気にせずに使えるでしょう。


▶デメリット・注意点

デメリット・注意点など

注意点 FMV LOOXキーボードはキーボードバックライト非搭載

FMV LOOXキーボードは、キーボード・バックライトは非搭載です。
※キーボードはオプション扱いなので別売りです。

なお、FMV Mobile Keyboardは、バックライトを搭載しています。


注意点 キーボードを付けた状態では、ひざに乗せて使いづらい

FMV LOOXキーボードを接続した場合、ひざにのせて使えないことはないですが、安定感はあまりないので、おすすめはしません。


注意点 グレア(光沢)ディスプレイなので、好みが分かれる

FMV LOOX WL1/Gのディスプレイは、グレア(光沢)ディスプレイなので、非光沢ディスプレイと比べると映り込みしやすいです。

ディスプレイの光の映り込み具合

OLED(有機EL)ディスプレイの焼き付き防止のため、ダークモードでの使用が推奨されていることもあり、映り込みは多少気になるかもしれません。


注意点 インターフェイスは少ない

タブレットPCなので仕方がない部分ではありますが、インターフェイスは少ないです。

右側面

電源ボタン

音量調節ボタン

左側面

Thunderbolt 4 / USB4 Gen3(Type-C)
(USB PD、映像出力に対応)

USB3.2 Gen2(Type-C)
(USB PD、映像出力に対応)

USB端子のうち下側のUSB端子のみがクリエイティブコネクト対応しています。


>> 富士通 FMV LOOX WL1/Gを公式サイトで見てみる <<

▶ 富士通 FMV LOOX WL1/Gを公式サイトで見てみる


■FMV LOOX WL1/Gのスペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 13.3型 (解像度1920×1080)、グレア(光沢)、タッチ対応、OLED(有機EL)
CPU インテル Core i7-1250U / Core i5-1230U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB / 512GB / 1TB
グラフィックス インテル Iris Xe
サイズ 307×190×7.2mm(突起部含まず)
重さ 本体のみ:599g スタンド装着時:742g(公称値)
※実測は本体のみ:約592g スタンド装着時:約732g
その他 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1、5G / LTE / 3G対応の5Gモデルもあります

※2022年7月25日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

■今回のレビュー機のスペック

FMV LOOX WL1/G WiFiモデル「インテル Core i7-1250U、メモリ16GB、512GB SSD」

※なお、今回のレビュー機材は先行機のため、以下に掲載しているベンチマーク結果などは製品版とは異なる可能性があります。

―― 使いやすさのチェック ――

▶FMV LOOXキーボード

FMV LOOX WL1/Gのキーボード

▲タップ・クリックで拡大

※FMV LOOXキーボードはオプション(別売り)です。

  • キートップに凹みがあり、指先の力が逃げにくくなる「シリンドリカル構造」
  • ほどよい打鍵感とスムーズなキーストローク
  • 小指での入力が多いキーなどは、軽い力で入力できる設計
  • カーソルキーは、凸型にしっかりスペースを確保してあり使いやすい

などの要素があいまって、FMV LOOXキーボードは、ノートパソコンのキーボードとしてはタイピングしやすいキーボードです。

ちなみに、わたしは気になりませんでしたが、スペースキーがあまり大きくありません。そこが気になる方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

それと、ノートパソコンのキーボードと違い、キーボード自体が薄いので、底を打ったときに指先に硬さを感じます。

▼キートップ(キーの表面)には、ゆるやかな凹みがあるので、指先の力が逃げにくくなり、タイピングしやすくなっています。

キートップのアップ画像

▲キートップに光をあてて凹みのラインを出したところ

▼カーソルキーは、凸型にしっかりスペースが確保されており、使いやすいです。

キーボードの右側

Fキーは、[Fn]+[Esc]キーでファンクションロック(本来Fnキーを押す必要がある機能を、Fnキーを押さずに使えるようにする)できるので、好みに応じて設定するとよいでしょう。

FMV LOOX WL1/GのFキー

なお、FMV LOOXキーボードは、キーボード・バックライトは非搭載です。

※ちなみにFMV Mobile Keyboardは、バックライト搭載です。

キーピッチなど

デスクトップPC向けキーボードとの比較

▲デスクトップPC向けキーボードと比較したところ

▼タイピングしやすいと言われる19ミリに近いキーピッチ(キーとキーの間隔)がありそうです。

キーピッチ

▼パームレストに手は乗り切りませんでしたが、キーボードの厚みが薄いので、デスクとの段差はあまり気になりませんでした。

パームレストに手をのせたところ

タッチパッド

タッチパッドは、下側に左右ボタンが付いているタイプです。

タッチパッド

タッチパッド部分の面積はせまいですが、左右ボタンが付いている分、使い勝手は悪くないです。

▼ちなみにキーボードを打つときに、手の母指球(ぼしきゅう)あたりがタッチパッドにふれても、カーソルの誤動作は起きづらかったです。

手のこのあたり(母指球)がタッチパッドにふれてもカーソルが誤動作しづらい

テキスト入力中にカーソルが誤操作で動いてしまい、間違ったところに入力してしまう、といったことが起きにくいので、快適に使えるでしょう。

なお、Fn+F4キーでタッチパッドの有効・無効(ON・OFF)を切り替えできます。

キーボードのタイピング時に、タッチパッドに手がふれてカーソルが動くのを確実に防止したいときに便利です。

▶スピーカー

FMV LOOXは、側面にクアッドスピーカー(4つのスピーカー)を搭載。

富士通 FMV LOOX WL1/Gのスピーカー

側面にスピーカーがあるので、一般的なノートパソコンのスピーカーと比べて音抜けはよいです。

ただ、音質的には高音が強く、ふくよかさはあまり感じなかったので「すごく音がいい」とまでは感じませんでした。

点数にすると、100点満点中:65点くらいです。
※ノートパソコンのスピーカーとしての点数です。また、あくまで個人の感想です。

▶ディスプレイ

■ディスプレイの詳細

  • 13.3型、グレア(光沢)
  • 解像度:1920×1080
  • リフレッシュレート:60Hz
  • アスペクト比(縦横比):16:9

タブレットPCなので、もちろんタッチ対応です。

ディスプレイにタッチしているところ(タッチ対応ディスプレイ)

ディスプレイのカバーガラスに強化ガラス「Corning Gorilla Glass(コーニング・ゴリラガラス) 」を採用しています。

また、ディスプレイには耐指紋コートが施してあるそうです。

実際にディスプレイをさわってみると、耐指紋コートが施されていないグレアディスプレイよりも、指紋はつきづらかったです(ただし、指紋が全くつかないわけではありません)。

OLEDディスプレイなので、やはり発色もよく、クッキリしていて見やすいです。

角度をつけて見てもほぼ暗く見えません。

FMV LOOX WL1/Gのディスプレイ正面

FMV LOOX WL1/Gの視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

FMV LOOX WL1/Gの視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

視野角も広いです。

色域

色域

■カバー率

sRGB 100%
DCI-P3 98%
Adobe RGB 97%

※あくまで当サイトで計測した結果です。環境や計測機器によって違いが生じる可能性があります。

色域は広いです。

▶バッテリー駆動時間

■バッテリー駆動時間の実測

JEITA Ver.2.0測定法 約12時間
※メーカー公称値
PCMark 10 Modern Office 4時間51分
30分で充電できたバッテリー量
※付属のACアダプターを使用
約46%
  • 電源モードの設定:バランス
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ディスプレイの明るさ:50

※個人的に明るさ50で問題なく使えると判断し、ディスプレイの明るさは50に設定しました。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

計測項目についての詳細はここをタップ(クリック)

■「PCMark 10 Modern Office」について

ソフトウェア「PCMark 10」で計測したバッテリー駆動時間を掲載しています。
PCMark 10 Modern Officeのバッテリーライフテストでは「ドキュメント作成、ウェブサイト閲覧、ビデオチャット」を実際におこなってバッテリー駆動時間を計測します。

約12時間(JEITA Ver.2.0測定法)の公称値と比べると、実際に使える時間が短く感じるのは否めないでしょう。

※JEITA測定法Ver. 2.0でのバッテリー駆動時間と比べると、実際に使用したときのバッテリー駆動時間はだいぶ短くなるのが大半です。

ちなみに、テストした範囲では30W出力程度のモバイルバッテリーからの充電もできましたので、モバイルバッテリーで電力を補うのもいいかもしれません。
(詳しくは、PD充電器からの充電の項目をご覧ください)

PD充電器からの充電

USB PD(Power Delivery)対応の充電器をUSB Type-C端子に接続し、FMV LOOX WL1/G側へ充電してみました。

※USB PD=USBケーブルを介して受給電を可能にする規格のこと。

PD充電器の最大出力
充電の可否
20W(フィリップス製)
※警告表示(以下参照)
30W(RAVPower製)
45W(Anker製)

(警告表示)について

20W出力のPD充電器で充電したところ、以下のような警告マークが表示されました。

ただ、警告表示は出ても、充電はできていました。

付属のACアダプター(45W出力)と比べると出力が低く、充電スピードが低速のため、警告マークが表示されたのでしょう。

付属のACアダプターの重さは約245gでしたので、より軽量なPD対応充電器を持ち運ぶのもアリでしょう。

▶インターフェイス

インターフェイスについては、冒頭の注意点:「インターフェイス」についての項目に載せましたので、お手数ですがそちらをご覧ください。

▶その他の機能

AIノイズキャンセリング

マイクのノイズキャンセリングがプリインストールされています。

AIノイズキャンセリング

状況に合わせて「周囲の人の声を拾う」または「周囲の人の声をカット」から選んで、こちら側のノイズを除去して、こちらの声を相手へクリアに聞こえるよう設定できます。

また、スピーカーのノイズキャンセリング機能もあります。

どれくらいノイズキャンセル効果があるのか?

どれくらいノイズキャンセル効果があるのか試してみました。

オンラインミーティング中に、チャイムを鳴らす、手を叩くなどで音を鳴らしてみましたが、それらの音は相手側にはかすかに聞こえるものの、気にならなかったとのことです。

ただし、音がこもって声が聞こえなくなることもあったようなので、必要なければオフにしておいた方がよいでしょう。

スピーカーのノイズキャンセリング

マイクのノイズキャンセリングの他に、「スピーカーのノイズキャンセリング」もプリインストールされています。

こちらは、相手側からの音声、つまり、こちらに聞こえる音声のノイズを消す機能です。

スピーカーのノイズキャンセリングについても効果をチェックしてみました。

ヘッドセットのマイクをこすってもらいながら相手にしゃべってもらいましたが、ノイズは聞こえませんでした。

ただし、声が途切れるときはありました。

PCを探し出す「Tile」

スマホに「Tile」アプリをインストールしておけば、万が一FMV LOOXを紛失してしまった場合、「Tile」アプリを使って探せます。
※必ず発見できるというわけではありません。

Tileを有効にした場合、パソコン本体のバッテリー保持時間が短くなる場合があるそうなので、FMV LOOXを外に持ち出すときに有効にするといいかもしれません。

なお、PCがスリープ時や電源オフ時でも動作するそうですが、パソコンのバッテリーが切れているなどの場合は、動作しないそうです。

Webカメラ

▼フロントカメラは、約207万画素でWindows Hello(顔認証機能)対応です。

Webカメラ

▼また、オートフォーカス対応のリアカメラ(約1258万画素)も搭載。

アウトカメラ

撮影はもちろんのこと、ZOOMなどでのオンラインミーティング時に、相手に商品や風景などを見せたいときは、アウトカメラに切り替えると便利です。

指紋認証には非対応

指紋認証には対応していません。

▶静音性

ファンレスなので、負荷がかかっても無音です。

図書館や自習室など静かな場所でも、周りを気にせずに使えるでしょう。

▶サイズ

A4用紙とFMV LOOX WL1/Gの大きさの比較

▲セミB5ノート(大学ノート)とのサイズ比較

大学ノート 252×179mm
A4サイズ 297×210mm
FMV LOOX WL1/G 307×190×厚さ7.2(突起部含まず)mm

幅×奥行きはA4に近いサイズで、A4サイズ対応の標準的な大きさのビジネスバッグでも持ち運びしやすいです。

ビジネスバッグに入れているところ

※この画像はサイズ感の目安として載せています。実際の持ち運びには、インナーケースやノートパソコン収納部を備えたバッグやリュックのご利用をおすすめします。

 
「富士通 FMV LOOX WL1/G」を公式サイトで見てみる

―― 処理性能のチェック ――

■レビュー機のスペック

CPU インテル Core i7-1250U
メモリ 16GB
ストレージ SSD:512GB(NVMe)
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィックス
Core i7-1250U搭載モデルの処理性能について

ビデオ会議、ワードやエクセルでの作業などには十分な性能です。

色域も広いですし、処理性能的にも画像編集もできます。

動画編集も少しはできますが、処理性能的には動画編集にはそれほど向いてはいません。

▶CPU性能

FMV LOOX WL1/GのCPUは、以下の2つがあります。

■搭載CPUのラインナップ

  • Core i5-1230U
  • Core i7-1250U

今回のレビュー機のCPUは、以下です。

■レビュー機のCPU

  • インテル Core i7-1250U
  • 10コア(Pコア×2、Eコア×8) / 12スレッド
  • Pコア:最大周波数 4.70GHz、Eコア:最大周波数 3.50GHz

 FMV LOOX WL1/GのCPU-Z情報

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23は、CPU性能を計測できるベンチマークソフトです。

 FMV LOOX WL1/GのCINEBENCH R23スコア

マルチコア 4012
シングルコア 1318

■他の薄型ノートパソコン向けCPUとのCINEBENCH R23マルチコアスコア比較

Core i7-1260P 7862
Ryzen 5 5560U 7855
Ryzen 5 5500U 7477
Ryzen 5 4500U 6210
Core i7-1195G7 6109
Core i7-1165G7 5027
Core i7-1160G7 4636
Core i7-10710U 4532
Core i5-1135G7 4420
Core i5-10210U 4051
Core i7-1250U
(レビュー機)
4012
Core i5-1155G7 3957
Ryzen 3 4300U 3944
Core i5-1035G1 3474
Core i3-1115G4 3216
Pentium Silver N6000 1993
Celeron N5100 1993
  • レビュー機以外は平均値を掲載(当サイトで計測。2022年8月8日現在)。
  • 数字が大きいほど高パフォーマンス。

薄型ノートPC向けのCPU全体で見ると、処理性能がすごく高いというわけでもありませんが、
ファンレスのタブレットPCのCPU性能と考えると高い性能だと言っていいでしょう。

CPU Mark

ベンチマークソフト「PassMark PerformanceTest」のうち、CPU性能のスコアをあらわすのが「CPU Mark」です。

スコアが高いほど、CPUの処理性能が高いです。

FMV LOOX WL1/GのPassMark CPU Markスコア:10977

スコア 10977
Geekbench 5

「Geekbench 5」は、スマートフォンやPCの性能を測定できるベンチマークソフトです。

FMV LOOX WL1/GのGeekbench 5スコア

Single-Coreスコア 1477
Multi-Coreスコア 3903

Geekbench 5は、macOS、Windows、Linux、Android、iOS用がリリースされているので、お持ちのデバイスとスコアを比較してみるのも面白いでしょう。
 

▶SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

PCIe3.0x4のSSDとしては特段速くはありませんが、SATA接続のSSDやHDDと比べると圧倒的に速く、悪くないスピードです。

SSD情報

SSD情報

Western Digital(ウエスタンデジタル)製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

SSDのカスタマイズについて

ちなみにFMV LOOX WL1/Gは、カスタマイズで最大1TBまでSSD容量を増やして注文できます。

※部材などの状況により、カスタマイズ可能項目が変更になる場合もあるかもしれません。

▶グラフィックス性能

富士通 FMV LOOX WL1/Gのグラフィックスは「インテル Iris Xe グラフィックス」です。

 FMV LOOX WL1/GのGPU-Z情報

3DMark ベンチマークスコア

Fire Strike 2527
Time Spy 1346
ドラゴンクエストX ベンチマーク
最高品質 1920×1080 5866 快適
ストリートファイターV ベンチマーク

ストリートファイターV ベンチマーク

解像度 平均フレームレート・結果
1920×1080 29.61 FPS スペック不足
1280×720 54.02 FPS スペック不足
ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ ベンチマーク

FF14 暁月のフィナーレ ベンチマーク

標準品質 1920×1080 3778 設定変更を推奨
標準品質 1280×720 5275 普通

※グラフィックス設定は、「ノートPC」向けの設定にて計測。


というわけで、ドラゴンクエストXなど軽めの3Dゲームなら遊べるかな?程度のグラフィックス性能です。

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

富士通 FMV LOOX WL1/Gの外観。斜め上からのカッコいいアングル

FMV LOOX WL1/Gの外観 後ろ側から

タブレット本体は、アルミニウム削り出しのボディで強度を高めています。

FMV LOOX WL1/Gの底面

強度については、

  • 約200kgfの全面加圧試験
  • 約35kgfの一点加圧試験
  • 約76cmからの落下試験

をクリアしています。

富士通ロゴの一部をかたどったインフィニティロゴがワンポイントで入っています。

FMV LOOX WL1/Gの天板ロゴのアップ

▶付属品など

FMV LOOX WL1/Gの付属品

※写真には、マニュアル類や保証書は写っていません。

  • ACアダプター
  • 電源ケーブル
  • USB Type-Cケーブル
  • FMV LOOXキックスタンド
  • マニュアル類
  • 保証書

が付属。

※付属品は変更になる可能性があります。

キーボードやペンはオプション品です。

▶富士通「FMV LOOX WL1/G」のレビューまとめ

「富士通 FMV LOOX」のレビューのまとめです。

  • スタンドで立てて動画を見たり、料理時にレシピを見るのに使う
  • 外出時の作業にノートパソコンとして使う
  • イラストを描くのに使う(デスクトップPCとつないで液晶タブレットとしても使える)

など、いろいろな使い方ができるので、FMV LOOXが1台あれば使い方次第で生活クオリティが上がりそうな予感がします。

「せっかく買うんだから、いろいろな使い方ができるノートパソコンが欲しい」という方にオススメです!

 
なお、富士通のパソコンは、パソコンの使い方やトラブルのサポートが付いてきます。

サポート内容も充実しているので、はじめてパソコンを買う方にもオススメですよ。

▶安く買える【シークレットクーポン】のお知らせ!

【お得なシークレットクーポンのお知らせ!】

割引クーポン

FMV LOOX WL1/Gをお得に買える『シークレットクーポン』をメーカーの方からご提供いただきました!
ご購入の際はぜひご利用ください。

■一般キャンペーン価格からさらに5%オフになるシークレットクーポン
SPLSJ
※有効期限:2022年11月30日13:59まで

>> 富士通 FMV LOOX WL1/Gを公式サイトで見てみる <<

▶ 富士通 FMV LOOX WL1/Gを公式サイトで見てみる

 
 

関連記事

学生・大学生におすすめのノートパソコンは、以下の記事でご紹介しています。

大学生におすすめのノートパソコン【2022年版】絶対に読んで欲しい失敗しない選び方がコレ!

イラスト・マンガ作成におすすめのノートパソコンは、以下の記事でご紹介しています。

イラスト・マンガを描くためのノートパソコンの選び方【2022年7月版】

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

レノボ「IdeaPad Gaming 370」のレビュー

お得なキャンペーン情報

マウスコンピューターこれがおすすめノートパソコン限定モデル

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ