HP ENVY x360 13の実機レビュー!30秒でわかるポイントと注意点も掲載。素晴らしいコスパ!

HP ENVY x360 13のメイン画像

「HP ENVY x360 13」の実機レビューです。

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

これだけ読んでいただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

    ■おすすめポイント

  • 5つのモードで使える
  • タッチ対応ディスプレイで、アクティブペンにも対応
  • シャープでモダンなデザイン。シンプルながら高級感がある
  • Bang & Olufsenのクアッド・スピーカーで音がよい
  • Bang & Olufsenのスピーカー

    ■注意点など

  • アクティブペンは別売り
  • ▲アクティブペンは別売りです

  • アクティブペンの使い心地は、本格的なイラスト制作には向いていない印象

    ■その他、ひとこと

  • プロセッサーはインテル製ではなく「AMD製」
  • ※AMD製だから悪いという意味ではありません。

  • メーカーページの写真は英語キーボードですが、出荷製品は日本語キーボードのモデルです。

「HP ENVY x360 13」を公式サイトで見てみるicon
 


■ENVY(エンヴィ) x360 13のスペック

OS Windows 10 Home
液晶 13.3インチ タッチ対応、フルHD(1920×1080)、グレア(光沢)、IPS液晶
CPU AMD Ryzen 3 3300U / Ryzen 5 3500U / Ryzen 7 3700U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:256~512GB
グラフィックス AMD Radeon Vega 6 / Vega 8 / RX Vega 10グラフィックス
サイズ 約 306×212×14.5(最薄部)-16(最厚部)mm
重量 約 1.28 kg
バッテリー駆動時間 最大 約14時間30分
■今回のレビュー機のスペック
パフォーマンスモデル「AMD Ryzen 7 3700U、メモリ16GB、512GB SSD(型番:13-ar0003AU)」

 
おすすめポイント・特徴を詳しく解説

▶「HP ENVY x360 13」の5つのモード

「HP ENVY x360 13」は、

  • ノートブックモード
  • タブレットモード
  • スタンドモード
  • テントモード
  • フラットモード

の5つのモードに切り替えて使えます。シーンに合わせて使うと、より便利にENVY x360 13を使えます。

ノートブックモード

ノートブックモードは、その名の通り、スタンダードなノートパソコンのモード。

ノートブックモード"

タブレットモード

折りたたんでタブレット形状にできます。※キーボードの取り外しはできません。

タブレットモード

誰かに画面を見せつつ使ったり、アクティブペンでのメモ書き・修正指示入れ作業などに便利。

スタンドモード

スタンドモードは、テーブルに置いて動画を見たりするのに便利なモード。

スタンドモード

アクティブペンを使うときに、ディスプレイにゆるく角度をつけるのにも、このモードが重宝します。

テントモード

奥行きの狭いスペース置きたいときに便利なモード。

テントモード

キッチンでレシピを見ながらの料理や、カフェで勉強するときになどにも便利です。

デスクトップPC用キーボードと組み合わせて使うのもいいと思います。

テントモードとキーボードの組み合わせ

▲「テントモード」と「好きなキーボード」を組み合わせて使うのもアリ

フラットモード

ディスプレイを180度開いたのがフラットモード。

フラットモード

タブレットモードに似ていますが、対面の人に画面を見せたいときに、タブレットモードよりもこちらの方がスピーディーです。

▶アクティブペンに対応

ENVY x360 13は、Spectre(スペクトル)アクティブペンに対応しているので、ペンで図などを描いたりもできます。

Spectreアクティブペン

▲Spectreアクティブペン

※Spectreアクティブペンは別売りです。

CLIP STUDIO PAINTでのSpectreアクティブペンの描き心地

実際にクリップスタジオペイントをインストールして、ペンの描き心地をテストしてみました。

ペンでイラストを描いているところ

画面上で資料に赤字を入れたり、ラフや軽くイラストを描くのには全然使えると思いますが、

これでプロイラストレーターを目指すとか、本格的なイラストを描くのには向いていない印象です。

描き始めに少しズレるときがあるので、↓のように、ヒゲのようなズレ線が入ってしまいやすかったです。

また、仕方がない部分ですが、ディスプレイがツルツルしているので、ペンのグリップもやや効きづらいと感じました。

アクティブペンは別売り

なお、Spectre(スペクトル)アクティブペンは別売りです。

Spectreアクティブペンは、HPのオンラインストアにて2種類が販売されています。

  • Spectre アクティブペン
    ¥8,000(税別)
    電池式、1024段階の筆圧検知
  • Spectre アクティブペン2
    ¥9,800(税別)
    充電式、傾き検知に対応、1024段階の筆圧検知

▶CPUの性能チェック

今回のレビュー機のCPUは「AMD Ryzen 7 3700U プロセッサー(2.30-4.00GHz)」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストの数値は、8,996でした。

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果

これくらい高い性能なら、ビジネス用途はもちろん、クリエイティブな用途にもある程度使えるでしょう。

「HP ENVY x360 13」は、モデルによってCPUが3通りあります。他2つのCPUの参考値ものせておきます。

Ryzen 3 3300U 5,103(参考値)
Ryzen 5 3500U 7,990(参考値)
Ryzen 7 3700U 8,996(上記実測)

※参考値は、PassMarkでの9月6日現在の平均値です。ENVY x360 13の実機で計測した場合と数値が異なる可能性があります。

▶SSDのデータ転送速度

ストレージの転送速度

高速なNVMe対応PCIe接続のSSDなので、データ転送速度が速く、快適に使えるでしょう。

SSD情報

 SSDメーカー情報

SK hynix(SKハイニックス)製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

▶グラフィックス性能:軽い3Dゲームなら遊べる

HP ENVY x360 13のグラフィックスは、モデルによって
・ベーシックモデル:AMD Radeon Vega 6
・スタンダードモデル:AMD Radeon Vega 8
・パフォーマンスモデル:AMD Radeon RX Vega 10
となっています。

以下は、「AMD Radeon Vega 8」のテスト結果です。

3DMarkのスコア
Fire Strike 2158
Time Spy 888
ドラゴンクエストX ベンチマーク
1920×1080 標準品質 とても快適
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
1920×1080 高品質(ノートPC) やや快適
1920×1080 標準品質(ノートPC) 快適
FF15 ベンチマーク
軽量品質 動作困難

というわけで、FF15など重い部類の3Dゲームをプレイするのは厳しそうな結果。

FF14(ファイナルファンタジーXIV)やドラクエXなど、負荷が軽めの3Dゲームなら普通にプレイできそうです。

▶キーボード

HP ENVY x360 13のキーボード

▲タップ(クリック)で拡大

エンターキーなどが一番右端でないのが、慣れないと使いにくいかもしれません。

逆に慣れてしまえばエンターキーに小指が届きやすいので、これはこれでアリな気もします。

薄型のノートパソコンですが、ストローク幅はそこそこ確保されているので、タイピングしにくくは感じません。

左下の[Ctrl]キー、矢印キーの上下あたりがもう少し大きいと嬉しいところ。

HP ENVY x360 13の少し小さいと思うキー

キートップ(キーの表面)はほぼフラットです。

キートップのアップ画像

普通にタイピングすれば、あまり大きなタイピング音はしない

キーボードを斜め上からアップ

キーボードのタイピング音は、タカタカ鳴る感じで、普通にタイピングすれば、あまり大きなタイピング音はしません。

アルミ削り出しのしっかりしたボディなので、タイピング時にキーボードのタワミは感じませんでした。

デスクトップPC用キーボードとの比較

デスクトップPC用キーボードと比較してみました。

デスクトップPC用キーボードとの比較

タイピングしやすいと言われる約19ミリのキーピッチがあります。

テキスト打ちなどは、デスクトップPC用キーボードと近い感触でタイピングできると思います。

パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

パームレストに狭苦しさはありません。

キーボードにバックライトを搭載

キーボードのバックライト

キーボードのバックライトは、F5キーでオン・オフができます。暗いところでの作業に役立ちます。明るさは2段階で調整可能。

タッチパッド

タッチパッド

タッチパッドをクリックしたときのカチカチ音は、普通くらいの大きさです。

使い勝手に問題は感じませんでした。

「HP ENVY x360 13」を公式サイトで見てみる

▶スピーカー

オーディオメーカーBang & Olufsen(バング&オルフセン)と共同チューニングしたクアッドスピーカー(4つのスピーカー)を搭載。

HP ENVY x360 13のスピーカー

「キーボード面の上部」と「底面」にスピーカーを搭載。

本体底面のスピーカー

キーボードの上側の方にスピーカー部分を大きくとっているだけあって、モバイルノートでこの音質は、かなり良いと思います。

贅沢をいうなら、音の深みはもう少し欲しいところではありますが、こもった感じもなくノートパソコンのスピーカーとしては十分な音質でしょう。

▶液晶ディスプレイ

IPS液晶で視野角は広いです。

液晶ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から角度をつけて見たところ

角度をつけても少し暗くなる程度で、それほど見づらくはなりませんでした。

グレア(光沢)液晶なので写り込みはしやすい

HP ENVY x360 13のディスプレイは、鮮やかで綺麗ではありますが、グレア(光沢)液晶なので、写り込みしやすいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

正面から見る分には、写り込みは、ほぼ気になりませんでした。

横から見た場合は、写り込みが気になる場合があるかもしれません。
 

画面の写り込みやテカリが気になる場合は、低反射タイプのフィルムを貼るとよいでしょう。

HPのオンラインストアで、低反射タイプの「HP ENVY x360 13-ar用液晶保護フィルム」を購入できます。

▶バッテリー駆動時間のチェック

タイピングとネット閲覧での使用を想定して、バッテリー駆動時間を計測しました。

■バッテリー駆動時間の実測

ネット閲覧とテキスト打ちに使った場合 9時間6分
計測条件を見るにはここをタップ(クリック)

■バッテリー駆動時間の測定条件

  • 画面の明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

まずまずのロングバッテリーです。

▶静音性のチェック

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大44db前後

アイドル時はほぼ無音。

図書館など静かな場所で大きな排気音がなった場合、少し気になるかも?くらいの排気音です。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

なお、排気音が大きくなるのが困る状況では、HP Command Centerで静音モードを選べば、ファンの回転が低速になり、排気音を小さくできます。

▲HP Command Center(※静音モードを選ぶと、CPUパフォーマンスは下がります。)

HP Command Centerは最初からインストールされており、スタートメニューから起動できます。

▶サイズ

A4用紙とのサイズ比較です。

 A4用紙とENVY x360 13の大きさの比較

A4サイズ 297 × 210mm
ENVY x360 13 約 306× 212mm(× 厚さ14.5(最薄部)-16mm(最厚部))

A4に近いサイズで、標準的な大きさのビジネスバッグでも持ち運びしやすいです。

ビジネスバッグに入れているところ

脇にかかえて持っているところ

▶重さの実測:1,275グラム

重さを測っているところ

▲ACケーブル(電源ケーブル)を外し、代わりに電源プラグを使うことで、少し軽くできます

本体 約 1,275g
ACアダプター+電源ケーブル 約 292g

13.3型のノートパソコンとしては、やや軽めの重さです。

▶外観

「HP ENVY x360 13」のボディカラーは「ナイトフォールブラック」の1色のみです。

HP ENVY x360 13の外観。斜め上からのカッコいいアングル

HPのプレミアムパソコンで最上級はSpectre(スペクトル)シリーズなのですが、

Spectreシリーズよりも、派手さは抑えたデザインです。

派手さは控えめにしつつも、アルミニウム削り出しのボディで高級感があります。
 

シャープでモダンなデザイン。

ENVY x360 13の外観 天板側から斜め上

モダンでシンプルなデザインのHPのロゴが、光に反射して輝きます。よいアクセントになっています。

天板ロゴのアップ

14.5(最薄部)-16.0(最厚部)mmの薄めのボディ。

折りたたんだ様子を斜め上から

裏面もシンプル。

本体底面

25,000回の開閉テストと、7,000回の360°開閉テストをクリアしたヒンジ。

ヒンジの画像

指紋認証センサーも搭載。

パームレストのアップ
 
カメラからプライバシーを守る「プライバシースイッチ」付きのWebカメラ(約92万画素)。

Webカメラ

▲側面のスイッチで、カメラ回路を物理的にオン・オフできます。プライバシー保護のための機能です。

▶インターフェイス

■左側面

左側面

左側面

① USB 3.1 Gen1
② ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポート
③ 電源ボタン

■右側面

右側面

右側面

① プライバシースイッチ
② Micro SDカードスロット
③ USB 3.1 Type-C Gen1
④ USB 3.1 Type-A(電源オフチャージ対応)
⑤ 電源コネクター

「HP ENVY x360 13」を公式サイトで見てみる

▶付属品など

付属品一式です。

付属品の画像

ACアダプター、電源コード、速効!HPパソコンナビ特別版、保証書などが付属。

▶HP「ENVY x360 13」のレビューまとめ

「HP ENVY x360 13」のレビューのまとめです。

HP ENVY x360 13の外観 見映え

    ■おすすめポイント

  • 5つのモードで使える
  • タッチ対応ディスプレイで、アクティブペンにも対応
  • シャープでモダンなデザイン。シンプルながら高級感がある
  • Bang & Olufsenのクアッド・スピーカーで音がよい
  • Bang & Olufsenのスピーカー

    ■注意点など

  • アクティブペンは別売り
  • ▲アクティブペンは別売りです

  • アクティブペンの使い心地は、本格的なイラスト制作には向いていない印象

    ■その他、ひとこと

  • プロセッサーはインテル製ではなく「AMD製」
  • ※AMD製だから悪いという意味ではありません。

  • メーカーページの写真は英語キーボードですが、出荷製品は日本語キーボードのモデルです。

HPの上位モデルで、5つのモードで使え、ペンにも対応しているなど、幅広く使えるわりには、価格が安いです。

コストパフォーマンスがかなり高いです。

AMD製プロセッサーを採用することで、価格を抑えられたのだと思います。

「いろいろなモードで使えて、コスパのよいノートパソコン」をお探しの方にオススメです。

「HP ENVY x360 13」を公式サイトで見てみる
 

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る


ENVY x360の15.6インチモデルのレビューは↓コチラ

HP ENVY x360 15(AMD)の実機レビュー!1分でわかるポイント・注意点も!5つのモードで使えて高コスパ!

【現行21選!】軽量・薄型のおすすめノートパソコン【2019年10月 秋 更新版】軽い・薄い

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

HPクーポン

サブコンテンツ

このページの先頭へ