HP ENVY 13 x360のレビュー!4つのモードで使えてコスパが高い!

HP ENVY 13 x360

「HP ENVY 13 x360」の実機レビューをお届けします。

「レビューを全部読む時間がない!」

という方のために、レビューしてわかった「おすすめポイント」「注意点など」を、最初に挙げておきます。

    ■「HP ENVY(エンヴィ)13 x360」のおすすめポイント

  • 4つのモードで使える
  • 4つのモード

  • タッチ対応ディスプレイで、アクティブペンにも対応
  • アクティブペンに対応

  • シャープでモダンなデザイン。シンプルながら高級感がある
  • モダンなデザイン

  • 重さ約1.31kg、最大約11時間のロングバッテリーで、まずまずの持ち運びやすさ
  • 軽くてロングバッテリー

  • Bang & Olufsenのクアッド・スピーカーで音がよい
  • Bang & Olufsen

    ■注意点

  • アクティブペンは別売り
  • アクティブペンの使い心地は、本格的にイラストを描くのには向いていない

    ■その他、ひとこと

  • プロセッサーはインテル製ではなく「AMD製」
  • メモリ4GBのモデルは、8GBにメモリ増設して注文がおすすめ(後からメモリ増設はできません)

「HP ENVY 13 x360」を公式サイトで見てみるicon
 

■レビュー機のスペック

液晶 13.3インチワイド・フルHD(1920×1080)ブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
CPU AMD Ryzen 3 2300U
メモリ 4GB
ストレージ 256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
グラフィックス AMD Radeon Vega 6 グラフィックス(プロセッサーに内蔵)
サイズ 約306☓215☓15(最薄部)-16(最厚部)mm
重量 約 1.31kg
バッテリー駆動時間 最大約11時間

↓目次で、ある程度の内容がご確認いただけます(クリックすると、その項目に飛びます)。

▶「HP ENVY 13 x360」の4つのモード

4つのモード

「HP ENVY 13 x360」は、

  • ノートブックモード
  • テントモード
  • タブレットモード
  • スタンドモード

の4つのモードに切り替えて使うことができます。

ノートブックモード

ノートブックモードは、普通のノートパソコンのモードです。

ノートブックモード

タブレットモード

タブレットモードは、誰かに画面を見せつつ使ったりするときなどに便利。

タブレットモード

スタンドモード

寝転んで動画を見たり、フルサイズ・キーボードを使いたいときなどに便利。

スタンドモード

テントモード

狭いスペースに置きたいときや、フルサイズキーボードを使いたいときなどに便利。

テントモード

▲テントモードにして、好みのキーボードを使うことも可能

▶アクティブペンでスケッチなども描ける

HP ENVY 13 x360は「Spectre(スペクトル)アクティブペン」に対応しているので、ペンでスケッチなどを描いたりもできます。

アクティブペンでの描き心地

実際にクリップスタジオペイントをインストールして、ペンの描き心地をテストしてみました。

Spectreアクティブペンでの描き心地をチェック

画面上で資料に赤字を入れたり、ラフや軽くイラストを描くのには全然使えると思いますが、

これでプロイラストレーターを目指すとか、本格的なイラストを描くのには向いていないという印象です。

描き始めに少しズレるときがあるので、↓のように、ヒゲのようなズレ線が入ってしまいやすかったです。

仕方がない部分ですが、ディスプレイがツルツルしているので、ペンのグリップもちょっと効きづらいですね。

アクティブペンは別売り(セット販売をのぞく)

なお、Spectreアクティブペンは別売りです(※ペンとのセット販売のモデルを除く)。

Spectreアクティブペンは、現在2種類が販売されています。

  • Spectre アクティブペン
    ¥8,000(税別)
    電池式、1024段階の筆圧検知
  • Spectre アクティブペン2
    ¥9,800(税別)
    充電式、傾き検知に対応、1024段階の筆圧検知

▶外観

シンプルながら高級感がある

「HP ENVY 13 x360」のボディカラーは「ダークアッシュブラック」の1色のみです。

斜め上からのカッコいいアングル

HPのプレミアムパソコンで最上級はSpectre(スペクトル)シリーズなのですが、

Spectreシリーズよりも、派手さは抑えたデザインになっています。

派手さは控えめにしつつも、アルミニウム削り出しのボディで高級感があります。
 

シャープでモダンなデザイン。

天板を斜め上から

本体の薄さは、最薄部15mm~最厚部16mmで、まずまずの薄さ。

折りたたんだ様子

裏面もかなりシンプルです。

本体裏面

細かい部分のディテールや質感

シンプルなHPマークが、光に反射して輝きます。

天板ロゴのアップ

ヒンジにはENVY(エンヴィ)の文字。そして、後ろ側面には特徴的なダマスカル鋼の模様があります。

後ろ側面

アップ写真でも分からないくらいの細かい梨地処理がされており、手に馴染みやすくなっています。

パームレストのアップ

約92万画素の「WEBカメラ」も搭載。

WEBカメラ

左右側面とインターフェイス

■左側面

インターフェイスは左から、

  • USB 3.1 Gen1
  • ヘッドフォン出力/ マイク入力コンボポート
  • 電源ボタン
  • microSDカードスロット

左側面

電源ボタンは、少し硬めの押し心地です(カバンなどに入れたときに、電源ボタンが誤って押されないようにしてあると思われます)。

■右側面

インターフェイスなど左から、

  • 音量ボタン
  • USB Type-C 3.1 Gen2(電源オフUSBチャージ機能対応)
  • USB 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)
  • 電源コネクター

右側面

「HP ENVY 13 x360」を公式サイトで見てみる

▶サイズ、重さ

A4サイズよりも少しだけ大きい程度のサイズ

A4サイズ用紙とのサイズ比較です。

A4よりも少しだけ大きいサイズなので、ビジネスバッグでも持ち運びしやすいです。

A4用紙との比較画像

重さの実測:1,316グラム

本体は「1,316グラム」でした。メーカーサイトには約1.31kgとあったので、ほぼ同じくらいですね。

本体の重さ

ACアダプターの重さは「290グラム」なので、本体と合わせると合計1,606グラムです。

ACアダプターの重さ

バッテリー駆動時間は、最長 約11時間とのことなので(実際に使ったら11時間は持たないかもしれませんが)、
ちょっとした用事に持っていくのでした、ACアダプターを持っていく必要なさそうです。

▶スピーカー

抜けがよく、広がりもあるサウンド

「HP ENVY 13 x360」は、デンマークの老舗オーディオメーカーBang & Olufusen(バング&オルフセン)との共同開発のクアッド・スピーカーを搭載しています。

フロントスピーカーの画像

キーボードの上に2つと、本体裏側の両サイドにスピーカーが計4つ搭載されています。

キードードの上のスピーカー

スピーカーグリルはの幾何学的なデザインになっており、細部にまでこだわりが感じられます。

本体裏側のスピーカー

キーボードの上側の方にスピーカー部分を大きくとっているだけあって、モバイルノートでこの音質は、かなり良いと思います。

贅沢を言うなら、音の深みはもう少し欲しいところではありますが、こもった感じもなくノートパソコンのスピーカーとしては十分な音質でしょう。

▶CPU、SSDの性能チェック

CPUの性能は、まずまず高い

CPUは「AMD Ryzen 3 2300Uプロセッサー(2.00-3.40GHz)」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストでは、6013で、まずまずの性能といったところ。

数値でみるに、「第8世代(最新)のインテル Core i3プロセッサーよりも若干上くらいの性能かな?」くらいの印象です(あくまで個人的な見解です)。

オフィス系のソフトを使うなどの、一般的なビジネス用途には十分な性能でしょう。

パスマークのCPUのキャプ画像

SSDのデータ転送速度は速い

PCIe NVMe対応のM.2 SSDが搭載されているので、SSDのデータ転送速度は速いです。

転送速度のスピードのキャプチャ

SSD情報

LITEON(ライトン)製のSSDでした。

SSD情報のキャプチャ

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もありますのでご了承ください。

3Dゲームには向きません

「AMD Radeon Vega 6グラフィック搭載」ではありますが、プロセッサーに内蔵されているグラフィックスなので、そこまでグラフィック性能が高いわけではありません。

ゲーム用パソコンのベンチマークを計測する「3DMARK」でテストしたところ、テストの種類によっては警告が表示されました。

ベンチマークの数値もそこまで高くはありませんでしたので、3Dゲームのプレイには向いていないでしょう。

メモリは8GBがおすすめ

「HP ENVY 13 x360」は、メモリが4GBのモデルもありますが、メモリが4GBだとあまり余裕がありません。

メインPCとして使うのでしたら、メモリは8GBの方がおすすめです。

メモリが4GBのモデルは、注文時にメモリを8GBにして注文することもできるので、予算に余裕があればメモリ8GBにして注文がオススメです。

※「HP ENVY 13 x360」は、後からメモリを増設することはできません。

▶キーボード

軽い力でタイピングでき、打ち心地は悪くない

キーボード

▲クリックで拡大

薄型のノートパソコンなので、ストローク幅はやはり浅めです。

モッチリした打ちごたえですが、軽い力でタイピングでき、打ち心地は悪くありません。

バックスペースキーなどが一番右端でないのが気になった

キーの配列でいうと、バックスペースキーやエンターキーが一番右端でないのがちょっと使いづらく感じました。

一番右の列は、home、Page Up、Page Down、Endキーなどが並んでいます。
 

例えば、テキスト文書を打っているときに、バックスペースキーを押したつもりが、homeキーを誤って押してしまうと、

カーソルが行の先頭にいってしまい、移動距離が発生して嫌な感じではあります。

ただ、エンターキーが一番右端でない分、エンターキーに右手の小指が届きやすいのはメリットです。
 

パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

わたしは、少し手が大きめですが、狭苦しさはありません。

13.3インチのノートパソコンということもあり、パームレストの広さは十分にありました。

キーボードを斜め上からアップで撮った画像

キーボードのタイピング音は、タカタカ鳴る感じで、普通にタイピングすれば、それほど大きなタイピング音にはならなかったです。

アルミ削り出しのしっかりしたボディなので、タイピング時にキーボードのタワミは感じませんでした。

フルサイズキーボードとサイズを比較

フルサイズのキーボードと比較してみました。

フルサイズのキーボードとの比較

キーピッチ(キーの間隔)やキーの大きさなどは、フルサイズのキーボードと比べても遜色ないですね。

バックライト・キーボードを搭載

バックライトキーボード

キーボードのバックライトは、F5キーでオン・オフができます。暗いところでの作業に役立ちます。

タッチパッド

タッチパッド(イメージパッド)のエリアの幅は11cmほど。

タッチパッド

タッチパッドは、使いづらさなどは特に感じませんでした。

「HP ENVY 13 x360」を公式サイトで見てみる

▶液晶画面

IPS液晶で発色がよい。視野角も広い

視野角をチェックしてみます。結論から言うと、IPS液晶ということもあり、視野角は広いです。

視野角 正面

↓横から角度をつけて見たところ。

視野角 かなり横から

↓上から角度をつけて見たところ。

視野角 かなり上から

視野角は十分に広いです。

グレア(光沢)液晶のテカり対策

「HP ENVY 13 x360」の液晶は、鮮やかで綺麗な液晶ではありますが、グレア液晶(光沢液晶)なので、映り込みはしやすいです。

シャチのシャチョーが写り込んでいる画像

画面の映り込みやテカリが気になる方は、低反射のフィルムを貼るとよいでしょう。

HPの公式ページでHP ENVY 13 x360を買うときに、低反射タイプの液晶保護フィルムを一緒に買うことができます。

(あとからフィルムだけを買うこともできますが、売り切れなどにご注意ください)

▶静音性のチェック

負荷がかかると排気音が大きいときも

CPU負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

それほど負荷がかかっていない状態でも、シューと小さな音が、常になっていました。

SSD搭載のノートパソコンだと、ほぼ無音なモデルも多いので、そういう意味では少し気になりました(音が大きくて気になったわけではありません)。

とはいっても、小さい音です。よほど音に神経質な方でもなけば、気にならないと思います。
 

大きく負荷がかかっているときは、56.5db前後の大きめの排気音がしました。

静音性の計測結果

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

大きめの排気音がすることはありましたが、重い負荷を長時間かけつづけなければ、ここまで排気音は大きくなりません。

▶「HP ENVY 13 x360」のレビューまとめ

HP ENVY 13 x360

「HP ENVY 13 x360」のレビューのまとめです。

    ■注意点

  • アクティブペンは別売り
  • アクティブペンの使い心地は、本格的にイラストを描くのには向いていない

    ■その他、ひとこと

  • プロセッサーはインテル製ではなく「AMD製」
  • メモリ4GBのモデルは、8GBにメモリ増設して注文がおすすめ(後からメモリ増設はできません)

    ■「HP ENVY(エンヴィ)13 x360」のおすすめポイント

  • 4つのモードで使える
  • 4つのモード

  • タッチ対応ディスプレイで、アクティブペンにも対応
  • アクティブペンに対応

  • シャープでモダンなデザイン。シンプルながら高級感がある
  • モダンなデザイン

  • 重さ約1.31kg、最大約11時間のロングバッテリーで、まずまずの持ち運びやすさ
  • 軽くてロングバッテリー

  • Bang & Olufsenのクアッド・スピーカーで音がよい
  • Bang & Olufsen

HPの上位モデルで、なおかつ4つのモードで使えるわりには、価格は安めでコスパは高いと思います。

AMD製のプロセッサーなので、価格が安めになっているのかと思います。

いろんな形態で使えてつつ、コスパのよいノートパソコンをお探しの方にいいと思いますよ。

「HP ENVY 13 x360」を公式サイトで見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ