レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の実機レビュー!コスパが超スゴイ!ペンやマルチモード対応ノートをお探しの方にオススメ!

レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のメイン画像

レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のスペック

「レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)」の実機レビューです。

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)は、ディスプレイが360度回転する2in1ノート。

アクティブペンにも対応しており、ペンでイラストを描くこともできます。

ペン対応でコスパに優れたノートパソコンをお探しの方に、とくにオススメです。
 

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

ここだけご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

>> レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)を公式サイトで見てみる <<

▶ レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)を公式サイトで見てみる

なお、レビュー機はメーカーからの貸出品です。
※貸出品であっても、レビューはデメリットも含めて誠実に行います。
 

見出し:おすすめポイント・特徴

ポイント

  • ノートブックモード
  • タブレットモード
  • スタンドモード
  • テントモード
  • フラットモード

の5つのモードで使えます。シチュエーションに合わせ、モードチェンジして使うと便利に使えます。
※モード名は、メーカーの定めた正式名称とは異なる可能性がありますが、便宜上、この記事では上記のモード名を用いています。

ポイント

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)は、アクティブペン(レノボ・デジタルペン)に対応しているので、ペンでイラストを描いたりもできます。

レノボ・デジタルペン(Lenovo Digital Pen)は、オプションという扱いになっていますが、
2021年5月28日現在、レノボ公式サイトで販売されているIdeaPad Flex 550 14型 (AMD)には、レノボ・デジタルペンが付属しています。

レノボ・デジタルペン(Lenovo Digital Pen)

▲レノボ・デジタルペン(Lenovo Digital Pen)

レノボ・デジタルペンは、最大4096段階の筆圧感知、単6形電池駆動。
 

■CLIP STUDIO PAINTでの描き心地チェック

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での描き心地をチェックしてみました。

ペンでイラストを描いているところ

ペンで描いたときのズレは、あまり気にならず、描きやすかったです。

ペン先が硬めのため、液晶タブレットと比べるとグリップはやや利きにくいですが、

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)があれば、液タブなしでペンでのイラスト作成がはじめられるので、コストパフォーマンスはかなり高いです。

ポイント

マルチモード、アクティブペン対応にも関わらずRyzen 5搭載モデルが税込7万円台なので、かなりコスパが高いです。
※2021年6月10日現在の価格

ポイント

カメラシャッター付きのWEBカメラを搭載しています。

WEBカメラシャッター

シャッターをスライドさせて、カメラにフタをしておけます。

シャッターを閉めておけば、万が一、カメラへ不正アクセスされてもプライバシーを保護できます。

なおWEBカメラは、HD画質(720p)のカメラです。

見出し:デメリット・注意点など

注意点 グレア(光沢)ディスプレイなので、好みが分かれる

ディスプレイの光の写り込み具合

正面から見る分には、写り込みはあまり気になりませんが、横からディスプレイを見ると、写り込みが見えやすいです。

また、WordやExcelなど背景が白いアプリを使うときは、あまり気にならないと思いますが、
背景がダークカラーのアプリを使うときは、写り込みが気になることもあるかもしれません。

注意点 ディスプレイの色域がせまい

色域

■カバー率

sRGB 62%
DCI-P3 46%
Adobe RGB 47%

※あくまで当方で測定した数値ですので、環境や測定機器によって違いが生じる可能性があります。

色域はあまり広くないので、画像編集で細かい色調整をするなどの用途には向いていません。

    ■その他、ひとこと

  • メーカーページの写真は英語キーボードですが、出荷製品は日本語キーボードのモデルです。
  •  IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のキーボード

    ▲出荷製品はこのキーボード(タップorクリックで拡大)

 

▶ レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)を公式サイトで見てみる

ちなみに、同じIdeaPad Flex 5 シリーズには、インテルCPU搭載モデルや15.6型ディスプレイのモデルもあります。

すべてのIdeaPad Flex 5 シリーズを公式サイトで見てみる


■IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のスペック

OS Windows 10 Home
ディスプレイ 14型 フルHD (1920×1080)、グレア (光沢)、タッチ対応、IPS液晶
CPU AMD Ryzen 3 4300U / 3 5300U / 5 4500U / 5 5500U / 7 4700U / 7 5700U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD:256GB / 512GB
グラフィックス AMD Radeon
サイズ 約321.5×217.5×17.9mm(最薄部)
重量 約1.5kg
■今回のレビュー機のスペック
「Ryzen 5 4500U、メモリ8GB、256GB SSD(型番:81X200AQJP)」

▶「レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)」の5つのモード

「レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)」は、

  • ラップトップモード
  • タブレットモード
  • スタンドモード
  • テントモード
  • フラットモード

の5つのモードに切り替えて使えます。シーンに合わせて使うと、より便利にIdeaPad Flex 550 14型 (AMD)を使えます。

※モード名は、メーカーの定めた正式名称とは異なる可能性がありますが、便宜上、この記事では上記のモード名を用いています。

ラップトップモード

ラップトップモードは、その名の通り、スタンダードなノートパソコンのモード。

ラップトップモード

タブレットモード

折りたたんでタブレット形状にできます。※キーボードの取り外しはできません。

タブレットモード

誰かに画面を見せつつ使ったり、アクティブペンで絵を描くときなどに便利。

スタンドモード

スタンドモードは、テーブルに置いて動画を見たりするのに便利なモード。

スタンドモード

アクティブペンを使うときに、ディスプレイにゆるく角度をつけるのにも、このモードが重宝します。

テントモード

テントモードは、奥行きの狭いスペース置きたいときに便利なモード。

テントモード

キッチンでレシピを見ながらの料理や、カフェでの勉強時などにも便利です。

デスクトップPC用キーボードと組み合わせて使うのもいいと思います。

テントモードとキーボードの組み合わせ

▲「テントモード」と「好きなキーボード」を組み合わせて使うのもアリ

フラットモード

ディスプレイを180度開いたのがフラットモード。

フラットモード

タブレットモードに似ていますが、フラットモードならキーボード操作もできます。

対面の人に画面を見せたいときも、タブレットモードよりもこちらの方がスピーディーに画面を見せられます。

▶キーボード

 IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のキーボード

▲タップorクリックで拡大

やや硬めで、浅めのタイピング感です。

Enterキー、左のShiftキー、Ctrlキーなどの大きなキーは、軽い力で押せるようになっています。

タイピング時、若干たわみますが、気になるほどではなく、剛性はしっかりしていると言っていいでしょう。

右端のエンターキー、バックスペースキー、シフトキーが隣のキーとくっついていますが、
隣のキーとの間に溝がつくってあるので、それほど使いづらくはないです。

ファンクションキー(Fキー)は、の独自機能が優先されています。

Fキー

全角カタカナ変換などWindowsのデフォルト機能を使うには、Fnキーと同時押しで使いますが、
EScキーを長押しするとファンクションロック(本来Fnキーを押す必要がある機能を、Fnキーを押さずに使えるようにする)することもできます。

Fnキーを固定

▼また、スタートメニュー ⇒ Lenovo Vantageの設定で、Windowsのデフォルト機能を優先にすることもできます。

インテリジェント・キーボードの設定

▼キートップ(キーの表面)はほぼフラット。

キートップのアップ画像

タイピング音の大きさは、普通くらいです。

キーボードを斜め上からアップ

キーピッチなど

デスクトップPC用キーボードとの比較

▲デスクトップPC用キーボードと比較したところ

▼タイピングしやすいと言われる19ミリに近いキーピッチ(キーとキーの間隔)がありそうです。

キーピッチ

▼パームレストは、よほど手が大きな人でもない限り、十分な広さでしょう。

パームレストに手をのせたところ

キーボードバックライトを搭載

キーボードのバックライトは、Fn+スペースキーでオン・オフができます。明るさは2段階で調整可能。

キーボードのバックライト

タッチパッド

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、やや大きめです。

タッチパッド

▶スピーカー

キーボードの左右にスピーカーグリルのような穴がありますが、そのすべてがスピーカーというわけではなく、
↓下の画像の◯あたりから音が強く聴こえます。

レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のスピーカー

めちゃくちゃ音がよいというほどではありませんが、ノートパソコンのスピーカーとしてはよい音質を楽しめます。

なお、ディスプレイ部を360度回転できるので、使用するモードによって多少音の聴こえ方は変わりますが、どのモードでも大きくは変わらない印象です。

Dolby Audio(ドルビーオーディオ)で、映画、音楽、ゲーム、ボイスなどに合わせた音質に変更できます。

▶ディスプレイ

タッチとペン対応のディスプレイです。

ディスプレイにタッチしているところ(タッチ対応ディスプレイ)

角度をつけて見ても少し暗く見える程度で、白飛びしたりはしません。

ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

▼ディスプレイが360度回転するので、このようにディスプレイを180度開いて、フラットに置いたりもできます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

▶バッテリー駆動時間

■バッテリー駆動時間の実測

JEITA Ver.2.0測定法 約12.2~18.5時間
※メーカー公表値
ネット閲覧とテキスト打ちに使用
(負荷:軽)
11時間26分
PCMark 8 WORK
(負荷:中)
7時間13分
※バッテリー残量が20%を切るまでの時間
30分で充電できたバッテリー量 約49%

※ディスプレイの明るさ:80%で測定しました。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

測定条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■「ネット閲覧とテキスト打ちに使用」のバッテリー駆動時間 測定条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 WORK」について

ソフトウェア「PCMark 8」でのバッテリー駆動時間の測定テストです。
ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなど、バッテリー駆動時間に影響の大きい動作テストも含まれています。

使い方によるので一概には言えませんが、表のPCMark 8 WORKでの測定時間が、実際に使用できる時間に近いでしょう。

メーカー公表値ほど長くは使えなくとも、悪くないバッテリー駆動時間です。

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から測定。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大41.9db前後

ファンがフルで頑張り出しても、あまり大きな音にはならない印象です。

図書館など静かな場所でも、周りを気にせずに使えるでしょう。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4用紙とIdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の大きさの比較

▲セミB5ノート(大学ノート)とのサイズ比較

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の薄さ

大学ノート 252×179mm
A4サイズ 297×210mm
IdeaPad Flex 550 14型 約321.5×217.5×厚さ17.9mm(最薄部)

幅×奥行きは、A4サイズよりも少し大きい程度です。A4サイズ対応の標準的な大きさのビジネスバッグにも入れやすいサイズ感です。

ビジネスバッグに入れているところ

脇にかかえて持っているところ

▶重さの実測:約1,540グラム

重さを測っているところ

本体 約1,540g
ACアダプター+電源ケーブル 約203g

14型のノートパソコンとしては標準的な重さです。

▶インターフェイス

■右側面

右側面

① 電源ボタン
② 4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)
③ USB 3.0 (Type-A) ×2

SDカードを挿すと、かなりはみ出すので、挿しっぱなしにしておくのには向いていません。

SDカードを挿しているところ

■左側面

左側面

① 電源コネクタ
② HDMI端子
③ USB 3.0 (Type-C)(USB Power Delivery対応、DC-In機能付)
④ マイクロフォン入力 / ヘッドセット出力端子

モバイルバッテリーからの充電

モバイルバッテリーで充電しているところ

モバイルバッテリーをUSB Type-C端子に接続し、IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)側へ充電できました。

※ちなみに、今回は比較的コンパクトな29W出力のモバイルバッテリーから充電しましたが、充電可能な最低出力などは未確認です。

「レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)」を公式サイトで見てみる
 

―― 処理性能のチェック ――

▶CPU性能

■レビュー機のCPU

  • AMD Ryzen 5 4500U
  • 6コア
  • 2.3GHz-4.0GHz
CINEBENCH R20

 CINEBENCH R20のテスト結果

マルチコア 2405
シングルコア 455
CINEBENCH R23

 CINEBENCH R20のテスト結果

マルチコア 6219
シングルコア 1172
CPUMark

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果:11390

スコア 11390

PassMarkでの同CPUの平均スコア11238よりも高いスコアなので、CPUのパフォーマンスはしっかり出ていると言っていいでしょう。
※2021年6月11日現在の平均値


IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)は、モデルによって搭載CPUが異なります。

ビジネス用途でしたらRyzen 3搭載モデルでも十分かと思いますが、メモリ4GBのモデルはメモリが少ないのでおすすめしません。

軽めの用途に使う場合でも、メモリ8GB以上のモデルをオススメします。

余裕をもってマルチタスクをこなしたいとか、画像編集などをしたい、といったことであれば、Ryzen 5かRyzen 7搭載モデルをおすすします。

▶SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

NVMe対応PCIe3.0×4のSSDとしては特段速くはありませんが、SATA接続のSSDやHDDと比べると圧倒的に速いです。

SSD情報

SSD情報

Samsung(サムスン)製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

▶グラフィックス性能

レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)のグラフィックスは「AMD Radeonグラフィックス」です。

3DMarkのスコア
Fire Strike 2620
Time Spy 997
ドラゴンクエストX ベンチマーク
標準品質(1920×1080) 9303 とても快適
最高品質(1920×1080) 7592 とても快適
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
標準品質(1920×1080) 3703 快適
高品質(1920×1080) 3037 やや快適

※グラフィックス設定は、最高品質以外は「ノートPC」向けの設定にて計測。

ストリートファイターV ベンチマーク
解像度 平均フレームレート・結果
1920×1080 35.06 FPS スペック不足

というわけで、ドラゴンクエストXなどの軽めの3Dゲームなら、普通にプレイできるグラフィックス性能があります。

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

レノボ「IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)」のボディカラーは「プラチナグレー」の1色のみです。

ボディシャーシに金属が使われており、ガッシリしていて剛性が高そうです。

レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の外観。斜め上からのカッコいいアングル

シンプルながらもルックスもよいです。

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の外観 天板側から斜め上

シンプルな天板ですが、レノボのロゴが入ったプレートがよいアクセントになっています。

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

ヒンジの画像

パームレストのアップ

 

電源ボタン

▼指紋認証センサーも搭載。

指紋認証センサー

▶付属品など

付属品一式です。

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の付属品

  • ACアダプター
  • レノボ・デジタルペン
  • ペンホルダー
  • セットアップガイド
  • 購入証明書
  • サポートのしおり
  • 安全上の注意と保証についての手引き

などが付属。

※付属品は変更になる可能性があります。

▶レノボ「IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)」のレビューまとめ

「レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)」のレビューのまとめです。

レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)の外観 見映え

液晶の色域が広くないことや、キーボードのキー配列などをみると、
レノボのThinkPadやYogaシリーズと比べると、コストをカットしている面は見受けられますが、

その分、価格も安めなので、コスパが高くて純粋にオススメできるノートパソコンです。

ただし、メモリ4GBのモデルはメモリが少ないのでおすすめしません。

軽めの用途に使う場合でも、メモリ8GB以上のモデルをオススメします。

アクティブペンやマルチモード対応で、価格が高くないノートパソコンをお探しの方にとくにオススメです!

▶ レノボ IdeaPad Flex 550 14型 (AMD)を公式サイトで見てみる

ちなみに、同じIdeaPad Flex 5 シリーズには、インテルCPU搭載モデルや15.6型ディスプレイのモデルもあります。

すべてのIdeaPad Flex 5 シリーズを公式サイトで見てみる

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ