レノボ IdeaPad S530の実機レビュー!スタイリッシュな外観、性能と価格のバランスがいい!

レノボ IdeaPad S530のメイン画像

「レノボ IdeaPad S530」の実機レビューをお届けします。

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

これだけ読んでいただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

おすすめポイント・特徴

おすすめポイント1 シンプルでスタイリッシュなシルバーボディ

レノボ「IdeaPad S530」のボディカラーは「ミネラルグレー」で、1色のみの展開です。

レノボ IdeaPad S530の外観。斜め上からのカッコいいアングル

シンプルながら洗練されていて、いい感じの外観です。

IdeaPad S530の外観 天板側から斜め上

アルミのような素材が使われているので質感がよく、安っぽさがありません。

ロゴなどの主張は控えめ。

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

液晶を開けるところまで開いてみました。180度フラットに開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

 
パームレストに貼られているシール類は、不要なら剥がしてしまった方が、より洗練されたルックスになりそうです。

パームレスト
 

おすすめポイント2 約1.19kg、薄型ベゼルのコンパクトボディーで持ち運びしやすい

レノボ IdeaPad S530は、ベゼル(画面のフチ)が細いので本体がコンパクトです。

A4用紙とのサイズ比較が以下。

 A4用紙とIdeaPad S530の大きさの比較

本体の厚さ

A4サイズ 297×210mm
IdeaPad S530 約 308.3×211mm(×厚さ14.8mm)

A4サイズよりも横幅が少しだけ大きい程度です。ビジネスバッグでも持ち運びしやすいサイズです。

ビジネスバッグに入れているところ

脇にかかえて持っているところ

 
■重さの実測:1,182グラム

重さ測っているところ

本体 約 1,182g
ACアダプター+電源ケーブル 約 332g

本体とACアダプター・電源ケーブルの重さを合わせると合計約 1,514グラムです。

下記の通り、長時間バッテリーを搭載しているので、ちょっとした用事であれば、ACアダプターは持ち運ばないでも大丈夫でしょう。

外に持ち出しやすいサイズ・重さです。
 

おすすめポイント3 ロングバッテリー搭載で、外での作業に向いている

バッテリー駆動時間

タイピングとネット閲覧での使用を想定して、バッテリー駆動時間を計測しました。

■バッテリー駆動時間の実測

ネット閲覧とテキスト打ちに使った場合 11時間38分
計測条件を見るにはここをタップ(クリック)

■バッテリー駆動時間の測定条件

  • 画面の明るさ:60%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

上記は軽い用途での駆動時間ではありますが、長時間バッテリーなのが確認できました。

外で作業するのにも向いています。
 

デメリット・注意点など

注意点 キーボードの一部のキーが隣のキーと接している

▲タップ(クリック)で拡大

やや浅めで、タイピングしたときにキーが戻ってくるチカラが強めのキーボードです。

スピーディーにタイピングしたい人に向いていると思います。

タワミは感じません。

右端の[Backspace]キー、[Enter]キー、[shift]キーが隣のキーと接しているのが特徴的です。

特徴的なキーボード

(元々、英語キーボードだったものをベースに日本語キーボードを作ったため、このような形になっている?)

[Backspace]キーがやや小さめで、なおかつ隣のキーと接しているため、少し打ちづらく感じました。

矢印キーの上下キーも小さいので、矢印キーはやや使いにくいです。
 

ファンクションキー(Fキー)は、[Fn]キーを押さずにタイプすると、レノボ側で割当られた機能が優先されています。

(例えば、F6キーのみを押すと、ひらがな変換ではなく、タッチパッド無効操作になります。[Fn] +[F6]キーで ひらがな変換になります。)

 
キートップは少し球面状になっていて、指先にフィットしやすくなっています。

キートップのアップ画像
 

注意点 Harman製ステレオスピーカー搭載であるものの、期待ほどよいサウンドには感じされず

IdeaPad S530は、Harman製ステレオスピーカーを搭載。スピーカー位置は底面です。

レノボ IdeaPad S530のスピーカー

「ドルビーアトモス」のソフトウェアもインストールされているので、期待を高めつつ音楽を聴いてみましが、

「期待したほどの音質ではなかった」というのが正直な感想です。

もう少し音抜けがよければ、よかったのですが。

ドルビーアトモスのイコライジングで音抜けをよくはできますが、そうすると音がスカスカしてしまうので、イコライジングでの調整だけでは限界があります。

「レノボ IdeaPad S530」を公式サイトで見てみる

■IdeaPad S530のスペック

OS Windows 10 Home
液晶 13.3インチ フルHD(1920×1080)、ノングレア(光沢なし)、IPS液晶
CPU インテル Core i5-8265U / i7-8565U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620
サイズ 約308.3 × 211 × 14.8mm
重量 約1.18Kg(実測値)

今回のレビュー機のCPUは、Core i5-8265Uです(型番:81J7000UJP)。
 
上記以外の項目のレビューは、以下からご覧ください(クリックすると、その項目に飛びます)。

▶CPU、SSDの性能チェック

CPUの性能は高い

今回のレビュー機のCPUは「インテルCore i5-8265U プロセッサー(1.6-1.8GHz)」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストの数値は10222で、高い数値が出ました。

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果

これくらい高い性能なら、ビジネス用途はもちろん、クリエイティブな用途にもいろいろと使えるでしょう。

SSDのデータ転送速度もなかなか速い

高速なNVMe対応PCIe接続のSSDなので、データ転送速度は速いです。

ストレージの転送速度

SSD情報

 SSDメーカー情報

▶キーボード詳細:打鍵音やデスクトップPC用キーボードとの比較など

キーボードの概要については、この記事の最初に載せましたので、ここでは細かい点をレビューします。
 

キーボードのタイピング音(打鍵音)はコトコトと鳴り、それほど大きな音ではありません。

キーボードを斜め上からアップ

デスクトップPC用キーボードとの比較

デスクトップPC用キーボードと比較してみました。

デスクトップPC用キーボードとの比較

キーピッチやキーの大きさなどは、デスクトップPCのキーボードと近いです。
 

パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

わたしは、少し手が大きめですが、パームレストに狭苦しさはありません。

キーボードにバックライトを搭載

キーボードのバックライト

キーボードのバックライトは、[Fn]+[スペース]キーでオン・オフができます。明るさは2段階で調整可能。

タッチパッド

タッチパッド

タッチパッドでクリックしたときのカチカチ音は、普通の大きさです。

使い勝手は問題ありません。

なお、F6キーでタッチパッドの無効・有効を切り替えできます。

「レノボ IdeaPad S530」を公式サイトで見てみる

▶液晶ディスプレイ

IPS液晶のディスプレイです。ノングレアなので目に優しいです。

「発色がすごくよい」とまでは感じはしないものの、見やすいディスプレイです。

液晶ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から角度をつけて見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から角度をつけて見たところ

角度をつけても少し暗くなる程度で、それほど見づらくはなりませんでした。

ノングレア液晶なので、写り込みしにくい

レノボ IdeaPad S530のディスプレイは、ノングレア(非光沢)液晶なので、光の写り込みはしにくいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

作業中に光が反射してチラついたりしないので、実用的です。

▶静音性のチェック

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音が聞こえない
ベンチマークテスト時 最大50db前後

排気音が大きくなったときのdb数

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

図書館など静かな場所で大きな負荷がかかると、ちょっと気になるかもしれません。

カフェなどでは、周りの音にかき消されるので、問題ないでしょう。

▶インターフェイス

■左側面

左側面

左側面

① 電源コネクター
② USB 3.1 コネクター Gen 1
③ オーディオ・コネクター

■右側面

右側面

右側面

① USB-C コネクター
② Always On USB 3.1 コネクター Gen 1
③ HDMI コネクター

SDカードスロットがないのは残念なところ。

 
「レノボ IdeaPad S530」を公式サイトで見てみる

▶その他の機能

Webカメラも搭載。

 Webカメラ

指紋認証センサー。

指紋認証センサー

付属品

付属品一式です。

付属品の画像

ACアダプター、マニュアル類などが付属します。

▶レノボ「IdeaPad S530」のレビューまとめ

「レノボ IdeaPad S530」のレビューのまとめです。

レノボ IdeaPad S530の外観 見映え

    ■注意点

  • キーボードの一部のキーが隣のキーと接している
  • 特徴的なキーボード

  • Harman製ステレオスピーカー搭載であるものの、期待ほどよいサウンドには感じされず

    ■おすすめポイント・特徴

  • シンプルでスタイリッシュなシルバーボディ
  • 約1.19kg、薄型ベゼルのコンパクトボディーで持ち運びしやすい
  • ロングバッテリー搭載で、外での作業に向いている
  • ロングバッテリー

キーが接している部分の使い心地が少し気になったので、タイピングのしやすさ重視の方には不向きかなと思います。

外観はよいので、シンプルながら存在感のあるルックスのノートパソコンをお探しの方にはオススメです。

バッテリー駆動時間も長く、性能バランスがよいので、長く使っているノートパソコンだと思いますよ。

「レノボ IdeaPad S530」を公式サイトで見てみる

お得なキャンペーン情報

HPクーポン

富士通クーポン

サブコンテンツ

このページの先頭へ