レノボ IdeaPad C340 (15)の実機レビュー!コスパが凄すぎ!注意点もある?

レノボ IdeaPad C340 (15)のメイン画像

「レノボ IdeaPad C340 (15)」の実機レビューです。

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

これだけ読んでいただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

    ■おすすめポイント

  • 4つのモードで使える
  • タッチやアクティブペンに対応!図やイラストを描ける
  • ロングバッテリー
  • 軽い用途で11時間以上のバッテリー駆動時間がありました。
    15.6型ノートでこのバッテリー駆動時間は、なかなかのロングバッテリーです。

  • コスパがかなり高い!
  • Core i3搭載モデル:59,290円~(税込み・送料無料)
    Core i5搭載モデル:64,416円~(税込み・送料無料)
    ※2019年10月31日現在の価格

    ■注意点など

  • グレア(光沢)液晶なので、好みが分かれる
  • ▲グレア(光沢)液晶なので鮮やかですが、写り込みはしやすいです

  • テンキーは付いていない
  • ノートパソコンとしては大きめなサイズの15.6型ノートですが、キーボードにテンキーは付いていません。

    ▲タップ(クリック)で拡大表示できます。

    ■その他、ひとこと

  • レノボサイトでは英語キーボードのモデルが掲載されていますが、日本のレノボサイトで購入できるのは日本語キーボードのモデルです
  • 14インチモデルもあります。
  • 14インチモデルの公式ページはこちら

「レノボ IdeaPad C340 (15)」を公式サイトで見てみる


■IdeaPad C340 (15)のスペック

OS Windows 10 Home
液晶 15.6インチ フルHD(1920×1080)、グレア(光沢)、タッチ対応
CPU インテル Core i3-8145U / i5-8265U / i7-8565U / i7-1065G7
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB / 512GB / 1TB
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620
サイズ 約 364×250×20.5mm
重量 約 2.0kg
バッテリー駆動時間 約 14.0時間 ※メーカー公表値

今回のレビュー機のスペックは、「Core i5-8265U、メモリ8GB、256GB SSD、フルHD(型番:81N5001XJP)」です。
 

▶「レノボ IdeaPad C340 (15)」のマルチスタイルモード

「レノボ IdeaPad(アイデアパッド)C340 (15)」は、

  • ラップトップモード
  • タブレットモード
  • スタンドモード
  • テントモード

の4つのモードに切り替えて使えます。シーンに合わせて使うと、より便利にIdeaPad C340 (15)を使えます。

ラップトップモード

その名の通り、スタンダードなノートパソコンのモード。

ラップトップモード

タブレットモード

折りたたんでタブレット形状にできます。※キーボードの取り外しはできません。

タブレットモード

誰かに画面を見せつつ使ったり、アクティブペンで絵を描いたりなどに便利。

スタンドモード

ゴロンと横になって動画を見たいときなどに便利なモード。

スタンドモード

アクティブペンを使うときに、ディスプレイにゆるく角度をつけるのにも、このモードが重宝します。

テントモード

奥行きの狭いスペース置きたいときに便利なモード。

キッチンでレシピを見ながらの料理や、カフェで勉強するときになどにも便利です。

テントモード

デスクトップPC用キーボードと組み合わせて使うのもいいと思います。

テントモードとキーボードの組み合わせ

▲「テントモード」と「好きなキーボード」を組み合わせて使うのもアリ

▶アクティブペンで図やイラストも描ける

ペンでイラストを描いているところ

IdeaPad C340 (15)は、アクティブペンに対応しているので、ペンでイラストを描いたりもできます。

アクティブペンも付属します。

アクティブペン

CLIP STUDIO PAINTでのペンの描き心地チェック

ペンで描いたときのズレは、あまり気になりませんでした。

強弱もつけやすいので、ペン性能は高いと思います。

少しだけ気になったのは、ディスプレイがグレア液晶なので、ややツルツルしている点。

「ツルツルしているから描きづらい」とまでは感じませんが、もう少しグリップが利いてくれると嬉しいとも感じました。

15.6インチの大きめなディスプレイで絵を描けるのは魅力ですね。

▶CPUの性能チェック

今回のレビュー機のCPUは「インテル Core i5-8265U プロセッサー(1.60-1.80GHz)」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストの数値は、9,611で、高い数値です。

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果

これくらい高い性能なら、ビジネス用途はもちろん、クリエイティブな用途にもある程度使えるでしょう。

「レノボ IdeaPad C340 (15)」は、モデルによってCPUが異なります。他のCPUの参考値ものせておきます。

Core i3-8145U 5,539(参考値)
Core i3-1005G1 5,776(参考値)
Core i5-8265U 9,611(上記実測)
Core i5-1035G1 9,125(参考値)
Core i7-8565U 8,905(参考値)
Core i7-1065G 10,807(参考値)

※参考値は、PassMarkでの10月31日現在の平均値です。IdeaPad C340 (15)の実機で計測した場合と数値が異なる可能性があります。

コスパが高いのはインテル Core i5搭載モデルです。サブ機としてや、軽めの用途に使う場合は、Core i3搭載モデルでもいいと思います。

▶SSDのデータ転送速度

ストレージの転送速度

高速なNVMe対応PCIe接続のSSDなので、データ転送速度はかなり速いです。

SSDの容量にご注意

IdeaPad C340 (15)は、モデルによってSSD容量が異なります。

2019年10月31日現在は、以下のようなSSD容量になっているようです。

Core i3搭載 128GB SSD
Core i5搭載 256GB または 512GB SSD
Core i7搭載 512GB または 1TB SSD

※メインPCとして使う場合、128GBだとSSD容量が足りなくなる恐れが高いかと、個人的には思います。

メインPCとして使うならCPUにCore i5かCore i7を搭載したモデルがオススメです。

SSD情報

 SSDメーカー情報

サムスン製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

専用グラフィックスは搭載していないので、動画編集をメインに使うのには向いていない

IdeaPad C340 (15)は、NVIDIA GeForceなどの専用グラフィックスは搭載していません。

そのため、動画編集や3Dゲームができないわけではありませんが、それらの用途にはあまり向いていません。

動画編集向けのノートパソコンについては動画編集におすすめのノートパソコンのページをご覧ください。

▶キーボード

▲タップ(クリック)で拡大

15.6型ノートですが、テンキーは付いていないので、注意が必要です。

やや硬めのタイピング感で、キーストローク(キーの沈み込み幅)もやや浅く感じますが、慣れればわりとタイピングしやすいです。

ただ、Bcakspaceキーが隣のキーと接しているので、そこが少々使いにくく感じます(端にあるキーのわりに、利用頻度が高いのでなおさら)。

また、矢印キーの上下が小さめなので、ここがもう少し大きいと嬉しかったですね。

キーボードに、タワミなどは感じません。
 

キートップ(キーの表面)はほぼフラットです。

キートップのアップ画像

デスクトップPC用キーボードとの比較

デスクトップPC用キーボードと比較してみました。

デスクトップPC用キーボードとの比較

テキスト入力などは、デスクトップPC用キーボードと近い感触でタイピングできると思います。

違いを感じるのは、やはりBackspaceキーと矢印キーあたりですね。
 

パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

パームレストは十分な広さがあります。

キーボードにバックライトを搭載

キーボードのバックライト

キーボードのバックライトは、Fn+スペースキーでオン・オフができます。明るさは2段階で調整可能。

タッチパッド

タッチパッドをクリックしたときのカチカチ音は、普通くらいの大きさです。

タッチパッド

使い勝手は問題ありません。

なお、F6キーでタッチパッドの無効・有効を切り替えできます。

「レノボ IdeaPad C340 (15)」を公式サイトで見てみる

▶スピーカー

底面にスピーカーを搭載。

レノボ IdeaPad C340 (15)のスピーカー

キーボード面の上側にスピーカーが付いているノートパソコンと比べると、音抜けが劣る感じは否めません。

ただ、音自体は悪くなく、ノートパソコンのスピーカーでありがちな箱の中で鳴っているようなこもりがなく、自然な音が出ていると感じました。

ノートパソコンのスピーカーとしては大きめのスピーカーを搭載しているのがプラスになっていそうです。

▶液晶ディスプレイ

IPS液晶のディスプレイで、表示自体はキレイです。

液晶ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から角度をつけて見たところ

角度をつけても少し暗くなる程度で、視野角は広いです。

グレア(光沢)液晶なので写り込みはしやすい

レノボ IdeaPad C340 (15)のディスプレイは、鮮やかで綺麗ではありますが、グレア(光沢)液晶なので、写り込みしやすいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

正面からでも照明が写り込みやすいのが気になりました。

写り込みやテカリが気になった場合は、低反射のフィルムを貼れば対策できるかもしれません。

▶バッテリー駆動時間のチェック

タイピングとネット閲覧での使用を想定して、バッテリー駆動時間を計測しました。

■バッテリー駆動時間の実測

ネット閲覧とテキスト打ちに使った場合 約11時間48分
計測条件を見るにはここをタップ(クリック)

■バッテリー駆動時間の測定条件

  • 画面の明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

ディスプレイサイズが大きいほどバッテリーの保ちが悪くなるので、15.6型ディスプレイでこのバッテリー駆動時間は、なかなかいい感じだと思います。

▶静音性のチェック

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大42db前後

図書館などでも、周りを気にせずに使えそうです。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4・B4用紙サイズとの比較です。

 A4・B4用紙とIdeaPad C340 (15)の大きさの比較

IdeaPad C340 (15)の薄さ

A4サイズ 297 × 210mm
IdeaPad C340 (15) 約 364 ×250mm(× 厚さ20.5mm)

A4サイズよりもわりと大きいので、持ち運びには、15.6型ノートに対応したリュックやバッグがあった方がよさそうです。

脇にかかえて持っているところ

▶重さの実測:2,049グラム

重さを測っているところ

本体 約 2,049g
ACアダプター+電源ケーブル 約 199g

15.6型のノートパソコンとしては、標準的な重さ。

ディスプレイの大きい15.6型でロングバッテリーなモデルなので、バッテリーサイズも大きいですから、その分ACアダプターも大きくて重めですね。

▶外観

レノボ「IdeaPad C340 (15)」のボディカラーは「プラチナ」のみ1色のみです。

レノボ IdeaPad C340 (15)の外観。斜め上からのカッコいいアングル

天板の角のほうにワンポイントでロゴマークが入っているだけなので、かなりシンプルなルックス。

IdeaPad C340 (15)の外観 天板側から斜め上

天板ロゴのアップ

飾りのない面積が広いので、なんとなく寂しい気がしないでもないです。
 

アルミのような金属素材で、細かい梨地処理もしてあるので、プラスチック感丸出しのような安っぽさはありません。

折りたたんだ様子を斜め上から

パームレストのアップ

本体底面

 
複数のモードで使えるので、このようにディスプレイを180度開いて、フラットに置いたりもできます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

ヒンジの画像

 
プライバシーシャッター付のWebカメラ(約120万画素)も搭載。

 Webカメラ

▲シャッターをスライドさせて、物理的にカメラをオフにできる

▶インターフェイス

■左側面

左側面

① 電源ジャック
② HDMI
③ USB3.0 Type C
④ マイクロホン / ヘッドホン・コンボ・ジャック

■右側面

右側面

① Novoボタン
② 電源ボタン
③ 4-in-1メディアカードリーダー
④ USB3.0
⑤ USB3.0 (Powered USB)
※Novoボタンは、リカバリーなどをしたいときに使うボタンです。普段は使用しません。

「レノボ IdeaPad C340 (15)」を公式サイトで見てみる

▶付属品など

付属品一式です。アクティブペンも付属。

付属品の画像

その他、ACアダプター、取扱説明書などが付属します。

▶レノボ「IdeaPad C340 (15)」のレビューまとめ

「レノボ IdeaPad C340 (15)」のレビューのまとめです。

レノボ IdeaPad C340 (15)の外観 見映え

    ■おすすめポイント

  • 4つのモードで使える
  • タッチやアクティブペンに対応!図やイラストを描ける
  • ロングバッテリー
  • 軽い用途で11時間以上のバッテリー駆動時間がありました。
    15.6型ノートでこのバッテリー駆動時間は、なかなかのロングバッテリーです。

  • コスパがかなり高い!
  • Core i3搭載モデル:58,212円~(税込み・送料無料)
    Core i5搭載モデル:68,515円~(税込み・送料無料)
    ※2019年9月2日現在の価格

    ■注意点など

  • グレア(光沢)液晶なので、好みが分かれる
  • ▲グレア(光沢)液晶なので鮮やかですが、写り込みはしやすいです

  • テンキーは付いていない
  • ノートパソコンとしては大きめなサイズの15.6型ノートですが、キーボードにテンキーは付いていません。

    ▲タップ(クリック)で拡大表示できます。

    ■その他、ひとこと

  • レノボサイトでは英語キーボードのモデルが掲載されていますが、日本のレノボサイトで購入できるのは日本語キーボードのモデルです
  • 14インチモデルもあります。
  • 14インチモデルの公式ページはこちら

目が行くのは、やはり価格の安さ。

マルチモードで使えてアクティブペンまで付いてくることを考慮すると、とんでもなくコスパが高いです。

同等の機能・スペックを持ったノートパソコンを、他社メーカーで探しても、ここまで安く買うのは難しいでしょう。

テンキーがないことや、グレア液晶であることが気にならないのであれば、コストパフォーマンスが高いモデルとしてオススメです。

「レノボ IdeaPad C340 (15)」を公式サイトで見てみる
 

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

HPクーポン

サブコンテンツ

このページの先頭へ