富士通 LIFEBOOK WU2/C3のレビュー!超軽い!キーボードが打ちやすい!

超軽量ノートパソコン「富士通 LIFEBOOK WU2/C3」の実機レビューをお届けします。

 
「レビューを全部読む時間がない!」

という方のために、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」を最初に挙げておきます。

    ■「富士通 LIFEBOOK WU2/C3」のおすすめポイント・特徴

  • 世界最軽量の698g~という軽さ(この実機の実測値は694グラム!持ってみると、やっぱり軽い!)
  • 富士通 LIFEBOOK WU2/C3の重さ

  • 軽量・コンパクトでもインターフェイスは充実
  • 富士通 LIFEBOOK WU2/C3のインターフェイス

  • キーボードが打ちやすい
  • キートップの凹み

  • 「かな表記なし」のキーボードも選択できる(※本体カラーがブラックのみ。有料オプション)
  • かな表記なしキーボード

    ■注意点など

  • 世界最軽量モデルは本体カラーが「ピクトブラック」のみ(塗装の関係上。他のカラーは50グラム程度重くなります)
  • 「タッチ対応液晶」を搭載させる場合、50Whバッテリーを選ぶ必要があるため、236gほど重くなります(50Whバッテリー搭載でも約915g~なので、やはり軽いですが)

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」を公式サイトで見てみる
 

■LIFEBOOK WU2/C3のスペック

液晶 13.3型(フルHD、ノングレア)
サイズ W309 × D212 × 厚さ15.5mm
重さ 約698~934g(構成によって異なります)
CPU Core i3-8145U / Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 約11.5~24時間

今回のレビュー機のスペックは、Core i7、メモリ16GB、512GB SSDです(型番:FMVWC3U28L)。

 
↓目次で、ある程度の内容がご確認いただけます(クリックすると、その項目に飛びます)。

★おすすめポイント・特徴をくわしく解説!★

▶重さの実測:694グラム。本当に軽い!

このLIFEBOOK WU2/C3は、世界最軽量698g~のノートパソコンです

※13.3型ワイド液晶搭載ノートPCとして世界最軽量。2018年10月1日現在、富士通クライアントコンピューティング調べ。

今回のレビュー機のうちブラックの方は、世界最軽量モデルです。実際に測ったところ、本体は「694グラム」でした。

富士通 LIFEBOOK WU2/C3 の重さ実測

さすが世界最軽量。超軽量です。

富士通 LIFEBOOK WU2/C3を持っていただいているところ

▲小柄な女性でもラクラク持てます

「オモチャなんじゃないか?」と思ってしまう人もいるくらい軽いです。

「外出先へ持っていくのもおっくうに感じないので、作業時間を増やせそう」

と感じました。

※重さについての補足事項

「世界最軽量モデル」はピクトブラックのみ

LIFEBOOK WU2/C3には「世界最軽量モデル」と「軽量モデル」がありますが、世界最軽量は本体カラーが「ピクトブラック」のみです。

これは「塗装の違いにより重さに差が出てしまうため」とのこと。

ただ、他の2色も約747g~なので、まだまだ世界トップクラスに軽いです。

「50Whバッテリー」を選択すると200gほど重くなる

LIFEBOOK WU2/C3は、カスタマイズ注文するときに、「25Whバッテリー」か「50Whバッテリー」かを選択することができます。

50Whバッテリーを選択すると、バッテリー駆動時間は長くなりますが、本体の重量は200gほど重くなります。

■25Whバッテリー

  • 本体重量:約698g~
  • バッテリー駆動時間:最大約11.5時間

■50Whバッテリー

  • 本体重量:約915g
  • バッテリー駆動時間:最大約24時間

注意点は、「タッチ対応液晶」を搭載にすると、50Whバッテリーを選ぶ必要があるということです。

ACアダプターの重さ

ACアダプターの重さは「208グラム」なので、本体と合わせると合計902グラムです。

富士通 LIFEBOOK WU2/C3のACアダプターの重さ:実測

▶軽量・コンパクトでもインターフェイスは充実

LIFEBOOK WU2/C3は、世界トップクラスに軽量なモデルですが、だからといって軽量化するためにインターフェイスの数が削られているようなことはありません。

インターフェイスは充実しています。

(ちなみに、前モデルよりも重量が軽いにも関わらず、USB3.1 Type-Cコネクタが1つ増えています。)

ノートパソコンによっては、13インチのモデルでもインターフェイスが少ないものもあるので、ここは重要なところです。

左右側面とインターフェイス

■左側面

左側面

左側面のアップ

インターフェイスは左から、

  • DC-INコネクタ
  • USB3.1 Type-C(Gen2)コネクタ
  • USB3.1 Type-C(Gen1)コネクタ
  • HDMI 出力端子
  • USB3.0 Type-A コネクタ(電源オフUSB充電機能対応)
  • マイク・ラインイン/ヘッドホン・ラインアウト/ヘッドセット 兼用端子
■右側面

右側面

右側面のアップ

インターフェイスは左から、

  • SDカードスロット
  • USB3.0 Type-A コネクタ
  • LAN コネクタ
  • 盗難防止用ロック取り付け穴

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」を公式サイトで見てみる

▶キーボード

硬さもほどよく、ストレスなくタイピングできる

キーボードを真上から撮った画像

▲かな表記なしキーボード(ピクトブラック) ※クリックで拡大

富士通 LIFEBOOK WU2/C3のキーボード:ガーネットレッド

▲キーボード(ガーネットレッド) ※クリックで拡大

キーがほどよい硬さでタイピングしやすいです。

キーボードの右下のスペースを広げて、矢印キーを打ちやすく作ってあるのもよいところです。

おかげで、矢印キーがストレスなく使えます。

エンターキーやバックスペースキーなど、端の方にあるのに使用頻度が高いキーを大きめに作ってあるのもグッドです。

指先がキーにフィットし、タイピングしやすい

LIFEBOOK WU2/C3のキーボードは、ボタンの表面が球面になっています(球面シリンドリカルキートップ)。

富士通 LIFEBOOK WU2/C3の球面シリンドリカルキートップ

指先がキートップにフィットしやすくなっており、打ち心地がよいです。

キーボードにタワミは感じません。安定感があります。

キーの場所によって重さが異なる設計により、軽やかにタイピングできる

LIFEBOOK WU2/C3のキーボードは、キーの場所によって重さが異なるように設計されています

主に小指でタイピングすることが多いキーが、軽いタッチでタイピングできるようになっています(例えば、エンターキー、矢印キー、Tabキーなど外側にあるようなキー)。

このおかげで、軽い力でスムーズなタイピングがしやすいです。

キートップの文字表記が大きく、視認性が高い

ガーネットレッドのキーボードのアップ

▲かな表記ありのキーボード(ガーネットレッド)

アルファベットが大きく表記されているので、どこにどのキーがあるのか視認性が高いです。

逆に、それがダサく感じる人もいるかもしれません。

ちなみに、カスタマイズ注文で、ピクトブラックのみ「かな表記なし」のキーボードを選ぶこともできます(※有料オプションです)。

かな表記なしのキーボードのアップ

▲かな表記なしのキーボード(ピクトブラック)

 
パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

わたしは、少し手が大きめなのですが、パームレストに狭苦しさはありません。

13.3インチのノートパソコンなので、パームレストは十分な広さでした。

タイピング音もうるさくない

キーボードのタイピング音は、コトコトいう感じの音です。無音ではありませんが、タイピング音はそれほど大きくありません。

スペースキーも小さめに作られているので、ガチャガチャいわず静かです。

フルサイズキーボードとサイズを比較

フルサイズのキーボードと比較してみました。

フルサイズのキーボードとの比較

タッチパッド

タッチパッドは、左右のボタンに分かれてないノートパソコンも多いですが、しっかりと左右のボタンが搭載されています。

タッチパッド

ボタンが、左クリックボタンと右クリックボタンに分かれているので、「右クリックしたつもりなのに、右クリックにならずイライラ」みたいな誤操作も減らせます。

タッチパッドの操作性は、普通によいです。

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」を公式サイトで見てみる

★その他の点も解説★

▶外観

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」のボディカラーは、

  • ピクトブラック
  • ガーネットレッド
  • アーバンホワイト

の3色展開です。

今回は「ピクトブラック」と「ガーネットレッド」の外観をご紹介します。

鮮やかなガーネットレッド、落ち着いた雰囲気のピクトブラック

ガーネットレッドは、キーボード面まで赤くて存在感があります。

ガーネットレッドの斜め正面からの画像

▲ガーネットレッド

富士通 LIFEBOOK WU2/C3の外観。斜め上からのカッコいいアングル

▲ピクトブラック

鮮やかなガーネットレッド

ガーネットレッドは、前モデルよりも少し鮮やかな赤になりました。

ガーネットレッドの天板

ガーネットレッドのロゴのアップ

落ち着いたデザインのピクトブラック

LIFEBOOK WU2/C3の外観 ピクトブラック天板側から斜め上

天板ロゴのアップ

 
折りたたんだ様子を斜め上から

 
ゴム足は、めちゃくちゃグリップ力が高いわけではないです。

本体底面

しかし、軽いノートPCではありますが、タイピングしているときに不用意に本体が動いてしまうことはありませんでした。
 

液晶を開けるところまで開いてみました。ほぼ180度開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

パームレストのアップ

フルHD画質のWEBカメラ(約207万画素)も搭載。

 WEBカメラ

電源ボタンは、キーボードの右上にあります。

電源ボタン

なお、前モデルでは搭載していた「指紋認証センサー」は非搭載になりました。

▶CPU、SSDの性能チェック

CPUの性能は高い

今回のレビュー機のCPUは「インテル Core i7-8565U プロセッサー」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストの数値は、8789という高い数値が出ました。

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果

ビジネス用途などでは、十分すぎるほどの性能です。サクサク仕事ができそうです。

SSDのデータ転送速度も爆速

ストレージの転送速度

高速なNVMe対応PCIe接続のSSDなので、データ転送速度はかなり速いです。

SSD情報

 SSDメーカー情報

東芝製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

専用グラフィックスは搭載していないので、動画編集などには向かない

CPUも高性能ですし、SSDも速いのですが、NVIDIA GeForceなどの専用グラフィックスは搭載していません。

そのため、動画編集や3Dゲームができないわけではありませんが、それらの用途にはあまり向いていません。

▶スピーカー

Waves社のMaxxAudioを搭載しているが、もう少し音抜けが欲しいと感じることも

「富士通 LIFEBOOK WU2/C3」は、WAVES(ウェーブス)社のMaxxAudioを搭載しています。

WAVESは、プロ向けの音楽制作用プラグイン・エフェクトを開発しているメーカーです。

富士通 LIFEBOOK WU2/C3のスピーカー

前モデルよりも、スピーカーサイズが少し大きくなっており、音質が向上しています。

音源によってはもう少し音抜けが欲しいと感じることもありましたが、底面にある小さめのスピーカーにしては、頑張っている音質だと思います。

▶液晶ディスプレイ

色の鮮やかさや視野角をチェック

視野角をチェックしてみます。結論から言うと、視野角は広いです。

液晶ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から角度をつけて見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から角度をつけて見たところ

ノングレア液晶なので映り込みしにくい

「富士通 LIFEBOOK WU2/C3」の液晶は、ノングレア(非光沢)液晶なので、光の映り込みはしにくいです。

ディスプレイの光の映り込み具合

作業中に光が反射してチラついたりしないので、実用的です。目にも優しく感じます。

▶静音性のチェック

普段はとても静かだが、負荷がかかると排気音が大きくなるときも

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

それほど負荷がかかっていない状態では、ほぼ無音でした。

わざと大きく負荷をかけたところ、「シューー」と排気音がなり「54db」を越えるくらいの音が出ました。

排気音が大きくなったときのdb数

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

図書館など静かな場所で大きな負荷がかかると、ちょっと気になるかもしれません。

排気音自体は「キュイーン」という感じの高い音ではないので、カフェなどでは、周りの音にかき消されるのではないかと思います。

▶サイズ

A4サイズよりも少しだけ大きい程度のサイズ

A4用紙とのサイズ比較です。

 A4用紙とLIFEBOOK WU2/C3の大きさの比較

A4サイズよりも幅が1.2センチほど大きいです。ビジネスバッグでも持ち運びしやすいでしょう。

▶付属品

付属品の一式です。ACアダプター、取扱説明書などが付属します。

付属品の画像

マウスは別売りです。

▶「富士通 LIFEBOOK WU2/C3」のレビューまとめ

富士通 LIFEBOOK WU2/C3の外観 見映え

「富士通 LIFEBOOK WU2/C3」のレビューのまとめです。

    ■「富士通 LIFEBOOK WU2/C3」のおすすめポイント・特徴

  • 世界最軽量の698g~という軽さ(この実機の実測値は694グラム!持ってみると、やっぱり軽い!)
  • 富士通 LIFEBOOK WU2/C3の重さ

  • 軽量・コンパクトでもインターフェイスは充実
  • 富士通 LIFEBOOK WU2/C3のインターフェイス

  • キーボードが打ちやすい
  • キートップの凹み

  • 「かな表記なし」のキーボードも選択できる(※本体カラーがブラックのみ。有料オプション)
  • かな表記なしキーボード

    ■注意点など

  • 世界最軽量モデルは本体カラーが「ピクトブラック」のみ(塗装の関係上。他のカラーは50グラム程度重くなります)
  • 「タッチ対応液晶」を搭載させる場合、50Whバッテリーを選ぶ必要があるため、236gほど重くなります(50Whバッテリー搭載でも約915g~なので、やはり軽いですが)

富士通LIFEBOOK WU2/C3は、世界最軽量~という軽さが、やはり一番の魅力です。

本当に軽くて、外出先へ持っていくのもおっくうに感じないので、作業時間が増やせそうに思います。

キーボードも打ちやすいので、タイピングすることが多い方にもオススメです。

「軽くてキーボードの打ちやすいノートパソコン」をお探しでしたら、建前なしでおすすめです。

▶LIFEBOOK WU2/C3を安く買える!【シークレットクーポン】のお知らせ!

LIFEBOOK WU2/C3をお得に買えるシークレットクーポンを、メーカーの方から発行していただけましたので、ぜひご利用ください。

■クーポン有効期間
2019年7月10日 14:00までの予定

■LIFEBOOK WU2/C3用クーポン
GRM117LSJ
特別割引率:27%

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」を公式サイトで見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ