マウスコンピューター「mouse F5-i5」の実機レビュー!幅広いカスタマイズ性の15.6型ノート!(F5シリーズ)

マウスコンピューター mouse F5シリーズのメイン画像

「マウスコンピューター mouse F5シリーズ」の実機レビューです。

なお、レビュー機はメーカーからの貸出品です。
※貸出品であっても、レビューはデメリットも含めて誠実に行います。

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

ここだけご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

    ■おすすめポイント・特徴

  • 高いカスタマイズ性
  • OS、メモリ、ストレージ、光学ドライブ、LTE、高速Wifiなどのカスタマイズが可能。

  • LTE通信モジュールをカスタマイズで追加可能
  • デュアルストレージ対応
  • HDDを追加してデュアルストレージ(ストレージ2つ搭載)にカスタマイズ注文できます。
    ※Celeron搭載モデルは、デュアルストレージにできません。

  • インターフェイスが充実
  • D-Sub端子も搭載。ただし、USB Type-Cは1つのみ。

  • モバイルバッテリーでの充電もできる
  • 40W出力のモバイルバッテリーで充電できました。
    ※モバイルバッテリーの出力によっては、充電できない可能性もあります。

  • 24時間365日のサポート付き

    ■注意点など

  • 縦方向の視野角があまり広くない
  • ▲縦方向に角度をつけて見ると、少し白飛びして見えます。

  • テンキー搭載だが3列テンキー

マウスコンピューター「mouse F5シリーズ」を公式サイトで見てみるicon
 


■mouse F5シリーズのスペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 15.6インチ フルHD(1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Celeron 4205U / Core i3-8145U / i5-10210U / i5-8265U / i7-8565U
メモリ 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ SSD:240GB~1TB
※カスタマイズでHDDを追加してデュアルストレージも可能(Celeron搭載モデルを除く)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 610 / 620
サイズ 約361×256×24.1mm (折り畳み時 / 突起部含まず)
重量 約2.1kg

※2020年3月30日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

■今回のレビュー機のスペック
mouse F5-i5「Core i5-8265U、メモリ8GB、256GB SSD、フルHD(型番:F5-i5WHLAB)」

―― 使いやすさのチェック ――

▶キーボード

キーボード
▲タップ(クリック)で拡大

キーストローク(キーが沈む距離)は約1.8ミリあり、打鍵感はしっかりあります。

やや硬めのタイピング感です。

テンキーが3列キーなのは残念ではありますが、テンキーがないよりはいいのかもしれません(好みによります)。

矢印キーが小さめなのは残念ですが、Shiftキーを押しておくことで、テンキーで矢印キー代わりの操作もできます。

キートップ(キーの表面)はほぼフラットです。

キートップのアップ画像

キーボードを斜め上からアップ

キーピッチ(キーとキーの間隔)はタイピングしやすいと言われる約19ミリあります。

キーピッチ

▼15.6型のノートPCなのでパームレストは十分な広さ。

パームレストに手をのせたところ

なお、キーボードのバックライトは非搭載です。

デスクトップPC用キーボードとの比較

デスクトップPC用キーボードとの比較です。

デスクトップPC用キーボードとの比較

タッチパッド

タッチパッドの下側に左右ボタンが付いているタイプです。

タッチパッド

個人的には、このようにタッチパッドにボタンが付いている方が、使いやすくて好みです。

ボタンを押したときのカチカチ音は、小さめ。

なお、Fn+F1キーでタッチパッドの無効・有効を切り替えできるので便利です。

▶スピーカー

底面にスピーカーを搭載。

マウスコンピューター mouse F5シリーズのスピーカー

スピーカーの音質は、音源によっては「もう少し音抜けが欲しい」と感じることもありましたが、作業しながら音楽を楽しめるくらいの音質はあると思います。

底面のスピーカーなので、やわらかい場所に置くと音がこもるので注意が必要です。

きちんと跳ね返りのある硬い場所に置くのがよいです。

▶液晶ディスプレイ

視野角をチェックすると、横から見ると少し暗くなり、上から見ると少し白飛びします。

一人で使う分には、問題ありません。

液晶ディスプレイ 正面

▼横から角度をつけて見たところ。

視野角チェック 横から見たところ

複数人でのぞき込んで使うのには向いていません。
 

▼上から角度をつけて見たところ。

ひざに載せて使う場合は、ディスプレイを垂直より傾けないと、少し白飛びして見えてしまいます。

mouse F5-i5を膝にのせているところ

くっきり見やすい角度までディスプレイを傾けると、膝のラインからディスプレイがはみ出すので、電車内などで使うのには向いてないと感じました。

(と言っても、このサイズのノートパソコンを電車内で使う方は、あまり多くないかもしれませんが)

色域

色域

■カバー率

sRGB 63%
Adobe RGB 47%

※あくまで当方で測定した数値ですので、環境や測定機器によって違いが生じる可能性はあります。

色域はあまり広くありません。

ノングレア液晶なので、写り込みしにくい

マウスコンピューター mouse F5シリーズのディスプレイは、ノングレア(非光沢)液晶なので、写り込みしづらいです。

作業中に光が反射してチラついたりしにくいので、実用的です。

ディスプレイの光の写り込み具合

▶バッテリー駆動時間のチェック

タイピングとネット閲覧での使用を想定して、バッテリー駆動時間を計測しました。

■バッテリー駆動時間の実測

ネット閲覧とテキスト打ちに使用
(負荷:軽)
5時間10分
PCMark 8 HOME
(負荷:中)
3時間16分
※バッテリー残量が20%を切るまでの時間
30分で充電できたバッテリー量 約33%

※ディスプレイの明るさ:80%で測定しています。もっとディスプレイをもっと暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

測定条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■バッテリー駆動時間の測定条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 HOME」の項目について

ソフトウェア「PCMark 8」でのバッテリー駆動時間の測定テストです。
ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなど、バッテリー駆動時間に影響の大きい動作テストも含まれています。

ディスプレイサイズが大きいほどバッテリーを消耗しやすくなります。

15.6型ディスプレイでこのバッテリー駆動時間は悪くないです。

▶静音性のチェック

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から測定。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を本体に触れるくらいに近づけると、ジジジと小さく音が聞こえる程度
ベンチマークテスト時 最大44db前後

※アイドル時はほぼ無音でしたが、カスタマイズでセカンドストレージとしてHDDを追加した場合は、HDDの動作音が聞こえるかもしれません。

ファンがフルで頑張り出しても、サイズのわりにそれほどうるさくない印象を受けました。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4用紙とのサイズ比較です。

 A4用紙とmouse F5シリーズの大きさの比較

mouse F5シリーズの薄さ

A4サイズ 297 × 210mm
mouse F5シリーズ 約361×256mm(×厚さ24.1mm(突起部含まず))

幅×奥行きがA4サイズよりもわりと大きいので、持ち運びには、15.6型ノートに対応したリュックやバッグがあった方がよさそうです。

脇にかかえて持っているところ

▶重さの実測:1,998グラム

重さを測っているところ

本体 約1,998g
ACアダプター+電源ケーブル 約217g

15.6型のノートパソコンとしては標準的な重さです。

ACアダプターが軽いのは嬉しいポイント。

▼ちなみに、40W出力のモバイルバッテリーでも充電できました。

※モバイルバッテリーによって充電できない場合もあるかもしれません。

▶インターフェイス

■右側面

右側面

① ヘッドホン出力 / ヘッドセット端子
② マイク入力
③ USB2.0 (Type-A)
④ USB2.0 (Type-A)
⑤ DVDスーパーマルチドライブ
⑥ セキュリティスロット

右側面のUSBが3.0だったら嬉しかったですね。

光学ドライブは、カスタマイズでブルーレイディスクドライブに変更もできます。

逆に、「光学ドライブなし」にして価格と重量をおさえることも可能です。

■左側面

左側面

① 電源端子
② ネットワーク (LAN) 端子
③ D-Sub
④ USB3.1 (Type-C)
⑤ HDMI
⑥ USB3.0 (Type-A)
※USB Power Delivery対応。Celeronプロセッサー搭載モデルの場合はUSB3.0

■前面

SDカード差しているところ

前面にSDカードリーダーを搭載。
 

右側面のUSBが3.0ではなく2.0なのは残念なところではありますが、インターフェイスは充実しています。

マウスコンピューター「mouse F5シリーズ」を公式サイトで見てみる

―― 処理性能のチェック ――

▶CPUの性能チェック

今回のレビュー機のCPUは「インテル Core i5-8265U プロセッサー(1.6-1.8GHz)」です。

CPUMark

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果:7643

PassMarkでの同CPUの平均値6478よりも高い数値なので、CPUのパフォーマンスはしっかり出ています。
※2020年3月30日現在の数値

「マウスコンピューター mouse F5シリーズ」は、モデルによってCPUが5種類あるので、他4つのCPUの参考値ものせておきます。

■CPUMark参考値

Celeron 4205U 1309(参考値)
Core i3-8145U 4066(参考値)
Core i5-8265U 6478(参考値)
Core i5-10210U 7000(参考値)
Core i7-8565U 6692(参考値)

※PassMarkでの2020年3月30日現在の平均値です。mouse F5シリーズの実機で計測した場合と、数値が大きく異なる可能性もあります。

Core i5-10210U もCore i7-8565Uも4コア8スレッドなので、性能重視で選ぶなら、私なら Core i5-10210U を選びたいです。

CINEBENCH R20

 CINEBENCH R20のテスト結果

マルチコア 1165
シングルコア 395

Core i5であれば、ビジネス系のソフトなら余裕でこなせる性能です。

画像編集なども(よほどヘビーな使い方でない限りは)ある程度できと思います。

▶SSDのデータ転送速度

ストレージの転送速度

SATA接続のSSDなので、SSDとしてはデータ転送スピードがとくに速いわけではありませんが、HDDよりは明らかに速いです。

個人的には、カスタマイズでM.2 PCI Express接続のSSDへの変更がオススメです。

SSD情報

 SSD情報

A-DATA(エーデータ)製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

グラフィックス性能

インテル Core i5-8265U搭載モデル(グラフィックス:インテル UHD グラフィックス 620)のグラフィックス性能をチェックしました。

3DMarkのスコア
Fire Strike 972
Time Spy 414

ゲーミングPCなどと比べると、高い数値ではありません。

ドラゴンクエストX ベンチマーク
標準品質
(1920×1080)
3778 普通
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
1920×1080 標準品質(ノートPC) 1497 設定変更が必要

というわけで、動画編集や3Dゲームをするのには向いていません。

ドラゴンクエストXなどの軽い3Dゲームなら遊べそうです。

マウスコンピューター「mouse F5シリーズ」を公式サイトで見てみる

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

ブラックの落ち着いた外観です。

マウスコンピューター mouse F5シリーズの外観。斜め上からのカッコいいアングル

派手さはありませんが、直線的でムダな装飾が少ないルックスです。

天板は、mouseロゴだけのシンプルなデザイン。

mouse F5シリーズの外観 天板側から斜め上

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

ディスプレイを開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

パームレストのアップ

 

100万画素のWebカメラも搭載。

 Webカメラ

▶付属品など

付属品一式です。

付属品の画像

ACアダプター、電源ケーブル、サポートマニュアル、保証書などが付属。

▶マウスコンピューター「mouse F5シリーズ」のレビューまとめ

「マウスコンピューター mouse F5シリーズ」のレビューのまとめです。

マウスコンピューター mouse F5シリーズの外観 見映え

一人で使うのでしたら問題ありませんが、縦方向の視野角があまり広くないので、複数人でのぞき込んで使ったり、電車の中での使用などには向いていません。

しかし、

  • ブルーレイディスクドライブ
  • LTE通信モジュール
  • 大容量SSD
  • デュアルストレージ

など、好みに応じて幅広くカスタマイズできるのはBTOパソコンならではの魅力です。

大きめの15.6型ノートでありながら、モバイルバッテリーで充電できるのもメリットです。

マウスコンピューターのパソコンには、24時間365日のサポートが付いてくるので、初心者の方にもオススメですよ。

マウスコンピューター「mouse F5シリーズ」を公式サイトで見てみる
 

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

サブコンテンツ

このページの先頭へ