Surface Book 3の実機レビュー!性能高くペンも描きやすいクリエイター向けSurface!

マイクロソフト Surface Book 3のメイン画像

「マイクロソフト Surface Book 3」の実機レビューです。

「13.5インチモデル」と「15インチモデル」の両モデルを交えてレビューをお届けします。

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

ここだけご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

    ■おすすめポイント・特徴

  • 複数のモードで使える
  • キーボードを取り外してタブレットとしても使える
  • アクティブペンに対応!図やイラストを描ける
  • NVIDIA GeForce搭載モデルもあり
  • 13.5型と15型の2モデルあり

    ■注意点など

  • キーボードを取り外した場合、NVIDIA GeForceの恩恵は受けられない
  • ▲NVIDIA GeForceは、キーボード部に搭載(NVIDIA GeForce搭載モデルの場合)。

  • Surfaceペンは別売り
  • グレア(光沢)液晶なので、好みが分かれる
  • ▲グレア(光沢)液晶なので鮮やかですが、写り込みはしやすいです

    ■その他、ひとこと

  • メーカーページの写真は英語キーボードですが、出荷製品は日本語キーボードのモデルです。
  • Office Home and Business 2019付き

>> マイクロソフト Surface Book 3を公式サイトで見てみる <<icon

▶ マイクロソフト Surface Book 3を公式サイトで見てみる


■13.5インチモデルのスペック

OS Windows 10 Home
ディスプレイ 13.5型 タッチ対応、PixelSenseディスプレイ(解像度3000×2000)、縦横比3:2
CPU インテル Core i5 1035G7 / i7-1065G7
メモリ 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ 256GB / 512GB / 1TB
グラフィックス Core i5モデル:インテル Iris Plus
Core i7モデル:NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q Design(4GB)
サイズ 約312×232×15(最薄部)-23(最厚部)mm
※Core i5モデルは、最薄部13mm
重量 約1,534~1,642g
その他 Office Home and Business 2019付き

※2020年8月6日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

■15インチモデルのスペック

OS Windows 10 Home
ディスプレイ 15型 タッチ対応、PixelSenseディスプレイ(解像度3240×2160)、縦横比3:2
CPU インテル Core i7-1065G7
メモリ 16GB / 32GB
ストレージ 256GB / 512GB / 1TB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1660 Max-Q Design(6GB)
サイズ 約343×251×15(最薄部)-23(最厚部)mm
重量 約1,905g
その他 Office Home and Business 2019付き

※2020年8月6日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

■今回のレビュー機のスペック

  • 13.5インチモデル「Core i7 -1065G7、メモリ16GB、256GB SSD、GeForce GTX 1650 Max-Q Design」
  • 15インチモデル「Core i7 -1065G7、メモリ32GB、512GB SSD、GeForce GTX 1660 Max-Q Design」

―― 使いやすさのチェック ――

▶「マイクロソフト Surface Book 3」の4つのモード

「マイクロソフト Surface Book 3」は、4つのモードに切り替えて使えます。

シーンに合わせて使うと、より便利にSurface Book 3を使えます。

スタンダードなノートパソコンとして

ラップトップモード

Surface Book 3は、キーボードの取り外しが可能ではありますが、ヒンジ部がしっかりしており、ノートパソコン形態でも安定感があります。

画面が見える側に折りたたんでタブレット風に

画面が見える側に折りたたんで使うこともできます。

スタジオモード

前モデルではスタジオモードと呼ばれていました。

このモードにするには、一度ディスプレイを取り外し、横に180度回転させてキーボードへ取り付けする必要があります。

Surfaceペンで絵を描いたりするのに便利なモードです。

ディスプレイを前面に

ディスプレイが手前にくるようにすることもできます。

ビューモード

2in1ノートだと、スタンドモードと呼ばれたりするモードです(前モデルSurface Book 2では、ビューモードと呼ばれていました)。

Surfaceペンを使うときに、ディスプレイにゆるく角度をつけるのにも、このモードが重宝します。

キーボードを外してタブレットとして

キーボード部分は取り外しが可能なので、タブレットとしても使えます。

なお、タブレット側にはUSB端子がないので、タブレットのみではUSBは使えません。

また、NVIDIA GeForce搭載モデルについては、キーボード側にNVIDIA GeForceが内蔵されているので、タブレットのみだとNVIDIA GeForceの恩恵は受けられません。

ちなみに、キーボードはBluetooth接続ではないので、取り外すとキーボードでの操作はできなくなります。

タブレットとキーボードのドッキングは、磁石で誘導されるので、スムーズにドッキングしやすく設計されています。

▶Surfaceペンでイラストも描ける

Surface Book 3は、Surfaceペンに対応しているので、ペンでイラストを描いたりもできます。

※Surfaceペンは別売りです。

▲Surfaceペン

ペンの精度も高く、ズレも気にならず、グリップもほどよく利いて描きやすいです。

CLIP STUDIO PAINTでの描き心地チェック

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での描き心地をチェックしてみました。

ズレも気にならず描きやすかったです。

画面はツルツルしているのですが、ペンのグリップはわりと利きやすいです。

4096段階の筆圧検知のペンなので、描いた強さで「強弱」も付けられます。

ツール類のウィンドウがある分、描ける範囲が狭くなりますから、なるべく広々とイラストを描きたい場合は、15インチモデルを選ぶといいかもしれません。

とは言っても、13.5インチモデルでも、ディスプレイサイズはまずまずの広さはあると感じました。

▶キーボード

Surface Book 3の日本語キーボード
▲タップ(クリック)で拡大

上の画像は13.5インチモデルですが、15インチモデルも、キーボード周りのスペースが広いだけで、キーボード自体は同じです。

ストローク幅(キーが沈み込む距離)は、深くはないですが、浅くもなく、ノートパソコンとしてはまずまずあります。

「BackSpaceキー」と「矢印キーの上下」が小さいのは残念ですが、それ以外はおおむねバランスよいキー配列になっていると思います。

右上(Delキーの左側)に取り外しボタンがありますが、長押ししなければ反応しないので、ミスタイプで押してしまっても、とくに問題はありません。

▼キートップ(キーの表面)はゆるやかな球面になっていて、タイピングしやすくなっています。

キートップのアップ画像

▲キートップに光をあてて凹みのラインを出したところ

デスクトップPC用キーボードと比べると、若干コンパクトかな?程度。

デスクトップPC用キーボードとの比較

▲デスクトップPC用キーボードと比較したところ

▼パームレストは十分な広さ。

パームレストに手をのせたところ

キーボードバックライトを搭載

キーボードのバックライトは、F1キーでオン・オフができます。明るさは3段階で調整可能。

キーボードのバックライト

タッチパッド

タッチパッド

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、やや大きめです。

▶スピーカー

ディスプレイの左右にスピーカーが搭載されています。

マイクロソフト Surface Book 3のスピーカー

このサイズのスピーカーなので、低音に迫力はありません。

しかし、高音の抜けはよく、左右にスピーカーがついているので音の広がりも感じられ、バランスのよい音でした。

キーボード部分にはスピーカーは付いていないので、タブレットのみでも同じサウンドが楽しめます。

▶ディスプレイ

タッチ対応ディスプレイです。

アスペクト比(縦横比)が3:2なので、一般的な16:9のディスプレイと比べると縦幅の比率が少し大きいです。

それゆえ、一般的なディスプレイのノートパソコンと比べると、より縦に広くディスプレイを使えます
※ディスプレイの横幅が同程度の場合

ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

角度をつけても若干暗くなる程度で、白飛びして見えづらくなったりはしませんでした。

高品質な液晶を搭載しているのがうかがえます。

なお、ディスプレイのリフレッシュレートは60Hzです。

色域

色域

■カバー率

sRGB 94%
Adobe RGB 72%

※あくまで当方で測定した数値ですので、環境や測定機器によって違いが生じる可能性はあります。

なかなかの広さの色域をカバーしています。

グレア(光沢)液晶なので写り込みはしやすい

マイクロソフト Surface Book 3のディスプレイは、鮮やかで綺麗ではありますが、グレア(光沢)液晶なので写り込みしやすいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

WordやExcelなど背景が白いアプリケーションを使うときは、あまり気にならないと思いますが、
背景がダークカラーのアプリケーションを使うときは、写り込みが気になることもあるかもしれません。

▶バッテリー駆動時間

「バッテリー側」と「キーボード側」それぞれにバッテリーが搭載されているようです。

以下ではキーボード接続時のバッテリー駆動時間をのせています。

■13.5インチモデル

メーカー公表値 最大15.5時間
ネット閲覧とテキスト打ちに使用
(負荷:軽)
9時間29分
PCMark 8 WORK
(負荷:中)
6時間47分
※バッテリー残量が20%を切るまでの時間
30分で充電できたバッテリー量 約24%

■15インチモデル

メーカー公表値 最大17.5時間
ネット閲覧とテキスト打ちに使用
(負荷:軽)
7時間9分
PCMark 8 WORK
(負荷:中)
6時間20分
※バッテリー残量が20%を切るまでの時間
30分で充電できたバッテリー量 約27%

※いずれもディスプレイの明るさ:80%で測定しています。ディスプレイをもっと暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

測定条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■「ネット閲覧とテキスト打ちに使用」のバッテリー駆動時間 測定条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 WORK」の項目について

ソフトウェア「PCMark 8」でのバッテリー駆動時間の測定テストです。
ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなど、バッテリー駆動時間に影響の大きい動作テストも含まれています。

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から測定。

■13.5インチモデル

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大44db前後

■15インチモデル

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大47db前後

アイドル時はほぼ無音です。

図書館など静かな場所で大きなファン音がなった場合、多少気になるかもしれませんが、
大きな負荷がかかる作業をしていなければ、ファン音が気になるケースはあまりないと思われます。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

▲13.5インチ(左)と15インチ(右)

A4用紙とSurface Book 3の大きさの比較
 ▲13.5インチモデルとA4用紙とのサイズ比較


 ▲15インチモデルとA4用紙とのサイズ比較

A4サイズ 297×210mm
13.5インチモデル 約312 × 232mm(× 厚さ15(最薄部)-23mm(最厚部)
15インチモデル 約343 × 251mm(× 厚さ15(最薄部)-23mm(最厚部)

13.5インチモデルの幅×奥行きは、A4サイズより少し大きいですが、標準的な大きさのビジネスバッグにも入りました。

ビジネスバッグに入れているところ

▲13.5インチモデルをビジネスバッグに入れたところ

脇にかかえて持っているところ

▲13.5インチモデルを持ったところ

▼一方、15インチモデルは、標準的な大きさのビジネスバッグにギリギリ入るくらいで、余裕がありません。

▲15インチモデルをビジネスバッグに入れたところ

▶重さの実測

13.5インチモデル

重さを測っているところ

本体+キーボード 約1640g
本体(キーボードなし) 約714g
ACアダプター+電源ケーブル 約390g

13.5型のノートパソコンとしては、軽量ではないです。

15インチモデル

本体+キーボード 約1909g
本体(キーボードなし) 約817g
ACアダプター+電源ケーブル 約464g

▶インターフェイスなど

■右側面

右側面

① 3.5mmヘッドホンジャック
② USB 3.1 Gen 2 Type-C (USB Power Delivery対応)
③ Surface Connect ポート

■左側面

左側面

① USB 3.1 Gen 2
② USB 3.1 Gen 2
③ フルサイズSDXCカードリーダー

■上側面

① 音量ボタン
② 電源ボタン


インターフェイスは多くはないです。

ちなみに、USB Type-C端子に外付けモニターを接続して、デュアルディスプレイにできました。

モバイルバッテリーからの充電

13.5インチモデルと15インチモデル、いずれもUSB Type-C端子からSurface Book 3側へ充電できました。

※ちなみに、今回は45W出力のモバイルバッテリーから充電しましたが、どのくらいの出力のモバイルバッテリーから充電できるのかは未確認です。

マイクロソフト「Surface Book 3」を公式サイトで見てみるicon

―― 処理性能のチェック ――

▶CPU性能

今回のレビュー機のCPUは「インテル Core i7-1065G7 プロセッサー(1.3-1.5GHz)」です。

ちなみに、13.5インチモデルには、Core i5-1035G7搭載モデルもあります。

15インチモデルは、すべてCore i7-1065G7搭載です。

CPUMark

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果:11273

PassMarkでの同CPUの平均値9002よりも高い数値なので、CPUのパフォーマンスはしっかり出ています。
※2020年6月25日現在の平均値

CINEBENCH R20

 CINEBENCH R20のテスト結果

マルチコア 1607
シングルコア 464

ビジネス用途はもちろん、クリエイティブな用途にも使えるCPU性能です。

▶SSDのデータ転送速度

ストレージの転送速度

PCIe3.0×4のSSDとしては、もう少しスピードが出てもいい気がしますが、
それでもノートパソコン全体で考えるとデータ転送速度自体は高速です。

SSD情報

 SSD情報

東芝メモリ製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

▶グラフィックス性能

■レビュー機のグラフィックス

13.5インチモデル GeForce GTX 1650 Max-Q Design
15インチモデル GeForce GTX 1660 Max-Q Design

※13.5インチモデルは、他にインテル Iris Plus グラフィックスのモデルもあります。

動画エンコード時間の比較

■5分の4K動画をフルHDに書き出す時間

13.5インチモデル 9分56秒
15インチモデル 8分26秒

動画変換ソフト「HandBrake」を使用。

3DMarkのスコア

■13.5インチモデル

Fire Strike 6889
Time Spy 3117

■15インチモデル

Fire Strike 11225
Time Spy 5002
ドラゴンクエストX ベンチマーク

■13.5インチモデル

標準品質(1920×1080) 8984 とても快適
最高品質(1920×1080) 8912 とても快適

■15インチモデル

標準品質(1920×1080) 9050 とても快適
最高品質(1920×1080) 9010 とても快適
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク

■13.5インチモデル

標準品質(1920×1080、ノートPC) 11542 非常に快適
高品質(1920×1080、ノートPC) 10345 非常に快適

■15インチモデル

標準品質(1920×1080、ノートPC) 12862 非常に快適
高品質(1920×1080、ノートPC) 11392 非常に快適
FF15

■13.5インチモデル

標準品質(1920×1080) 4426 普通
高品質(1920×1080) 3247 普通

■15インチモデル

標準品質(1920×1080) 6952 快適
高品質(1920×1080) 5286 やや快適

やはりGeForce GTX 1660 Max-Q Design搭載の15インチモデルの方が良好な結果です。

どちらも、FF15など重い部類の3Dゲームでなければ、多くの3Dゲームを遊べるグラフィックス性能がありそうです。

ただし、ディスプレイのフレームレートは60Hzなので、フレームレートを気にされるゲーマーの方には向きません。

マイクロソフト「Surface Book 3」を公式サイトで見てみるicon

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

マイクロソフト「Surface Book 3」のボディカラーは「プラチナ」の1色のみです

ボディには、マグネシウム合金が使われており、チープな感じはまったくありません。

マイクロソフト Surface Book 3の外観。斜め上からのカッコいいアングル

ムダを排除したような洗練されたデザインです。

Surface Book 3の外観 天板側から斜め上

天板には、クロームメッキ加工されたロゴがキラリと光ります。

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

 
本体底面もシンプルに仕上げられており、排気口が見当たりません。

本体底面

ちなみに、排気口はディスプレイ部の側面や、キーボード面に目立たないように配置されています。

 
▼ディスプレイを開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

 
▼5.0メガピクセルのWebカメラ(1080p HDビデオ対応)を搭載。Windows Hello(顔認証機能)対応です。

Webカメラ

▼アウトカメラ(8.0メガピクセル、1080p HDビデオ対応)も搭載。

▶付属品など

付属品一式です。

付属品の画像

  • ACアダプター
  • 電源ケーブル
  • 保証書
  • Office Home & Business 2019プロダクトキー
  • マニュアル

などが付属。

▶マイクロソフト「Surface Book 3」のレビューまとめ

「マイクロソフト Surface Book 3」のレビューのまとめです。

マイクロソフト Surface Book 3の外観 見映え

タブレットとしても、高性能ノートとしても使えるSurfaceです。

Surfaceペンでの描き心地もいいですし、ペンで描きやすい形態にもできます。

価格は安くないですが、グラフィックス性能も高く、ペンも使いやすいので、クリエイターの方にとくにオススメのSurfaceです。

>> マイクロソフト Surface Book 3を公式サイトで見てみる <<

▶ マイクロソフト Surface Book 3を公式サイトで見てみる

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ