レノボ ThinkPad X1 Carbon (2019)の実機レビュー!さすがの完成度!外での作業が多い方・作業スピードアップに貪欲な方に特にオススメ

「レノボ ThinkPad X1 Carbon (2019)」の実機レビューです。

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

これだけ読んでいただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

    ■おすすめポイント

  • ThinkPadならではの存在感のあるデザイン
  • 14インチで約1.1kgの軽さ
  • 14インチのノートパソコンとしては軽量です。

  • タイピングしやすいキーボード
  • キートップに凹みがあり、スムーズにタイピングできます。
    キーストローク(キーの沈み込み)も十分にあります。

  • 作業スピードアップに貢献するトラックポイントやクリックボタン
  • 厳しい品質テストをクリアした堅牢性
  • ディスプレイののぞき見を防止する「ThinkPad Privacy Guard」搭載も選択可能
  • LTE対応も選択可能(カスタマイズにてWWAN対応オプションを選択する必要アリ)
  • ▲背面にSIMカードスロット(nanoSIM)を搭載。

    ■注意点など

  • 天板にカーボンの模様が見えるのは、UHD(4K)ディスプレイのモデルのみです
  • ▲このカーボン模様が見えるのは、UHDディスプレイのモデルのみ

    UHDディスプレイではないモデルでも、天板にカーボンは使われてはいますが、ブラックの塗装がされておりカーボンの格子模様は見えません。

    ※2019年10月27日現在、UHDディスプレイはレノボ公式サイトで販売されていないようです。

    ■その他、ひとこと

  • メーカーページの写真は英語キーボードですが、出荷製品は日本語キーボードのモデルです。
  • ▲出荷製品はこのキーボード(クリックで拡大)

レノボ「ThinkPad X1 Carbon(2019)」を公式サイトで見てみる
 


■ThinkPad X1 Carbon (2019)のスペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

OS Windows 10 Home / Pro
液晶 14型 フルHD / WQHD / 4K、タッチ対応選択可、IPS液晶
CPU Core i5-8265U / i5-10210U / i7-8565U / i7-10510U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:256GB~2TB
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620
サイズ 約 幅323 x 奥行217 x 厚さ14.95mm
重さ 約 1.09kg~
バッテリー駆動時間 最大 約18.9時間
※メーカー公表値

※2019年11月1日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

■今回のレビュー機のスペック
Core i7-8665U、メモリ16GB、512GB SSD、4K(UHD)ディスプレイ

―― 使いやすさのチェック ――

▶キーボード

▲タップ(クリック)で拡大

目で見てわかるくらいにキーに凹みがつけてあるので、非常にタイピングしやすいです。

キートップのアップ画像

ノートパソコンとしてはストローク幅は十分あり、打鍵感もシッカリしています。

最初は、少し硬めのタイピング感という印象でしたが、慣れるととてもタイピングしやすく、スピーディーなタイピングもしやすいです。

キー配列のバランスもよい感じです。かなり配列にこだわって作られていることが伺えます。

矢印キーも独立気味に配置されていて使いやすいです。

▼キーボード中央あたりにあるトラックポイント(いわゆる赤ポチ)をうまく使えば、文章作成などのスピードも上がります。

キーボードを斜め上からアップ

トラックポイントは、ThinkPadならではのメリットです。

デスクトップPC用キーボードとの比較

デスクトップPC用キーボードと比較してみました。

デスクトップPC用キーボードとの比較

キーの大きさやキーピッチは、デスクトップPC用キーボードと比べても遜色ありません。

 
キーピッチ(キーとキーの間隔)は、タイピングしやすいと言われる19ミリに近いキーピッチはありそうです。

 
パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

パームレストは十分な広さがあります。

キーボードにバックライトを搭載

キーボードのバックライト

キーボードのバックライトは、Fn+スペースキーでオン・オフができます。明るさは2段階で調整可能。

タッチパッド

タッチパッドの上側に左右ボタンが付いているタイプです。
(ボタンを使わずに、タッチパッドを押して左クリック・右クリックすることもできます。)

タッチパッド

左右ボタンが付いていた方が、作業効率アップにはいいですし、ここも上位モデルならではの配慮。

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、普通くらいの大きさです。

レノボ「ThinkPad X1 Carbon(2019)」を公式サイトで見てみる

▶スピーカー

キーボード面にツイーター(高音用スピーカー)、底面にウーファー(低音用スピーカー)を搭載。

レノボ ThinkPad X1 Carbon (2019)のスピーカー

高音のキレイな音源を聴くのに向いている印象を持ちました。

本体底面のスピーカー

低音は、一般的なノートパソコンよりは出ている気がします(※ウーファーを搭載といっても、あからさまに低音がズンズン利いた音がでるわけではありません)。

「もう少し音抜けが欲しい」と感じることもありましたが、普通に音楽を楽しめるくらいの音質はあります。

▶液晶ディスプレイ

色がキレイで、文字も読みやすいディスプレイです。

角度をつけてもあまり暗くならず、視野角は広いです。

液晶ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

グレア(光沢)・ノングレア(非光沢)について

このページでレビューに用いているThinkPad X1 Carbonは、UHD(4K、解像度3840×2160)のディスプレイのモデルです。

UHDディスプレイのみが光沢(グレア)液晶で、フルHDとWQHDのディスプレイは、ノングレア(光沢なし)のようです。

※2019年11月3日現在、レノボ公式サイトではUHDディスプレイのモデルは販売停止になっているようです。
 

ちなみに、直販モデルの「ディスプレイ」の項目に「光沢なし」と書かれていれば、ノングレア(非光沢)ディスプレイです。

ノングレアなら、ディスプレイへ周囲が写り込むのが気にならず、作業がしやすいです。

▶バッテリー駆動時間のチェック

タイピングとネット閲覧での使用を想定して、バッテリー駆動時間を計測しました。

■バッテリー駆動時間の実測

ネット閲覧とテキスト打ちに使用
(負荷:軽)
5時間54分
PCMark 8 HOME
(負荷:中)
5時間35分
30分で充電できた時間 37%

※ディスプレイの明るさ:80%で測定しています。もっとディスプレイを暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

測定条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■バッテリー駆動時間の測定条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 HOME」の項目について

PCMark 8 HOMEというソフトウェアを使ったバッテリー駆動時間の測定テストです。
ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなど、バッテリー駆動時間に影響の大きい動作テストも含まれています。

※上記は、4K(UHD)ディスプレイのモデルの測定時間です。4Kディスプレイ搭載モデルは、フルHDディスプレイのモデルよりもバッテリー駆動時間が短いです。

▶静音性のチェック

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大40db前後

ファンがフルで頑張りだしても、あまり大きな音はならない印象です。

図書館などでも、周りを気にせずに使えそうです。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4サイズとの比較です。

 A4用紙とThinkPad X1 Carbon (2019)の大きさの比較

ThinkPad X1 Carbon (2019)の薄さ

A4サイズ 297 × 210mm
ThinkPad X1 Carbon (2019) 323 × 217mm(× 厚さ14.95mm)

14インチのモデルでありながら、幅×奥行きがA4に近いのは嬉しいところ。

▼A4サイズ対応のビジネスバッグにも入りました。

ビジネスバッグに入れているところ

脇にかかえて持っているところ

▶重さの実測:1,106グラム

重さを測っているところ

本体 約 1,106g
ACアダプター+電源ケーブル 約 297g

14型のノートパソコンとしては軽めです。

▶インターフェイス

■左側面

左側面

左側面

① USB 3.1 Gen2 Type-C (Thunderbolt3 対応、電源と共用)
② USB 3.1 Gen2 Type-C (Thunderbolt3 対応)
③ イーサネット拡張コネクター2
④ USB3.1 Gen 1
⑤ HDMI
⑥ マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック

「ThinkPad イーサネット拡張ケーブル2」をイーサネット拡張コネクター2へ接続すれば、有線LANも使えます。

※この画像は、ThinkPad X1 Yogaです。

■右側面

右側面

右側面

① 電源ボタン
② USB3.1 Gen 1(Powered USB)
③ 通気口
④ セキュリティ・キーホール

SDカードスロットがないのと、電源ボタンが側面なのが残念です。

スリープ状態にしたときに電源ボタンが点滅しますが、側面だと点滅に気付きづらいですし。

ちなみに、マルチモードのノートパソコンは、電源ボタンが側面に付いているので、ThinkPad X1 Yogaと同じパーツを使った関係で、こうなっているのかと思います。
(※タブレットモードなど、複数のモードで使えるノートパソコンのこと)

■背面

背面に「SIMカードスロット(nanoSIM対応)」を搭載。
※カスタマイズでWWAN対応オプションを選択しないと機能しません。

レノボ「ThinkPad X1 Carbon(2019)」を公式サイトで見てみる

―― 処理性能のチェック ――

▶CPUの性能チェック

今回のレビュー機のCPUは「Core i7-8665Uプロセッサー」です。

PassMarkのCPUベンチマークは、8979でした。

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果

PassMarkでのサンプル平均と同じくらいの数値なので、CPUのパフォーマンスはきちんと出ています。

これくらい高い性能なら、ビジネス用途はもちろん、クリエイティブな用途にもある程度使えるでしょう。

▶SSDのデータ転送速度

高速なNVMe対応のSSDなので、データ転送速度はかなり速いです。

ストレージの転送速度

SSD情報

Western Digital(ウエスタンデジタル)製のSSDでした。

 SSDメーカー情報

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

レノボ「ThinkPad X1 Carbon (2019)」のボディカラーは「ブラック」の1色のみです。

レノボ ThinkPad X1 Carbon (2019)の外観。斜め上からのカッコいいアングル

MacBookなどのようなスタイリッシュなノートパソコンとは、また違ったカッコよさを感じるデザインです。

天板にカーボンが使われているので、天板は少しプニプニした感触で気持ちがよいです。滑り止めとしての役割も果たしていると思います。

ThinkPad X1 Carbon (2019)の外観 天板側から斜め上

※なお、天板にカーボン模様が見えるのは、ディスプレイがUHD(4K)のモデルのみです。

ちなみに、パームレストなどの素材はカーボンではありません。

パームレストのアップ

いろいろなところに、アクセントになるデザインやカラーが散りばめられています。

ヒンジの画像

起動中は、天板のThinkPadの i の赤い点が光ります。

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

ディスプレイは、180度開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

 
ThinkShutter(シンクシャッター)付きのWebカメラ(HD 720P)も搭載。

 Webカメラ

シャッターをスライドさせて、カメラにフタをしておけます。

シャッターを閉めておけば、万が一、カメラへ不正アクセスされてもプライバシーを保護できます。

▶レノボ「ThinkPad X1 Carbon (2019)」のレビューまとめ

「レノボ ThinkPad X1 Carbon (2019)」のレビューのまとめです。

レノボ ThinkPad X1 Carbon (2019)の外観 見映え

ThinkPad X1 Carbon (2019)は、「さすがの完成度」だと思いました。

  • 高い堅牢性
  • タイピングしやすいキーボード
  • トラックポイントや左右ボタンなど、作業スピードアップに役立つ機能
  • のぞき見防止ディスプレイ(ThinkPad Privacy Guard)選択可能
  • スライドカバー付きのWebカメラ
  • LTE選択可能

など、セキュリティ面も含めて実用性が高いですし、外出先で作業が多い方にうってつけです。

ちなみに、
「ThinkPad X1 Carbonが、アクティブペンやマルチモードに対応していればよかったのにな~」
という方には、ThinkPad X1 Yogaがオススメです。

ThinkPad X1 Yogaは、今回レビューしたThinkPad X1 Carbonに似ていつつも、アクティブペンやマルチモードに対応しています。

レノボ「ThinkPad X1 Carbon(2019)」を公式サイトで見てみる
 

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

HPクーポン

サブコンテンツ

このページの先頭へ