ドスパラ「THIRDWAVE DX-T7」の実機レビュー!Core i7-1165G7搭載で価格の安いノートパソコンをお探しの方に!

ドスパラ THIRDWAVE DX-T7のメイン画像

ドスパラ THIRDWAVE DX-T7のスペック

「ドスパラ THIRDWAVE DX-T7」の実機レビューです。

THIRDWAVE DX-T7は、インテル Core i7-1165G7搭載で、かなり価格の安いノートパソコンです。

USB PD(USB Power Delivery)や指紋認証には対応していませんが、

「そういった機能はいらないから、価格を安くして欲しい」

という方には、パワーに余裕のあるビジネスノートを安く手に入れるのによい選択肢でしょう。

なお、この記事は、

  • 目次
  • おすすめポイント・特徴
  • 注意点
  • 各項目の詳細レビュー

という構成になっています。

冒頭の「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

>> ドスパラ THIRDWAVE DX-T7を公式サイトで見てみる <<

▶ ドスパラ THIRDWAVE DX-T7を公式サイトで見てみる

なお、レビュー機はメーカーからの貸出品です。
※貸出品であっても、レビューはデメリットも含めて誠実に行います。

▶おすすめポイント・特徴

おすすめポイント・特徴

ポイント

  • Core i7-1165G7
  • メモリ16GB
  • 500GB SSD

搭載で87,980円(税込)
※2021年9月10日現在の価格。

このスペックでこの価格は、かなり安いです。


ポイント

重さを測っているところ

本体 約1,613g
ACアダプター+電源ケーブル 約313g

15.6型のノートパソコンとしては軽量です。

ただ、USB Power Deliveryに非対応のため、「ACアダプターの代わりにPD充電器を持ち運ぶ」といったことができないのは残念なところ。


ポイント

色域

■カバー率

sRGB 91%
DCI-P3 73%
Adobe RGB 71%

※あくまで当サイトで測定した結果です。環境や測定機器によって違いが生じる可能性があります。

価格が安めのノートパソコンだと、sRGBカバー率が70%を切っている製品も少なくありませんが、

THIRDWAVE DX-T7は、価格が安めでもsRGBカバー率90%以上なのは嬉しいところです。


ポイント

SSD+HDDのデュアルストレージ

注文時、カスタマイズでHDDまたはセカンドSSDを追加し、デュアルストレージにすることもできます。

その他、メモリのカスタマイズが可能。

※部材状況などにより、カスタマイズ項目が変更になる場合もあるかもしれません。


ポイント

ドスパラのパソコンは、通常、当日~3日程度で出荷なので、すぐに手元にパソコンが欲しい方にもオススメ!


ポイント

24時間365日のサポート

24時間365日のサポート付きなので、初心者の方や、はじめてパソコンを買う方にもオススメです。


▶デメリット・注意点など

デメリット・注意点など

注意点 USB PDには非対応

USB Power Delivery(USB PD)には対応していないようです。

USB PD充電器をUSB Type-C端子へつないでも、THIRDWAVE DX-T7への充電はできませんでした。


注意点 キーボードバックライトは非搭載

キーボードのバックライトは非搭載です。


注意点 他のCore i7-1165G7搭載ノートパソコンと比べると、CPUパフォーマンスが少し低い

ベンチマークテストのスコアが、同じCore i7-1165G7を搭載した他のノートパソコン7台の平均スコアと比べると、明らかにスコアが低かったです。

以下は、CINEBENCH R23(CPU性能を計測できるベンチマークソフト)のスコアです。

■CINEBENCH R23のスコア比較

Core i7-1165G7
(他製品7台の平均)
5163
Core i7-1165G7
THIRDWAVE DX-T7
3948

※当サイトで計測した平均値。
※マルチコアのスコア。数字が大きいほど高パフォーマンスです。

静音性の項目にも書いたのですが、ベンチマークテストをかけても、排熱のファン音があまり大きくならなかったので、
静音性に配慮して排熱を抑え気味にしたことで、CPUパフォーマンスが十二分に出切っていないのかもしれません。

とはいえ、オフィスワークなどには十分余裕のある性能は出ていますし、排熱音がうるさくならない分、静音性の面では使いやすいとも言えます。


>> ドスパラ THIRDWAVE DX-T7を公式サイトで見てみる <<

▶ ドスパラ THIRDWAVE DX-T7を公式サイトで見てみる


■THIRDWAVE DX-T7のスペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 15.6型 フルHD(解像度1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i7-1165G7
メモリ 16GB / 32GB / 64GB
ストレージ SSD:512GB / 1TB / 2TB
※メインSSDとは別に1~2TBのHDDを追加してデュアルストレージ仕様も可能
グラフィックス インテル Iris Xeグラフィックス
サイズ 362.2×247.1×19.5mm
重量 約1.58kg
その他 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1

※2021年9月15日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

■今回のレビュー機のスペック
「メモリ16GB、512GB SSD」

―― 使いやすさのチェック ――

▶キーボード

THIRDWAVE DX-T7のキーボード

▲タップ・クリックで拡大

キーストローク(キーが沈み込む深さ)はやや浅めで、やや硬めのタイピング感。

タイピングしやすさは、普通といったところです。

左のCtrlキー、半角/全角キー、BackSpaceキーあたりが小さめなのが残念なところ。

キーボードの左側

キーボードの右側

その他、Enterキーの左側にも、いくつか小さいキーがあります。

▼キートップ(キーの表面)は、ゆるやかな球面になっています。指先の力が逃げにくく、タイピングしやすいです。

キートップのアップ画像

▲キートップに光をあてて凹みのラインを出したところ

タイピング音の大きさは、普通くらいです。

キーボードを斜め上からアップ

ファンクションキー(Fキー)は、全角カタカナ変換などWindowsのデフォルト機能が優先されています。

Fキー

(音量の上げ下げなどFキーに割り当てられた独自機能を使うには、Fnキーと同時押しで使います。)

なお、キーボードのバックライトは非搭載です。

キーピッチなど

デスクトップPC用キーボードとの比較

▲デスクトップPC用キーボードと比較したところ

▼タイピングしやすいと言われる19ミリに近いキーピッチ(キーとキーの間隔)がありそうです。

キーピッチ

▼パームレストはゆったり広々しています。

パームレストに手をのせたところ

タッチパッド

クリックボタン一体型のタッチパッドです。

コンパクトなサイズなので、キーボードのタイピング時に邪魔になりにくいです。

タッチパッド

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、小さくもなく、大きくもなくで、普通くらいの大きさです。

なお、Fn+Escキーでタッチパッドの有効・無効を切り替えできます。

キーボードのタイピング時に、タッチパッドに手がふれてカーソルが動くのを防止したいときに便利です。

▶スピーカー

底面にスピーカーを搭載。

ドスパラ THIRDWAVE DX-T7のスピーカー

「もう少し音抜けが欲しい」と感じることもありましたが、普通に音楽を楽しめるくらいの音質はあります。

点数にすると、100点満点中:55点くらいです。
※ノートパソコンのスピーカーとしての点数。あくまで個人の感想です。

▶ディスプレイ

角度をつけて見ても若干暗く見える程度で、それほど見づらくはなりませんでした。

ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

▼ディスプレイを開けるところまで開いてみました。138度ほど開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

ノングレア液晶なので、写り込みしにくい

ドスパラ THIRDWAVE DX-T7のディスプレイは、ノングレア(非光沢)液晶なので、写り込みしづらいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

作業中に照明や周囲のものが画面に写り込みにくいので、実用的です。

▶バッテリー駆動時間

■バッテリー駆動時間の実測

JEITA Ver.2.0測定法 8.8時間
※メーカー公表値
フルHD画質の動画を再生
(負荷:軽)
9時間18分
PCMark 8 WORK
(負荷:中)
4時間58分
※バッテリー残量が20%を切るまでの時間
30分で充電できたバッテリー量
※付属のACアダプターを使用
約32%

※ディスプレイの明るさ:80%で測定しました。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

ディスプレイサイズが大きいほどバッテリーを消耗します。

大きめの15.6型ディスプレイ搭載でこのバッテリー駆動時間は、ロングバッテリーとは言えないですが、悪い結果でもないと思います。

測定条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■「フルHD画質の動画を再生」のバッテリー駆動時間 計測条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • 電源モード(バッテリー):「より良いバッテリー」に設定
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • 動画再生:フルHD画質の動画を全画面表示で再生。音量は25。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 WORK」について

オフィスワークタスクでのバッテリー駆動時間をソフトウェア「PCMark 8」で測定したバッテリー駆動時間を掲載しています。
テストでは、ドキュメント作成、スプレッドシート作成、ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなどを行ないます。
Windowsの電源モード(バッテリー)は「より良いバッテリー」に設定して計測しました。

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から測定。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大39.3db前後

※今回は、ベンチマークテスト:CINEBENCH R23実行時のdb数を計測しました。あくまで当サイトで測定した場合の音の大きさですので、上記よりも大きな音がしないことを確約するものではありません。

ファンの回転数が上がってきても、あまり大きな音はしませんでした。

図書館や自習室など静かな場所でも、周りを気にせずに使えるでしょう。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4用紙とTHIRDWAVE DX-T7の大きさの比較

▲A4用紙とのサイズ比較

THIRDWAVE DX-T7の厚さ

大学ノート 252×179mm
A4サイズ 297×210mm
THIRDWAVE DX-T7 362.2×247.1×厚さ19.5mm

幅×奥行きは、A4サイズよりもわりと大きいです。A4サイズ対応の標準的な大きさのビジネスバッグにも入りましたが、余裕はあまりないです。

持ち運びには、15.6型ノートに対応したリュックやバッグを使った方が安全でしょう。

ビジネスバッグに入れているところ

※実際の持ち運びには、インナーケースやノートパソコン収納部を備えたバッグやリュックのご利用をおすすめします。

脇にかかえて持っているところ

▶インターフェイス

■右側面

右側面

① microSDカードリーダー (SDXC対応)
② USB 3.2 Gen2 (Type-A)
③ ギガビットLAN端子
④ セキュリティロックスロット

▼microSDカードを挿しても、ほぼはみ出さないので、挿しっぱなしにしておいても邪魔になりにくいです。

SDカードを挿しているところ

ただ、ボディの大きい15.6型ノートなので、フルサイズのSDカードスロットだったら嬉しかったですね。

■左側面

左側面

① 電源入力端子
② HDMI 1.4
③ USB 3.2 Gen2 (Type-A)
④ USB 3.2 Gen2 (Type-C)
⑤ マイク入力 / ヘッドフォン出力端子

USB Type-C端子は、オルタネートモードには対応していません。

※オルタネートモード:USB Type-C端子で、映像出力やUSB Power Deliveryでの給電などが利用できる機能。

「ドスパラ THIRDWAVE DX-T7」を公式サイトで見てみる
 

―― 処理性能のチェック ――

パフォーマンスについての概要

THIRDWAVE DX-T7のパフォーマンスについて、概要を記載します。

ビデオ会議、ワードやエクセルでの作業などには十分な性能です。

処理性能的には画像編集も十分にいけますが、Adobe RGBカバー率は100%まではいっていません。

ただ、測定結果ではAdobe RGBカバー率71%で、液晶ディスプレイとしては比較的広めの色域です。

動画編集もある程度できますが、専用GPU搭載ノートと比べると、レンダリングには時間がかかります。

▶CPU性能

■レビュー機のCPU

  • インテル Core i7-1165G7
  • 4コア / 8スレッド
  • 2.8-4.7GHz
CINEBENCH R23

CINEBENCH R23は、CPU性能を測定できるベンチマークソフトです。

 CINEBENCH R23のテスト結果

マルチコア 3948
シングルコア 1393

■他CPUとのCINEBENCH R23スコア比較

Ryzen 7 4800H 10974
Core i7-10870H 10310
Ryzen 5 4600H 7435
Ryzen 5 5500U 7435
Core i7-10750H 7137
Core i7-1165G7 5163
Core i5-1135G7 4805
Core i5-10210U 4072
THIRDWAVE DX-T7
(Core i7-1165G7)
3948
Core i5-1035G1 3476

※当サイトで計測した平均値。
※数字が大きいほど高パフォーマンス。

同じCore i7-1165G7を搭載した他のノートパソコン7台の平均スコアと比べると、明らかにスコアが低かったです。

Core i7-1165G7
(他製品7台の平均)
5163
Core i7-1165G7
THIRDWAVE DX-T7
3948

※当サイトで計測した平均値。
※数字が大きいほど高パフォーマンス。

また、同じ11世代のCore i5-1135G7の平均よりも低いスコアでした。

ベンチマークテストをかけても、排熱のファン音があまり大きくならなかったので、
静音性に配慮して排熱を抑え気味にしたことで、CPUパフォーマンスが十二分に出切っていないのかもしれません。

とはいえ、オフィスワークなどには十分余裕のある性能ですので、排熱音がうるさくならない分、静音性の面では使いやすいとも言えます。

CPU Mark

ベンチマークソフト「PassMark PerformanceTest」のうち、CPU性能のスコアをあらわすのが「CPU Mark」です。

基本的にはスコアが高いほど、CPUの処理性能が高いです。

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果:9559

スコア 9559

CINEBENCH R23の項目と同様、PassMarkでの同CPUの平均スコア10654よりも少し低いスコアです。
※2021年9月26日現在の平均値


▶SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

高速なNVMe対応PCIe3.0×4のSSDなので、データ転送速度はかなり速いです。

快適に作業できるでしょう。

SSD情報

SSD情報

PHISON(ファイソン)製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

ちなみにTHIRDWAVE DX-T7は、カスタマイズで最大2TBまでSSD容量を増やしての注文もできます。

※部材などの状況により、カスタマイズ可能項目が変更になる場合もあるかもしれません。

▶グラフィックス性能

ドスパラ THIRDWAVE DX-T7のグラフィックスは「インテル Iris Xeグラフィックス」です。

3DMarkのスコア
Fire Strike 2949
Time Spy 1115
ドラゴンクエストX ベンチマーク
標準品質(1920×1080) 7520 とても快適
最高品質(1920×1080) 6249 快適
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
標準品質(1920×1080) 3761 快適

※グラフィックス設定は、最高品質以外は「ノートPC」向けの設定にて計測。

ストリートファイターV ベンチマーク
解像度 平均フレームレート・結果
1920×1080 34.98 FPS スペック不足
1366×768 54.51 FPS スペック不足
1280×720 58.80 FPS スペック不足

Core i7-1165G7搭載ノートだと、グラフィックス設定を1366×768くらいまで落とせばプレイできる判定が出ることが多いのですが、

THIRDWAVE DX-T7では、スペック不足の判定が出てしまいました。

というわけで、ドラゴンクエストXなど、軽めの3Dゲームなら遊べる程度のグラフィックス性能があります。

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

ドスパラ「THIRDWAVE DX-T7」のボディカラーは「シルバー」の1色のみです。

ドスパラ THIRDWAVE DX-T7の外観。斜め上からのカッコいいアングル

天板はロゴマークなどがなく、とてもシンプルです。

THIRDWAVE DX-T7の外観 天板側から斜め上

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

電源ボタン

▼HD画質のWEBカメラも搭載。

WEBカメラ

▶ドスパラ「THIRDWAVE DX-T7」のレビューまとめ

「ドスパラ THIRDWAVE DX-T7」のレビューのまとめです。

ドスパラ THIRDWAVE DX-T7の外観 見映え

THIRDWAVE DX-T7は、USB PD(USB Power Delivery)や指紋認証などには対応していませんが、

Core i7-1165G7、メモリ16GB、500GB SSD搭載で税込み8万円台は、かなり安いです。

Core i7-1165G7の性能が出し切れていない感もありますが、オフィスワークには十分余裕のある性能ですので、

Core i7-1165G7搭載ビジネスノートを安く買いたい方には、よい選択肢でしょう。

>> ドスパラ THIRDWAVE DX-T7を公式サイトで見てみる <<

▶ ドスパラ THIRDWAVE DX-T7を公式サイトで見てみる

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

関連記事

【サポート充実!】初心者におすすめのノートパソコン・選び方【2021年9月 夏・秋 更新版】

Core i7搭載の安いノートパソコン【2021年10月 秋 更新版】おすすめモデルもご紹介!

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ