「VAIO SX14」実機レビュー!レベルの高い正直イチオシの14型ノートPC!

VAIO SX14のメイン画像

VAIO SX14のスペック

「VAIO SX14(2021年10月発売モデル)」の実機レビューです。

先に結論を書いてしまいますが、VAIO SX14はレベルの高い14型ノートパソコンで、とてもよい製品です。

最近は14型ノートが増えてきていますが、14型ノートの中でも上位にランクされる完成度でしょう。

価格はやや高めですが、よいノートパソコンを手に入れたいという方には、とくにオススメです!

なお、この記事は、

  • 目次
  • おすすめポイント・特徴
  • 注意点
  • 各項目の詳細レビュー

という構成になっています。

冒頭の「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけます。

>> VAIO SX14(2021年10月発売モデル)を公式サイトで見てみる <<icon

▶ VAIO SX14(2021年10月発売モデル)を公式サイトで見てみる

なお、レビュー機はメーカーからの貸出品です。
※貸出品であっても、レビューはデメリットも含めて誠実に行います。

▶おすすめポイント・特徴

おすすめポイント・特徴

ポイント

VAIO SX14のCPUはモデルにより異なり、2022年2月27日現在では、以下のCPUを搭載したモデルが販売されています。

  • Celeron 6305
  • Core i3-1115G4
  • Core i5-1155G7
  • Core i7-1195G7

モバイルノート向けCPUの中ではCPU性能が高めのCore i7-1195G7も搭載可能。

CPU性能が高めのモバイルノートを選びたい方にもオススメです。

さらに詳しくは、CPU性能の項目をご覧ください。


ポイント

軽そうに持っているところ

重さを測っているところ

本体 約1,055g
ACアダプター+電源ケーブル 約161g

仕様によって重さは異なりますが、レビュー機(Core i7-1195G7搭載、フルHDディスプレイ)は約1,055gでした。

14型のノートパソコンとしては軽量ですし、持ち運びもラクでしょう。

ACアダプターが軽いのも嬉しいところ。


ポイント

色域

■カバー率

sRGB 100%
DCI-P3 77%
Adobe RGB 76%

※あくまで当サイトで計測した結果です。環境や計測機器によって違いが生じる可能性があります。

※フルHDディスプレイ搭載モデルの結果です。4Kディスプレイ搭載モデルは、より色域が広いと思われます。

sRGBカバー率が100%ですし、液晶ディスプレイとしては、広めの色域をカバーしています。


ポイント

VAIO SX14のキーボード

▲タップ・クリックで拡大

  • キートップに凹みがあり、指先の力が逃げにくい
  • スムーズなキーストローク
  • カーソルキーのスペースをゆったり確保
  • [BackSpace]や[半角/全角]キーなどもしっかりスペースを確保
  • ディスプレイを開くとキーボードに傾斜がつく「チルトアップヒンジ構造」

などの要素があいまって、キーボードがタイピングしやすいです。

VAIO SX14のチルトアップヒンジ構造

日本メーカーならではの、タイピングしやすい日本語キーボードだと言えます。

さらに詳しくは、キーボードの項目をご覧ください。


ポイント

VAIO SX14の外観 天板側から斜め上

デザインがよいだけでなく、数十項目におよぶ品質試験を実施した、堅牢性の高いボディです。


ポイント

Webカメラ

カメラシャッターを搭載しているので、Webカメラを物理的に隠せます。プライバシー面でも安心です。


ポイント

■右側面

右側面

USB 3.0 (Type-A)

Thunderbolt 4 / USB 4 (Type-C)(40Gbps、USB Power Delivery、DisplayPort 1.4、5Vアシスト充電)

HDMI出力端子( 最大解像度4096×2160/60Hzまたは3840×2160/60Hz)

有線LAN 端子

Thunderbolt 4 / USB 4 (Type-C)(40Gbps、USB Power Delivery、DisplayPort 1.4、5Vアシスト充電に対応)

■左側面

左側面

セキュリティーロックスロット

USB 3.0 (Type-A)

ヘッドフォン出力端子

旧VAIO SX14には、ミニD-sub 15ピンがありましたが、新しいVAIO SX14ではミニD-sub 15ピンはなくなりました。

今となっては利用している人も少ないインターフェイスなので、多くの方には嬉しい変更点でしょう。

SDカードリーダーはありませんが、Thunderbolt 4を2つ搭載しているなど、インターフェイスは充実しています。


ポイント

カスタマイズ可能

CPU、OS、メモリ、ストレージ、LTE通信モジュールなどのカスタマイズが可能

好みに応じた仕様にできます。

※部材状況などにより、カスタマイズ可能内容が変更になる場合もあるかもしれません。


▶デメリット・注意点など

デメリット・注意点など

注意点 タッチパネルの場合は、グレア(光沢)ディスプレイ

VAIO SX14は、タッチパネル・ディスプレイ選択時のみ、グレア(光沢)ディスプレイとなります。

グレアは、アンチグレアよりも写り込みしやすいです。


>> VAIO SX14(2021年10月発売モデル)を公式サイトで見てみる <<

▶ VAIO SX14(2021年10月発売モデル)を公式サイトで見てみる


■VAIO SX14のスペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 14型 フルHD(解像度1920×1080)、4K(解像度3840×2160)
※タッチ非対応=アンチグレア、タッチ対応=グレア
CPU インテル Celeron 6305 / Core i3-1115G4 / i5-1155G7 / i7-1195G7
メモリ 8GB / 16GB / 32GB
※CPUによって組み合わせに制限があります
ストレージ SSD:128GB~2TB
グラフィックス インテル UHD / インテル Iris Xe
サイズ 約320.4×222.9×17.9(最厚部)mm(突起部含まず)
重量 約999~1,139g
その他 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1

※2022年2月25日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

■今回のレビュー機のスペック

2021年10月発売モデル「インテル Core i7-1195G7、メモリ16GB、512GB SSD(第四世代ハイスピードSSD)、非タッチ・フルHDディスプレイ(VJS144シリーズ、型番:VJS1448)」

―― 使いやすさのチェック ――

▶テレワークやWeb会議に役立つ機能

カメラプライバシーシャッター付きのWebカメラ

カメラプライバシーシャッター付きのWebカメラを搭載しています。

Webカメラシャッター

シャッターをスライドさせて、カメラにフタをしておけます。

シャッターを閉めておけば、万が一、カメラへ不正アクセスされてもプライバシーを保護できます。

また、オンラインミーティングなどで、不用意に自分が映り込むのを防ぎたい場合にも便利です。

なおWebカメラは、

  • フルHDカメラ(Windows Hello 顔認証対応)
  • HDウェブカメラ

の2つから選択できます。

フルHDカメラ選択時のみWindows Hello(顔認証機能)対応です。

ミュートマイクボタン

Ctrl+Tabキーでマイクのオン・オフを瞬時に切り替えできます。

オンラインミーティングなどで、「発言しないときはマイクをOFFにしたい」場合にも便利です。
 

マイクのノイズキャンセリング

AIノイズキャンセリングがプリインストールされています。

AIノイズキャンセリング

状況に合わせて「標準モード(全方向)」または「プライベートモード(正面方向)」から選んで、こちら側からの声がよりクリアに聞こえるよう設定できます。
 

どれくらいノイズキャンセル効果があるのか?

AIノイズキャンセリングマイクに、どれくらいノイズを消す効果があるのか試してみました。

オンラインミーティング中の相手にVAIO SX14を使ってもらい、

  • 手を叩く
  • デスクをコツコツ叩く
  • 布をこする音を出す

などで音を立てながらしゃべってもらいましたが、それらの音は聞こえず、ノイズを消す効果は優秀です。

人の多いオフィスや、カフェなど、周囲がうるさい場所でのオンラインミーティングで役立ってくれそうです。
 

また、VAIO SX14側のスピーカーから出てくる音のノイズキャンセリング機能もあります。

出音のノイズキャンセリングについては、相手にノイズを出してもらったときは、声が途切れてしまうことがあったので、必要ないならOFFにしておいた方がいいと感じました。

▶キーボード

VAIO SX14のキーボード

▲タップ・クリックで拡大

キーストロークは約1.5ミリあり、適度な打鍵感があります。

キーが小さくなり過ぎない程度に、キーとキーの間もほどよく空いていますし、キートップに凹みもあるので、タイピングしやすいキーボードです。

▼キートップ(キーの表面)には凹みがあるので、指先の力が逃げにくくなり、タイピングしやすくなっています。

キートップのアップ画像

▲キートップに光をあてて凹みのラインを出したところ

左の[Ctrl]や[半角/全角]など、端のほうにありながらも使用頻度の高いキーが小さくなっていないのも嬉しいポイントです。

キーボードの左側

▼Enterキーも大きめで、Backspaceキーも小さくなっていないです。

キーボードの右側

カーソルキーも凸型にゆったりスペースが取られており、使いやすくて嬉しいです。

個人的にはそれほど気にはなりませんでしたが、スペースキーは小さめです。

これは、左側だけでなく右側にもAltキーとCtrlキーの両方を配置していることなどが影響していそうです。
 

▼ディスプレイを開くとキーボードに傾斜がつく「チルトアップヒンジ構造」。

VAIO SX14のヒンジ

傾斜がついてタイピングしやすくなり、さらに机とパームレストの段差も小さくなるので、手首に負担がかかりにくいです。

VAIO SX14のチルトアップヒンジ構造

 
なお、キーボードについては日本語配列以外に、英語配列や、かな表示なしの日本語配列キーボードも選べます。

キーボードを斜め上からアップ

ファンクションキー(Fキー)は、VAIO SX14の独自機能(特殊機能)を優先するか、Windowsのデフォルト機能を優先にするかを設定できます。

VAIO SX14のFキー

▼設定は、VAIOの設定 ⇒ 入力デバイス ⇒ Fnキーロックでできます。

VAIOの設定:ファンクションロック

▼なお、[Fn]+[F8]~[F12]のキー操作に対して、機能を選んで割り当てることができます。

キーピッチなど

デスクトップPC向けキーボードとの比較

▲デスクトップPC向けキーボードと比較したところ

キーピッチ(キーとキーの間隔)は、タイピングしやすいと言われる約19ミリを確保しています。

キーピッチ

キーボードバックライト

VAIO SX14のキーボード・バックライト

キーボードのバックライトは、

  • 常に点灯する
  • いずれかのキーを押したときに点灯する
  • 点灯しない

の3つから選んで設定できます。
※「VAIOの設定」から変更します。

なお、バックライトが不要な場合は、カスタマイズ時に「バックライトなし」を選択して価格を安くする(5,500円引き)こともできます(かな文字あり日本語キーボードのみ)。

タッチパッド

タッチパッドは、以下のとおり旧VAIO SX14(2020年発売のモデル)よりもサイズが大きくなりました。

▲2020年発売のVAIO SX14。タッチパッドが小さい。

VAIO SX14のキーボード

▲2021年10月発売モデル。タッチパッドが大きくなっている。

タッチパッド

旧VAIO SX14のタッチパッドは小さめだったので、ここは嬉しい変更点です。

タッチパッドの下側に左右ボタンが付いている点も、個人的には使いやすくて好みです。

なお、Fn+F1キーでタッチパッドの有効・無効を切り替えできます。

キーボードのタイピング時に、タッチパッドに手がふれてカーソルが動くのを防止したいときに便利です。

▶スピーカー

VAIO SX14は、本体手前の以下の位置にスピーカーを搭載しています。

VAIO SX14のスピーカー

音質については、「もう少し音抜けが欲しい」と感じることもありましたが、普通に音楽を楽しめるくらいの音質はあると思います。

点数にすると、100点満点中:60点くらいです。
※ノートパソコンのスピーカーとしての点数です。また、あくまで個人の感想です。

なお、Dolby Audio(ドルビーオーディオ)で、映画、音楽、ゲーム、音声などに合わせた音質に変更できます。

▶ディスプレイ

※VAIO SX14のディスプレイ解像度は、フルHD(1920×1080ドット)と4K(3840×2160ドット)の2種類があります。

今回のレビュー機は、フルHDディスプレイです。

タッチ対応ディスプレイも選択できますが、タッチ対応の場合、アンチグレアではなくグレア(光沢)ディスプレイになりますので、ご留意ください。

タッチ対応ディスプレイを選択した場合のみ、別売のデジタイザースタイラス(ペン)を利用できます。

VAIO デジタイザースタイラス(ペン)(純正)VJ8STD4

▲VAIO デジタイザースタイラス(ペン)(別売り)。タッチ対応ディスプレイを選択した場合のみ利用可能。

▼レビュー機はアンチグレア(非光沢)液晶なので、グレアよりも写り込みしづらいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

視野角については、角度をつけて見ても若干暗く見える程度で、それほど見づらくはなりませんでした。

VAIO SX14のディスプレイ正面

VAIO SX14の視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

VAIO SX14の視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

視野角は広いです。

▼ディスプレイは180度開くので、商談やプレゼンで正面の人に画面を見せたいときにも使い勝手がよいです。

VAIO SX14のディスプレイを開けるところまで開いたところ

なお、「Fn+2」のキー操作で、画面表示の向きを180度回転できます。

商談やプレゼンなどで、対面の人に画面を見せたいときに役立ちます。

▶バッテリー駆動時間

■バッテリー駆動時間の実測

JEITA Ver.2.0測定法 約28~30時間
※Full HD液晶選択時のメーカー公称値
※2021年10月発売モデルの場合
フルHD画質の動画を再生(負荷:軽) 14時間5分
PCMark 8 WORK(負荷:中) 5時間9分
30分で充電できたバッテリー量
※付属のACアダプターを使用
約16%
  • バッテリーの設定:バランス
  • VAIOの設定のパフォーマンス設定:標準に設定
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ディスプレイの明るさ:60

※個人的に明るさ60で問題なく使えると判断し、ディスプレイの明るさは60に設定しました。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

バッテリー駆動時間自体が短いとは思いませんが、28~30時間(JEITA Ver.2.0測定法)の公表値と比べると、実際に使える時間が短く感じるのは否めないでしょう。

※JEITA測定法Ver. 2.0でのバッテリー駆動時間と比べると、実際に使用したときのバッテリー駆動時間はだいぶ短くなるのが大半です。

ちなみに、PD充電器からの充電では、比較的低い出力の充電器からでも充電できましたので、モバイルバッテリーで電力を補うのもいいかもしれません。
(詳しくは、PD充電器からの充電の項目をご覧ください)

※上記は、タッチ非対応・フルHDモデルの計測結果です。
※タッチ対応や4Kディスプレイ搭載モデルでは、これよりもバッテリー駆動時間は短くなります。

計測条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■「フルHD画質の動画を再生」のバッテリー駆動時間 計測条件

  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • 動画再生:フルHD画質の動画を全画面表示で再生。音量は25。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 WORK」について

ソフトウェア「PCMark 8」で計測したバッテリー駆動時間を掲載しています。
PCMark 8 WORKのバッテリーライフテストでは「ドキュメント作成、スプレッドシート作成、ウェブサイト閲覧、ビデオチャット」などを実際におこなってバッテリー駆動時間を計測します。
Windowsの電源モード(バッテリー)は「より良いバッテリー」に設定して計測しました。

PD充電器からの充電

USB PD(Power Delivery)対応の充電器をUSB Type-C端子に接続し、VAIO SX14側へ充電してみました。

※USB PD=USBケーブルを介して受給電を可能にする規格のこと。

PD充電器の最大出力
充電の可否
20W(フィリップス製) ※以下参照
30W(RAVPower製) ※以下参照
45W(Anker製)
60W(Anker製)

マークについて:高負荷の作業をしながら充電する場合は、バッテリー残量が減る可能性があります。

充電中にYouTube再生した場合では、バッテリー残量が増えましたが、充電中にベンチマークテストをかけた場合は、バッテリー残量が減りました。

20Wなどの低出力の充電器からでも充電できるのは嬉しいところです。

ある程度の出力があれば、モバイルバッテリーからでも充電できるでしょう。

ちなみに、付属ACアダプターは最大65W出力でした。

VAIO SX14の付属ACアダプターのラベル

なお、ACアダプターのコンセントプラグは折りたたみ式ではありません。折りたたみ式なら、より嬉しかったところではあります。

▶その他の機能

指紋認証対応の電源ボタン

電源ボタンは、指紋認証に対応しています。

電源ボタン

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から計測。

VAIO SX14は、パフォーマンス設定ができます。

今回は「パフォーマンス優先」と「静かさ優先」の2つで静音性をチェックしました。

VAIOの設定:動作モードの設定

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時(パフォーマンス優先 最大49db前後
ベンチマークテスト時(静かさ優先 最大39.4db前後

※今回は、ベンチマークテスト:CINEBENCH R23実行時のdb数を計測しました。あくまで当サイトで計測した場合の音の大きさですので、上記よりも大きな音がしないことを確約するものではありません。

■パフォーマンス優先で負荷をかけた場合

大きな負荷がかかったときなどのファンは、やや大きめです。自習室など静かな場所だと、少し目立ってしまうかもしれません。ある程度人のいるカフェなどでは、周りの音にかき消されるかな?くらいの大きさです。

■静かさ優先で負荷をかけた場合

ファンは少し聞こえますが、静かといっていいレベルです。静かな場所でも使いやすいでしょう。

パフォーマンスは少し落ちますが、排熱音を抑えたい状況では「静かさ優先」に設定するといいでしょう。

なお、パフォーマンス優先でも、負荷の高い作業をしていなければ静かです。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4用紙とVAIO SX14の大きさの比較

▲A4用紙とのサイズ比較

VAIO SX14を折りたたんだ様子を斜め上から

VAIO SX14の厚さ

▲厚さ約17.9ミリ(最厚部、突起部含まず)

大学ノート 252×179mm
A4サイズ 297×210mm
VAIO SX14 約320.4×222.9×厚さ13.3(最薄部)-17.9(最厚部)mm ※突起部含まず

幅×奥行きは、A4サイズよりも少し大きい程度です。

A4サイズ対応の標準的な大きさのビジネスバッグにも入りました。

ビジネスバッグに入れているところ

※この画像はサイズ感の目安として載せています。実際の持ち運びには、インナーケースやノートパソコン収納部を備えたバッグやリュックのご利用をおすすめします。

「VAIO SX14(2021年10月発売モデル)」を公式サイトで見てみる

―― 処理性能のチェック ――

■レビュー機のスペック

CPU インテル Core i7-1195G7
メモリ 16GB
ストレージ SSD:512GB(NVMe)
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィックス

VAIO SX14は、VAIO独自技術「VAIO TruePerformance」により、高いCPUパフォーマンスが発揮されるようになっています。

「VAIO TruePerformance」適用モデルはCore i7とCore i5のみ。

「CPUとファン」の設定を「パフォーマンス優先」にすると、VAIO TruePerformanceがオンになります。

なお、以下の「CPU性能」および「グラフィックス性能」のパートで実施しているベンチマークテストは、「パフォーマンス優先」に設定して計測しましたので、VAIO TruePerformanceがオンの状態のテスト結果です。

Core i7-1195G7搭載モデルの処理性能について

ビデオ会議、ワードやエクセルでの作業などには十分な性能です。

処理性能的には画像編集も十分にいけます。

Adobe RGBカバー率は100%まではいっていませんが、計測結果ではAdobe RGBカバー率:76%で、液晶ディスプレイとしては広めの色域です。

動画編集もある程度できますが、専用GPU搭載ノートと比べると、レンダリングには時間がかかります。

▶CPU性能

VAIO SX14のCPUは、モデルによって以下の4つがあります。

■搭載CPUのラインナップ

  • インテル Celeron 6305
  • インテル Core i3-1115G4
  • インテル Core i5-1155G7
  • インテル Core i7-1195G7

今回のレビュー機のCPUは、以下です。

■レビュー機のCPU

  • インテル Core i7-1195G7
  • 4コア / 8スレッド
  • 2.90-5.00GHz
CINEBENCH R23

CINEBENCH R23は、CPU性能を計測できるベンチマークソフトです。

 VAIO SX14のCINEBENCH R23スコア

マルチコア 6157
シングルコア 1631

■他の薄型ノートパソコン向けCPUとのCINEBENCH R23スコア比較

Ryzen 5 5500U 7477
Ryzen 5 4500U 6210
Core i7-1195G7
(レビュー機)
6157
Core i7-1165G7 5027
Core i5-1135G7 4648
Core i7-1160G7 4636
Core i7-10710U 4532
Core i5-10210U 4051
Ryzen 3 4300U 3944
Core i5-1035G1 3474
Core i3-1115G4 3216
Pentium Silver N6000 1993
  • レビュー機以外は平均値を掲載(当サイトで計測。2022年2月27日現在)。
  • 数字が大きいほど高パフォーマンス。

ゲーミングやクリエイターノート向けのCPUなどを除いた「薄型モバイルノート向け」CPUの中では高い性能です。

CPU Mark

ベンチマークソフト「PassMark PerformanceTest」のうち、CPU性能のスコアをあらわすのが「CPU Mark」です。

スコアが高いほど、CPUの処理性能が高いです。

VAIO SX14のPassMark CPU Markスコア:14608

スコア 14608

PassMarkでの同CPUの平均スコア11212 よりも高いスコアでした。

CPUパフォーマンスは、しっかり出ていると言っていいでしょう。
※2022年2月27日現在の平均値

Geekbench 5

「Geekbench 5」は、スマートフォンやPCの性能を測定できるベンチマークソフトです。

macOS、Windows、Linux、Android、iOS用がリリースされているので、OSの異なるデバイスやスマホなどとの性能比較もできるのが面白いです。

VAIO SX14のGeekbench 5スコア

Single-Coreスコア 1651
Multi-Coreスコア 6263

▶SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

レビュー機は第四世代ハイスピードSSD(64Gb/s)を搭載しており、データ転送速度はかなり速いです。

ただ、スタンダードSSDデータ転送速度は4GB/s(32Gb/s)のようなので、スタンダードSSDでもデータ転送速度が遅いわけではなく、使い方によっては体感差はあまりないでしょう。

予算を抑えるならスタンダードSSDの方を選ぶのもアリだと思います(ただし、スタンダードSSDは最大容量が512GBまでです)。

SSD情報

SSD情報

Samsung(サムスン)製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

▶グラフィックス性能

■VAIO SX14のグラフィックス

Celeron、Core i3搭載モデル インテル UHD グラフィックス
Core i5、i7搭載モデル インテル Iris Xe グラフィックス

今回のレビュー機は「Core i7搭載モデル:インテル Iris Xe グラフィックス」です。

3DMarkのスコア

Fire Strike 5314
Time Spy 2023
ドラゴンクエストX ベンチマーク
最高品質(1920×1080) 13128 すごく快適
FF14 暁月のフィナーレ ベンチマーク

FF14 暁月のフィナーレ ベンチマーク

標準品質 1920×1080 7782 やや快適

※グラフィックス設定は、「ノートPC」向けの設定にて計測。

ストリートファイターV ベンチマーク

ストリートファイターV ベンチマーク

解像度 平均フレームレート・結果
1920×1080 59.87 FPS 快適

というわけで、ドラゴンクエストXなど、軽めの3Dゲームなら普通にプレイできるグラフィックス性能があります。

ただし、CeleronおよびCore i3搭載モデルは「インテル UHD グラフィックス」です。Iris Xe グラフィックスのCore i5 / i7搭載モデルよりも、グラフィックス性能はだいぶ落ちます。

軽い3Dゲームも遊びたいとか、グラフィックス性能を少しでも高くしたいなら、Core i5 かCore i7搭載モデルがおすすめです。

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

「VAIO SX14」のボディカラーは、

  • ファインブラック
  • ブライトシルバー
  • アーバンブロンズ
  • ファインホワイト
  • オールブラック(ALL BLACK EDITION)
  • 勝色 ※数量限定

の6色展開です。

今回のレビュー機は「ファインブラック」です。

VAIO SX14の外観。斜め上からのカッコいいアングル

高い剛性を持ちつつも軽量なカーボンで、天板からディスプレイ両側面までを覆うことで、剛性と軽量化を両立しています。

VAIO SX14の外観 天板側から斜め上

ブラックはかっこいいですが、指紋汚れは目立ちやすいので、そこはデメリットかもしれません。

VAIO SX14の天板ロゴのアップ

VAIO SX14の底面

▼キーボード面にはヘアライン加工がしてあり、高級感が高められています。所有満足度も高いでしょう。

パームレストのアップ

▶付属品など

付属品一式です。

VAIO SX14の付属品

  • ACアダプター
  • スタートガイド
  • 安全のために/リカバリーとトラブル解決
  • 主な仕様
  • VAIOオーナーサイトの案内書
  • TRUST DELETE for VAIO(個人向け)無償体験版ご利用案内

などが付属。

※付属品は変更になる可能性があります。

▶「VAIO SX14」のレビューまとめ

「VAIO SX14」のレビューのまとめです。

VAIO SX14の外観 見映え

VAIO SX14は、完成度が高く使いやすいノートパソコンだと思いました。

  • 高いデザイン性
  • 高い堅牢性
  • タイピングしやすいキーボード
  • タッチパッドの左右ボタンなど、作業スピードアップに役立つ機能
  • 1kg前後の軽さ
  • シャッター付きのWebカメラ
  • LTE通信モジュール搭載可能

など、実用性が高いですし、高い使い勝手のよさを求める方にも、外出先で作業が多い方にもおすすめです。

価格はやや高めですが、それでも14型ノートパソコンをお探しの方にはイチオシしたいノートパソコンです!

>> VAIO SX14(2021年10月発売モデル)を公式サイトで見てみる <<

▶ VAIO SX14(2021年10月発売モデル)を公式サイトで見てみる

 

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ