ドスパラ「Critea DX-W3」はテレワーク用にノートPCを安めの価格で購入したい方におすすめ!

ドスパラ「Critea(クリテア)DX-W3」は、価格が安めでコストパフォーマンスの高いノートパソコンです。

  • CPU:Core i3-8145U
  • メモリ8GB
  • SSD搭載
  • フルHD画質のディスプレイ

といったスペックで、ビジネス用途などには十分な性能です。

テレワーク用に安くノートパソコンを購入したい方にオススメ。

WEBカメラ、マイク、スピーカーは搭載していますので、ZOOMなどでのWEB会議にも問題なく使えます。

液晶ディスプレイは、ノングレア(非光沢)なので、光などが写り込みしづらいので作業向きです。

>> ドスパラ「Critea DX-W3 」を公式サイトで見てみる <<

▶ ドスパラ「Critea DX-W3 」を公式サイトで見てみる


■Critea DX-W3のスペック

価格 52,980円 (税抜き)
※2020年10月28日現在の価格
ディスプレイ 15.6型 フルHD(解像度1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i3-8145U
メモリ 8GB
ストレージ 250GB SSD
バッテリー駆動時間 約7.6時間
重量 約1.7kg

※2020年10月28日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

▶15.6型としてはやや軽量

15.6型で約1.7kgは、やや軽量です。

15.6型なのでノートパソコンとしては大きめのサイズです。

どちらかというと据え置きでの利用向きではありますが、持ち運べない重さ・大きさではありません。

▶3列テンキー搭載のキーボード

キーボードはテンキー(キーボード右側の数字入力用のキー)搭載ではありますが、3列テンキーです。

エクセルで数字入力などする場合は、4列テンキーの方が使いやすいですが、テンキーがないよりは、数字入力はしやすいでしょう。

▶「HDD追加可能モデル」ならカスタマイズが可能

価格が2000円ほど高くなりますが、Critea DX-W3の「HDD追加可能モデル」なら、スペックのカスタマイズが可能です。

※「HDD追加可能モデル」自体が2000円高いという意味であり、HDD追加などには別途費用がかかります。

「HDD追加可能モデル」なら、OS、メモリ、ストレージのカスタマイズができます。

HDDを追加してデュアルストレージ(ストレージを2つ搭載)にしたり、SSD容量を増やして注文することもできます。

▲「HDD追加可能モデル」ならカスタマイズも可能

▶シンプルな外観

ドスパラ「Critea DX-W3」の外観は、天板にロゴマークなどもなく、非常にシンプルです。

好きなステッカーなどを貼ったりしたい方には、逆にいいかもしれません。

▶インターフェイスは充実


価格は安めでも、インターフェイスは

  • USB 3.1 Gen1 (Type-A)×2
  • USB 3.1 Gen2 (Type-C)×1
  • HDMI ×1
  • マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子×1
  • microSDカードリーダー

と、しっかりと揃っています。

▶24時間365日のサポート付き

ドスパラでパソコンを購入すると、24時間365日の電話サポートが受けられるので、パソコン初心者の方にも心強いです。
 

ドスパラ「Critea DX-W3」は、価格が安めだからといって、安かろう悪かろうということもないので、価格をおさえてノートパソコンを購入したい方にオススメです。

クリエイティブな用途に使うには心もとないですが、仕事やエンタメを楽しむのに使うのには十分な性能です。

>> ドスパラ「Critea DX-W3 」を公式サイトで見てみる <<

▶ ドスパラ「Critea DX-W3 」を公式サイトで見てみる

お得なキャンペーン情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ