「raytrek A4-A」は合計4 TBの大容量SSD搭載可能!パワーと持ち運びしやすい重さのバランスも良好

「raytrek A4-A」は、ドスパラで販売されている14型のクリエイター向けノート。

「クリエイター向け」ということでsRGBカバー率99%の液晶ディスプレイを搭載。

GeForce RTXなどのディスクリートGPUは搭載していませんが、第12世代インテルCoreプロセッサ搭載で、パワーはあります。

>> raytrek A4-Aをドスパラで見てみる <<

▶ raytrek A4-Aをドスパラで見てみる


■raytrek(レイトレック)A4-Aのスペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

価格 139,980円(税込)~
※2022年9月28日現在の価格
OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 14型 WUXGA(解像度1920×1200)、ノングレア(非光沢)、アスペクト比16:10、sRGBカバー率99%
CPU インテル Core i7-12700H
メモリ 16GB / 32GB / 64GB
ストレージ SSD:500GB / 1TB / 2TB
※セカンドSSDとして1~2TBのSSDを追加可能
グラフィックス インテル Iris Xeグラフィックス
サイズ 314×220×20(最厚部)mm
重量 約1.3kg

※2022年9月28日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

▶CPU性能の目安

raytrek A4-Aが搭載しているインテル Core i7-12700Hはどの程度のCPU性能なのか?

CPU性能を計測できるベンチマークソフト:CINEBENCH R23のスコアを他の薄型ノートパソコン向けCPUと比較してみます。

■CINEBENCH R23マルチコアスコア比較

Core i7-12700H 14505
Ryzen 7 5800H 12196
Core i7-11800H 11208
Ryzen 7 4800H 10975
Core i7-10870H 10305
Core i7-1260P 8035
Ryzen 5 6600H 7929
Core i5-11400H 7881
Ryzen 5 5560U 7855
Ryzen 5 5500U 7477
Ryzen 5 4600H 7418
Core i7-10750H 7137
Core i7-1250U 7105
Ryzen 5 4500U 6210
Core i5-11300H 6164
Core i7-1195G7 6109
Core i7-1165G7 5027
Core i7-1160G7 4636
Core i7-10710U 4532
Core i5-1135G7 4420
Core i5-10210U 4051
Core i5-1155G7 3957
Ryzen 3 4300U 3944
Core i5-1035G1 3474
Core i3-1115G4 3216
Pentium Silver N6000 1993
Celeron N5100 1440
  • 当サイトで計測した平均値を掲載(2022年9月28日現在)。
  • 数字が大きいほど高パフォーマンス。

※グラフのCore i7-12700Hのスコアは、あくまでCore i7-12700Hを搭載した複数のノートパソコンで計測した平均値です。参考程度にご覧ください。

Core i7-12700Hは、ノートパソコン向けのCPUとしては、性能はかなり高いです。いろいろな作業を快適にこなせるでしょう。

▶sRGBカバー率99%のディスプレイ

sRGBカバー率99%なので、ノートパソコンの液晶ディスプレイとしては広めの色域をカバーしています。

Web向けのコンテンツを作るには十分な色域をカバーしていると言えるでしょう。

ノートパソコンのディスプレイで、これより高い色域のディスプレイを求めるなら、OLEDディスプレイを搭載した製品がターゲットになります。

解像度は1920×1200ドットなので、フルHD(1920×1080ドット)と比較して、縦が120ドット多いです。

また、ノングレア(非光沢)液晶なので、光などが写り込みしにくく作業向きです。

▶キーボード

▼キーピッチ(キーとキーの間隔)は、タイピングしやすいと言われる約19ミリを確保したキーボード。

▲タップ・クリックで拡大

右のCtrlキーが大きめではありますが、おおむね無難なキー配列です。

タッチパッドは、上角をダブルタップするとオン・オフが可能です。

タッチパッド

14型ノートとしては標準的な重さ

14型のノートパソコンで約1.3kgは、標準的な重さです(クリエイター向けノートとして考えれば、やや軽量と言ってもいいかもしれません)。

重さ的には、14型に対応したPCリュックなどに入れて運べば、十分持ち運べる重さです。

▶インテル Iris Xeグラフィックス

raytrek A4-Aのグラフィックスは、インテル Iris Xeグラフィックス(Core i7-12700Hに内蔵されているグラフィックス)です。

CPUに内蔵されているグラフィックスとしては性能は高いので、ライトなゲームなどもできる性能です。

▶インターフェイス

右側面

① Thunderbolt 4
② USB3.2 Gen1 Type-A
③ HDMI2.0 Type A
④ 電源入力

左側面

⑤ セキュリティ スロット
⑥ USB3.2 Gen2 Type-C(DP1.4対応)
⑦ USB3.2 Gen1 Type-A
⑧ SDカードリーダー(SD/SDHC/SDXC、UHS-I対応)
⑨ マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子

インターフェイスは、USB Power delivery対応のThunderbolt 4とUSB Type-C端子を搭載。

40W出力~のUSB PD充電器から充電できるようなので、その点も嬉しいポイントでしょう。

また、USB Type-AやHDMI出力端子も搭載しており、インターフェイスは比較的充実しています。

▶カスタマイズで合計4 TB SSD搭載可能

カスタマイズ可能

OS、メモリ、ストレージなどのカスタマイズが可能です。

デュアルストレージに対応しており、

2 TB SSD+2 TB SSD=合計4TB SSDにカスタマイズも可能です。

+22,000円で2TB SSDにできるのも、なかなかコスパがよいと思います。
※2022年9月28日現在の価格

▶シンプルな外観

天板にraytrekロゴのみがプリントされたシンプルな外観です。

良くも悪くも無難な外観です。

▶24時間365日のサポート付き

24時間365日のサポート

ドスパラでパソコンを購入すると、24時間365日の電話サポートが受けられるので、パソコン初心者の方にも心強いです。


「raytrek A4-A」は、性能と重さのバランスがよいノートパソコンだと思います。

外出先でもクリエティブな作業をしたい方におすすめです。

>> raytrek A4-Aをドスパラで見てみる <<

▶ raytrek A4-Aをドスパラで見てみる

お得なキャンペーン情報

HPのおすすめノートパソコン5選はコレだ!

マウスコンピューターこれがおすすめノートパソコン限定モデル

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ