【サポート充実!】初心者におすすめのノートパソコン・選び方【2020年10月更新版】

ノートパソコンを操作する男性

ノートパソコンを買って一番もったいないこと・・・。それは、

「性能が低すぎて、快適に使えず、すぐに使わなくなってしまう」

ということです。

↑こういうのが、一番もったいない!
 

そんな事態を避けるには?

一般的な用途で使うのに快適なスペックは、↓これくらいなので、これくらいのスペックのパソコンを選ぶとよいです。

■一般的な用途で快適に使えるスペック

CPU インテル Core i5プロセッサー
メモリ 8GB
ストレージ 256GB以上のSSD搭載
ディスプレイ フルHD以上の解像度

これくらいのスペックのパソコンを選べば、一般的な用途には、ほぼ快適に使えます。

ここで言う、一般的な用途とは、

  • インターネット
  • メール
  • DVDやネットで動画・映画を見る
  • オフィスソフトでワードやエクセルを使う
  • 画像編集(本格的ではないもの)
  • 写真や音楽を楽しむ

などです。

ここで、各パーツについて、ごく簡単に説明を入れておきます。

CPU

CPUは、パソコンに頭脳にあたる部分です。

CPUは、パソコンに頭脳にあたる部分

CPU性能が高いほど、高度な処理ができます。

逆にCPU性能が低すぎると、動作が重くなりやすく、快適に使えません。
 

ちなみに、インテルのCPU性能は、以下のように順位づけできます。

■インテルCPUの位置づけ

上位ブランド Core i7
Core i5
Core i3
下位ブランド Celeron
Atom

※上の方がより高性能

初心者の方なら、性能が高めで価格も高すぎないCore i5がオススメです。
 

メモリ

メモリは、たとえるなら作業スペースです。

メモリは、たとえるなら作業スペース
 

作業スペース(メモリ)が十分にないと、情報を少しずつしか処理できないので、パソコンの処理スピードが落ちてしまいます。

4GB(ギガバイト)だと余裕がないので、メモリは8GB以上は欲しいところです。
 

ストレージ

ストレージは、パソコンのデータの保存場所です。

たとえるなら「本棚」といったところ。

ストレージが足りなくなると、データが保存できなくなってしまうので、256GB(ギガバイト)くらいはあった方がよいでしょう。

ディスプレイ

ディスプレイは、解像度が高いほど、繊細な表現ができます。

■ディスプレイ解像度について

名称 解像度
4K 3840×2160
WQHD 2560×1440
フルHD 1920×1080
HD 1366×768

※フルHDなどの名称の付いていない解像度のノートパソコンもあります。

10インチなどの小さいノートパソコンであれば、HD画質でもわりかし大丈夫なのですが、それ以外は最低でもフルHD以上の解像度があった方がよいです。
 

推奨スペックを満たしたノートパソコンを今すぐ見るにはコチラ

目次

▶ ノートパソコンの「ディスプレイ・サイズ」の決め方

大きいノートパソコンもあれば、小さいノートパソコンもあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、それをふまえつつ、ノートパソコンのサイズを決めましょう。

ディスプレイのサイズが大きくなるほどパソコンの重量は重くなる

ディスプレイが大きいと作業はしやすいですが、デメリットもあります。

画面が大きいノートパソコンのメリット・デメリット

■メリット
・作業しやすい。動画なども迫力がある。

■デメリット
・ディスプレイサイズが大きいほど、重くて大きくなりがちなので、持ち運びには不利になる。
・バッテリーの消耗も早い。

※あくまでこのような傾向があるということであり、同じディスプレイサイズであっても、製品によってバッテリー駆動時間に差はあります。

おすすめのディスプレイサイズ

ノートパソコンのディスプレイサイズは、どれくらいがいいのか? わたしのおすすめをご紹介します。

⇒ 15.6インチくらいのノートパソコンがおすすめ

■15.6インチ
ノートパソコンで人気のサイズ。ノートパソコンとしては大きめのディスプレイサイズ。
画面が大きい分、作業はしやすいが、重量は重め。
重さの目安:1.5~2.2kg程度。

⇒ 13~14インチのノートパソコンがおすすめ

■13~14インチ
こちらもノートパソコンで人気のサイズ。そこそこのディスプレイサイズがあり、バランスがよい。
13インチで1kgを切る重さのノートパソコンもあり。
重さの目安:0.7~1.3kg程度。

⇒ 11インチ台のノートパソコンがおすすめ

■11インチ台
ミニノートと呼ばれるくらいのサイズ。
軽くて小さいので持ち運びしやすいものの、ディスプレイサイズは小さめ。
重さの目安:0.8~1.2kg以下

ミニノートについては、以下の記事で特集しています。
おすすめの小型ミニノートパソコン

画面サイズに関してカンタンに解説してみましたが、さらに詳しく知りたい方は、ノートパソコンの液晶画面サイズの選び方。何インチがいい?の記事を参考にどうぞ。

用途によっては、それに適した性能のノートパソコンを選ぶ必要がある

ちなみに、以下のことをしたい場合は、それに適したパソコンを選ぶ必要があります。

    ■以下の用途に使うなら、それに適した性能のノートパソコンを選ぶ必要がある

  • 動画編集
  • デジタルイラストを描く
  • DTM(デスクトップミュージック)
  • 3Dゲーム

これらの用途の使うノートパソコンは、以下の記事で「選び方」と「おすすめのノートパソコン」をわかりやすくご紹介しています。

参考:動画編集におすすめのノートパソコン・選び方
参考:イラストを描くのにおすすめのノートパソコン・選び方
参考:DTMにおすすめのノートパソコン・選び方
参考:ゲーム用におすすめのノートパソコン・選び方

▶ 初心者の方ならサポートが充実しているメーカーから買うのがおすすめ

初心者の方で、パソコンの使い方に不安があるようでしたら、サポートが充実しているメーカーから買うのがおすすめです。

サポートが充実しているパソコンメーカーのおすすめモデルはコチラ

サポートに力を入れているメーカーもある一方で、パソコンの使い方のサポートはしていないメーカーもあります。

使い方がわからないからメーカーに電話して聞いてみよう


使い方のサポートをしていないメーカー


使い方のサポートをしているメーカー

パソコンを使っていると、時には故障などのトラブルが起きたり、どう対処したらよいか分からなくなることもあるでしょう。

パソコンの経験が豊富な人でしたらトラブルは自分で解決できるかもしれませんが、初心者の方ですと不安もあると思います。

そういう時に、サポートが受けられるとなると、ずいぶんと安心ですよね。

▶ 初心者の方におすすめ!サポートが充実しているメーカーのおすすめノートパソコン 2020年10月 秋 更新版

★サポートが充実しているメーカー1:マウスピューター

mouse

マウスコンピューターのノートパソコンを見てみるicon

    ■マウスコンピューターのサポート内容

  • 24時間365日の電話サポート(チャット、LINE、メールでのサポートもあり)
  • 電話サポートでは、例えばWindowsの使い方、インターネット設定などのサポートが受けられる。
  • マウスコンピューターのパソコンを使っている限り、特に期限はなくサポートを受けられるそうです(直接確認ずみ)。(※中古購入ではサポートは受けられませんので、ご注意を。)

マウスコンピューターのおすすめノートパソコン

マウスコンピューター「mouse X5シリーズ」

14・15型のイチオシモデル

マウスコンピューター「mouse X5シリーズ」icon

マウスコンピューター「mouse X5シリーズ」は、15.6型で約1.39kg~の軽量ノートパソコン。

15.6型は、大きめのディスプレイサイズで、ノートパソコンの中でも特に人気のサイズです。

軽いだけでなく、メインPCとしてしっかり使える性能でありながらも、価格が高すぎないのもオススメポイントです。

※ボディカラーによってCPUが異なり、

  • AMD Ryzenモデル=レッド
  • インテルCPUモデル=シルバー

となっています。

どちらを選んでも、長く使っていけるシッカリした性能です。

(インテル製CPUを使っていない分、レッド(AMD Ryzenモデル)の方が価格はお手頃です。)

キーボードは、キートップに凹みが付いていてタイピングしやすくなっています。

▲光をあてて凹みのラインを出したところ

実機レビューがありますので、参考にどうぞ。

実機レビュー

マウスコンピューター【mouse X5シリーズの2モデル】実機レビュー!15.6型の軽量ノートをお探しの方に!コスパもすごい!

■スペック(カスタマイズで選択できるスペックも含みます)

価格 89,800円 (税抜き)~
74,800円(税抜き)~
※2020年11月4日11時までのセール価格!
OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 15.6型 フルHD(1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU AMD Ryzen 5 3500U / インテル Core i7-10510U
メモリ 8GB~32GB
ストレージ SSD:256GB~1TB
サイズ 356×233×さ17.9mm(突起部含まず)
重さ 約1.39kg~
バッテリー駆動時間 AMDプロセッサー搭載モデル:約15.4時間
インテルCPU搭載モデル:約20.5時間

マウスコンピューター「mouse X5シリーズ」を公式サイトで見てみる


マウスコンピューター「mouse X4-B」icon

「もっと持ち運びしやすいパソコンがいい」ということでしたら、このモデルがおすすめです。

  • 13.3型クラスのボディに14型ディスプレイを搭載
  • 14インチの大きめディスプレイでも約1.13kgで軽い
  • メモリ:8GB
  • CPU:AMD Ryzen 5 3500U

という、しっかり使える性能です。
※AMD Ryzen 5 3500Uは、インテルCore i5程度の性能をイメージしてよいと思います。

▲A4対応のバッグで持ち運べるサイズ

実機レビューがありますので、参考にどうぞ。

実機レビュー

マウスコンピューター【mouse X4シリーズ】実機レビュー!実はキーボードも打ちやすい!軽量&ロングバッテリー

■マウスコンピューター「mouse X4-B」のスペック

価格 79,800円(税抜き)~
※2020年10月21日現在の価格
OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 14型 フルHD (1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU AMD Ryzen 5 3500U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD
サイズ 320.2×214.5×17.5mm (突起部含まず)
重さ 約1.13kg
バッテリー駆動時間 約9.4時間

マウスコンピューター「mouse X4-B」を公式サイトで見てみる

★サポートが充実しているメーカー2:HP(エイチピー)

HP

HP Directplus オンラインストアを見てみるicon

    ■HPのサポート内容

  • 新品購入から1年間の使い方サポート付き(受付時間:月曜日~日曜日 9:00~21:00)
  • WindowsなどOSの使い方、インターネットへの接続方法など、HPパソコンの基本的な利用方法を電話でサポート。
  • 有料で「HPなんでも相談サービス」(プリンターの設定、セキュリティ対策ソフトの設定など、パソコン本体の使い方以外についても幅広く相談できる)をオプションで付けることも可能。

HP(エイチピー)のノートパソコンを見てみるicon

HPはノートパソコンの価格自体が安いので、

「なるべく安くノートパソコンを買いたいが、使い方のサポートもして欲しい」

ということでしたら、HPのノートパソコンを選ぶといいですよ。

HP(エイチピー)のおすすめノートパソコン

「HP ENVY x360 15(AMD)」icon

HPでコスパが高くておすすめなのが、このモデルです。

高すぎない価格でしっかり使える性能のノートパソコンです。

パソコンの起動速度が早いSSDを搭載していますし、デザインも◎。HPの15型ノートで人気のモデルです。

タブレットモードやテントモードなど、複数のモードに切り替えもでき、色々な使い方ができます。

実機レビューがありますので、参考にどうぞ。

実機レビュー

HP ENVY x360 15(AMD)の実機レビュー!30秒でわかるポイント・注意点も!5つのモードで使えて高コスパ!

■HP ENVY x360 15(AMD)のスペック

価格 86,000円(税別)~
※2020年10月22日現在の価格
OS Windows 10 Home
ディスプレイ 15.6型 タッチ対応、フルHD(1920×1080)、グレア(光沢)、IPS液晶
CPU AMD Ryzen 5 4500U / Ryzen 7 4700U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス AMD Radeon グラフィックス
サイズ 約358×230×18.9mm ※突起部を除く
重さ 約2.0kg
バッテリー駆動時間 最大17時間 ※メーカー公表値

「HP ENVY x360 15(AMD)」を公式サイトで見てみるicon




もっと持ち運びしやすいモデルなら、上記モデルの13インチバージョンの「HP ENVY x360 13」がオススメです。

「HP ENVY x360 13」icon

こちらも、価格はおさえられつつもメインPCとしてシッカリ使える性能のノートパソコンです。

タブレットモードやテントモードなど、複数のモードに切り替えもでき、色々な使い方ができます。

実機レビューがありますので、参考にどうぞ。

実機レビュー

HP ENVY x360 13の実機レビュー!30秒でわかる注意点とポイント掲載。幅広く使えてコスパも凄い!

■ENVY(エンヴィ)x360 13のスペック

価格 70,000円(税別)~
※2020年10月22日現在の価格
OS Windows 10 Home
ディスプレイ 13.3型 タッチ対応、フルHD(1920×1080)、グレア(光沢)、IPS液晶
CPU AMD Ryzen 3 4300U / Ryzen 5 4500U / Ryzen 7 4700U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:256GB / 512GB
グラフィックス AMD Radeonグラフィックス
サイズ 約306×194×15.5(最薄部)-16.5(最厚部)mm
重さ 約1.25kg
バッテリー駆動時間 最大約17時間

性能別にいくつかのモデルがありますが、スタンダードモデルがおすすめです。

「HP ENVY x360 13」を公式サイトで見てみる

★サポートが充実しているメーカー3:ダイナブック

toshiba

ダイナブック・ダイレクトでノートパソコンを見てみる

ダイナブックもパソコンのサポートに力を入れているメーカーです。

    ■ダイナブックのサポート内容

  • 電話サポート 9:00~19:00 (年中無休)
  • 予約しておけば、18:00~21:00の間にサポートの方から電話してもらってサポートを受けることも可能(こちらも年中無休)
  • メールサポートもあり
  • 別途有料で「訪問サポート」、「遠隔支援サービス」、「データ復旧サービス」、「最長5年間の延長保証」もあり

安さを売りにしているメーカーと比べると、価格面では高くなってしまいますが、サポートの評判が良いです。

ダイナブックは、元々は東芝のノートパソコンブランドとして30年の歴史がありますから、品質的にも安心です。

なお、ダイナブックのパソコンを購入検討している方は、まずダイナブックのオンラインストアからCOCOROメンバーズに会員登録するのがオススメです。すると、

「えっ?こんなに安くなるの?」

というくらい安くなります。ダイナブックのパソコンを検討している方は、面倒でも会員登録して、どれくらい安くなるのか確認するのをおすすめします。

会員になるといっても、[会員になるとプライスダウン]のボタンを押して、メールアドレス、パスワード、ニックネームを登録するだけなので簡単です。

ダイナブックのおすすめノートパソコン

dynabook「CZ45/L(型番:W6CZ45BLGJ)」

  • CPU:インテル Core i3
  • ストレージ:256GB SSD
  • メモリ:8GB
  • ディスプレイ:フルHD画質

といったバランスのよい性能のノートパソコンです。

ちなみに、ダイナブック公式サイトからCOCOROメンバーズに会員登録するとかなり安くなります。

大きめの15.6インチのノートパソコンで、重さが約2.4kgあるため、頻繁に持ち運ぶのには不向きです。

「主に家で使うけど、たまに持ち運びたい」という方におすすめです。

価格 124,000円 (税抜)
※2020年10月22日現在の価格
※会員登録すると、かなり安くなります。
ディスプレイ 15.6型 フルHD (1920×1080)
OS Windows 10 Home
CPU インテル Core i3-8130U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD
サイズ 約379×258×23.7mm(突起部含まず)
重さ 約2.4kg
バッテリー駆動時間 約7時間

dynabook「CZ45/L(型番:W6CZ45CLGJ)」を公式サイトで見てみる


dynabook「SZ73/R(型番:W6SZ73CRBC)」

こちらは「メインパソコンとして使えて、持ち運びもしやすいノートパソコンが欲しい」という方にオススメです。

  • CPU:Core i5搭載
  • メモリ8GB
  • 256GB SSD
  • 見やすいIGZO液晶、フルHD画質のディスプレイ
  • 長時間バッテリー駆動

といったバランスのよう性能で、いろいろな用途で快適に使えます。

13.3インチ、重さ約1.199kgで比較的軽量です。

26方向からの76cm落下テストなどに耐える強堅ボディも魅力。

会員登録すれば、コスパのよい価格なので、その点でもオススメです。

価格 131,000円 (税抜)
※2020年10月22日現在の価格
※会員登録すると、かなり安くなります。
OS Windows 10 Home
ディスプレイ 13.3インチ フルHD(1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i5-10210U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD
サイズ 約316×227×19.9mm(突起部含まず)
重さ 約1.199g
バッテリー駆動時間 約19時間

dynabook「SZ73/R(型番:W6SZ73CRBC)」を公式サイトで見てみる

★サポートが充実しているメーカー4:富士通

fujitsu

富士通のノートパソコンを公式サイトで見てみるicon

富士通もパソコンのサポートに力を入れているメーカーです。

    ■富士通のサポート内容

  • 新品購入から1年間の電話サポート付き(受付時間:9時~19時)
  • 電話サポートでは、パソコンの使いこなし相談やトラブル相談ができる。
  • 有償でサポート期間を2年間、3年間に延長することも可能。

他には有料ですが、

  • PCコンシェルジュサービス(Word、Excel 、他社周辺機器(プリンタ、デジカメ)との接続などについても相談できる)
  • PC家庭教師(自宅に出張してくれてパソコンの困りごとを解決)
  • PCつなげてレッスン(リモートで同じ画面を見ながら教えてもらえる)

などのサービスもあります。

富士通は価格重視のメーカーではないので、価格はそれほど安くはないのですが、サポートのバリエーションが充実しています。

富士通のおすすめノートパソコン

富士通「LIFEBOOK WA3/E2」

キーボードがとても打ちやすくオススメのモデルです。

デザインもよいですし、上位モデルはONKYOと共同開発のスピーカーを搭載しており、音もよいです。

類似モデル(前モデル)の実機レビューがありますので、参考にどうぞ。

実機レビュー

富士通 LIFEBOOK WA3/D3の実機レビュー!タイピングしやすいノートPCならコレ!スピーカーの音もいい

■オススメの構成

  • メモリ:8GB以上
  • ストレージ:約256GB SSD + 約1TB HDD
価格 105,089円 (税抜)~
※2020年10月22日現在で、富士通サイト内のクーポン利用時の価格
OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 15.6インチ フルHD (1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i3-10110U / i5-10210U / i7-10510U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ 500GB~1TB HDD / 1TB SSD
デュアルストレージ仕様:「256GB~1TB SSD」+「 1TB HDD」
バッテリー駆動時間 約8時間
サイズ 約361×244×27mm(突起部含まず)
重さ 約2.1kg

富士通「LIFEBOOK WA3/E2」を公式サイトで見てみる



富士通「LIFEBOOK WU2/E3」

2020年10月登場のNEWモデル!

富士通「LIFEBOOK WU2/E3」は、13.3型で約634g~という驚異の軽さのノートパソコンです。(重量は選択した仕様によって異なります)

13.3型は、そこそこの画面サイズがあり、持ち運びしやすいサイズです。

安売りパソコンではありませんが、世界トップクラスに軽いノートパソコンなので、持ち運びしやすいノートパソコンをお求めの方には非常にオススメです。
 

■オススメの構成

  • CPU:Core i3またはCore i5
  • メモリ:8GB以上
  • ストレージ:約256GB SSD以上
価格 129,463円 (税込み)~
※2020年10月22日現在で、富士通サイト内のクーポン利用時の価格
OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 13.3型 フルHD(1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i3-1115G4 / i5-1135G7 / i7-1165G7
メモリ 4GB / 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ SSD:128GB~2TB
バッテリー駆動時間 約11~22.5時間(バッテリーサイズなどによる)
サイズ 307×197×15.5mm(突起部含まず)
重さ 約634~865g(構成による)

富士通「LIFEBOOK WU2/E3」を公式サイトで見てみる

~~~~~~

ちなみに、同じシリーズで「ペン対応&2in1」のLIFEBOOK WU3/E2もあります。

類似モデル(前モデル)の実機レビューでポイントがすぐに分かるようになっていますので、よければ参考にどうぞ。

【参考:前モデルの実機レビュー】

富士通 LIFEBOOK WU3/D2の実機レビュー

富士通LIFEBOOK WU3/D2

LIFEBOOK WU3/E2にも特別割引クーポンがあります。ぜひご利用ください。
(有効期限2020年10月19日(月)11:00まで)

■25%オフになる特別割引クーポン
PRD710LSJ

富士通「LIFEBOOK WU3/E2」を公式サイトで見てみる
 

▶ はじめてパソコンを買う初心者の方が知っておいた方がいいこと・疑問に思いそうなこと

以下、はじめてパソコンを買う初心者の方が、知っておいた方がいいことや、疑問に思いそうなことについて書いてみました。

気になる項目があったらチェックしてみてください。

「使い方のサポート」はしていないメーカーもあるので注意!

パソコンを新品で買うと、ほとんどの場合1年間の修理保証は付いてきます。

しかし、パソコンの「使い方のサポート」は、付いてくるメーカーと付いてこないメーカーがあります。

使い方のサポートを受けたい方は、上でご紹介している「使い方のサポートを付けているメーカーのパソコン」を買いましょう。

中古で買ってしまうとサポートが受けられない可能性があるので、メーカーサイトで新品購入するのが安心です。

どのCPUを選んだらいいの?

パソコンの性能でとくに重要なのは、「CPU」と「メモリ容量」です。

CPUは、パソコンの頭脳にあたる部分。メモリは、一時記憶装置、といったところです。

CPUの大まかな解説と、どのCPUを選んだらいいのかの記事を下記に載せておきますね。

■インテルCPUの比較表

CPUの名前 性能 用途
Core i7 ★★★★★ 値段は高いが、高性能。動画編集やゲームなどハイスペックな性能のCPUが必要な時に。
Core i5 ★★★★ 一般的なアプリケーションを使うのには十分な処理性能。
Core i3 ★★★ そこそこの性能があり、コストパフォーマンスに優れている。
Celeron 値段が安い。いわゆる「廉価版」。値段は安いが、性能はCoreシリーズと比べると劣る。
Atom 小型のノートパソコンに搭載されていることが多いCPU。値段が安い。こちらもいわゆる「廉価版」。

※例外もありますが、例外は気にしないで大丈夫です。

一般的な用途に使うのであれば、一般的な用途で使うのに快適なスペックはこれくらい!のところにも書いた通り、Core i5を選べぶのが無難です。

さらに詳しく検討したい方は、下記の記事を参考にしてくださいね。
ノートパソコンの選び方。CoreいくつのCPUを選べばいい?

ノートパソコンのバッテリー駆動時間はどれくらいあればいい?


ノートパソコンを買うときは、1回の充電でどのくらいの時間使えるのか?も気にしておきたい点です。

ノートパソコンによって1回の充電で使える時間(駆動時間)が異なります。

1回の充電で最大の駆動時間が4、5時間のノートパソコンもあれば、1回の充電で18時間も使えるノートパソコンもあります。

あなたの場合は、どの程度の駆動時間が必要なのか考えてみましょう。

外出先で1日に数時間しか使わないのでしたら、帰宅して充電すればいいので、それほど駆動時間のことは気にしなくても大丈夫でしょう。

ACアダプターを持ち運べば、コンセントで充電できるけど、荷物がかさばる


ちなみに、ノートパソコンと一緒に充電用のACアダプターを持ち歩けば、コンセントがあれば充電ができます。

ですので、基本的にコンセントがある場所に持ち出すのでしたら、そこまで駆動時間のことは気にしないで大丈夫とも言えます。

ただ、ACアダプターも持ち運ぶとなると、荷物が増えますし重くなるので、バッテリー駆動時間が長いことに越したことはないです。

パソコンの延長保証に入った方がいい?

ほとんどのパソコンは、新品購入なら1年間の保証がついてきます。

また、3年間くらいの延長保証を有料で付けることができることも多いです。

ノートパソコンは、特にトラブルがなければ4、5年くらいは普通に使うことができます。

ですので、有料で3年の延長保証をつけても、結果的には3年間保証を使うことなく保証期間が終了することもあります。

ですがもちろん、運が悪ければ途中で故障が起きることもあります。

結局のところ、延長保証を付けた方がいいかどうかは運によります(笑)(ちなみに、私は延長保証には入りません)。

    ■延長保証を付けなくても大丈夫そうな人

  • ある程度の故障なら自分で対処できる
  • 「万が一故障したら、お金を払って修理すればいいや」と割り切れる

↑このような方は、延長保証は付けなくてもいいと思います。

逆に、

    ■延長保証を付けた方が良さそうな人

  • お金で安心を買いたい
  • 貯金にあまり余裕がないので、万が一、故障したときに高い修理代がかかると困る

ということであれば、延長保証を付けるといいでしょう。

サポートが充実しているメーカーのおすすめノートパソコンを見てみる

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ