マウスコンピューター「DAIV 4P」の実機レビュー!約985gで超軽量なのにクリエイター向けのノートパソコン!

マウスコンピューター DAIV 4Pのメイン画像

マウスコンピューター DAIV 4Pのスペック

「マウスコンピューター DAIV 4P」の実機レビューです。

DAIV 4Pは、14型で約985gの超軽量なクリエイター向けノートPC。

色域が広めで、Core i7-1165G7を搭載していて、クリエイティブな作業も十分に可能です。

とても軽いので、気軽に持ち運べるクリエイター向けノートです。
 

最初に、レビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をあげていきます。

ここだけご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

>> マウスコンピューター DAIV 4Pを公式サイトで見てみる <<

▶ マウスコンピューター DAIV 4Pを公式サイトで見てみる

なお、レビュー機はメーカーからの貸出品です。
※貸出品であっても、レビューはデメリットも含めて誠実に行います。

見出し:おすすめポイント・特徴

ポイント

軽そうに持っているところ

重さを測っているところ

本体 約981g
ACアダプター+電源ケーブル 約234g

14型のノートパソコンとしては、かなり軽量なので、持ち運びしやすいです。

ポイント

色域

■カバー率

sRGB 99%
DCI-P3 77%
Adobe RGB 77%

※あくまで当方で測定した数値ですので、環境や測定機器によって違いが生じる可能性があります。

当サイトで測定したところ、ほぼsRGBカバー率100%でした。
※メーカーページには「sRGB比100%」との記載があります。

液晶ディスプレイとしては、広めの色域をカバーしているので、クリエイティブな作業向きです。

ポイント

Thunderbolt 4を搭載しているので、外付けGPUを使ったりできるのも嬉しいポイント。

マウスコンピューター DAIV 4PのThunderbolt 4

ポイント

スタイリッシュな外観で、デザインもよいです。

ポイント

カスタマイズ可能

OS、メモリ、ストレージのカスタマイズが可能。

ポイント

24時間365日のサポート

24時間365日のサポート付きなので、初心者の方にもオススメです。

見出し:デメリット・注意点など

注意点 高い負荷がかかったときのファン音が大きい

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から測定。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけると、ようやく小さなノイズが聞こえる程度
ベンチマークテスト時 最大50.2db前後

※ベンチマークテスト時のdb数は、あくまで当サイトで測定した場合の音の大きさです。これよりも大きな音がしないことを確約するものではありません。

アイドル時や高い負荷がかかっていないときは静かです。

継続して高い負荷がかかったときのファン音(排気音)は、意外と大きいです。

自習室など静かな場所でファン音が大きくなると、少し気になるかもしれません。

カフェなどでは、周りの音にかき消される程度なので問題ないでしょう。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

>> マウスコンピューター DAIV 4Pを公式サイトで見てみる <<

▶ マウスコンピューター DAIV 4Pを公式サイトで見てみる


■DAIV 4Pのスペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 14型 WUXGA (解像度1920×1200)、ノングレア (非光沢)
CPU インテルCore i7-1165G7
メモリ 16GB / 32GB / 64GB
ストレージ SSD:512GB / 1TB / 2TB
グラフィックス インテル Iris Xe
サイズ 308.8×213×16.4mm(突起部含まず)
重量 約985g
その他 Wi-Fi 6、Bluetooth 5

※2020年6月23日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

■今回のレビュー機のスペック
「メモリ16GB、512GB SSD(型番:21054P-TGL)」

▶キーボード

▲タップorクリックで拡大

右上の一部のキーが小さくなっていたりはしますが、バランスのよいキー配列になっています。

タイピングのしやすさは、打ちづらいわけでもなく、めちゃくちゃ打ちやすいわけでもなく、普通といったところです。

キーストローク(キーが沈み込む距離)は約1.2ミリで、やや浅め。

キーストロークが浅めのため、打ち始めが硬めで、そこからスッとキーが入っていくタイピング感なので、
小さな指の動きでタイピングするのに向いています。
 

ファンクションキー(Fキー)は、全角カタカナ変換などWindowsのデフォルト機能が優先されています。

Fキー

(音量の上げ下げなどFキーに割り当てられた独自機能を使うには、Fnキーと同時押しで使います。)

▼キートップ(キーの表面)はほぼフラット。

キートップのアップ画像

タイピング音の大きさは、やや小さめです。

キーボードを斜め上からアップ

キーピッチなど

デスクトップPC用キーボードとの比較

▲デスクトップPC用キーボードと比較したところ

▼キーピッチ(キーとキーの間隔)は、タイピングしやすいと言われる約19ミリ。

キーピッチ

▼パームレストは十分な広さ。

パームレストに手をのせたところ

本体の厚さが薄いので、デスクとの段差が小さめで、手が疲れにくいです。

キーボードバックライトを搭載

キーボードのバックライトは、Fn+F7キーでオン・オフができます。明るさは2段階で調整可能。

キーボードのバックライト

タッチパッド

クリックボタン一体型のタッチパッドです。

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、やや大きめです。

タッチパッド

▼なお、タッチパッドの左上をダブルタップすると、タッチパッドのオン・オフができるので便利です。

タッチパッド・オフ

▲タッチパッドがOFFのときはインジケーターが点灯

▶スピーカー

底面にスピーカーを搭載。

マウスコンピューター DAIV 4Pのスピーカー

スピーカーの音質は「もう少し音抜けが欲しい」と感じました。作業中に音楽を楽しめるくらいの音質はあると思います。

なお「THX SPATIAL AUDIO For PCs」がインストールされており、ある程度の音質調整ができます。

THX

▶ディスプレイ

解像度1920×1200ドットの液晶ディスプレイです。

アスペクト比(縦横比)が16:10で、よくある16:9のディスプレイよりも縦長です。

縦に長く表示できるため、ウェブやSNSなど、縦長のコンテツの表示に有利。

角度をつけて見ても若干暗く見える程度で、見やすいディスプレイです。

ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

▼ディスプレイを開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

ノングレア液晶なので、写り込みしにくい

マウスコンピューター DAIV 4Pのディスプレイは、ノングレア(非光沢)液晶なので、写り込みしづらいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

作業中に光が反射してチラついたりしにくいので、目に優しく実用的です。

▶バッテリー駆動時間

DAIV 4Pは、スタートメニュー ⇒ Control Center でパフォーマンス設定ができます。

今回は「バランスモード(ターボモードはオフ)」に設定し、バッテリー駆動時間を計測しました。

バランスモード

■バッテリー駆動時間の実測

JEITA Ver.2.0測定法 約12時間
※メーカー公表値
ネット閲覧とテキスト打ちに使用
(負荷:軽)
7時間24分
PCMark 8 WORK
(負荷:中)
5時間58分
※バッテリー残量が20%を切るまでの時間
30分で充電できたバッテリー量
※付属のACアダプターを使用
約45%

※ディスプレイの明るさ:80%で測定しました。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

測定条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■「ネット閲覧とテキスト打ちに使用」のバッテリー駆動時間 測定条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 WORK」について

オフィスワークタスクでのバッテリー駆動時間をソフトウェア「PCMark 8」で測定したバッテリー駆動時間を掲載しています。
テストでは、ドキュメント作成、スプレッドシート作成、ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなどを行ないます。

ロングバッテリーとは言えないですが、PCMark 8 WORKで6時間近いバッテリー駆動時間は、悪くないです。

▶サイズ

A4用紙とDAIV 4Pの大きさの比較
▲セミB5ノート(大学ノート)とのサイズ比較

DAIV 4Pの薄さ

大学ノート 252×179mm
A4サイズ 297×210mm
DAIV 4P 308.8×213×厚さ16.4mm(突起部含まず)

幅×奥行きはA4に近いサイズで、A4サイズ対応の標準的な大きさのビジネスバッグでも持ち運びしやすいです。

ビジネスバッグに入れているところ

脇にかかえて持っているところ

▶インターフェイス

■右側面

右側面

① Thunderbolt 4(映像出力、USB Power Delivery対応)
② USB 3.0 (Type-A)
③ HDMI 端子
④ 電源端子

■左側面

左側面

① セキュリティスロット
② USB 3.1 (Type-C)(映像出力、USB Power Delivery対応)
③ USB 3.0 (Type-A)
④ SDカードリーダー(SDXC、SDHC 含む。UHS-I対応)
⑤ ヘッドホン出力 / ヘッドセット端子

SDカードを挿すと、かなりはみ出すので、挿しっぱなしにしておくのには向いていません。

SDカードを挿しているところ

モバイルバッテリーからの充電

モバイルバッテリーで充電しているところ

モバイルバッテリーの最大出力
充電の可否
29W ×
45W
60W

※同じ出力のモバイルバッテリーを用いれば必ず充電できることを保証するものではありません。

ちなみに、公式サイトには「65W (20V/ 3.25A) 以上を出力可能なUSB Power Delivery対応機器であれば、本体に充電できます。」との記載があります。

「マウスコンピューター DAIV(ダイブ)4P」を公式サイトで見てみる
 

▶クリエイティブ系アプリのパフォーマンス

実際に、Adobeのアプリケーションをいくつか使ってみて、どの程度快適に使えるかチェックしてみました。

Adobe Premiere Pro

4K動画に簡単にキーフレームやテロップ入れるなどの編集をしてみましたが、重さを感じることなく快適に作業できました。

※DAIV 4Pのディスプレイ自体はフルHD画質ですので、4K画質でのプレビューはできません。

Adobe Photoshop

解像度が大きめの画像も、一瞬でフィルタなどをかけられましたし、快適に使えました。

Adobe Illustrator

スタライズでドロップシャドウをかけたオブジェクトを重ねて移動させるなどしても、動作が重くなることなく快適に使えました。

ただし、DAIV 4Pのタッチパッドでは、「スペース+ドラッグ(手のひらツール)」で移動の操作がしづらかったです。

―― 処理性能のチェック ――

■レビュー機のCPU

  • インテル Core i7-1165G7
  • 4コア / 8スレッド
  • 2.8GHz-4.7GHz

ビデオ会議、ワードやエクセルでの作業などには十分余裕のある性能です。

処理性能的には画像編集も十分にいけますが、Adobe RGBカバー率は100%まではいっていません。

ただ、測定結果ではAdobe RGBカバー率:77%で、液晶ディスプレイとしては広めの色域です。

動画編集もある程度できますが、外部GPU搭載ノートと比べると、レンダリングには時間がかかります。
 

※なお、以下で実施しているベンチマークテストは、Control Centerの動作モードを「バランスモード」に設定して計測しました。

▶CPU性能

CINEBENCH R23

 CINEBENCH R23のテスト結果

マルチコア 5884
シングルコア 1521
CPUMark

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果:12910

スコア 12910

PassMarkでの同CPUの平均スコア10590よりも高いスコアなので、CPUのパフォーマンスはしっかり出ていると言っていいでしょう。
※2021年7月8日現在の平均値

▶SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

PCIe3.0×4のSSDとしては特段速くはありませんが、大きな容量のデータをコピーする機会が多いとかでなければ、実用的には十分速いと思います。

また、SATA接続のSSDやHDDと比べると圧倒的に速いです。

ちなみにDAIV 4Pは、最大2TBにまでSSD容量を増やしてのカスタマイズ注文できます。

SSD情報

SSD情報

Micron(マイクロン)製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

▶グラフィックス性能

マウスコンピューター DAIV 4Pのグラフィックスは「インテル Iris Xe グラフィックス」です。

3DMarkのスコア
Fire Strike 3781
Time Spy 1515
ドラゴンクエストX ベンチマーク
最高品質(1920×1080) 9268 とても快適
FF14 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
標準品質(1920×1080) 4329 快適

※グラフィックス設定は、最高品質以外は「ノートPC」向けの設定にて計測。

ストリートファイターV ベンチマーク
解像度 平均フレームレート・結果
1440×900 59.94 FPS 快適
1680×1050 51.67 FPS スペック不足
1920×1200 41.30 FPS スペック不足

1920×1200ではスペック不足でしたが、1440×900まで解像度を落とせばプレイ可能でした。

というわけで、ドラゴンクエストXなどの軽めの3Dゲームなら、普通にプレイできるグラフィックス性能があります。

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

シンプルかつスタイリッシュで、ルックスもよいです。

マウスコンピューター DAIV 4Pの外観。斜め上からのカッコいいアングル

ボディシャーシにマグネシウム合金が使われているので、質感もよいです。

明るいカラーなので、指紋が目立ちにくいのもメリットですね。

DAIV 4Pの外観 天板側から斜め上

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

ヒンジの画像

パームレストのアップ

 
電源ボタンは、指紋認証には対応していません(カメラでの顔認証には対応しています)。

電源ボタン

▼100万画素のWEBカメラも搭載。Windows Hello(顔認証機能)対応です。

WEBカメラ

▶付属品など

付属品一式です。

DAIV 4Pの付属品

  • ACアダプター
  • 電源ケーブル
  • サポートマニュアル
  • ファーストステップガイド
  • 保証書
  • CLIP STUDIO PAINT DEBUT シリアルナンバー

などが付属。

※付属品は変更になる可能性があります。

▶マウスコンピューター「DAIV 4P」のレビューまとめ

「マウスコンピューター DAIV 4P」のレビューのまとめです。

DAIV 4Pは、とても軽量で、デザインもよく、色域が広く、CPU性能も高いので、よいノートパソコンです。

大きな負荷がかかったときの排気音が大きいのは気になる点ですが、CPU性能を十分に活かすには、仕方がない部分もあるのかなと思います。

外出先でクリエイティブ作業をするのに、軽量なノートパソコンをお探しの方にオススメですよ!

>> マウスコンピューター DAIV 4Pを公式サイトで見てみる <<

▶ マウスコンピューター DAIV 4Pを公式サイトで見てみる

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

関連記事

【現行21選!】軽量・薄型のおすすめノートパソコン【2021年9月 夏・秋 更新版】軽い・薄い

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ