HP ENVY 13のレビュー!スタイリッシュな外観。気になる点はある?

HP ENVY 13

「HP ENVY 13」の実機レビューをお届けします。
 
「レビューを全部読む時間がない!」

という方のために、レビューしてわかった「おすすめポイント」「注意点など」を、最初に挙げておきます。

    ■「HP ENVY 13」のおすすめポイント

  • アルミが贅沢に使われ、スタイリッシュな外観
  • HP ENVY 13の外観

  • SSDのデータ転送スピードが爆速
  • HP ENVY 13のSSD転送速度

  • オーディオメーカーと共同開発のスピーカーを搭載。音がいい
  • HP ENVY 13のスピーカー

    ■注意点など

  • タッチ対応ディスプレイですが、アクティブペンには対応していません
  • キーボードの右側の配列は好みが分かれそう(詳しくはキーボードの項目を参照
  • メモリは後から増設できない

「HP ENVY 13」を公式サイトで見てみるicon
 

■レビュー機のスペック

液晶 13.3インチワイド・フルHD、ブライトビュー、IPSタッチディスプレイ
CPU インテル Core i3-8130U プロセッサー
メモリ 4GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス インテル UHD 620
サイズ 306☓212☓15.0(最薄部)-16.5(最厚部)mm
重量 約1.27kg
バッテリー駆動時間 最大 約14時間

↓目次で、ある程度の内容がご確認いただけます(クリックすると、その項目に飛びます)。

▶CPUの性能チェック

負荷の大きい作業をするのでもなければ、十分な性能

レビュー機のCPUは「インテル Core i3-8130U プロセッサー(2.20-3.40GHz)」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストでは、5303で、まずまずといった性能といったところ。

負荷の大きい作業をするのでもなければ、十分な性能でしょう。

パスマークのCPUのキャプ画像

なお、HP ENVY 13のスタンダードモデルは、Core i5-8250Uを搭載しています。

もっとCPU性能が高い方がよい場合は、スタンダードモデルを選ぶといいでしょう。

▶SSDの性能チェック

SSDのデータ転送速度はかなり速い

高速なNVMe対応PCIe接続のSSDですので、データ転送速度は超高速です。

転送速度のスピードのキャプチャ

SSD情報

SAMSUNG(サムスン)製のSSDでした。

SSD情報のキャプチャ

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もありますのでご了承ください。

専用グラフィックスは搭載していないので、動画編集には向かない

NVIDIA GeForceなどの専用グラフィックスは搭載していませんし、グラフィックスの処理性能は高くないので、動画編集には向きません。

▶キーボード

キーは浅めで普通の打ちやすさ

キーボードを真上から撮った画像

▲クリックで拡大

打ちはじめが少し硬くしてある印象のタイピング感です。打ちやすさ的には普通といったところ。

一番右端のキー配列は、好みが分かれそう

このキーボードの独特なところは、[Enter]や[BackSpace]などのキーが、一番右端ではないところです。

キーボードの右側

一番右端は、[home][page up][page down]などのキーが並んでいます。

個人的には、[home]キーなどはナシで、[Enter]や[BackSpace]などのキーが一番右に来ていた方が好みです。

(だからといって、めちゃくちゃタイピングしづらいといったことはなかったです)

[home]キーなどはあった方が便利ですし、[Enter]キーが少し内に寄っている分、右手の小指が届きやすくなっています。

人によって好みが分かれるかもしれません。
 

パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

13.3インチのノートパソコンということもあり、パームレストの広さは十分にありました。

タイピング音は、特段うるさいわけでもなく、静かでもなく

キーボードを斜め上からアップで撮った画像

キーボードのタイピング音は、「カタカタ」というか、「ドドドド」といった感じのタイピング音です。

特段うるさいわけではありませんが、静かなタイピング音でもない、といったところです。

キーボードに傾斜がついてタイピングしやすくなる「リフトアップヒンジ」

本体を開くとヒンジが持ち上がる「リフトアップヒンジ」が採用されています。

リフトアップヒンジの画像

リフトアップヒンジにより、キーボードに傾斜がついてタイピングしやすくなります。

また、キーボード下にスペースができるので、排熱性もよくなります。

フルサイズキーボードとサイズを比較

フルサイズのキーボードと比較してみました。

フルサイズのキーボードとの比較

キーの大きさやキーピッチ(キーとキーの間隔)は、デスクトップPC用のキーボードなみです。

キーボードにバックライトを搭載

キーボードのバックライトは、F5キーでオン・オフができます。暗いところでの作業に役立ちます。

キーボードのバックライト

タッチパッド

タッチパッドのエリアの幅は約11cm程あり、広めです。

タッチパッド

とくに問題ない使い心地です。

「HP ENVY 13」を公式サイトで見てみる

▶スピーカー

ノートパソコンのスピーカーとしては、とてもよいサウンド

「HP ENVY 13」は、オーディオメーカーBang & Olufsen(バング&オルフセン)と共同開発のクアッドスピーカーを搭載しています。

Bang & Olufsen

スピーカーグリルはジオメトリック(幾何学的)デザインで、キーボードの上に2つ、本体裏面に2つ、計4つのスピーカーが搭載されています。

フロントスピーカーの画像

▲キーボードの上側にスピーカー

リアスピーカーの画像

▲底面の手前側左右にもスピーカー

オーディオメーカーと共同開発したスピーカーだけあって、バランスのよい音です。

低音が効いているような音源など、音源によっては「いかにもノートPCのスピーカーの音」という感じに聞こえることもありましたが、

ノートパソコンのスピーカーとしては、とてもよいサウンドを出力してくれます。とくに、高音がキレイな音源は、かなり楽しめると思います。

▶液晶画面

IPS液晶で視野角が広い

視野角をチェックしてみます。結論からいうと、IPS液晶ということもあり、視野角は広いです。

視野角 正面

↓横から角度をつけて見たところ。

視野角 かなり横から

これだけ角度をつけるとさすがに多少暗くはなりますが、この角度でもこれくらい見えるので、視野角は十分に広いです。

タッチ対応ディスプレイを搭載。アクティブペンには非対応

液晶はタッチ対応ディスプレイなので、直接画面にさわって操作することもでき便利です。

タッチ対応ディスプレイ

ただし、アクティブペンには対応していないので、画面にペンで書くことはできません。

グレア(光沢)液晶のテカり対策

「HP ENVY 13」の液晶は、鮮やかで綺麗な液晶ではありますが、グレア液晶(光沢液晶)なので、映り込みはしやすいです。

シャチが写り込んでいる画像

画面の映り込みやテカリが気になる方は、低反射タイプの液晶保護フィルムを貼るとよいでしょう。

HP ENVY 13をHPのオンラインストアで購入するときに、専用の「低反射タイプの液晶保護フィルム」も一緒に買うことができますよ。

▶サイズ、重さ

A4用紙よりも少しだけ大きい程度のサイズ

A4サイズ用紙とのサイズ比較です。

A4サイズよりも少しだけ大きいサイズなので、ビジネスバッグでも持ち運びしやすいでしょう。

A4用紙との比較画像

▲青いA4サイズの青い用紙をHP ENVY 13の上に置いたところ

重さの実測:1,267グラム

本体は「1,267グラム」でした。メーカーサイトには約1.27kgとあったので、ほぼ同じくらいですね。

本体の重さ

ACアダプターの重さは「295グラム」なので、本体と合わせると合計1,562グラムです。

ACアダプターの重さ

▶静音性のチェック

普段は無音。負荷が高いときの排気音も耳障りは感じず

静音性のテスト

CPU負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

それほど負荷がかかっていない状態では、無音でした。

大きく負荷がかかると「49db」くらいまで排気音などが鳴りました。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

「49db」くらいの音がなっているときは、「シュー」という感じの音で、キュイーーンと高音が強い感じの音ではないので、それほど耳障りには感じませんでした。

▶外観

シンプルでスタイリッシュな外観

HP「ENVY 13」のボディカラーは、「シルクゴールド」の1色のみです。

斜め上からのカッコいいアングル

アルミニウムが贅沢に使われています。

シンプルなルックスで、「高級感」というより「スタイリッシュ」という印象を受けました。

シンプルながらプラスチックではなくアルミがメインの外観なので、安っぽさはありません。質感がよいです。

折りたたんだ様子

本体裏面

液晶を開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

液晶を開いたところを横から撮った画像

細かい部分のディテールや質感

HPの中でも独創的で美しいパソコンのみに冠される「プレミアムマークのロゴ」が、よいアクセントになっています。

天板ロゴのアップ

全体的に写真ではわからないくらいの細かい梨地処理がされており、手に馴染みやすいです。

パームレストのアップ

約92万画質のWEBカメラも搭載。

WEBカメラの画像

ベゼル(画面のフチ)が細くてスッキリしています(ナローベゼル)。

ナローベゼル

左右側面とインターフェイス

■左側面

インターフェイスは左から、

  • ヘッドフォン出力/マイク入力
  • USB 3.1 Gen1
  • USB type-C 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)
  • microSDカードスロット

左側面

指紋認証設定をすれば、指紋リーダーに振れるだけで簡単にサインインできます。

■右側面

インターフェイスは左から、

  • 指紋認証センサー
  • USB 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)
  • 電源コネクター

右側面

USBポートが半分隠れたデザインになっており、見た目がスッキリしています。

USBポートのアップ

USBポートが半分隠れていても、USBデバイスなどが挿しにくいことはありませんでした。

「HP ENVY 13」を公式サイトで見てみる

▶「HP ENVY 13」のレビューまとめ

見栄えのいい画像1

見栄えのいい画像2

「HP ENVY 13」のレビューのまとめです。

    ■注意点など

  • タッチ対応ディスプレイですが、アクティブペンには対応していません
  • キーボードの右側の配列は好みが分かれそう(詳しくはキーボードの項目を参照
  • メモリは後から増設できない

    ■「HP ENVY 13」のおすすめポイント

  • アルミが贅沢に使われ、スタイリッシュな外観
  • HP ENVY 13の外観

  • SSDのデータ転送スピードが爆速
  • HP ENVY 13のSSD転送速度

  • オーディオメーカーと共同開発のスピーカーを搭載。音がいい
  • HP ENVY 13のスピーカー

シンプルながらアルミをふんだんに使った外観。

ミドルスペック。

そして、高すぎない価格。

というわけで、

「外観がよく、メインPCとして使える性能で、価格が高すぎないモデルが欲しい」

という方におすすめのノートパソコンです。

ただし、メインPCとして使うなら、「メモリ8GB、Core i5-8250U プロセッサー」を搭載しているスタンダードモデルの方がおすすめです。

「HP ENVY 13」を公式サイトで見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ