HP Pavilion 13-an0000の実機レビュー!メインPCとして使えてコスパが高い!

アイキャッチ画像

「HP Pavilion 13-an0000」の実機レビューをお届けします。

すぐに特徴や注意点をチェックしていただけるように、最初にレビューしてわかった「おすすめポイント・特徴」「注意点など」を挙げておきます。

    ■「HP Pavilion 13-an0000」のおすすめポイント・特徴

  • メインPCとしてしっかり使えるスペックながら、価格が抑えられている
  • スペック画像

  • アルミボディの綺麗なデザイン
  • 薄型ベゼルでA4サイズに近く持ち運びしやすい
  • サイズの比較画像

  • 1年間の『使い方サポート』がついてくるから初心者の方にも◎
  • サポート中の女性オペレーター

    ■注意点など

  • キーボード配列は好みが分かれそう
  • エンターキーが右端ではない

  • グレア(光沢)液晶なので、横からみると写り込みしやすい
  • 液晶の写り込みテスト

    ※正面から見る分には、写り込みは気にならなかったです

「HP Pavilion 13-an0000」を公式サイトで見てみるicon
 

■Pavilion(パビリオン)13-an0000のスペック

OS Windows 10 Home
液晶 13.3インチ フルHD(1920×1080)、ブライトビュー、IPSディスプレイ
CPU インテル Core i5-8265U プロセッサー
メモリ 8GB
ストレージ SSD:256GB(PCIe NVMe M.2)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620
サイズ 約 310×215×15.5 (最薄部)-17.5 (最厚部) mm
重量 実測 約1,267g
バッテリー駆動時間 WEB閲覧などの軽い用途に使った場合
実測 9時間48分

↓目次で、ある程度の内容がご確認いただけます(クリックすると、その項目に飛びます)。

★おすすめポイント・特徴をくわしく解説!★

▶メインPCとしてしっかり使えるスペックながら、価格が抑えられている

  • インテルCore i5
  • メモリ8GB
  • SSD 256GB

と、メインPCとしてしっかり使えるスペックも持ちながらも、79,800 円(税抜)※2019年4月30日現在の価格)

HPのSpectreシリーズなどと比べると、スピーカー性能などコストカットされている部分は見られますが、その分コストパフォーマンスが高いです。

▶アルミボディの綺麗なデザイン

HP「Pavilion 13-an0000」のボディカラーは「モダンゴールド」と「SAKURA」の2色展開。

今回のレビュー機は「モダンゴールド」です。

HP Pavilion 13-an0000の外観。斜め上からのカッコいいアングル

アルミニウム素材が使われているので安っぽくなく、質感がよいです。

天板は、「薄めのゴールド」といった印象。

Pavilion 13-an0000の外観 天板側から斜め上

天板のロゴマークは、鏡のような素材でキラキラ輝きます。

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

 
液晶を開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

アルミなので、パームレストはヒンヤリした感触。

パームレストのアップ

 
フルHD画質のWebカメラも搭載(約92万画素)。

 Webカメラ

▶薄型ベゼルでA4サイズに近く持ち運びしやすい

Pavilion 13-an0000は、薄型ベゼル(画面のフチ)を採用しているので、サイズがコンパクト。

薄型ベゼル

幅×奥行きがA4サイズに近く、ビジネスバックなどでの持ち運びがしやすいです。

 A4用紙とPavilion 13-an0000の大きさの比較

本体の厚さが分かる画像

ビジネスバッグに入れてるところ

脇にかかえて持っているところ

▶1年間の『使い方サポート』がついてくるから初心者の方にも◎

HPのパソコンは、新品購入から1年間の使い方サポートが付いてきます。

使い方のサポートはしていないPCメーカーもありますから、HPのパソコンは、初心者の方が買うのにもオススメです。

※もちろん、使い方サポートとは別に、1年間の修理保証も付いてきます。

「HP Pavilion 13-an0000」を公式サイトで見てみる

★その他の項目もチェック!★

▶キーボード

やや硬めのタイピング感。キー配列は好みが分かれるかも?

▲タップ(クリック)で拡大

打ちはじめが少し硬めのキーボードです。

ストローク幅(キーの沈み込み)がやや浅めなので、コンパクトな指の動きでタイピングするのに向いています。
 

一番右側にバックスペースやエンターキーが来ておらず、代わりに[home]キーや[pg up]キーなどがあります。

エンターキーが右端にない

「一番右側にエンターキーなどが来ていた方がいい」という方もいらっしゃると思いますので、ここは好みが分かれそうです。

個人的には、慣れれば違和感なく使えましたよ。

フルサイズキーボードよりもエンターキーまでの距離が近いので、指を大きく開かなくてすむのはメリットにもなりえます。

キートップのアップ画像

キートップは、ほぼフラットです。

リフトアップヒンジ

リフトアップヒンジ

ディスプレイを開くとキーボードに傾斜がついてタイピングしやすくなる「リフトアップヒンジ」を採用。

タイピング音はうるさくない

キーボードを斜め上からアップ

キーボードのタイピング音は、少し「コツコツ」と音が鳴る感じで、気持ちのよい音です。

普通にタイピングしていれば、うるさくありません。

フルサイズキーボードとの比較

フルサイズのキーボードと比較してみました。

フルサイズのキーボードとの比較

フルサイズ・キーボードよりも少しコンパクトです。
 

パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

パームレストに狭苦しさはありません。

キーボードにバックライトを搭載

キーボードのバックライト

キーボードのバックライトは、F5キーでオン・オフができます。暗いところでの作業に役立ちます。

タッチパッド

タッチパッド

左右のクリックボタンも兼ねたタッチパッドです。

「HP Pavilion 13-an0000」を公式サイトで見てみる

▶液晶ディスプレイ

色などはキレイ。横から見たときは写り込みが気になることも

ディスプレイはIPS液晶で、色などキレイです。

液晶ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から角度をつけて見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から角度をつけて見たところ

横から見ると少し暗くはなりますが、ぼやけたりはしません。

グレア(光沢)液晶なので写り込みはしやすい

「HP Pavilion 13-an0000」の液晶は、鮮やかではありますが、グレア(光沢)液晶なので、写り込みはしやすいです。

ディスプレイの光の映り込み具合

画面の映り込みやテカリが気になる方は、低反射のフィルムを貼るとよいでしょう。

Pavilion 13-an0000をHPオンラインストアで購入するときに、「HP Pavilion 13-an用液晶保護フィルムフィルム」も一緒に買えます。
※保護フィルムだけをあとから買うこともできます。

▶CPU、SSDの性能チェック

CPUの性能は高い

今回のレビュー機のCPUは「インテル Core i5-8265U プロセッサー(1.60~1.80GHz)」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストの数値は、8120で、高めの数値が出ました。

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果

これくらい高い性能なら、ビジネス用途だけではなく、クリエイティブな用途にもある程度と使えるでしょう。

SSDのデータ転送速度もまずまず速い

ストレージの転送速度

高速なPCIe接続のSSDなので、データ転送速度は速いです。

SSD情報

 SSDメーカー情報

東芝製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

▶スピーカー

普通に音楽を楽しめる音質

HP Pavilion 13-an0000は、オーディオメーカーBang & Olufsen(バング&オルフセン)のカジュアルブランドB&O PLAYのオーディオテクノロジーを採用。

HP Pavilion 13-an0000のスピーカー

キーボードの上側にスピーカーがあります。

音質は、こもっている印象はありませんが、「もう少し音が抜けてきて欲しい」と感じることもありました。

ノートPCのスピーカーとしては、普通に音楽を楽しめる音質はあります。

▶バッテリー駆動時間のチェック

タイピングとネット閲覧での使用を想定して、バッテリー駆動時間を計測しました。

■バッテリー駆動時間の実測

ネット閲覧とテキスト打ちに使った場合 9時間48分
計測条件を見るにはここをタップ(クリック)

■バッテリー駆動時間の測定条件

  • 画面の明るさ:40%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り40%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

なかなかのバッテリー駆動時間があります。

▶静音性のチェック

普段は静かだが、負荷がかかると排気音が大きいときも

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大53.5db前後

排気音が大きくなったときのdb数

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

図書館など静かな場所で大きな負荷がかかると、ちょっと気になるかもしれません。

カフェなどでは、周りの音にかき消されるので、問題ないでしょう。

▶重さの実測:1,267グラム

重さ測っているところ

本体などの重さを計ったところ、以下のようになりました。

本体 約 1267g
ACアダプター+電源ケーブル 約 291g

13.3型ノートとしては、標準的な重さです。

上記でチェックした通り、軽めの使い方ならバッテリー駆動時間が9時間以上ありましたので、ちょっとした用事であれば、ACアダプターは持ち運ばないでも大丈夫でしょう。

左右側面とインターフェイス

■左側面

左側面

インターフェイスは左から、

① USB3.1 Gen1
② USB3.1 Gen1
③ セキュリティロックケーブル用スロット

■右側面

右側面

インターフェイスは左から、

① SDカードスロット
② ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート
③ 指紋認証センサー
④ USB Type-C 3.1 Gen1
⑤ HDMI出力端子
⑥ 電源コネクター

ちなみに、電源ボタンは側面ではなくキーボードの上側にあります。

「HP Pavilion 13-an0000」を公式サイトで見てみる

▶HP「Pavilion 13-an0000」のレビューまとめ

HP Pavilion 13-an0000の外観 見映え

「HP Pavilion 13-an0000」のレビューのまとめです。

    ■「HP Pavilion 13-an0000」のおすすめポイント・特徴

  • メインPCとしてしっかり使えるスペックながら、価格が抑えられている
  • スペック画像

  • アルミボディの綺麗なデザイン
  • 薄型ベゼルでA4サイズに近く持ち運びしやすい
  • サイズの比較画像

  • 1年間の『使い方サポート』がついてくるから初心者の方にも◎
  • サポート中の女性オペレーター

    ■注意点など

  • キーボード配列は好みが分かれそう
  • エンターキーが右端ではない

  • グレア(光沢)液晶なので、横からみると写り込みしやすい
  • 液晶の写り込みテスト

    ※正面から見る分には、写り込みは気にならなかったです

HP Pavilion 13-an0000は、「コストを抑えつつも、まとまりよく作られてるな~」と感じました。

本体の重さは「標準的な重さ」といったところなので、軽さ重視のモデルではありません。
 

メインPCとして使えるスペックでありつつも、価格が抑えられているので、

「低スペックで快適に使えないノートパソコンは避けつつも、価格が高すぎない13型ノートが欲しい」

という方にオススメです。

「HP Pavilion 13-an0000」を公式サイトで見てみる

お得なキャンペーン情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ