HP Pavilion 15-cs0000のレビュー!デザイン、性能よし!軽めの15型ノート

メイン画像

「HP Pavilion(パビリオン) 15-cs0000」の実機レビューをお届けします。

「レビューを全部読む時間がない!」

という方のために、レビューしてわかった「おすすめポイント」「注意点など」を、最初に挙げておきます。

    ■「HP Pavilion 15-cs0000」のおすすめポイント

  • セラミックホワイトの天板がさわやかで、デザインは◎
  • エレガントなデザイン

  • 15.6型ながら重さ 約1.83kgで比較的軽量
  • 重さ1.82kg

  • 「SSD」+「HDD」のデュアルストレージ
  • 性能は高め
  • 見やすいIPS液晶のディスプレイ
  • IPSディスプレイ

    ■注意点など

  • 15.6インチモデルだが、DVDドライブは搭載されていない(似た機種の「HP Pavilion 15-CU-0000」は、DVDドライブ搭載)
  • グラフィックスに「NVIDIA GeForce MX150」搭載はパフォーマンスモデルのみ(3Dゲームや動画編集をやる予定がないなら、特に気にしないで大丈夫です)
  • デュアルストレージモデルのためか、起動しているときは常に少し音が聞こえる(小さな音なので、慣れれば気にならないとは思います)

「HP Pavilion 15-cs0000」を公式サイトで見てみるicon
 

■レビュー機(スタンダードモデル)のスペック

液晶 15.6インチワイド・フルHD・IPSディスプレイ(1920×1080)光沢
CPU インテル Core i5-8250U プロセッサー
メモリ 8GB(注文時に16GBにすることも可能)
ストレージ 256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+ 1TB HDD
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620
サイズ 361×246×18.0(最薄部)-20.0(最厚部)mm
重量 約1.83kg
バッテリー駆動時間 約9時間

※レビュー機はスタンダードモデルですが、「Core i7 CPU」と「NVIDIA GeForce MX150(4GB)」を搭載したパフォーマンスモデルもあります。

↓目次で、ある程度の内容がご確認いただけます(クリックすると、その項目に飛びます)。

▶外観

セラミックホワイトの天板がさわやかなデザイン

「HP Pavilion 15-cs0000」のボディカラーは「セラミックホワイト/モダンゴールド」の1色のみです。

HP Pavilion(パビリオン)15-cs0000の外観

安っぽくなく、スタイリッシュでおしゃれなルックスです。

セラミックホワイトの天板がさわやかで、お世辞ぬきでよいデザインだと感じました。

HP Pavilion(パビリオン)15-cs0000 天板を斜め上から

天板は、微妙に弾力がある触り心地で、指紋が目立ちにくく、ひっかき傷も付きにくそうです。

(実際、指紋が目立ちにくく、ひっかき傷も付きにくい塗装がしてあるそうです)

天板の質感""

キーボード面は淡いモダンゴールドカラーになっています。ギラギラした感じはなく上品なゴールドです。

HP Pavilion(パビリオン)15-cs0000のキーボード面の画像

液晶を開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

液晶を開いたところを横から撮った画像

▶サイズ、重さ

A4サイズよりも横5cm、縦3cm程度大きいサイズ

A4サイズ用紙とのサイズ比較です。

A4の紙との比較画像

A4サイズより幅6.4cm、奥行き3.6cmほど大きいサイズです。

重さの実測:1,831グラム

本体とACアダプターの重さ

本体は「1,831グラム」でした。メーカーサイトには約1.82kgとあったので、ほぼ同じくらいですね。

現状、15.6インチのノートパソコンだと2kgを超えるものもまだ多いので、
「HP Pavilion 15-cs0000」は15型ノートの中では軽いです。

DVDドライブの非搭載、ベゼル(画面のフチ)を細くして本体をコンパクト化するなどで、軽量化したのだと思われます。
 

ACアダプターの重さは「274グラム」なので、本体と合わせると合計2,105グラムです。

メーカー発表のバッテリー駆動時間は最大約9時間なので、ちょっとした用事であれば、ACアダプターを持ち運ぶ必要はなさそうです。

▶「SSD + HDD」のデュアルストレージ仕様

HP Pavilion 15-cs0000は「SSD」と「HDD」の2つのストレージを搭載(デュアルストレージ)しています。

そのため、

  • SSDでパソコンやアプリの起動が高速
  • HDDでデータをたっぷり保存

ということが実現できます。

SSDのデータ転送速度は速い

SSDのデータ転送速度

SSD(ソリッドステートドライブ)のデータ転送速度のベンチマークです。

高速なPCIe NVMe接続のSSDなので、データ転送速度もとても速いです。

SSDの転送速度のスピードのキャプチャ

HDDのデータ転送速度

次に、HDD(ハードディスクドライブ)のデータ転送速度です。

HDD転送速度のスピードのキャプチャ

HDDの転送速度は、SSDと比較するとだいぶ劣ります。SSDの優位性がよくわかります。

ストレージの情報

SSDはSK hynix(SKハイニックス)製、HDDはSEAGATE(シーゲイト)製のHDDでした。

SSDの情報

HDDの情報

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDやHDDが搭載されている可能性もありますのでご了承ください。

▶CPUの性能は高い

レビュー機のCPUは「インテル Core i5-8250U プロセッサー(1.60-3.40GHz)」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストでは、7941という高い数値が出ました(個人的には、7000を超えれば高い方だと思います)。

パスマークのCPUのキャプ画像

ビジネス用途などでは、十分すぎるほどの性能です。

クリエイティブな用途にも、いろいろと使えるでしょう。

動画編集などもするならパフォーマスモデルがおすすめ

今回のレビュー機は「HP Pavilion 15-cs0000」のスタンダードモデルなのですが、スタンダードモデルはNVIDIA GeForceなどの専用グラフィックスは搭載していません。

動画編集などを考えている方は、「NVIDIA GeForce MX150(4GB)」が搭載されているパフォーマスモデルの方がよいでしょう。

▶液晶ディスプレイ

IPS液晶のキレイで見やすいディスプレイ

IPS液晶で、キレイで見やすかったです。なお、タッチパネル液晶ではありません。

視野角 正面

↓横から角度をつけて見たところ。

視野角 かなり横から

↓上から角度をつけて見たところ。

視野角 かなり上から

この画像だとあまりわからないかもしれませんが、大きく角度をつけたときに、明るい色の部分が少し暗く見えました。

といっても、許容範囲内な程度ですので、基本的には見やすいディスプレイです。

グレア(光沢)液晶のテカり対策

「HP Pavilion 15-cs0000」の液晶は、鮮やかで綺麗な液晶ではありますが、グレア液晶(光沢液晶)なので、映り込みはしやすいです。

HP Pavilion 15-cs0000のディスプレイへの映り込み具合

もし購入後に画面のテカリが気になった場合は、低反射のフィルムを貼るとよいです。

▶キーボード

広々していて打ちやすい。4列テンキーも使いやすい。

▲クリックで拡大

キーボードは、狭苦しさがなく広々していて快適です。テンキーは4列テンキーで使いやすいです。

矢印キーが小さいですが、左右の矢印キーの上側に空きスペースがあるので、キーを見なくても位置関係が把握しやすそうでいいかもしれません。

十分なキーボードスペースに対してエンターキーが小さいめな気もしますが、許容範囲内かなと思います。
 

パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

さすが15.6型のノートパソコンなので、パームレストのスペースにも余裕があります。

硬すぎず柔らかすぎない打ち心地で、ちょうどよいタイピング感

キーの打ちごたえは、硬すぎず柔らかすぎずで、ちょうどよいタイピング感で打ちやすいですが、ストローク幅はやや浅めです。

キーボードの側面

たわみもなく、しっかりしています。

キーボードのアップ

タイピングしやすくなる「リフトアップヒンジ」を搭載

ヒンジ部分にはリフトアップヒンジが採用されており・・・

リフトアップ前のヒンジの状態

↓ディスプレイを開くと、ヒンジ部分が持ち上がり傾斜がついて、タイピングしやすくなります。

リフトアップ後のヒンジの状態

奥側が持ち上がる

キーボードがタイピングしやすくなるだけでなく、排熱性もよくなります。

フルサイズキーボードとサイズを比較

フルサイズのキーボードと比較してみました。

フルサイズのキーボードとの比較

バックライト・キーボードを搭載

バックライトキー

キーボードのバックライトは、F5キーでオン・オフができます。暗いところでの作業に役立ちます。

タッチパッド

タッチパッドのエリアは約11.5×6cmあり、横幅が少し広めにとられています。

タッチパッド

「HP Pavilion 15-cs0000」を公式サイトで見てみる

▶スピーカー

バランスのよい音で、普通に音楽を楽しめるサウンド

スピーカーは、「B&O PLAY」のオーディオテクノロジーを採用しています。

スピーカーの画像

B&O PLAY

(「B&O PLAY」は、北欧の高級オーディオメーカー「Bang & Olufsen(バングアンドオルフセン)」のカジュアルブランドです)

スピーカーは、キーボードの上部に搭載されています。ジオメトリック(幾何学的)な形のスピーカーグリルがオシャレです。

スピーカーグリルの画像

音質は、バランスのよい音で、音抜けもよいです。

音の広がりは、もう少し欲しいなと思いました。

なかなかよい音のスピーカーで、クセが少ない印象です。普通に音楽を楽しめるサウンドを出力してくれます。

▶静音性のチェック

シュイーンと小さい音が常時聞こえる。

HP Pavilion 15-cs0000は、「SSD + HDD」のデュアルストレージ・モデルです。

HDDも搭載しているため、起動させているときは、シュイーンと小さな音が常時きこえます。

といっても、小さい音なので、慣れてしまえば気になるほどではありません。

大きく負荷がかかると少しうるさくなることも

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

負荷テスト

大きく負荷がかかっているときは「52db」くらいまで音が鳴りました。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

HP Pavilion 15-cs0000は、スペック高めで性能に余裕があるので、普通に使っている分には静かです。

図書館など静かな場所で大きな負荷がかかると、ちょっと気になる場合もあるかも?

カフェなどでは、周りの音にかき消されるので、問題ないでしょう。

▶その他、細かい部分のディテールなど

シンプルなHPロゴが、よいアクセントになっています。

天板ロゴのアップ

電源ボタンは、キーボードの左上の方にあります。

電源ボタンの画像

パームレストは、サラッとしていて、少しヒンヤリしています。

パームレストのアップ

裏面は、ゴム足が放射状に配置されています。

本体裏面

フルHD画質のWEBカメラ(約200万画素)も搭載。顔認証設定をすれば「顔パス」でログインもできます。

WEBカメラの画像

ディスプレイ左右のベゼル(フチ)が細いです(薄型ベゼル)。

ナローベゼルの画像

薄型ベゼルになったことで、Pavilion 15シリーズの旧モデルよりも本体がコンパクトになりました。

左右側面とインターフェイス

■左側面

インターフェイスは左から、

  • HDMI出力端子
  • ネットワークポート
  • USB Type-C 3.1 Gen1
  • ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート

左側面

HDMI出力から大型のモニターへ画面を表示したり、有線LANポートも搭載されているので、より高速で安定したインターネット環境も楽しめますね。

■右側面

インターフェイスは左から、

  • SDカードスロット
  • セキュリティロックケーブル用スロット
  • USB 3.1 Gen1×2つ
  • 電源コネクター

右側面

SDカードスロットは、SD、SDHC、SDXCメモリーカードに対応。

「HP Pavilion 15-cs0000」を公式サイトで見てみる

▶「HP Pavilion 15-cs0000」のレビューまとめ

見栄えのいい画像1

見栄えのいい画像2

「HP Pavilion 15-cs0000」のレビューのまとめです。

    ■注意点など

  • 15.6インチモデルだが、DVDドライブは搭載されていない(似た機種の「HP Pavilion 15-CU-0000」は、DVDドライブ搭載)
  • グラフィックスに「NVIDIA GeForce MX150」搭載はパフォーマンスモデルのみ(3Dゲームや動画編集をやる予定がないなら、特に気にしないで大丈夫です)
  • デュアルストレージモデルのためか、起動しているときは常に少し音が聞こえる(小さな音なので、慣れれば気にならないとは思います)

    ■「HP Pavilion 15-cs0000」のおすすめポイント

  • セラミックホワイトの天板がさわやかで、デザインは◎
  • エレガントなデザイン

  • 15.6型ながら重さ 約1.83kgで比較的軽量
  • 重さ1.82kg

  • 「SSD」+「HDD」のデュアルストレージ
  • 性能は高め
  • 見やすいIPS液晶のディスプレイ
  • IPSディスプレイ

HP Pavilion 15-cs0000は、ルックスもよく、15.6インチモデルの中では軽量なモデルです。

性能も高く、デュアルストレージでもあるので幅広い使い方ができるでしょう。

スタンダードモデルでも性能は高めですが、動画編集までするのでしたら、NVIDIA GeForce MX150とCore i7を搭載したパフォーマンスモデルの方がおすすめです。

15型のノートパソコンをお探しの方には、おすすめのノートパソコンですよ。

「HP Pavilion 15-cs0000」を公式サイトで見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ