【新発売!】Surface Laptop 2の特徴・ポイントなどをレビュー!

マイクロソフト「Surface Laptop」のニューモデル「Surface Laptop 2」2018年10月16日に発売されました。

実機も届きましたし、マイクロソフトの新商品発表会で情報収集もしてきましたので、レビューいたします。

マイクロソフト「Surface Laptop 2 」を公式サイトで見てみるicon

    ■Surface Laptop 2のおすすめポイント

  • デザインがカッコイイ(特に、新登場のブラックがクールです)
  • タッチ対応ディスプレイで「Surfaceペン」に対応
  • 傷の付きにくいゴリラガラスのディスプレイ(ペン使用時の傷がつきづらい)
  • 性能は高め(一番下のスペックでもメモリ8GB、Core i5、SSD 128GB)
  • 長時間バッテリー駆動(最大 14.5時間の動画再生)

    ■注意点など

  • ペン対応であるものの、本格的にイラストを描くのには向いていない(タブレットモードなどにできないため)
  • インターフェイスは少ない

    ■その他

  • Office Home & Business 2016付き
  • 価格は136,944円(税込み)~

マイクロソフト「Surface Laptop 2 」を公式サイトで見てみるicon

■Surface Laptop 2のスペック

液晶 13.5インチ PixelSenseディスプレイ、解像度2256 x 1504、Surface ペン対応、10点マルチタッチ、ゴリラガラス3
CPU インテル Core i5 / Core i7 プロセッサー
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
サイズ 308.1 x 223.27 x 14.48 mm
バッテリー駆動時間 最大約14.5時間の動作再生が可能

▶Surface Laptop 2になって、初代から変わったところは?

マイクロソフト「Surface Laptop(サーフェスラップトップ)2」は、

  • 本体サイズ
  • ディスプレイ解像度
  • 最大動画再生時間 14.5時間

などは、初代Surface Laptopと同じです。

細かい部分で改良されている部分もあるようですが、主な変更点などは以下です。

  • CPUが「第8世代」インテルCoreプロセッサーになった
    ⇒以前のSurface Laptopと比べて85%も高速化
  • 新色のブラックが登場
  • OSがWindows 10 Homeに(初代はデフォルトだとWindows 10 Sモード)

CPUが第8世代インテルCoreプロセッサーになった

Surface Laptop 2で、最新の第8世代インテルCoreプロセッサー搭載になりました。

このおかげもあってか、85%も高速化したそうです。

以前のSurface Laptopより85%も高速化

新色のブラックが登場

Surface Laptop 2で、ボディーカラーにブラックが新登場しました。

Surface Laptop 2

▲Surface Laptop 2 ブラック

このブラックモデル、かなりカッコイイです。

▲天板もシンプルなブラックでクール

▲天板のマイクロソフトロゴは、ただのシルバーではなくブラック系シルバーのような色になっています

パームレストにアルカンターラ素材が使われており、高級感があります。

アルカンターラは、表面に柔らかさを感じる優しい触り心地です。個人的にはとても好きな触り心地です(笑)

ちなみに、初代Surface Laptopでラインナップされていたグラファイトゴールド(濃いグレーのような色)はなくなりました。

その他、細かいところ

Core m3搭載モデルはなくなった

初代Surface Laptopは、発売後しばらくしてから「Core m3 + メモリ4GB」のモデルがラインナップに追加されたのですが、

現状では、Surface Laptop 2にCore m3搭載モデルはありません。

OSがWindows 10 Homeに(初代はWindows 10 Sモード)

初代Surface Laptopは、OSがWindows 10 Sモードでしたが、Surface Laptop 2はOSが「Windows 10 Home」になりました。

Windows 10 Sモードは、マイクロソフトストアのアプリのみしかインストールできないため、個人的には不便なモードでした(ただし、解除はできます)。

Surface Laptop 2では、最初からWindows 10 Homeなので、Sモードを解除する必要はありません。

個人的には、Windows 10 Proも選択できるようにしてくれたら、もっといいのに・・・と思ってしまいます^^;

▶Surface Laptop 2の主な特徴

タッチ対応でSurfaceペンに対応

Surface Laptop 2は、タッチ対応ディスプレイで、Surfaceペンにも対応しています。

Surfaceペンで描いているところ

Surfaceペンには対応していますが、「タブレットモード」などにするはできないので、ペンで本格的にイラストを描いたりは、しづらいです。

ペンでメモを入れたり、ラフ描きをする分には十分使えます。

イラスト描きをメインに使うのでしたら、同時発売のSurface Pro 6の方がおすすめです。

ペンはマグネットで天板につけておくこともできます

Surfaceペンはマグネットで天板につけておくこともできます。

Surfaceペンをマグネットでつけたところ

▲こんなふうに、上の方に付けることもできます

天板側から見て、右下と上側にペンを付けることができます。

ゴリラガラスのディスプレイを搭載

Surface Laptop 2は、ゴリラガラス(Corning Gorilla Glass 3)のディスプレイを搭載しているので、衝撃に強く、ペンなどの傷もつきにくいです。

インターフェイスは少ない

インターフェイスは以下の通りです。インターフェイスは少ないです。

左側面

インターフェイスは左から、

  • USB 3.0 × 1
  • Mini DisplayPort
  • 3.5 mm ヘッドセット ジャック

Surface Laptop 2の左側面

右側面

右側面のインターフェイスは、Surface Connect 端子のみです。

Surface Laptop 2の右側面

 
USB端子が1つだけで、SDカードスロットもないので、インターフェイス的には残念なところです。

Office Home & Business 2016付き

Surface Laptop 2は、Office Home & Business 2016付きでの販売です。

「オフィスはいらない」という方からすると、「オフィスなしで、もっと価格を安くして欲しい」という気持ちだと思いますが、

今のところ「オフィスなしモデル」の販売予定はないようです。

Office Home & Business 2016を単品で買おうとすると、35000円前後の価格はするので、Office Home & Business 2016を購入予定だった方には嬉しいかもしれません。

※ただし、単品で買ったオフィスは2台のPCにインストールが可能です。

▶CPU、SSDの性能チェック

CPUの性能は高い

レビュー機のCPUは「インテル Core i5-8250U プロセッサー」です。

CPUのベンチマーク結果

パスマークのCPUパフォーマンステストでは、8992という高い数値が出ました(個人的には、7000を超えれば高い方だと思います)。

ビジネス用途などでは、サクサク快適に仕事ができる十分すぎる性能です。

SSDのデータ転送速度もなかなか速い

SSDのデータ転送速度もなかなか速いです。十分な速度が出ていると思います。

SSDの転送速度の結果

SSD情報

SK hynix(SKハイニックス)製のSSDでした。

SSDのメーカーなどの情報

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もありますのでご了承ください。

工場出荷時のSSDの空き容量

このレビュー機は「SSD 256GB、メモリ8GB」のモデルですが、工場出荷時のSSDの空き容量は、約214GBでした。

SSDの空き容量

OSやメモリ用にストレージの一部が専有されるので、残念ながら256GBのモデルでも、256GBまるまるは使えません。

※メモリが16GBになると、さらに空き容量は減ると思われます。

▶キーボード

Surface Laptop 2のキーボード

▲クリックで拡大

キーボードの右上に、電源ボタンも配置されています。間違って押してしまっても、スリープ状態になるだけで、いきなりシャットダウンはしませんのでご安心ください(笑)

キーボードにバックライトを搭載

バックライト・キーボード

キーボードのバックライトは、F7キーでオン・オフができます。キーを押すごとに3段階の明るさに調整できます。

▶CPU性能がアップしても、価格は据え置き

Surface Laptop 2では、CPUが第8世代インテルCoreプロセッサーになりましたが、↓のように価格は高くはなっていません。

■例:「Core i5、メモリ8GB、128GB SSD」の場合

初代Surface Laptop 136,944円 (税込)
Surface Laptop 2 136,944円 (税込)

価格は据え置きながら、以前のSurface Laptopと比べて85%も高速化しているので、初代Surface LaptopよりもSurface Laptop 2を買った方がお得です。

Surface Laptop 2のラインナップと価格

Surface Laptop 2は、本体カラーによって選べるスペックが変わります。

プラチナのみスペックの選択肢が広いです。

■Surface Laptop 2のラインナップと価格

モデル カラー 価格(税込)
Core i5 / 8GB / 128GB プラチナ 136,944円
Core i5 / 8GB / 256GB 4色 158,544円
Core i7 / 8GB / 256GB 4色 206,064円
Core i7 / 16GB / 512GB 4色 280,584円
Core i7 / 16GB / 1TB プラチナ 341,064円

※モデルの列は「CPU、メモリ、SSD」のスペックです。

一番安い128GB SSDと、一番高額な1TB SSDの仕様は、プラチナでしか選べなくなっています。

購入するかどうかのポイント

    ■購入するかどうかのポイント

  • CPUが第8世代にバージョンアップされつつも、価格は据え置きなので、Surface Laptopを購入予定だった人には、よいタイミング
  • 初代Surface Laptopを持っているなら、無理に買い換える必要はなさそう
  • 「ブラックがカッコイイから買う」というのも大いに「アリ」

初代Surface Laptopより85%も高速になっていながら、価格は据え置きなので、購入タイミングとしてはドンピシャだと思います。

あとは、単純にブラックのモデルがカッコイイので、カッコイイから買うというのも、大いにアリだと思います。

マイクロソフト「Surface Laptop 2 」を公式サイトで見てみるicon

サブコンテンツ

このページの先頭へ