Surface Laptop 2の特徴・ポイント・注意点など分かりやすくレビュー!

メイン画像

マイクロソフト「Surface Laptop」のニューモデル「Surface Laptop 2」2018年10月16日に発売されました。

マイクロソフトの新商品発表会で実機もさわってきましたので、特徴などの解説やレビューします。

    ■Surface Laptop 2のおすすめポイント

  • デザインがカッコイイ(とくに、新登場のブラックがクール)
  • タッチディスプレイで「Surfaceペン」に対応(ただしタブレットモードなどにすることはできません)
  • タッチ対応ディスプレイ

  • 傷の付きにくいゴリラガラスのディスプレイ(ペン使用時の傷がつきづらい)
  • 性能は高め(一番下のスペックでもメモリ8GB、Core i5、SSD 128GB)
  • 長時間バッテリー駆動(最大 14.5時間の動画再生)

    ■注意点など

  • ペン対応であるものの、イラスト描きには向いていない(タブレットモードなどにできないため)
  • インターフェイスは少ない

    ■その他

  • Office Home & Business 2016付き
  • 価格は136,944円(税込み)~

マイクロソフト「Surface Laptop 2 」を公式サイトで見てみるicon
 

■Surface Laptop 2のスペック

液晶 13.5インチ PixelSenseディスプレイ、解像度2256 x 1504、Surface ペン対応、10点マルチタッチ、ゴリラガラス3
OS Windows 10 Home
CPU インテル Core i5 / Core i7 プロセッサー
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
サイズ 308.1 x 223.27 x 14.48 mm
重さ i5モデル: 約 1.25 kg
i7モデル: 約 1.28 kg
バッテリー駆動時間 最大約14.5時間の動作再生が可能

↓目次で、ある程度の内容がご確認いただけます(クリックすると、その項目に飛びます)。

目次

▶Surface Laptop 2になって、初代から変わったところは?

サイズ、解像度などは同じ

マイクロソフト「Surface Laptop(サーフェスラップトップ)2」は、

  • 本体サイズ
  • ディスプレイ解像度
  • 最大動画再生時間 14.5時間

などは、初代Surface Laptopと同じです。

主な変更点などは以下です。

  • CPUが「第8世代」インテルCoreプロセッサーになった
    ⇒以前のSurface Laptopと比べて85%も高速化
  • 新色のブラックが登場
  • OSがWindows 10 Homeに(初代は、デフォルトだとWindows 10 Sモード)

CPUが「第8世代」インテルCoreプロセッサーに。85%も高速化!

Surface Laptop 2で、最新の第8世代インテルCoreプロセッサー搭載になりました。

このおかげもあってか、85%も高速化したそうです。

以前のSurface Laptopより85%も高速化

OSがWindows 10 Homeに

初代Surface Laptopは、OSがWindows 10 Sモードでしたが、Surface Laptop 2はOSが「Windows 10 Home」になりました。

Windows 10 Sモードは、マイクロソフトストアのアプリのみしかインストールできないため、個人的には不便なモードでした(ただし、解除はできます)。

Surface Laptop 2では、最初からWindows 10 Homeなので、Sモードを解除する必要はありません。

新色のブラックが登場

Surface Laptop 2で、ボディーカラーにブラックが新登場しました。

Surface Laptop 2

▲Surface Laptop 2 ブラック

このブラックモデル、かなりカッコイイです。

ちなみに、初代Surface Laptopでラインナップされていたグラファイトゴールド(濃いグレーのような色)カラーはなくなりました。

▶外観

アルカンターラ素材が醸し出す、Surface laptopならではの存在感

マイクロソフト「Surface Laptop 2」のボディカラーはブラック、プラチナ、バーガンディ、コバルトブルー4色展開です。

今回のレビュー機は「ブラック」です。

▲天板もシンプルなブラックでクール

天板ロゴのアップ

▲天板のマイクロソフトロゴは、ただのシルバーではなくブラック系シルバーのような色になっています

パームレストにアルカンターラ素材が使われており、シックで高級感があります。

Surface Laptop 2ブラックのパームレスト

アルカンターラは、表面に柔らかさを感じる優しい触り心地です。個人的にはとても好きな触り心地です(笑)

なお、4色のバリエーションは以下のような感じです。

カラーは4色

折りたたんだ様子

裏面

液晶を開けるところまで開いてみました。これくらいまで開きます。

液晶を開いたところを横から撮った画像

WEBカメラ(720p HD)も搭載。

WEBカメラの画像

左右側面とインターフェイス(インターフェイスは少ない)

インターフェイスは以下の通りです。インターフェイスは少ないです。

左側面

インターフェイスは左から、

  • USB 3.0 × 1
  • Mini DisplayPort
  • 3.5 mm ヘッドセット ジャック

Surface Laptop 2の左側面

左側面インターフェイスのアップ

右側面

右側面のインターフェイスは、Surface Connect 端子のみです。

Surface Laptop 2の右側面

右側面インターフェイスのアップ

USB端子が1つだけで、SDカードスロットもありません。インターフェイスが少ないのは残念なところです。

USB端子が1つだけなので、マウスを使うならBluetoothマウスを使うのがおすすめです。
 

バッテリーへの充電は、Surface Connect 端子でおこないます。

マイクロソフト「Surface Laptop 2 」を公式サイトで見てみる

▶タッチ対応ディスプレイで「Surfaceペン」に対応

Surface Laptop 2は、タッチ対応ディスプレイ搭載で、Surfaceペンにも対応しています。

Surfaceペン

タブレットモードなどにはできないので、本格的にイラストを描くのには向いていない

Surfaceペンには対応していますが、「タブレットモード」などにはできないので、ペンで本格的にイラストを描くのには向いていないです。

Surfaceペンで描いているところ

▲キーボードが邪魔になってイラストは描きづらい

ペンでメモを入れたり、ラフ描きをするくらいの用途でしたら十分に使えます。

イラスト描きをメインに使うのでしたら、同時発売のSurface Pro 6の方がオススメです。

ペンはマグネットで天板につけておくこともできます

Surfaceペンはマグネットで天板につけておくこともできます。

Surfaceペンをマグネットでつけたところ

▲上の方にペンを付けておくことも可能

天板側から見て、右下と上側にペンをつけることができます。

傷の付きにくいゴリラガラスのディスプレイ

Surface Laptop 2は、ゴリラガラス(Corning Gorilla Glass 3)のディスプレイを搭載しています。

衝撃に強く、ペンなどの傷もつきにくいディスプレイです。

▶CPU、SSDの性能チェック

CPUの性能は高い

レビュー機のCPUは「インテル Core i5-8250U プロセッサー」です。

パスマークのCPUパフォーマンステストでは、8992という高い数値が出ました(個人的には、7000を超えれば高い方だと思います)。

ビジネス用途などでは、サクサク快適に仕事ができる十分すぎる性能です。

SSDのデータ転送速度もなかなか速い

SSDのデータ転送速度もなかなか速いです。十分な速度が出ていると思います。

SSDの転送速度の結果

SSD情報

SK hynix(SKハイニックス)製のSSDでした。

SSDのメーカーなどの情報

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もありますのでご了承ください。

工場出荷時のSSDの空き容量

このレビュー機は「SSD 256GB、メモリ8GB」のモデルですが、工場出荷時のSSDの空き容量は、約214GBでした。

SSDの空き容量

OSやメモリ用にストレージの一部が専有されるので、256GBのモデルでも、256GBまるまる使えるわけではありません。

※メモリが16GBになると、もう少し空き容量は減ると思われます。

専用グラフィックスは搭載していないので、動画編集などには向いていません

CPUも高性能ですし、SSDも早いのですが、NVIDIA GeForceなどの専用グラフィックスは搭載していませんので、動画編集や3Dゲームを本格的におこなうのには向きません。

▶キーボード

キートップがゆるやかな球面になっており、指先がフィットしやすく、タイピングしやすい

Surface Laptop 2のキーボード

▲クリックで拡大

キーボード内の右上に、電源ボタンが配置されています。

間違って電源ボタンを押してしまっても、スリープ状態になるだけで、いきなりシャットダウンはしませんのでご安心ください(笑)

↓画像のように、キートップがゆるやかな球面に凹んでいて、指先にフィットしやすくなっています。

Surface Laptop 2キートップ

▲指先にフィットしやすいキーボード

指先にフィットしやすくなっているのが効いているのか、タイピングしやすいです。

Surface Laptop 2のキーボード アップ

薄型ノートパソコンなので、ストローク幅はそれほど深くありません。にして、打ちごたえを出しています。

打ちはじめはやや硬めのタイピング感ですが、ノートパソコンの中ではタイピングしやすいキーボードに入ると思います。
 

Fnキーは、オンとオフを切り替えて固定しておけるので便利です。

 
パームレスト(キーボード入力するときに手をのせるところ)に手をのせると、こんな感じです。

パームレストに手をのせたところ

わたしは、少し手が大きめなのですが、十分な広さがあります。

タイピング音は、小さめ

タイピング音は、コトコトと鳴る感じで、不快な高音が少なく、あまりうるさい感じがしません。

キーボード・バックライトを搭載

バックライト・キーボード

キーボードのバックライトは、F7キーでオン・オフができます。キーを押すごとに3段階の明るさに調整できます。

タッチパッド

タッチパッド

タッチパッドの幅は10.5cm程で、ほどよい広さです。

マイクロソフト「Surface Laptop 2」を公式サイトで見てみる

▶スピーカー

こもった感じがなくバランスのよい音質

Surface Laptop 2のスピーカーは、外から見えない位置にあります。

▲丸印のあたりから音が聴こえます

スピーカーが外に露出していないので、こもった音が出そうな予感がしていましたが、意外にも音はよいです。

深みはもっと欲しいところではあるのですが、イコライジングで誤魔化している感じがなく、音のバランスがよいです。気持ちよく音楽が楽しめます。

▶液晶ディスプレイ

発色がよい。視野角も広い

Surface Laptop 2のディスプレイは、発色がよく視野角も広いです。

Surface Laptop 2のディスプレイ正面

↓横から角度をつけて見たところ。

Surface Laptop 2のディスプレイ 横から

↓上から角度をつけて見たところ。

Surface Laptop 2のディスプレイ 上から

角度をつけて見ても、若干暗くなる程度で、見づらくなりません。

グレア(光沢)液晶のテカり対策

「マイクロソフト Surface Laptop 2」の液晶は、鮮やかで綺麗な液晶ではありますが、グレア液晶(光沢液晶)なので、映り込みはしやすいです。

Surface Laptop 2のディスプレイの映り込み具合

画面の映り込みやテカリが気になる方は、低反射のフィルムを貼るとよいでしょう。

▶サイズ、重さ

A4サイズよりも少しだけ大きいサイズ

A4サイズ用紙とのサイズ比較です。

A4サイズ用紙とのサイズ比較

A4サイズよりも少しだけ大きいです。

A4のクリアホルダーくらいのサイズですので、ビジネスバッグでも持ち運びできます。

重さの実測:1,265グラム

本体は「約 1,265グラム」でした。

13.5インチでこの重さは、「普通よりは少し軽いくらい」という印象です。

なお、CPUがCore i7のモデルだと、さらに30gほど重くなります。
 

ACアダプターの重さは「約 168グラム」なので、本体と合わた場合合計約 1,433グラムです。

ただ、「最大 約14.5時間の動作再生が可能」なバッテリーなので、ちょっとした用事であれば、ACアダプターは持ち運ばないでも大丈夫そうです。

▶Surface Laptop 2のラインナップと価格

Surface Laptop 2は、本体カラーによって選べるスペックが変わります。

プラチナのみスペックの選択肢が広いです。

■Surface Laptop 2のラインナップと価格

モデル カラー 価格(税込)
Core i5 / 8GB / 128GB プラチナ 136,944円
Core i5 / 8GB / 256GB 4色 158,544円
Core i7 / 8GB / 256GB 4色 206,064円
Core i7 / 16GB / 512GB 4色 280,584円
Core i7 / 16GB / 1TB プラチナ 341,064円

※モデルの列は「CPU、メモリ、SSD」のスペックです。

一番安い128GB SSDと、一番高額な1TB SSDの仕様は、プラチナでしか選べなくなっています。

Core m3搭載モデルはなくなった

ちなみに、初代Surface Laptopは、発売後しばらくしてから「Core m3 + メモリ4GB」のモデルがラインナップに追加されたのですが、
Surface Laptop 2には、いまのところCore m3搭載モデルはありません。

Office Home & Business 2016付きの価格です

▲Surface Laptop 2と付属品一式。1台分のOfficeプロダクトキーも付属。

Surface Laptop 2は、Office Home & Business 2016付きでの販売です。

「オフィスなしで、もっと価格を安くして欲しい」という意見も多いようですが、今のところ「オフィスなしモデル」の販売予定はないようです。

Office Home & Business 2016は、単品だと35000円前後するので、Officeを購入予定だった方には嬉しいかもしれません。
※ただし、単品で買ったオフィスは2台のPCにインストールが可能です。

CPU性能がアップしても、価格は据え置き

Surface Laptop 2では、CPUが第8世代インテルCoreプロセッサーになりましたが、↓のように価格は高くなっていません。

■例:「Core i5、メモリ8GB、128GB SSD」の場合

初代Surface Laptop 136,944円 (税込)
Surface Laptop 2 136,944円 (税込)

価格は据え置きながら、以前のSurface Laptopと比べて85%も高速化しているのは嬉しいところです。

▶「マイクロソフト Surface Laptop 2」のレビューまとめ

    ■Surface Laptop 2のおすすめポイント

  • デザインがカッコイイ(とくに、新登場のブラックがクール)
  • タッチディスプレイで「Surfaceペン」に対応(ただしタブレットモードなどにすることはできません)
  • タッチ対応ディスプレイ

  • 傷の付きにくいゴリラガラスのディスプレイ(ペン使用時の傷がつきづらい)
  • 性能は高め(一番下のスペックでもメモリ8GB、Core i5、SSD 128GB)
  • 長時間バッテリー駆動(最大 14.5時間の動画再生)

    ■注意点など

  • ペン対応であるものの、イラスト描きには向いていない(タブレットモードなどにできないため)
  • インターフェイスは少ない

    ■その他

  • Office Home & Business 2016付き
  • 価格は136,944円(税込み)~

Surface Laptop 2は買い?

Surface Laptop 2は、すべての面でカンペキとは言わないまでも、よいノートパソコンです。

初代Surface Laptopより85%も高速になっていながら、価格は据え置きですし、

2018年10月16日に発売になったことを考えると、購入タイミングとしてはちょうどいいと思います。

  • Office付きのためか価格がやや高めに感じる
  • インターフェイスが少ない

などの点が気にならず、デザインが気に入ったなら「買い」ではないでしょうか?

個人的にはブラックのモデルがカッコイイので、デザインでSurface Laptop 2を選ぶのもアリだと思います。

マイクロソフト「Surface Laptop 2 」を公式サイトで見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ