【新製品】マイクロソフト「Surface Go 2」登場!ポイント解説

2020年5月12日に、マイクロソフト「Surface Go」のニューモデル「Surface Go 2」が発売されました。

実機レビューはこちら↓

実機レビュー

Surface Go 2の実機レビュー!本当に使い勝手はよいのか?細かい部分も徹底的にチェックしてみました

価格 65,780円 (税込み)~
※2020年5月8日現在の価格
ディスプレイ 10.5型 タッチ対応、解像度1920×1280(縦横比3:2)、ゴリラガラス
CPU インテル Pentium Gold 4425Y / Core m3
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ 64GB eMMC/ 128GB SSD
サイズ 約245 x 175 x 厚さ8.3mm(タブレットのみ)
約248 x 190 x 厚さ12.9mm(タブレット+キーボード)
重さ 544~553g(タブレットのみ)
789~798g(タブレット+キーボード)
バッテリー駆動時間 最大約10時間

Surface Go 2の特徴・ポイントをまとめると、以下です。

  • 10.5型ディスプレイ(前モデルは10型)
  • アスペクト比(縦横比)…3:2
  • ペン対応 ※Surfaceペンは別売り
  • キーボードの取り外し可能 ※キーボード(タイプカバー)は別売り
  • Office Home & Business 2019付き
  • LTE Advanced搭載モデル:Core m3プロセッサー搭載
  • LTE非対応モデル:Pentium Gold 4425Yプロセッサー搭載

前モデルよりもディスプレイサイズが0.5インチ大きくなっています。

また、前モデルはPentium Goldプロセッサー搭載モデルだけでしたが、今回はLTE Advanced搭載モデルがCore m3プロセッサーを搭載しています。

少しでも多くパワーが欲しい場合は、LTEモデルを選ぶといいでしょう。
 

従来のSurface Go同様、サブノートとしてや、ライトな使い方に向いたスペックです。

前モデルSurface Goは、ペンの使い勝手もよかったので、Surface Go 2にも期待しています。

後日、実機レビューを掲載したいと思います。

マイクロソフト「Surface Go 2」を公式サイトで見てみるicon

当サイトは、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

製品については、デメリットも含めて誠実にご紹介するよう心がけています。

Surface Go 2の実機レビュー!本当に使い勝手はよいのか?細かい部分も徹底的にチェックしてみました

お得なキャンペーン情報

mouse K5 これがおすすめノートパソコン限定モデル

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ