ドスパラ「GALLERIA RL5C-R35T」実機レビュー!実測約1.88kgの軽量ゲーミングノート!RTX 3050 Ti搭載

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tのメイン画像

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tのスペック

「ドスパラ GALLERIA(ガレリア)RL5C-R35T」の実機レビューです。

GALLERIA RL5C-R35Tは、GeForce RTX 3050 Tiと Core i5-11400Hを搭載。

ライトなゲーム~中程度の重さのゲームを100fps以上のフレームレートで遊びたい方にオススメです。

なお、この記事は、

  • 目次
  • おすすめポイント・特徴
  • 注意点
  • 各項目の詳細レビュー

という構成になっています。

冒頭の「おすすめポイント・特徴」「注意点など」をご覧いただくだけでも、ポイントや注意点をチェックしていただけますよ。

>> ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tを公式サイトで見てみる <<

▶ ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tを公式サイトで見てみる

なお、レビュー機はメーカーからの貸出品です。
※貸出品であっても、レビューはデメリットも含めて誠実に行います。

▶おすすめポイント・特徴

おすすめポイント・特徴

ポイント

キーボードの右側

Core i5-11400HとGeForce RTX 3050 Tiを搭載し、ライトなゲームから中程度の重さのゲームを100fps以上のフレームレートで遊びたい方にオススメです。


ポイント

  • Core i5-11400H
  • GeForce RTX 3050 Ti
  • メモリ16GB
  • 512GB SSD

搭載で139,980円(税込)
※2021年11月10日現在の価格。

コストパフォーマンスの高い価格です。


ポイント

重さを測っているところ

本体 約1,878g
ACアダプター+電源ケーブル 約566g

メーカーページには約2.0kgとありますが、実測は約1,878gでした。

15.6型のノートパソコンとしては標準的な重さですが、15.6型のゲーミングノートとしては軽いです。

ただし、ACアダプターは重めです。


ポイント

GALLERIA RL5C-R35Tのディスプレイは、リフレッシュレート144Hz。

一般的なノートパソコン(60Hz)の2倍以上のフレームレートでの表示も可能です。
※ただし、グラフィックスの処理性能が追いつかない場合、高いフレームレートで表示できないこともあります。


ポイント

色域

■カバー率

sRGB 95%
DCI-P3 72%
Adobe RGB 72%

※あくまで当サイトで計測した結果です。環境や計測機器によって違いが生じる可能性があります。

液晶ディスプレイとしては、広めの色域をカバーしています。


ポイント

ドスパラのパソコンは、通常、翌日~3日程度で出荷なので、すぐに手元にパソコンが欲しい方にもオススメ!


ポイント

24時間365日のサポート

24時間365日のサポート付きなので、初心者の方や、はじめてパソコンを買う方にもオススメです。


▶デメリット・注意点など

デメリット・注意点など

注意点 USB PDには非対応

USB Power Delivery(USB PD)には対応していません。
※USB PD=USBケーブルを介して最大100Wの受給電を可能にする規格のこと。

USB PD充電器をUSB Type-C端子へつないでも、GALLERIA RL5C-R35T側への充電はできませんでした。

これは付属ACアダプターの出力が120Wなのに対して、USB PDが最大100Wまでなので、仕方がないのかもしれません。


注意点 カスタマイズ注文はできない

ドスパラのノートパソコンではありますが、SSDやメモリ容量の変更などのカスタマイズはできません。
※2021年10月25日現在。

Windows 10 ProへのOS変更は可能です。


>> ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tを公式サイトで見てみる <<

▶ ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tを公式サイトで見てみる


■GALLERIA RL5C-R35Tのスペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

OS Windows 10 Home / Pro
ディスプレイ 15.6型 フルHD(解像度1920×1080)、ノングレア(非光沢)、144Hz
CPU インテル Core i5-11400H
メモリ 16GB
ストレージ SSD: 512GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti(4GB)
サイズ 360×244×20mm
重量 約2kg
その他 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1

※2021年10月25日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

―― 処理性能のチェック ――

▶各ゲームのベンチマーク・フレームレート

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tのグラフィックスは「NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti(4GB)」です。

3DMarkのスコア
Fire Strike 12014
Time Spy 5339
ドラゴンクエストX ベンチマーク
最高品質(1920×1080) 13324 すごく快適
FF14 暁月のフィナーレ ベンチマーク
最高品質(1920×1080) 13204 とても快適

※グラフィックス設定は、最高品質以外は「ノートPC」向けの設定にて計測。

ストリートファイターV ベンチマーク
解像度 平均フレームレート・結果
1920×1080 60 FPS 快適
FF15(ファイナルファンタジーXV)
1920×1080 標準品質 7570 快適

評価は、スコアによって「非常に快適 > とても快適 > 快適 > やや快適 > 普通 > やや重い > 重い > 動作困難」の8段階に分かれます。

PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)
平均フレームレート 166.1 FPS

※トレーニングモードで走り回ったときのフレームレートです。
※グラフィック設定はデフォルト。

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege(レインボーシックスシージ)
平均フレームレート 213 FPS

※ベンチマークの計測結果。甘めの結果が出る印象なので、この結果より厳し目に見たほうがよさそうです。


性能的には、軽め~中程度の重さのゲームを100fps以上のフレームレートで遊ぶのに向いている、といったところです。

一方、FF15など重い部類の3Dゲームだと、フルHD画質だと100fps以上で遊ぶのは難しくなってくるでしょう。

類似モデル:GALLERIA RL5C-R35について

おすすめポイントの項目にも書いたのですが、「RTX 3050 Ti」ではなく「RTX 3050」を搭載した類似モデル:GALLERIA RL5C-R35もあります。

2021年11月10日現在の価格では、GALLERIA RL5C-R35Tよりも2万円ほど安いので、GALLERIA RL5C-R35を選ぶのもアリかもしれません。

ただし、「RTX 3050」よりも「RTX 3050 Ti」の方が性能は上です。

ゲームタイトルや画質などの設定にもよるので一概には言えませんが、フレームレートで言うと、RTX 3050の方が15%前後数値が低い、程度の結果が出ています。

2万円の差がありますので、性能面でも、「大きな差」とまではいかないまでも、明確な性能差はあります。

▶クリエイティブ系アプリのパフォーマンス

一般的に、ゲーミングノートは性能が高いので、クリエイティブ系の作業をするのにも向いています。

実際に、Adobeなどのアプリケーションをいくつか使ってみて、どの程度快適に使えるかチェックしてみました。

動画編集にはどの程度使える?

ベンチマークソフト「PCMark 10」では、動画編集にどの程度使えるか、動画編集スコア(Video Editing Score)を計測できるので、まず実機での計測結果をご紹介します。

PCMark 10について

※PCMark 10…ウェブサイト閲覧、ビデオ会議、表計算、オフィス系ソフトでの文章作成、写真・動画編集、ゲームなどのテストを行い、パフォーマンスを計測し、スコア化してくれるベンチマークソフトです。

そのPCの用途ごとのパフォーマンスを、数値で把握することができます。

動画編集スコアは3450以上が推奨スコアとなっていますが、GALLERIA RL5C-R35Tの動画編集スコアは5084で、推奨値を上回っていました。

GALLERIA RL5C-R35T 5084
PCMark 10 推奨値 3450

※数値が大きいほど高性能。

動画編集にも十分に使えるでしょう。

なお、動画編集におすすめのノートパソコンは、以下のページを参考にどうぞ。

【最新版】動画編集におすすめのノートパソコン
 

Adobe Premiere Proの使い心地

実際にAdobe Premiere Proで、4K動画にキーフレームやテロップ入れ、マスクのトラッキングなどの編集をしてみました。

重さを感じることなく快適に作業できました。

※GALLERIA RL5C-R35Tのディスプレイ自体はフルHD画質ですので、4K画質でのプレビューはできません。

Adobe Photoshop

長辺5000px以上の解像度が大きめの画像に、被写体を選択、空を選択、コンテンツに応じた塗りつぶしなどをしてみました。

どれも数秒で処理できましたし、非常に快適に使えました。

Adobe Illustrator

スタライズでドロップシャドウをかけたオブジェクトを重ねて移動させるなどしても、動作が重くなることなく快適に使えました。

ただし、GALLERIA RL5C-R35Tのタッチパッドでは、タッチパッドの真ん中あたりに指を置かないと「スペース+ドラッグ(手のひらツール)」の操作ができませんでした。

▶CPU性能

■レビュー機のCPU

  • インテル Core i5-11400H
  • 6コア / 12スレッド
  • 2.7-4.5GHz
CINEBENCH R23

CINEBENCH R23は、CPU性能を計測できるベンチマークソフトです。

 CINEBENCH R23のテスト結果

マルチコア 7759
シングルコア 1471

■他CPUとのCINEBENCH R23スコアの比較

Ryzen 7 4800H 10975
Core i7-11800H 10318
Core i7-10870H 10305
Core i5-11400H
(レビュー機)
7759
Ryzen 5 4600H 7418
Ryzen 5 5500U 7363
Core i7-10750H 7137
Ryzen 5 4500U 6210
Core i7-1165G7 5160
Core i5-1135G7 4805
Core i7-1160G7 4668
Core i7-10710U 4532
Core i5-10210U 4051
Core i5-1035G1 3474

※当サイトで計測した平均値。
※数字が大きいほど高パフォーマンス。

Core i5-11400Hは、第11世代のインテルCoreシリーズのCPUです。

GALLERIA RL5C-R35Tが搭載しているCore i5-11400Hは、Core i7-10750Hよりも高いスコアが出ました。

第10世代ではCore i7-10750Hを搭載しているゲーミングノートが多くありましたし、それよりも高いスコアですから、
ゲーミングノートとしてCPU性能も十分と言えるでしょう。

CPU Mark

ベンチマークソフト「PassMark PerformanceTest」のうち、CPU性能のスコアをあらわすのが「CPU Mark」です。

基本的にはスコアが高いほど、CPUの処理性能が高いです。

PassMarkのCPUベンチマークテスト結果:17043

スコア 17043

PassMarkでの同CPUの平均スコア15884よりも高いスコアなので、CPUのパフォーマンスはしっかり出ていると言っていいでしょう。
※2021年10月26日現在の平均値


▶SSDのデータ転送速度

SSDのデータ転送速度

NVMe対応PCIe3.0×4のSSDとしては特段速くはありませんが、SATA接続のSSDやHDDと比べると圧倒的に速く、悪くないスピードです。

十分快適に作業できるでしょう。

SSD情報

SSD情報

ADATA(エイデータ)製のSSDでした。

※同じ型番のノートパソコンでも、上記とは異なるメーカーのSSDが搭載されている可能性もあります。

―― 使いやすさのチェック ――

▶キーボード

GALLERIA RL5C-R35Tのキーボード

▲タップ・クリックで拡大

柔らかめのタイピング感で、まずまずタイピングしやすいキーボードです。

一部の小さくなってしまっているキーは、ブラインドタッチしづらいですが、全体的には使いやすくまとまっています。

キーボードの右側

個人的には、カーソルキーの上下も文字キーと同じくらいの大きさで、凸型の配置になっていて使いやすいのが嬉しいところ。

▼キートップ(キーの表面)はほぼフラット。少し凹みがあればよかったです。

キートップのアップ画像

タイピング音の大きさは、やや小さめ~普通くらいです。

キーボードを斜め上からアップ

ファンクションキー(Fキー)は、全角カタカナ変換などWindowsのデフォルト機能が優先されています。

Fキー

(音量の上げ下げなどFキーに割り当てられた独自機能を使うには、Fnキーと同時押しで使います。)

キーピッチなど

デスクトップPC用キーボードとの比較

▲デスクトップPC用キーボードと比較したところ

▼タイピングしやすいと言われる19ミリに近いキーピッチ(キーとキーの間隔)がありそうです。

キーピッチ

▼15.6型のノートPCなのでパームレストは広いです。

パームレストに手をのせたところ

キーボードバックライトを搭載

キーボードのバックライトは、Fn+F7キーで明るく、Fn+F6キーで暗くできます。

キーボードのバックライト

バックライトの明るさは4段階で切り替えできます。

バックライトの色や効果は、スタートメニュー ⇒ Gaming Centerで変更できます。

タッチパッド

クリックボタン一体型のタッチパッドです。

タッチパッド

タッチパッドを押したときのカチカチ音は、大きめです。

なお、Fn+F5キー、またはタッチパッドの左上をダブルタップすると、タッチパッドのオン・オフができます。

タッチパッド・オフ

▲タッチパッドがOFFのときはインジケーターが点灯。

キーボードのタイピング時に、タッチパッドに手がふれてカーソルが動いてしまうのを防止したいときに便利です。

▶ゲームプレイ時の表面温度

3Dゲームプレイ開始から20分後の表面温度です。

▲一番熱くなっている場所で約40.9度

一番熱くなっている部分は、ずっとさわっているのは熱いくらいの温度になっていましたが、
W、A、S、Dキーなどはそれほど熱くなかったので、さわりっぱなしでも大丈夫でした。

▶スピーカー

底面にスピーカーを搭載。

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tのスピーカー

音源によっては、もう少し音抜けが欲しいと感じることもありました。しかし、底面のみのスピーカーのわりには、悪くない音質です。

点数にすると、100点満点中:60点くらいです。
※ノートパソコンのスピーカーとしての点数。あくまで個人の感想です。

なお、「Sound Blaster CINEMA 6+」というソフトがインストールされているので、多少の音質調整はできます。

soundblaster cinema6+

▶ディスプレイ

ディスプレイのリフレッシュレートは144Hzです。

角度をつけて見ても若干暗く見える程度で、それほど見づらくはなりませんでした。

ディスプレイ 正面

視野角チェック 横から見たところ

▲横から見たところ

視野角チェック 上から見たところ

▲上から見たところ

視野角は広いです。

▼ディスプレイを開けるところまで開いてみました。約137度開きます。

ディスプレイを開けるところまで開いたところを横から見たところ

ノングレア液晶なので、写り込みしにくい

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tのディスプレイは、ノングレア(非光沢)液晶なので、写り込みしづらいです。

ディスプレイの光の写り込み具合

作業中に照明や周囲のものが画面に写り込みにくいので、実用的です。

▶バッテリー駆動時間

■バッテリー駆動時間の実測

JEITA Ver.2.0測定法 約4.1時間
※メーカー公表値
フルHD画質の動画を再生
(負荷:軽)
3時間50分
PCMark 8 WORK
(負荷:中)
2時間57分
ドラゴンクエストXベンチマーク・ループ再生 1時間12分
30分で充電できたバッテリー量
※付属のACアダプターを使用
約47%

※バッテリー駆動時間は、「ディスプレイの明るさ:80%」で計測しました。ディスプレイをさらに暗くすれば、バッテリー駆動時間は伸びます。

ゲーミングノートは消費電力が大きいですし、さらに大きめの15.6型ディスプレイということもあり、バッテリー駆動時間はあまり長くないです。

なおGALLERIA RL5C-R35Tは、スタートメニュー ⇒ Gaming Centerでパフォーマンス設定ができます。

今回のバッテリー駆動時間は、以下の設定にして計測しました。

■パフォーマンス設定

フルHD画質の動画を再生 エンターテイメント
PCMark 8 WORK エンターテイメント
ドラゴンクエストXベンチマーク・ループ再生 ゲームモード
計測条件などを見るにはここをタップ(クリック)

■「ネット閲覧とテキスト打ちに使用」のバッテリー駆動時間 計測条件

  • ディスプレイの明るさ:80%
  • バッテリー節約機能:バッテリー残り20%以下でオン
  • ウェブ閲覧:ウェブブラウザでタブを5つ開き、各タブでウェブサイトを表示。それら各タブを1分ごとに自動で再読み込み。
  • タイピング:BBenchというソフトを使い、10秒ごとに自動でタイピング入力。
  • 以上の状態で、バッテリー残量100%から計測。

■「PCMark 8 WORK」について

オフィスワークタスクでのバッテリー駆動時間をソフトウェア「PCMark 8」で計測したバッテリー駆動時間を掲載しています。
テストでは、ドキュメント作成、スプレッドシート作成、ウェブサイトでの3D画像の閲覧、ビデオチャットなどを行ないます。

▶静音性

負荷がかかったときに、どれくらいうるさくなるのか試してみました。

使用時の耳の位置などを考慮し、ヒンジ部より高さ30cm×奥行き30cmの距離から計測。

アイドル時 ほぼ無音
※耳を近づけても動作音がほぼ聞こえない
ベンチマークテスト時 最大48db前後

※今回は、ベンチマークテスト:FINAL FANTASY XVベンチマーク実行時のdb数を計測しました。あくまで当サイトで計測した場合の音の大きさですので、上記よりも大きな音がしないことを確約するものではありません。

大きな負荷がかかったときなどの排気音は、やや大きめです。

自習室など静かな場所だと、少し目立ってしまうかもしれません。

ある程度人のいるカフェなどでは、周りの音にかき消されるかな?くらいの大きさです。

■騒音(デシベル数)の目安

かなりうるさい 70db 騒々しい事務所の中
うるさい 60db 走行中の自動車内、普通の会話
普通 50db 静かな事務所
静か 40db 閑静な住宅街、図書館
とても静か 30db 深夜の郊外
ほとんど聞こえない 20db 雪のふる音

※表はあくまで目安です。

▶サイズ

A4用紙とGALLERIA RL5C-R35Tの大きさの比較

▲A4用紙とのサイズ比較

GALLERIA RL5C-R35Tの厚さ

大学ノート 252×179mm
A4サイズ 297×210mm
GALLERIA RL5C-R35T 360×244×厚さ20mm

幅×奥行きは、A4サイズよりもわりと大きいです。

A4サイズ対応の標準的な大きさのビジネスバッグにもギリギリ入りましたが、余裕はあまりないです。

持ち運びには、15.6型ノートに対応したリュックやバッグを使った方が安全でしょう。

ビジネスバッグに入れているところ

※実際の持ち運びには、インナーケースやノートパソコン収納部を備えたバッグやリュックのご利用をおすすめします。

▶重さの実測:約1,878グラム

重さについては、冒頭のおすすめポイント:「重さ」についての項目に載せましたので、そちらをご覧ください。

▶インターフェイス

■右側面

右側面

SDカードリーダー(SDXC / SDHC 対応)

USB 3.1 Gen1 (Type-A) ×2

▼なお、SDカードを挿すと、かなりはみ出すので、挿しっぱなしにしておくのには向いていません。

SDカードを挿しているところ

■左側面

左側面

ケンジントンロック

USB 2.0 (Type-A)

マイク入力端子

ヘッドフォン出力端子

■背面

背面(後ろ側)にもインターフェイスがあります。

背面

USB 3.1 Gen2 (Type-C)(DisplayPort 1.4対応)

HDMI 2.1

ネットワーク (LAN) ポート

電源入力端子

USB Type-C端子からの映像出力は可能ですが、USB PD(Power Delivery)には 非対応です。

背面(後ろ側)にもインターフェイスがあり、インターフェイスは充実していますが、
USB Type-C端子が背面のみで、側面にはないのが惜しいところ。

「ドスパラ GALLERIA RL5C-R35T」を公式サイトで見てみる
 

―― 外観・その他のチェック ――

▶外観

シャーシには、マグネシウム合金が使われていると思われ、質感がよくチープさはありません。

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tの外観。斜め上からのカッコいいアングル

ゲーミングノートにありがちな、派手な外観ではないので、ルックス的にはビジネスシーンでも普通に使えるかなと思います。

とは言え、天板にGALLERIAロゴがペイントされているので、天板側から見ると、多少ゲーミングノートっぽさはあります。

GALLERIA RL5C-R35Tの外観 天板側から斜め上

天板ロゴのアップ

折りたたんだ様子を斜め上から

本体底面

パームレストのアップ

 
▼左:動作モード切り替えスイッチボタン、右:電源ボタン。

電源ボタン

▼HD画質のWEBカメラ / IR専用カメラも搭載。Windows Hello(顔認証機能)対応です。
WEBカメラ

▶ドスパラ「GALLERIA RL5C-R35T」のレビューまとめ

「ドスパラ GALLERIA RL5C-R35T」のレビューのまとめです。

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tの外観 見映え

「ドスパラ GALLERIA RL5C-R35T」の魅力は、GeForce RTX 3050 Tiを搭載していながらも、価格が抑えられているところでしょう。

実測約1.88kgで、ゲーミングノートとしては軽量なので、持ち運びが十分可能な重さなのも嬉しいですね。

ゲーミングノートということもあり、バッテリー駆動時間は短めですが、据え置きメインでの利用でしたら、大きな問題にはならないと思います。

「格安のゲーミングノートより、もう少しグラフィックス性能に余裕を持たせたい」という方にオススメです!

>> ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tを公式サイトで見てみる <<

▶ ドスパラ GALLERIA RL5C-R35Tを公式サイトで見てみる

 

>> 目次へ戻る

>> このページの先頭へ戻る

お得なキャンペーン情報

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ