「THIRDWAVE SA505i」は買い?ライバル製品とも比較しつつチェックしてみました

THIRDWAVE SA505i

ドスパラで販売されている「THIRDWAVE SA505i」は「買い」なのか?

などについて、外観やキーボードが似ているTHIRDWAVE VF-AD5の情報も参考にしつつ書いていきます。

▼なお、THIRDWAVE VF-AD5については、以下のレビューを参考にどうぞ(※外観やキーボードは似ていますが、CPU性能は大きく差があります)。

▼以下の実機レビューでポイント・注意点もすぐに分かりますので、参考にどうぞ!

THIRDWAVE SA505iは、

  • CPU:Core i5-1135G7
  • メモリ8GB
  • 256GB SSD
  • インテル Iris Xeグラフィックス

といったスペックで、オフィスワークなどのビジネス用途には十分な性能です。

液晶ディスプレイも、ノングレア(非光沢)なので、光などが写り込みしづらいので作業向きです。

>> THIRDWAVE SA505iをドスパラで見てみる <<

▶ THIRDWAVE SA505iをドスパラで見てみる


 
■THIRDWAVE SA505iのスペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 15.6型 フルHD(解像度1920×1080)、ノングレア(非光沢)、TFT液晶
CPU インテル Core i5-1135G7
メモリ 8GB
ストレージ SSD:256GB(NVMe)
グラフィックス インテル Iris Xe
サイズ 358×233×19(ゴム足含む)mm
重量 約1.7kg

※2022年7月27日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

▶CPU性能の目安

THIRDWAVE SA505iが搭載しているCore i5-1135G7がどの程度のCPU性能なのか、

CPU性能を計測できるベンチマークソフト:CINEBENCH R23のスコアを他の薄型ノートパソコン向けCPUと比較してみます。

■他の薄型ノートパソコン向けCPUとのCINEBENCH R23マルチコアスコア比較

Core i7-1260P 7862
Ryzen 5 5500U 7477
Ryzen 5 4500U 6210
Core i7-1195G7 6109
Core i7-1165G7 5027
Core i7-1160G7 4636
Core i7-10710U 4532
Core i5-1135G7 4420
Core i5-10210U 4051
Core i5-1155G7 3957
Ryzen 3 4300U 3944
Core i5-1035G1 3474
Core i3-1115G4 3216
Pentium Silver N6000 1993
Celeron N5100 1993
  • 当サイトで計測した平均値を掲載(2022年7月26日現在)。
  • 数字が大きいほど高パフォーマンス。

※グラフのCore i5-1135G7のスコアは、あくまでCore i5-1135G7を搭載した複数のノートパソコンで計測した平均値です。参考程度にご覧ください。

▶インテル Iris Xeグラフィックス

THIRDWAVE SA505iのグラフィックスは、インテル Iris Xeグラフィックス(Core i5-1135G7に内蔵されているグラフィックス)です。

CPUに内蔵されているグラフィックスとしては、性能は高いので、画像編集などもある程度こなせる性能です。

▶ネイルチップテンキー搭載のキーボード

キーボードは、EnterキーやBackSpaceキーなども大きく、キーピッチに余裕があります。

キーボード

テンキーは、「ネイルチップテンキー」という名称のコンパクトなテンキー。

テンキー

このテンキーの使い心地ですが、同等のキーボードを搭載していると思われるTHIRDWAVE VF-AD5で操作した際、指を3本並べて操作するのには幅が狭いと感じました。

ただ、テンキーがないよりは、このテンキーがあった方が数字入力はしやすいという方もいると思います。

▼ディスプレイを開くとキーボードに傾斜がつく「リフトアップヒンジ」なのはグッドです。

リフトアップヒンジ

キーボードに適度に傾斜がついていた方が、やはりタイピングは楽です。

▶タッチパッド

タッチパッドはテンキー機能付きです。

タッチパッド

ポインター操作(カーソル操作)とテンキー入力を切り替えできます。

タッチパッドでのテンキー入力は、タッチパッドが平らなためキーを見ずに入力するのに不向きですから、使って便利かどうかは個人差が大きいと思います。

▶15.6型ノートとしてはやや軽量

最近は、15.6型のノートパソコンでも2キロを切る製品も増えてきました。

THIRDWAVE SA505iは15.6型で約1.7kgなので、やや軽量といったところでしょう。

15.6型に対応したPCリュックなどに入れて運べば、十分持ち運べる重さです。

▶カスタマイズはOSのみ

カスタマイズは、OS(Windows 11 HomeまたはProを選択可能)のみ可能です。

▶インターフェイス

インターフェイス

インターフェイス

インターフェイスは、

  • Thunderbolt 4(電源共用/映像出力Display Port 1.2)×2
  • USB 3.2 Gen2(Type-A)
  • USB 3.2 Gen1(Type-A)
  • USB 2.0(Type-A)
  • HDMI(2.0b)
  • 指紋認証
  • microSDカードリーダー
  • マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子

と、しっかりと揃っています。

とくに、USB Power delivery対応のThunderbolt 4を2つ搭載しているのは嬉しいポイントでしょう。

▶シンプルな外観

外観は、天板にロゴマークなどもなく、非常にシンプルです。

ビジネス用途には使いやすい外観でしょう。

▶ライバル製品は?

ライバル製品は、同じくドスパラで販売されている「THIRDWAVE DX-T7」でしょう。

というのは、価格が同じだからです。
※2022年7月26日現在の価格。

▼THIRDWAVE DX-T7については以下の実機レビューでポイント・注意点もすぐに分かりますので、参考にどうぞ!

■比較表

THIRDWAVE SA505i THIRDWAVE DX-T7
Core i5-1135G7 Core i7-1165G7
メモリ8GB メモリ16GB
256GB SSD 500GB SSD
358×233×19mm(ゴム足含む) 362.2×247.1×19.5mm
約1.7kg 約1.58kg
USB PD対応 USB PD非対応

※2022年7月28日時点のスペックです。今後変更になる可能性があります。

※なおTHIRDWAVE DX-T7は、メモリやストレージなどのカスタマイズが可能です。

  • キーボードの打ちやすさ(ただし、テンキーは除く)
  • デザイン
  • サイズ
  • USB PDでの充電

を重視するならTHIRDWAVE SA505i。

  • 処理性能
  • ストレージ容量
  • 軽さ

を重視するなら、THIRDWAVE DX-T7がよいでしょう。

▶24時間365日のサポート付き

ドスパラでパソコンを購入すると、24時間365日の電話サポートが受けられるので、パソコン初心者の方にも心強いです。


単純にCPUとメモリ容量だけで見ると、もう少し安い製品もあるものの、

「指紋認証」や「各キーの大きさに配慮された日本語キーボード」などを考慮すると、価格は抑えられていると思います。

「THIRDWAVE SA505i」は、オフィスワークなどビジネス用途に使うノートパソコンとして、妥当な選択肢でしょう。

>> THIRDWAVE SA505iをドスパラで見てみる <<

▶ THIRDWAVE SA505iをドスパラで見てみる

お得なキャンペーン情報

HPのおすすめノートパソコン5選はコレだ!

マウスコンピューターこれがおすすめノートパソコン限定モデル

富士通クーポン

マウスコンピューターのセール情報

HPクーポン

ダイナブック特別サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ