Core i7搭載の安いノートパソコン【2023年8月版】おすすめモデルもご紹介!

Core i7を搭載したノートパソコンは、使っていてやっぱり快適です。

せっかくノートパソコンを買うなら、「CPUにCore i7搭載のノートパソコンがいい」という方も多いと思います。

というわけで、Core i7搭載の新品ノートパソコンの中から、「価格の安いモデル」「個人的におすすめのモデル」をご紹介します。

▶Core i7搭載の安いノートパソコン!2023年8月版

【安い その1】デル「Inspiron 14」

デル「Inspiron 14」

価格:96,499円(税込)
※2023年8月30日現在の価格

デル「Inspiron 14」のCore i7搭載モデルは、税込み9万円台でありながらも、

  • 第13世代のCore i7
  • 16GBメモリ
  • 512GB SSD
  • フルHD+画質の液晶

など、価格のわりにしっかりとしたスペックを持っています。

とくに、この価格でメモリ16GBと512GB SSDを搭載しているのは嬉しいポイントでしょう。

重さは約1.53kgで、14インチのノートPCとしては重めなのは注意点です。

価格 96,499円(税込)~
※2023年8月30日現在の価格
OS Windows 11 Home
ディスプレイ 14型 フルHD+(解像度1920×1200)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i7-1355U
メモリ 16GB
ストレージ 512GB SSD
バッテリー駆動時間 未掲載
サイズ 314×226.6×18.75(最厚部)mm
重さ 1.53kg(構成により異なる)

デル「Inspiron 14」を公式サイトで見てみる

【安い その2】マウスコンピューター「mouse K5-I7GM5BK-A」

マウスコンピューター「mouse K5-I7GM5BK-A」

マウスコンピューター「mouse K5-I7GM5BK-A」

「mouse K5-I7GM5BK-A」は、

  • インテル Core i7-12650H
  • NVIDIA GeForce MX550
  • メモリ16GB
  • 512GB SSD

という仕様で149,800円(税込)~
134,800円(税込)~
※2024年7月3日10:59までの通常モデルのセール価格

パワーのあるHシリーズのCore i7搭載で、価格が高すぎないのが魅力です。

限定モデルではありますが、通常モデルと同様にカスタマイズ注文も可能ですよ。

CPUパワーのあるノートパソコンを、安く買いたい方にオススメです!

価格 149,800円(税込)~
134,800円(税込)~
※2024年7月3日10:59までの通常モデルのセール価格
OS Windows 11 Home / Pro / 10 Pro
ディスプレイ 15.6型 フルHD(解像度1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i7-12650H(10コア/16スレッド)
グラフィックス NVIDIA GeForce MX550(2GB)
メモリ 16GB / 32GB / 64GB
ストレージ SSD:512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 約8時間
サイズ 359.5×238×23.5mm(突起部含まず)
重さ 約1.97kg

マウスコンピューター「mouse K5-I7GM5BK-A」を公式サイトで見てみる

【安い その3】レノボ「IdeaPad Slim 360i」

レノボ「IdeaPad Slim 360i」

レノボ「IdeaPad Slim 360i」

価格:84,810円(税込)
※2023年8月30日現在の価格

レノボ「IdeaPad Slim 360i」はCore i7搭載で、価格の安いノートパソコン。

  • Core i7-1165G7
  • メモリ16GB
  • 512GB SSD
  • フルHD IPS液晶

といったスペック。

第11世代のCore i7搭載で、少し古い(最新は第13世代)ため、その点もあって安くなっている印象です。

この価格で16GBメモリを搭載しているのは嬉しいところでしょう。

SSDも512GBなので、容量には余裕があります。

液晶の色域は広くありませんが、価格は安めでもIPS液晶な点はよいですね。

▼天板は、Lenovoロゴのプレートがワンポイントであるだけのシンプルな外観です。

レノボ「IdeaPad Slim 360i」の外観

価格 84,810円(税込)
※2023年8月30日現在の価格
OS Windows 11 Home
ディスプレイ 14型 フルHD(解像度1920×1080)、ノングレア(非光沢)、IPS液晶
CPU インテル Core i7-1165G7
メモリ 16GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス インテル Iris Xe
サイズ 約324.2×215.7×19.9mm
重さ 約1.41kg(平均値)

レノボ「IdeaPad Slim 360i」を公式サイトで見てみる

▶Core i7搭載のおすすめノートパソコン

次は、値段が安いモデルではありませんが、Core i7搭載でおすすめのノートパソコンをご紹介します。

「HP ENVY x360 13-bf」

「HP ENVY x360 13-bf」icon

「HP ENVY x360 13-bf」は、マルチモードに対応しており、いろいろな使い方ができます。

HP ENVY x360 13-bfのマルチモード

液タブのように、ペンでイラスト作成も可能。

一番安いスタンダードモデルでも、512GB SSDを搭載。

ENVYシリーズは、HPのパソコンの中でも上位モデルです。

そのため、2560×1600ドットの高解像度ディスプレイ、約500万画素のWebカメラなど、機能面も充実しています。

▼以下の実機レビューでポイント・注意点もすぐに分かりますので、参考にどうぞ!

価格 Core i7搭載モデルの価格
191,630円(税込)~
※2024年3月25日現在の価格
OS Windows 11 Home
ディスプレイ 13.3型 解像度2560×1600、IPS液晶 / 解像度2880×1800、OLED(有機EL)、グレア(光沢)、タッチ対応
CPU インテル Core i5-1230U / i7-1250U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:512GB / 1TB
グラフィックス インテル Iris Xe
バッテリー駆動時間 最大15~17時間
サイズ 約298×216×16.9(最薄部)mm(突起部含まず)
重さ 約1.33kg

「HP ENVY x360 13-bf」を公式サイトで見てみる

【世界最軽量!】富士通「LIFEBOOK WU-X/H1、WU2/H1」

富士通「LIFEBOOK WU-X/H1」

富士通「LIFEBOOK WU-X/H1(世界最軽量モデル)」icon

富士通「LIFEBOOK WU2/H1(軽量モデル)」

富士通「LIFEBOOK WU-X/H1、WU2/H1」は、14型ノートPCとして世界最軽量約689g~の超軽量ノートパソコン

※2023年1月24日現在、富士通クライアントコンピューティング調べ

(重量は選択した仕様によって異なります)

  • LIFEBOOK WU-X/H1:世界最軽量モデル(約689g~)
  • LIFEBOOK WU2/H1:軽量モデル(約758g~)

と、仕様により名前が異なります。

軽量モデルの方でも世界トップクラスに軽いので、価格の安い軽量モデルを買うのもアリです。

キーボードがタイピングしやすいものオススメポイント。

富士通「LIFEBOOK WU-X/H1、WU2/H1」のキーボード

スペックはカスタマイズして注文ができます。

▼以下の実機レビューでポイントもすぐに分かりますので、参考にどうぞ!

富士通割引クーポン

なお、WEB価格からさらに割引になるシークレットクーポンをメーカーの方よりご提供いただけました!ぜひご利用ください!
※有効期限:2024年7月31日13:59まで

■WEB価格からさらに6%オフになるシークレットクーポン
SPLSJ
※当サイトに掲載のリンク経由でのご購入の場合のみ、ご利用いただけるクーポンです。

富士通クーポンの使い方などはコチラ

ちなみに、公式ページ掲載のクーポンとも併用可能なことが多いので、ぜひ併用しておトクにご購入ください!

価格 軽量モデルをCore i7搭載にした場合
166,300円(税込)~
※2023年8月30日現在の価格
OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 14型 WUXGA(解像度1920×1200)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i3-1315U / i5-1335U / Core i7-1355U
Core i3-1315Uは、WU2/H1のみ選択可能
メモリ 4GB /8GB / 16GB / 32GB
ストレージ 256GB~2TB SSD
バッテリー駆動時間 約11~29.5時間(バッテリサイズなどによる)
サイズ 308.8×209×17.3(最厚部)mm(突起部含まず)
重さ 約689~878g(構成による)

※カスタマイズ注文可能

富士通「LIFEBOOK WU-X/H1(世界最軽量モデル)」を公式サイトで見てみる

富士通「LIFEBOOK WU2/H1(軽量モデル)」を公式サイトで見てみる

~~~~~~

【類似モデル その1】

富士通「LIFEBOOK WU-X/H1、WU2/H1」をベースに、「オールブラック」のデザインに仕上げられた「FMV Zero(LIFEBOOK WU4/H1)」もあります。

LIFEBOOK WU4/H1

富士通「超軽量WUシリーズ」のWEB限定モデルです。

富士通割引クーポン

WEB価格からさらに割引になるシークレットクーポンをメーカーの方よりご提供いただけました!ぜひご利用ください。
※有効期限:2024年7月31日13:59まで

■WEB価格からさらに7%オフになるシークレットクーポン
SPLSJ
※当サイトに掲載のリンク経由でのご購入の場合のみ、ご利用いただけるクーポンです。

富士通クーポンの使い方などはコチラ

ちなみに、公式ページ掲載のクーポンとも併用可能なことが多いので、ぜひ併用しておトクにご購入ください!

富士通「LIFEBOOK WU4/H1」を公式サイトで見てみるicon

~~~~~~

【類似モデル その2】

同じシリーズで「ペン対応&2in1」LIFEBOOK WU3/H2もあります。

富士通 LIFEBOOK WU3/H2

こちらは、重さ約864gの軽さでアクティブペンやタブレットモードなどにも対応していますよ。

富士通「LIFEBOOK WU3/H2」を公式サイトで見てみるicon

マウス「DAIV Z4-I7I01SR-A」

マウスコンピューター「DAIV Z4-I7I01SR-A」

マウスコンピューター「DAIV Z4-I7I01SR-A」

DAIV Z4-I7I01SR-Aは、約975gの超軽量クリエイター向けノート。

Core i7-1260Pによるパワーと、広めの色域で、クリエイティブな作業もシッカリこなせます。

外観もスタリッシュです。

OS、メモリ、ストレージのカスタマイズも可能ですよ。

とてもおトクな限定モデルのお知らせ

DAIV Z4-I7I01SR-Aを通常価格よりもおトクな169,800円(税込)に設定した、

DAIV Z4-I7I01SR-A これがおすすめノートパソコン限定モデル

を特別に販売いただけることになりました!

DAIV Z4-I7I01SR-A

通常モデル同様、カスタマイズ注文もできますよ。

大変おトクですので、この機会をお見逃しなく!

DAIV Z4-I7I01SR-A【これがおすすめノートパソコン限定モデル】をマウスコンピューターのサイトで見てみる

価格 189,800円(税込)~
179,800円(税込)~
※2024年7月3日10:59までの通常モデルのセール価格
OS Windows 11 Home / Pro / 10 Pro
ディスプレイ 14型 WUXGA (解像度1920×1200)、ノングレア (非光沢)
CPU インテル Core i7-1360P
メモリ 16GB / 32GB / 64GB
ストレージ 500GB~4TB SSD
バッテリー駆動時間 約11時間
サイズ 308.8×213×16.4mm(突起部含まず)
重さ 約975g

マウスコンピューター「DAIV Z4-I7I01SR-A」を公式サイトで見てみる

 \おトクな限定モデルはコチラ!/
「DAIV Z4-I7I01SR-A これがおすすめノートパソコン限定モデル」をマウスコンピューターのサイトで見てみる

ダイナブック「VZシリーズ」

ダイナブック「VZシリーズ」

「dynabook(ダイナブック)VZシリーズ」icon

「dynabook VZシリーズ」は、性能バランスのよい軽量ノートパソコン。

  • 複数のモードで使える
  • Wacom製アクティブ静電ペン付属
  • Core i5またはi7プロセッサー搭載
  • 長時間バッテリー駆動

などを備えています。

タブレットモードなど、様々なモードで使うこともできます。

ペンについても実機でチェックしましたが、ペンの描き心地がいいで、イラストを描きたい方には特にオススメです。

▲Wacom製アクティブ静電ペンが付属

▼以下の実機レビューでポイント・注意点もすぐに分かりますので、参考にどうぞ!

ダイナブックのパソコンを安く買う方法

会員価格よりもさらに安くDynabook製ノートパソコンを購入できる、

「Dynabook特別サイト」

をメーカーの方より特別にご提供いただけました!

▼以下のように通常価格と比べると、会員価格はかなり安いのですが、特別サイトを使えば会員登録ナシでもさらに安く買えます!

ぜひご利用ください。

■特別サイトへのログイン情報

プレミアムID:dyna204cls

パスワード:T8Y7GRSV

ダイナブック製ノートパソコンをお得に購入できる【Dynabook特別サイト】

価格 Core i7搭載の場合
249,700円(税込)~
※2023年8月30日現在の価格
※上記のDynabook特別サイトから購入すると、かなり安くなります。
ディスプレイ 13.3型 フルHD(解像度1920×1080)、タッチ対応、ノングレア(非光沢)、IGZO液晶
OS Windows 11 Home / Pro
CPU インテル Core i5-1240P / i7-1260P
メモリ 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ 256GB~1TB SSD
バッテリー駆動時間 約24時間
サイズ 約303.9×197.4×17.9mm(突起部除く)
重さ 約979g

「dynabook(ダイナブック)VZシリーズ」を公式サイトで見てみる

Core i7の中にもさらにシリーズがある

一言に「Core i7」といっても、▼以下のようにいくつかのシリーズに分かれます。

Core i7シリーズの主な種類

上図のように、CPU名称の末尾のアルファベットを見ると、特性がわかります。
一例ですが、たとえば以下のCore i7の場合、

  • Core i7-1255U
  • Core i7-12700H

U…低消費電力のCPU
⇒低消費電力なので、バッテリー消費は抑えられる反面、パワーは抑えられている。

H…パワー重視のCPU
⇒パワーはあるが、バッテリーを消費しやすい。パフォーマンスを十分に発揮するには、しっかりした排熱処理が必要。

といった感じです。

HシリーズのCore i7は、パワーがあるのでゲーミングノートやクリエイター向けノートに搭載されていることが多いです。

Hシリーズは、パワーがある分、バッテリーも消費しやすいです。

Pシリーズは、薄型ノートにも搭載されていることがありますが、Uシリーズよりもパワー重視になっています。

こういう風に書くと、

「UシリーズのCore i7は、パワーがあまりないのか?」

と感じるかもしれませんが、そういうわけでもありません。

UシリーズのCore i7でも、CPUパワーが必要なクリエイティブ作業もある程度こなせます。

パワーとバッテリー駆動時間のバランスを考えると、Uシリーズも捨てがたいところですよ。

Core i7って、インテルCPUではどのあたりの位置づけなの?

ちなみに、次の表のようにPentium、Celeron、Atomが下位ブランドです。

■インテルCPUの位置づけ

上位ブランド Core i9
Core i7
Core i5
Core i3
Core M / m
下位ブランド Pentium
Celeron
Atom

Core i7は、インテルのCoreプロセッサー・ファミリーの中で上位なので、負荷の高い作業をするのに向いています。

(ちなみに、Core i9は、かなりのパワーを要求する用途に向いているので、よほどヘビーな用途でないと持て余します)

ノートパソコンの場合、バッテリー駆動時間がありますから、その点も含めてCPU選びを考えた方がよいです。

CPU性能が高くなるほど、バッテリーの消費も早くなるので、同じ世代のCPUなのであれば、Core i5やCore i3と比べると、バッテリー駆動時間が短くなってしまうと考えられます。

重い作業をしないのであれば、Core i5などのCPUにしておいた方がいいかもしれません。

Core i5もそれなりに性能は高いですから、ある程度重い作業をするのでも、十分使えます。

おわりに:Core i7搭載のノートパソコンを選ぶことのメリット

処理性能の高いCPUを選ぶことには、様々なメリットがあります。

  • 作業効率化
  • 時間短縮
  • ストレスの軽減

など、色々あります。

特に、安いCPUを積んだPCからCore i7を積んだPCに買い換えると、こういったメリットを強く感じられますよ。

Core i7は、インテルのCPUの中でも、ハイエンド向けの上位製品です。

「Core i7なんて高性能すぎて、自分には必要ない。」

などと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、上記のようなメリットがあることを考えると、

予算に余裕があるなら、Core i7搭載ノートPCのオススメ度は高いです。
 

Core i7といっても、色々な型番で発売されており、型番が違えば、当然性能も異なります。

初めてインテルがCore i7を出荷したのは2008年ですが、2009年にはPCI-e x16バスを追加、2010年にチップセットとのインターフェイスにDMI採用などその後も世代交代を繰り返しながら、性能を高めつつ新しい世代として、性能を高めながら次々にリリースされています。

第11世代Core(Tiger Lake)シリーズでは、内蔵GPUの性能も大幅にアップし、Thunderbolt 4ポートを内蔵。PCI Express 4.0に対応するようになりました。

このように、一口にCore i7といっても、どんどんと進化しています。

古いノートパソコンを見かけたときに、Core i7を搭載しているからといっても、「今となっては、たいしたことない」ということも、もちろんあります。

Core i7であっても、さすがに動画のレンダリングなどは一瞬では処理できないので、そういった「重くて当たり前」の作業の時は処理に時間をとられますが、そうでもなければほとんど重さを感じず処理ができますよ。

Core i7搭載のノートパソコンの紹介に戻る

関連記事

▼なお、Core i5搭載のノートパソコンは、以下の記事でご紹介しています。

Core i5搭載の安いノートパソコン【2023年7月版】おすすめノートパソコンもご紹介!

Core i3搭載のノートパソコンはコチラ!

Core i3搭載の安い・おすすめノートパソコン【2023年7月版】

お得なキャンペーン情報

マウスコンピューターこれがおすすめノートパソコン限定モデル

HPクーポン

マウスコンピューター・クーポン

ダイナブック特別サイト

富士通クーポン

マウスコンピューター・タイムセール

サブコンテンツ

このページの先頭へ