【現行21選!】軽量・薄型のおすすめノートパソコン【2019年8月 夏 更新版】軽い・薄い

notepc_gaikokujin_ph

わたしは、2.5kgくらいあるノートパソコンを持ち運ぶこともあるのですが、やっぱり重くてシンドイです(笑)

やっぱり軽くて薄いノートパソコンが最高だなと思います!

というわけで、

軽量・薄型のノートパソコンを、画面サイズ別にご紹介します!

※もちろん2019年8月現在での現行モデルのみをご紹介します。

軽量・薄型おすすめノートパソコン【2019年8月 夏 更新版】

▶ 10・11型の軽量・薄型ノートパソコン

マイクロソフト「Surface Go」

10・11型のイチオシモデル

iconicon
タブレットとしても使える「マイクロソフト Surface Go(サーフェスゴー)」icon

価格:63,504円 (税込み)~
※2019年8月5日現在の価格

「Surface Go(サーフェスゴー)」は、

  • 10インチの小型ボディ
  • タブレットのみの重さ522g

と、手軽に持ち運びしやすいサイズ・重さのタブレットPCです。

▲A4用紙とB5ノートとの比較(本体下の黄色いのがB5ノートです)。B5ノートとほぼ同じ大きさなので、持ち運びしやすいです。

キーボード(タイプカバー)を付けた場合は、本体と合計で765g~です。
(タイプカバーは、アクセサリーという位置づけなので、別売り12,740円~)。

Surfaceペン(別売り)にも対応しているので、イラストを描くのにも使えます。
 

ストレージ容量は最大でも「128GB」と少なめで、CPU性能もそれほど高くありません。

「手軽に持ち運ぶサブ機」として使うのに向いています。

実機レビューがあるので参考にどうぞ。

マイクロソフトSurface Goのレビュー!使い勝手バツグンの小型ノートならコレ!

Surface Go

価格 63,504円(税込)~
(2019年8月5日現在の価格)
液晶 10型 PixelSenseディスプレイ(解像度1800×1200)、タッチ対応、ゴリラガラス
重さ 522~532g(タブレットのみ)
765~775g(タブレット+キーボード)
サイズ 約 W245 x D175 x 厚さ8.3mm(タブレットのみ)
約 W248 x D190 x 厚さ13mm(タブレット+キーボード)
CPU インテル Pentium Gold 4415Y プロセッサー
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ 64GB SSD(eMMC)/ 128GB SSD
バッテリー駆動時間 最大 約8.5~9時間のビデオ再生が可能

マイクロソフト「Surface Go(サーフェスゴー)」を公式サイトで見てみるicon
 

▶ パナソニック「レッツノート RZシリーズ」

10・11型のイチオシモデル

パナソニック レッツノート RZシリーズ

価格:222,800円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

▶ 価格は高めだが、小型で軽量・ハイスペック

「パナソニック レッツノート RZシリーズ」は、B5サイズよりも小さいコンパクトボディに約775gの軽さが魅力のコンバーチブル・ミニノートPCです。

(ちなみに、コンバーチブルPCとは、ノートパソコンにもタブレットにもなるパソコンのことです)

約775グラムは、500ミリリットルのペットボトル1本半くらいの重さですから、かなり軽いですよね。

  • 軽くて、小さくて、持ち運びがラク
  • 小さくてもキーボードが打ちやすい
  • タブレットとしても使える

など、充実しています。

基本的にハイスペックで、ユーザー満足度も高いノートパソコンなのですが、価格は高めです。

価格を考慮しなければ、非常によいノートパソコンです。

価格 222,800円(税抜)~
(2019年8月5日現在の価格)
OS Windows 10 Pro
液晶 10.1型 タッチ対応、WUXGA(解像度1920×1200) 、IPS液晶
サイズ W250×D180.8×厚さ19.5mm
重さ 約0.775kg
CPU インテル Core i5-8200Y / i7-8500Y
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:256GB / 512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 約10.5~11時間

パナソニック「レッツノート RZシリーズ」を公式サイトで見てみる

ASUS「VivoBook E203MA」


ASUS(エイスース)「E203MA」icon

価格:36,800円 (税込み)
※2019年8月5日現在の価格

ASUS「E203MA」は、税込み4万円を切る価格で、価格はお手頃です。

ただ、性能はそれほど高くないですし、ストレージ容量も64GBと少なめなので用途は限られます。

外で軽めの作業をするなど、サブ機として使うのが向いています。

重さは約1kgなので、わりかし軽量です。この価格で最長約14.6時間のバッテリー駆動時間は魅力です。

価格 36,800円 (税込み)
2019年8月5日現在の価格
液晶 11.6型 WXGA(解像度1,366×768)、グレア(光沢)液晶
サイズ W286 × D193 x 厚さ16.9mm
重さ 約1kg
CPU Celeron N4000
メモリ 4GB
ストレージ eMMC 64GB
バッテリー駆動時間 最大約14.6時間

ASUS(エイスース)「E203MA」を公式サイトで見てみる
 

▶ 12型の軽量・薄型ノートパソコン

次は、12インチ台の軽量・薄型ノートパソコンをご紹介します。

ダイナブック「VZ72/M」

12型のイチオシモデル

「ダイナブック VZ72/M」

価格:191,000円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

「ダイナブック VZ72/M」は、ペンに対応し、タブレットモードなどにもなる軽量ノートパソコンです。

  • Core i7プロセッサー、SSD搭載
  • 快適な打ち心地を追求したキーボード
  • 約16.5時間の長時間バッテリー駆動
  • タッチ対応パネル、アクディブ静電ペン付属

などを備えています。とくに約16.5時間の長時間バッテリーは魅力的ではないでしょうか?

なお、ダイナブックのパソコンを購入検討している方は、まず東芝オンラインストアのウェブ会員になるのがおすすめです。すると、

「えっ?こんなに安くなるの?」

というくらい安くなります。面倒でも会員登録して、どれくらい安くなるのか価格チェックをおすすめします。

(※会員登録は、名前とメールアドレスを登録するだけなのでカンタンです)

ダイナブック VZ72/Mの類似モデルの実機レビューを書きましたので、よければ参考にどうぞ。

東芝ダイナブック VZ72/Fのレビュー!性能バランスは良好。気になる点は?

東芝ダイナブック VZ72/F

価格 191,000円 (税抜き)~
(※2019年8月5日現在の価格)
※ダイナブックのオンラインストアに会員登録すると、だいぶ安くなります。
液晶 12.5型 フルHD (1920×1080)、タッチパネル、非光沢(ノングレア)
サイズ 約 W299 × D219 × 厚さ15.4mm
重さ 約1.099kg
CPU Core i7-8550U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD
バッテリー駆動時間 最大約 16.5時間

「ダイナブック VZ72/M」を公式サイトで見てみる
 

▶ ハイスペックにカスタマイズ可能なミニノート「VAIO SX12」

12型のイチオシモデル
VAIO SX12

ハイスペックにもカスタマイズ可能なミニノート「VAIO SX12」icon

価格:119,800円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

VAIO SX12は、ハイスピードSSD、インテルCore i7プロセッサーなども選択可能。高性能にカスタマイズできるミニノートをお探しの方にオススメです。

薄型のベゼル(画面のフチ)を採用し、11.6インチ・ノートに近いサイズながらも、12.5インチ・ディスプレイを搭載しているのも大きな魅力。

VAIO SX12

強度を確保する「カーボンウォール天板」を採用し、薄型ベゼルでも従来モデルと同等以上の剛性を確保。

最薄部15ミリの薄さ、重さ約840g~。A4よりも小さいサイズで携帯性にすぐれています。

価格 119,800円(税抜)~
(2019年8月5日現在の価格)
OS Windows 10 Home / Pro
液晶 12.5型 フルHD(解像度1920×1080)、アンチグレア
サイズ 約 W287.8 × D203.3 × 厚さ15.7(最薄部)-18.0(最厚部)mm※突起部含まず
重量 約888~897g
CPU インテル Celeron 4205U / Core i3-8145U / i5-8265U / i7-8565U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD:128GB~1TB
バッテリー駆動時間 約13.0~14.5時間

「VAIO SX12」を公式サイトで見てみる
 

VAIO「A12」

12型のイチオシモデル
iconicon
「VAIO A12」

価格:132,800円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

こちらも上のモデル同様12.5インチのVAIO製ノートパソコンですが、この「VAIO A12」は、キーボードを取り外してタブレットにもできる2 in 1モデルです。

VAIO A12

キーボードの取り外しができるモデルだと、ノートパソコンモードのときは後ろをスタンドで支えなくてはいけないモデル多いですが、

VAIO A12は、ノートパソコンモードのときでもスタンド不要です。

注文時に「バッテリー搭載」か「バッテリー非搭載」のキーボードを選べます。

バッテリー搭載の「ワイヤレスキーボードユニット」を選べば、キーボードを取り外した状態でもキー入力が可能です。

ワイヤレスキーボードユニット搭載だと、+8000円で重さが110gほど重くなりますが、その代わりバッテリー駆動時間が2倍くらいになります。

バッテリー駆動時間が2倍になるのはかなりの魅力なので、ワイヤレスキーボードユニット搭載の方がオススメです。

ワコム製のペンに対応しているのも魅力です。

価格 132,800円 (税抜き)~
(2019年8月5日現在の価格)
OS Windows 10 Home / 10 Pro
液晶 12.5型 フルHD(1920x1080)、IPS液晶、タッチ対応
重さ ワイヤレスキーボード装着時:約1.209~1.223kg
ワイヤレスではないキーボード装着時:約1.099~1.114kg
タブレットのみ 約607~622g
サイズ キーボードユニット装着時:約 W305.5 x D211.9 x 厚さ17.0~21.0mm
タブレット:約 W305.5 x 199.4 x 厚さ7.4mm
CPU インテル Celeron 3965Y / Core m3-8100Y / Core i5-8200Y / Core i7-8500Y
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB / 512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 タブレット時:約7.7~8.5時間
キーボードユニット接続時:約14.4~15時間(※ワイヤレスキーボードユニット非選択時の場合は、約7.4~8.1時間)

「VAIO A12」を公式ストアで見てみる
 

HP「ENVY 12 x2」

iconicon
「HP ENVY 12 x2」icon

価格:98,800円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

「HP ENVY 12 x2」は、

  • アクティブペン対応
  • SIMカードスロット搭載で4G LTE通信に対応
  • タブレットのみでも使える

などの特徴を持つノートパソコンです。

キーボードを取り外して、タブレットのみで、ペンでイラストを描いたりもできます(キーボードとアクティブペンは付属します)。

注文時に、メモリやストレージ容量を増やすなどの「スペックのカスタマイズ」はできませんが、元々のスペックはまずまずです。

HP「ENVY 12 x2」

▲キーボードドッグがケースのようになるように設計されています。

※なお、このモデルはキーボードがUSキーボード(英字キーボード)なので、ご注意ください。

実機レビューがあるので参考にどうぞ。

HP ENVY 12 x2のレビュー!使い勝手のよさとSIMフリー対応が魅力

価格 98,800円 (税抜き)~
(2019年8月5日現在の価格)
液晶 12.3型 WUXGA+(1920×1280)、光沢、IPS液晶、タッチ対応)
サイズ 約 W293 × D214 × 厚さ15.5mm
重さ タブレットのみ:約778g
タブレット+キーボードドック:約1.24kg
CPU インテル Core i5-7Y54 プロセッサー
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD
バッテリー駆動時間 最大 約17時間

なお、日本HP様より、当サイト限定の【HP製品 値引きクーポン】を発行していただけました。ぜひご利用ください(※2019年8月31日23:59までの予定です)。
HP製品の値引きクーポンと使い方はコチラ

※税抜き12万円以上の購入から使えるクーポンですので、価格帯的にお使いいただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。

「HP ENVY 12 x2」を公式サイトで見てみるicon
 

パナソニック「レッツノートSV8」


パナソニック「レッツノートSV8」

価格:232,800円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

パナソニック「レッツノートSV8」は、光学ドライブなしのモデルだと、重さ939g~で、1kgを切る軽さです。

※光学ドライブ=DVDドライブなどのこと

ただ、カスタマイズで光学ドライブを搭載できるように設計されているため、厚さは24.5mmあります。軽量ですが薄型ではありません。

好みに応じて、長時間バッテリー、LTE対応、大容量SSDなどにカスタマイズして注文もできます。

価格 232,800円 (税抜き)~
(2019年8月5日現在の価格)
液晶 12.1型 WUXGA(1920×1200)
サイズ W283.5 × D203.8 × 厚さ24.5mm(突起部除く)
重さ 939g~1.119kg(光学ドライブの有無、バッテリーパックのサイズなどによる)
CPU Core i5-8365U vPro / Core i7-8665U vPro
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
バッテリー駆動時間 バッテリーパック(S)選択時:最大 約12.5~13時間
バッテリーパック(L)選択時:最大 約19.5~20時間

パナソニック「レッツノートSV8」を公式サイトで見てみる
 

NEC「LAVIE Direct NM」


NEC「LAVIE Direct NM(Note Mobile)」

価格:94,800円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

重さ約908g~や、約11.5時間の長時間バッテリーなどの特徴があります。

ストレージはSSDを標準搭載です。

価格 94,800円 (税抜き)~
(2019年8月5日現在の価格)
液晶 12.5型 フルHD、IPS液晶、ノングレア
サイズ W289 × D196 × 厚さ17.0mm
重さ 908~910g
OS Windows 10 Home / Pro
CPU Celeron 3965Y / Core i5-8200Y / Core i7-8500Y
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB / 512GB
バッテリー駆動時間 最大約11.5~11.7時間

NEC「LAVIE Direct NM(Note Mobile)」を公式サイトで見てみる
 

▶ 13型の軽量・薄型ノートパソコン

次は、13インチ台の軽量・薄型ノートパソコンをご紹介します。13インチ台は、ノートパソコンの中でも人気の高いサイズで、多くのモデルが販売されています。

ダイナブック「dynabook GZ63/M」

13型のイチオシモデル

ダイナブック「dynabook GZ63/M」

価格:166,000円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

「ダイナブック GZ63/M」は、ダイナブック30周年記念モデル。約859gと軽量で、性能バランスもよい軽量ノートパソコンです。

  • 重さ 約859g
  • Core i5プロセッサー
  • 256GBのSSD搭載
  • 約19時間の長時間バッテリー駆動
  • SHARP製 IGZO液晶

など、メインPCとしてしっかり使える性能です。

トータル性能のバランスの良さも魅力です。

詳しくはダイナブックGZシリーズの実機レビューがありますので参考にどうぞ!

ダイナブックGZシリーズ「dynabook GZ83/J」のレビュー!超軽量で性能バランスがいいのが魅力的!

なお、12型のところでも書いたのですが、ダイナブックのパソコンを購入検討している方は、まず東芝オンラインストアのウェブ会員になるのがおすすめです。すると、

「えっ?こんなに安くなるの?」

というくらい安くなります。

会員登録といっても、名前・メールアドレス・パスワードを入力するだけなのでカンタンです。

東芝のパソコンを検討している方は、面倒でも会員登録して、どれくらい安くなるのか価格の確認をおすすめします。

価格 166,000円(税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格
※オンラインストアに会員登録すると、だいぶ安くなります。
液晶 13.3インチ フルHD (1,920×1,080)、ノングレア(非光沢)
サイズ 約 W308.8 × D211.6 × 厚さ17.9mm
重さ 約859kg
CPU Core i5-8250U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
バッテリー駆動時間 最大約 19時間

「dynabook GZ63/M」を公式サイトで見てみる
 

HP「Spectre x360 13」

13型のイチオシモデル

iconicon
HP「HP Spectre x360 13」

価格:117,000円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

「HP Spectre(スペクトル)x360」は、ラグジュアリーなデザインの軽量・薄型ノートパソコンです。5つのモードに切り替えて使えます。

高速駆動SSD、Bang & Olufsenスピーカーなども搭載しています。
 

詳しくは実機レビューがありますので参考にどうぞ!

HP Spectre x360 13 のレビュー!魅力も弱点も徹底的に網羅!

価格 117,000円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格
液晶 13.3型 タッチ対応、フルHDまたは4K、光沢・IPS液晶)
サイズ 約 W308 x D217 x 厚さ14.3mm(最薄部)-16.0mm(最厚部)
重さ 約1.32kg
CPU Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:256GB / 512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 最大 約22時間30分 / 4Kモデルは最大 約12時間45分

なお、日本HP様より、当サイト限定の【HP製品 値引きクーポン】を発行していただけました。ぜひご利用ください(※2019年8月31日23:59までの予定です)。
HP製品の値引きクーポンと使い方はコチラ

HP「HP Spectre x360 13」を公式サイトで見てみる
 

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」

13型のイチオシモデル

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」

価格:107,360円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在で、富士通サイト内のクーポン適用後の価格

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」は、13.3型ノートPCとして世界最軽量約698g~という驚異の軽さのノートパソコンです。
※2018年10月1日現在、富士通調べ

(重量は選択した仕様によって異なります)

「世界最軽量モデル(約698g~)」と「軽量モデル(約747g~)」があります。

軽量モデルの方でも世界トップクラスに軽いので、価格の安い軽量モデルを買うのもアリです。

ちなみに、「軽量モデル」の方で、50Whのバッテリーを選んだ場合は、バッテリー駆動時間が最大 約24時間に伸びますが、重さは約915g~になります。
 

詳しくは実機レビューがありますので、参考にどうぞ!

富士通 LIFEBOOK WU2/C3のレビュー!超軽い!キーボードが打ちやすい!

富士通 LIFEBOOK WU2/C3

価格 軽量モデル:107,360円 (税込み)~
世界最軽量モデル:152,991円 (税込み)~
※2019年8月5日現在で、富士通サイト内のクーポン利用時の価格。
液晶 13.3型 フルHD(1920×1080)、ノングレア(非光沢)
サイズ W309 × D212 × 厚さ15.5mm
重さ 約698~934g(構成によって異なります)
CPU Core i3-8145U / Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 約11.5~24時間

なお、上記の金額よりもさらに割引になる特別割引クーポンをメーカーの方よりご提供いただけました。ぜひご利用ください。(有効期限2019年9月4日14:00まで)

■27%オフになる特別割引クーポン
GRM117LSJ

富士通「LIFEBOOK WU2/C3」を公式サイトで見てみる
 

マイクロソフト「Surface Laptop 2」

13型のイチオシモデル

マイクロソフト「Surface Laptop 2」icon

価格:116,402円 (税込み)~
※2019年8月9日現在の価格

マイクロソフト「Surface Laptop(サーフェス・ラップトップ)2」は、旧モデルよりも85%も高速化したモデルです。

パームレスト(キーボードの手をのせる場所)にアルカンターラという素材を使っており、高級感のあるデザインのノートPCです。
 

詳しくは実機レビューがありますので参考にどうぞ!

Surface Laptop 2の特徴・ポイントなどをわかりやすくレビュー!

マイクロソフト surface laptop2

価格 136,944円(税込み)~
116,402円(税込み)~
8月23日(金)午前10時59分まで15%オフのキャンペーン中!
液晶 13.5型 タッチ対応、解像度2256 x 1504
サイズ W308.1 x D223.27 x 厚さ14.48mm
重さ 約1.25kg~1.28kg
OS Windows 10 Home
CPU インテル Core i5 / i7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB / 512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 最大約14.5時間

マイクロソフト「Surface Laptop 2」を公式サイトで見てみるicon
 

NEC「LAVIE Hybrid ZERO」

13型のイチオシモデル

NEC「LAVIE Hybrid ZERO」

NEC「LAVIE Hybrid ZERO(ハイブリッドゼロ)」

価格:129,800円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

なんと言っても、13.3型でありながら、約769g~という驚異的な軽さが魅力でしょう。
(※約769gは、Core i3 プロセッサー搭載時の重さです。Core i7 / Core i5の場合は約831gです。)

ベゼル幅(画面のフチの幅)がスリムに作られており幅はコンパクトですが、厚さは16.9mmなので、他社の薄型モデルと比べると、薄型と言うほど薄くはないですね。

ただ、150kgfの面耐圧をクリアしており、軽量でも丈夫に作られています。

価格 129,800円 (税抜き)~
2019年8月5日現在の価格。※NECサイト内に表示されているクーポンを利用すれば、もっと安くなります。
液晶 13.3型 フルHD(1920×1080)、ノングレア(非光沢)
サイズ W305 × D205 × 厚さ16.9mm
重さ 0.769kg~
CPU Core i3-7020U/Core i5-8250U/Core i7-8550U
メモリ 4GB/8GB
ストレージ SSD 128GB/256GB/512GB/1TB
バッテリー駆動時間 Core i3搭載モデル:最大約7.0時間
Core i5、i7搭載モデル:最大約10.8時間

NEC「LAVIE Hybrid ZERO(ハイブリッドゼロ)」を公式サイトで見てみる
 

デル「New XPS 13」

13型のイチオシモデル

デル「New XPS 13(9380)」

価格:97,093円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在で、クーポン利用時の価格。

デル「New XPS 13」は、13インチのノートパソコンとして世界最小クラスのサイズです。

  • PCIe接続の高速SSD
  • フルHDモデルで最長21時間のバッテリー駆動時間
  • sRGBカバー率100%の鮮やかな画質

など、多くの点でこだわって作られたノートパソコンです。

詳しくは実機レビューがありますので参考にどうぞ!

デル「New XPS 13(9380)」のレビュー&おすすめポイントまとめ!

価格 97,093円 (税抜き)~
(2019年8月5日現在で、17%オフクーポン利用時の価格。クーポンは、カートに進んだ後にクーポンについてのリンクが表示されているので、そこからクーポンコードをコピーして適用させればOKです。)
液晶 13.3型 フルHD(1920×1080)/ 4K(3840×2160)
サイズ W302 × D199 × 厚さ7.8mm(最薄部)-11.6mm(最厚部)
重さ 1.23kg
CPU Core i3-8145U / Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB / 512GB
バッテリー駆動時間 最大 約21時間(※フルHD液晶の場合)

デル「New XPS 13(9380)」を公式サイトで見てみる
 

VAIO「VAIO S13」

13型のイチオシモデル
iconicon
VAIO「VAIO S13」

価格:102,800円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

VAIO S13は、最薄部15mm、重さ約1.06kgで、薄さと重さのバランスのよいモデルです。

「Core i7、メモリ16GB、1TB SSD」などかなりハイスペックにカスタマイズもできます(ただ、とんでもないお値段になってしまいますが)。

  • 心地よい打鍵音を目指した静音キーボード
  • CPUパフォーマンスを引き出すプロセッサーを搭載
  • 第三世代ハイスピードプロSSD

などを搭載しています。

価格 102,800円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格
液晶 13.3型 フルHD(1920×1080)
サイズ 約 W320.4 × D216.6 × 厚さ15.0mm(最薄部)-17.9mm(最厚部)
重さ 約1.06kg~1.07kg
CPU Celeron 3865U / Core i3-7100U / Core i5-7200U / Core i5-8250U / Core i7-8550U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 約11.0~12.5時間

VAIO「VAIO S13」を公式サイトで見てみる
 

ダイナブック「dynabook DZ83/J」


ダイナブック「dynabook DZ83/J」

価格:162,000円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

「dynabook DZ83/J」は、キーボードを取り外してタブレットにもできる2 in 1モデルです。

「dynabook DZ83/J」

キーボードも「インターフェイスが充実したキーボード」と「薄型キーボード」の2種類のキーボードが用意されています。

「インターフェイス重視モデル」を選べば2種類のキーボード両方が付いてくるので、状況に合わせてキーボードを使い分けできます。

「キーボードが取り外しできるノートPCは、インターフェイスが少なくて不満」

と思っていた方におすすめです。

アクティブペンにも対応しています。
 

詳しくは実機レビューがありますので参考にどうぞ!

ダイナブック DZ83/Jのレビュー!タブレットにもなりイラストの描きやすさも素晴らしい!

ダイナブック DZ83/J

価格 162,000円 (税抜き)~
(2019年8月5日現在の価格)
※ダイナブックのオンラインストアに会員登録すると、だいぶ安くなります。
OS Windows 10 Home / 10 Pro
液晶 13.3型 フルHD(1920×1080)、ノングレア、タッチ対応
重さ タブレット本体:約799g
薄型・軽量キーボード接続時:約1,179g
キーボードドック接続時:約1,229g
サイズ タブレット本体:約 W316 x D207 x 厚さ9.1mm
薄型・軽量キーボード接続時:約 W316 x D212.5 x 厚さ15.1mm
キーボードドック接続時:約 W316 x D217 x 厚さ22.1mm
CPU インテル Core i3-8130U / i5-8250U / i7-8550U プロセッサー
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 約 10時間

ダイナブック「dynabook DZ83/J」を公式サイトで見てみる
 

HP「Spectre 13」

iconicon

HP「HP Spectre 13」icon

価格:163,000円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格

「HP Spectre 13」は、美しいデザインの軽量・薄型ノートパソコンです。

Spectre(スペクトル)シリーズは、HPのプラミアムパソコンの中で最上位のシリーズです。

※このモデルは、ボディカラーによってキーボードが異なるのでご注意を。

ボディーカラーが「ホワイト=日本語キーボード」、「ブラック=英語キーボード」です。

実機レビューがあるので、よければ参考にどうぞ!

HP Spectre 13のレビュー!購入前の注意点も遠慮なく解説!

Spectre 13

価格 163,000円 (税抜き)~
※2019年8月5日現在の価格
液晶 13.3型 フルHD(1920×1080)、光沢、IPS、タッチ対応
サイズ 約 W308 x D225 x 厚さ 10.4mm(最薄部)-12.5mm(最厚部)
重さ 約 1.11kg
CPU Core i5-8250U / Core i7-8550U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 360GB / 512GB
バッテリー駆動時間 最大約 11時間15分

なお、日本HP様より、当サイト限定の【HP製品 値引きクーポン】を発行していただけました。ぜひご利用ください(※2019年8月31日23:59までの予定です)。
HP製品の値引きクーポンと使い方はコチラ

HP「HP Spectre 13」を公式サイトで見てみるicon
 

▶ 14型・15型の軽量・薄型ノートパソコン

次は、14インチ・15インチ台の軽量・薄型ノートパソコンをご紹介します。

※15インチくらいになってくると、どうしても重さや厚みも増しやすいので、あまり軽量・薄型とは言えなくなってくるかもしれませんが、「14インチ・15インチのノートPCの中で、軽量・薄型なノートパソコン」をご紹介します。

マウスコンピューター「m-Book X400シリーズ」

14・15型のイチオシモデル

マウスコンピューター「m-Book X400シリーズ」icon

価格:92,800円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格

m-Book X400シリーズは、14インチ・ディスプレイで約1.13kgの軽めのノートPC。

約1.13kgでも、バッテリー駆動時間は最大約14.5時間のロングバッテリー。

性能も高めながら、価格がおさえられているのもポイントが高いです。

SSD容量とメモリは、カスタマイズ可能です。

■スペック(カスタマイズのスペックも含みます)

価格 92,800円 (税別)~(※2019年8月6日現在の価格)
液晶 14型 フルHD (1920×1080)、ノングレア(非光沢)
CPU インテル Core i5-8265U / i7-8565U
グラフィックス インテル UHDグラフィックス620
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD:128GB~2TB
バッテリー駆動時間 約14.5時間
重量 約1.13kg

マウスコンピューター「m-Book X400シリーズ」を公式サイトで見てみる
 

レノボ「ThinkPad X1 Carbon」

14・15型のイチオシモデル


レノボ「ThinkPad X1 Carbon」

価格:153,738円 (税込み)~
※2019年8月6日現在で、Eクーポン適用時の価格

14インチで重さ1.13kg~なので、かなり軽量です。強靭で超軽量なカーボンファイバーのボディを採用しているため、このような軽量化が実現できるのでしょう。

基本性能も高いですし、最大 約20.9時間の長時間駆動バッテリーも魅力です。

価格 153,738円 (税込み)~
(2019年8月6日現在で、Eクーポン適用時の価格。Eクーポンは下記の公式サイトに掲載されています。)
液晶 14.0型 フルHD / WQHD
サイズ 約 W323.5 x D217.1 x 厚さ15.95mm
重さ 1.13kg~
CPU Core i5-8250U / Core i7-8550U / Core i7-8650U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB (カスタマイズで1TBまで可能)
バッテリー駆動時間 最大約20.9時間

レノボ「ThinkPad X1 Carbon」を公式サイトで見てみる
 

VAIO「VAIO SX14」

14・15型のイチオシモデル

iconicon
「VAIO SX14」

価格:119,800円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格

VAIO SX14は、14インチのディスプレイながら1kgを切る軽量・薄型ノートPCです。

超薄型のベゼルを採用し、14インチながら、13.3インチに近いサイズを実現しています。

「ビジネスバッグで持ち運べるサイズで、できるだけディスプレイの大きいノートパソコンが欲しい」

という方にピッタリです。

「4Kディスプレイ」や「LTE対応」にカスタマイズ注文もできます。

価格 119,800円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格
液晶 14.0型 ノングレア、フルHD / 4K
サイズ 約 W320.4 x D222.7 x 厚さ15.0(最薄部)~17.9mm(最厚部)
重さ 約999g~1045g
CPU Core i3-8145U / Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 約8時間~11時間

「VAIO SX14」を公式サイトで見てみる
 

HP「Spectre x360 15」

14・15型のイチオシモデル

iconicon

HP「Spectre x360 15」

価格:175,000円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格

「HP Spectre(スペクトル)x360 15」は、重さは約2.17kgと、そこまで軽くはないですが、15.6インチノートパソコンでありながら5つのモードに切り替えて使えるのが魅力のノートパソコンです。

アルミニウム削り出しの高級感のあるデザインも特徴です。

  • 4Kディスプレイ
  • 高速駆動SSD
  • NVIDIA GeForce GTX 1050Ti with MAX-Q Design グラフィックス
  • Bang & Olufsenと共同チューイングのスピーカー

などを搭載し、スペックは高いです。

アクティブペンにも対応しています。15.6インチでタブレットモードにもできるので、ペンを使った作業もしやすいです。

実機レビューがあるので参考にどうぞ!

HP Spectre x360 15のレビュー!幅広く使えすぎ!購入前の注意点は?

HP Spectre x360 15

価格 175,000円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格
液晶 15.6型 4K、グレア(光沢)、IPS、タッチ対応
サイズ 約 幅359mm x 奥行249mm 厚さ19mm(最薄部)-21mm(最厚部)
重さ 約2.17kg
CPU Core i7-8750H
メモリ 16GB
ストレージ SSD:512GB / 1TB
バッテリー駆動時間 最大 約13時間45分

なお、日本HP様より、当サイト限定の【HP製品 値引きクーポン】を発行していただけました。ぜひご利用ください(※2019年8月31日23:59までの予定です)。
HP製品の値引きクーポンと使い方はコチラ

HP「Spectre x360 15」を公式サイトで見てみる
 

DAIV「DAIV-NG5520シリーズ」

14・15型のイチオシモデル

DAIV「DAIV-NG5520シリーズ」icon

価格:154,800円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格

DAIV(ダイブ)はマウスコンピューターのクリエイター向けブランドのノートパソコンです。

「DAIV-NG5510シリーズ」は、グラフィックスにGeForce GTX 1650を搭載し、動画編集などクリエイティブな用途にも使えます。

クリエイター向けのハイスペックなノートパソコンは、分厚くて重いものが多いのが現状ですが、
このモデルは約2.0kg~、厚さ20.3mmで、クリエイターモデルとしては軽量・薄型です。

「動画編集などに使えて、なるべく薄くて軽いノートパソコンがよい」という方にオススメです。

仕様を幅広くカスタマイズできるので、好みのスペックを選んで注文もできます。

デザインもよいので、人気の高いモデルですよ。

価格 154,800円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格
液晶 15.6型 フルHD(1920×1080)、ノングレア(非光沢)
サイズ 約 幅360 x 奥行243.5 x 厚さ20.3mm(突起部含まず)
重さ 約 2.0~2.1kg
CPU Core i7-8750H
メモリ 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ SSD:240GB~2TB
カスタマイズでSSD2台のデュアルストレージも可能
バッテリー駆動時間 約 7.4時間

DAIV「DAIV-NG5510シリーズ」を公式サイトで見てみる

LG「gram」

14・15型のイチオシモデル
LG ノートパソコン gram 1099g/バッテリー24時間/Core i5/15.6インチ/Windows10/メモリ 8GB/SSD 256GB/ホワイト/15Z990-GA55J/Amazon.co.jp限定
LG「gram」

価格:150,902円 (税込み)~
※2019年8月6日17:21現在の価格

15.6インチで1099gという軽さが魅力のモデルです。

バッテリー駆動時間も最大約24時間と長めです(ただし、メーカー公表値なので、実際に使った場合はもっと短くなってしまう可能性が高いですが。)

注意点は、

  • キーボードのテンキー部分が3列テンキーなので、テンキーとしてはやや使いにくい配列
  • タッチパネルを搭載していない

といったところです。

タッチ対応だとバッテリー駆動時間が短くなるので、長いバッテリー駆動時間を確保するためにタッチ非対応にしているのかもしれません。

とにかく「軽さ重視」で選びたい方におすすめです。

価格 150,902円 (税込み)~
※2019年8月6日17:21現在の価格
液晶 15.6型 フルHD(解像度1920×1080)、IPS液晶
サイズ 約 幅357.6 x 奥行228.4 x 厚さ16.8mm(突起部含まず)
重さ 約1.099kg
CPU Core i5-8265U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
バッテリー駆動時間 最大約24時間

LG「gram」を販売サイトで見てみる
 

マウスコンピューター「m-Book B508」

14・15型のイチオシモデル


マウスコンピューター「m-Book B508」icon

価格:91,800円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格

マウスコンピューター「m-Book B508」は、15.6インチながら重さ約1.6kgで、軽めのノートパソコン。

カスタマイズでHDDを追加して「SSD+HDD」のデュアルストレージにもできます。
※HDDを追加すると少し重くなると思われます。

性能のわりに価格が安めなことや、存在感のあるゴールドカラーも魅力です。

■スペック(カスタマイズで選択できる項目も含みます)

価格 91,800円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格
液晶 15.6型 フルHD(解像度1920 x 1080)、ノングレア(非光沢)、IPS液晶
サイズ 約 幅360.4 × 奥行244.5 × 厚さ20.8mm(突起部含まず)
重さ 約1.6kg
CPU Core i7-8565U プロセッサー
メモリ 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ SSD:256GB~2TB
※カスタマイズでHDDの追加も可能
バッテリー駆動時間 最大約8.6時間

マウスコンピューター「m-Book B508」を公式サイトで見てみる
 

ドスパラ「Critea DX-KS H3」


ドスパラ「Critea DX-KS RH3」

価格:67,980円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格

ドスパラ「Critea(クリテア)DX-KS RH3」は、15.6インチ・重さ約1.8kgで、やや軽めのノートパソコン。

「500GB SSD」を搭載していて価格が安いのが魅力です。

液晶の画質が「HD画質」なので高解像度ではないのが残念なところ。

また、キーボードのテンキー部分が3列テンキーなので、テンキーとしてはやや使いにくい配列なのでご注意を。

価格 67,980円 (税抜き)~
※2019年8月6日現在の価格
液晶 15.6型 HD画質(解像度1366 x 768)、ノングレア(非光沢)
サイズ 約 W382 × D256 × 厚さ23.9mm
重さ 約1.8kg
CPU Core i3-8130U
メモリ 8GB
ストレージ 500GB SSD
バッテリー駆動時間 最大約5.6時間

ドスパラ「Critea DX-KS RH3」を公式サイトで見てみる
 


以上、薄型・軽量のおすすめノートパソコンのおすすめをご紹介しました。

※おすすめモデルに関しては、軽さ、薄さ、デザイン、価格などトータルで考慮して個人的に決定しております。

10・11型の軽量・薄型おすすめノートパソコン紹介に戻る

12型の軽量・薄型おすすめノートパソコン紹介に戻る

13型の軽量・薄型おすすめノートパソコン紹介に戻る

14型・15型の軽量・薄型おすすめノートパソコン紹介に戻る

 

軽量・薄型のノートパソコンについて:おわりに

軽量・薄型のノートパソコンを買うか、それともタブレットを買おうか迷っている方もいるかと思います。

タブレットを買って、あとで別メーカーのキーボードを別途買うという方もいらっしゃいますね。

ただ、個人的には、それだったら画面部分とキーボードが取り外し可能なノートパソコンを買ってしまった方がいいと思っています。

取り外し可能型なら、使い終わってカバンにノートパソコンをしまうときに、キーボード部分が画面のカバーのような役割になりますから。

わたしはiPadと一緒に、別途購入したAppleとは別のメーカーのキーボードを購入し、iPadと一緒に持ち歩いています。

そのキーボードは、iPad用の製品なので、しまっておくときは、一応画面のカバーの役割を果たしてくれはします。

ただ、これに問題があって・・・

画面のカバーの役割を兼ねてくれるのはいいのですが、これが取り外しにくくて仕方がないんです。

一回画面にかぶせるように はめてしまうと、なかなか取れなくなってしまうという・・・

最初から画面部分とキーボード部分がセットになっている製品なら、こういうことはないはずです。
 

とまあ、色々と書いてしまったのですが、個人的には、キーボードと液晶部分が切り離しできないモデルの方が好きです。

その方が、液晶部分の支えが後ろに必要ないので、狭い場所でも作業できますから。

新幹線の中とかで作業するような場合は、ここは非常に重要なことなんですよ。

2センチを切っているノートパソコンとかでしたら、ビジネスバッグにも入りやすいですから、
キーボードと液晶部分が切り離しできないモデルも、ぜひ前向きに検討してみて欲しいと思います。

10・11型の軽量・薄型おすすめノートパソコン紹介に戻る

12型の軽量・薄型おすすめノートパソコン紹介に戻る

13型の軽量・薄型おすすめノートパソコン紹介に戻る

14型・15型の軽量・薄型おすすめノートパソコン紹介に戻る

 

.

お得なキャンペーン情報

ダイナブックプレミアムサイト

HPクーポン

富士通クーポン

サブコンテンツ

このページの先頭へ